TOP > 艦隊これくしょん > 暁「響が髪を洗わないから臭い・・・」

暁「響が髪を洗わないから臭い・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 17:50:23.66 ID:SnLg+Lij0

暁「おまけに体を洗うのも週に2日だから・・・」

雷「いくら雷達が駆逐艦といっても」

電「汗をかいた後は、やっぱり臭うのです・・・」

暁「せめて香水でもつけてくれたら・・・」

雷「はぁ・・・どうにかならないかしら」

電「・・・なのです」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 17:56:50.05 ID:SnLg+Lij0

暁「それにしても、響が最初にこの鎮守府に来たときはびっくりしたわね」

雷「えぇ、入渠のときに・・・」

電「浴槽の中に、いきなり石鹸を入れて体を洗い始めるだなんて」

暁「おまけにお湯を抜こうとして、栓を一生懸命探していたわね」

雷「まぁ、今はそんなことしなくなったけど」

電「・・・・・・」

暁「・・・お互い、姉妹だからこそ言いにくいことなのよね」

雷「雷達はまだ良いけど」

電「自分の家族が裏で陰口を言われるのは、正直辛いのです・・・」

暁「最近は暁達にも飛び火が・・・」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 18:03:04.07 ID:SnLg+Lij0

響『・・・・・・』





弥生『』ヒソヒソ

望月『』ヒソヒソ





響『』





夕立『』クサイッポイーwww

春雨『』クスクス





響『・・・・・・』





島風『みんな酷い・・・! 揃いも揃って陰口なんて・・・!』

天津風『ほんと、なんとかならないかしら・・・あの人に相談してみましょう』





響『』グス


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 18:12:12.38 ID:SnLg+Lij0

暁「・・・ってことがあって」

雷「そのとき、たまたま雷達も見ちゃったんだよね」

電「響ちゃん、可哀相なのです・・・」

暁「・・・・・・」

雷「・・・あ、響から聞いたんだけど」





響『え? なんでお湯を全部抜こうとしたかって?』

響『日本では、みんなが同じ湯船に体を浸からせることを、ごく当たり前にしているけど』

響『ソビエトでは、それはちょっと衛生的に抵抗感のあるものなんだ』

響『それに、日本では水道料金は基本料と従量加算で計算されるけど』

響『ソビエトでは基本料はとられるけど、それ以上に水道料金が請求されることはないんだ』

響『だから、思いっきり水が使えるんだ』

響『もちろん、水が豊富ってわけじゃないけど』

響『そういう習慣だったから・・・』





雷「・・・って言っていて」

暁「そんなことがあったの」

電「文化の違いなのです」





響「あれ、みんなどうしたの?」





暁「」ビク

雷「あ・・・」

電「響ちゃん・・・」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 18:16:24.29 ID:SnLg+Lij0

暁「響・・・お願いだから、毎日暁達と一緒にお風呂に入りましょう?」

暁「髪なら痛まないように、優しく洗うから!」

雷「ほ、ほら、やっぱり汗かいた後って、ベタついて気持ち悪いでしょ?」

電「せ、石鹸は良い匂いなのです!」

響「・・・嫌だ」

暁「響! どうしてお姉ちゃんの言うことが聞けないの!?」

暁「みんなが普通にしていることでしょ!? 入るったら入るの!」

雷「ちょ、ちょっと落ち着きなさい!」

電「はわわ・・・!」

響「・・・・・・」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 18:23:50.08 ID:SnLg+Lij0

響「・・・みんな」

響「気持ちはわかるけど、どうしても直らないんだ」

響「ソビエトでは、皮膚は自らの脂分に守られている状態であるべきで」

響「毎日お風呂に入って、石鹸でキレイに洗ってしまうものではないと、一般的に考えられているんだ」

響「髪も同じで、地肌の脂分が奪われてしまって」

響「毛髪も傷んで、切れ毛や抜け毛の原因になると考えられているんだ」

響「簡単に言えば、ハゲる原因になるってことかな?」

響「だから、本当は体を洗うのも」

響「1週間に2回は、洗い過ぎなくらいなんだ」

暁「でも不潔じゃない!」

響「!?」

雷「ちょ、ちょっと!」

電「暁ちゃん! 言い過ぎなのです!」

暁「あ・・・」

響「」グス


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 18:27:24.57 ID:SnLg+Lij0

暁「・・・響」

暁「郷に入っては、郷に従えって言葉知ってる?」

暁「響が戦後過ごした国の文化も、もちろん大切だけど」

暁「ここは日本なの」

暁「キツいことを言うようだけど、いい加減慣れるべきだわ!」

響「うっ・・・うぅ・・・」ポロポロ

電「・・・・・・」

雷「・・・・・・」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 18:39:38.64 ID:SnLg+Lij0

暁「最近は、少しずつ改善してきているんだから」

暁「暁達と一緒に頑張りましょう?」

暁「前なんて・・・」





響『ふぅー・・・良い湯だった』スタスタ

暁『ちょっと響!? バスタオルで体拭いてから移動して!』

響『どうして?』

暁『床が濡れちゃうでしょ!』

響『私は気にしないよ』ガラ

暁『みんなが気にするの! って!』

暁『待ちなさいよ! どこに行くの!?』





― 食堂 ―

提督『ふむ、このレアチーズケーキ美味いな』モグモグ

響『うん、お風呂上がりのクワスは特別だね』ゴクゴク

提督『』ブーーーッ

提督『響! 全裸で食堂に来るんじゃない!』

響『どうしてかな?』

提督『目のやり場に困るからだ! 君はもっと恥じらいを持ちなさい!』

響『私は気にならないよ。どうして暁達はそんなにピリピリしているんだろう?』

提督『せめてバスタオルを体に巻きなさい! あーあ、床がビシャビシャ・・・』

暁『響ーっ!』





暁「・・・こんなこともあったけど」

暁「折角今はしなくなったんだから」

暁「本当にもう少しよ? 頑張りましょう?」

雷「暁・・・」

電「暁ちゃん・・・」

響「暁・・・」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 18:48:45.33 ID:SnLg+Lij0

暁「響は折角そんなに綺麗な銀髪を持っているんだから」

暁「いつも清潔にして、手入れをしましょう?」

暁「暁の妹なんだから」

暁「立派な大人のレディーにならないと、許さないんだからね!」

雷「そうそう、後体もちゃんと洗って!」

電「特に足と腋の下と耳の裏は・・・」ボソ

雷「電!」ゴチン

電「はうぅぅ・・・」

響「みんな・・・そんなに私のことを・・・」





那珂「あれ? みんなで何しているのー?」





暁「」ビク

電「」ビク

雷「」ビク

響「・・・・・・」

那珂「って、うわ・・・」

那珂「臭いのがいんじゃん、マジ最悪ー・・・」ボソ

響「!?」

響「」ジワ

響「」ポロポロ

響「・・・っ!」ダッ

暁「ひ、響!」

雷「追わなきゃ!」

電「は、はわわ・・・!」

那珂「wwwwwwwwwwwww」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 19:21:19.64 ID:SnLg+Lij0

― 提督室 ―

暁「・・・で、ここにいたわけね」

雷「本当に司令官が好きなんだから・・・」

電「司令官さんの膝に座って・・・羨ましいのです・・・」





響「」グス

提督「(うっ・・・少し臭う・・・)」





提督「・・・なぁ、響」

提督「君は本当に良い姉妹を持ったな」

提督「みんなが本気で君のことを心配してくれている」

提督「批判なんてしない、偽りのない気持ちだ」

響「・・・・・・」

提督「君の気持ちはわかる。だが」

提督「暁達も、いつも君のことを心配しているんだ」

提督「どうか、毎日お風呂に入ってくれないかな?」

響「・・・・・・」

提督「それに、折角美人さんなんだから」

提督「良い匂いでいようよ? な?」

響「・・・・・・」

暁「響・・・」

雷「・・・・・・」

電「・・・なのです」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 19:27:10.95 ID:SnLg+Lij0

響「・・・・・・」

響「・・・わかったよ」

暁「響!」

響「ちょっと慣れるまで時間がかかるかもしれないけど」

響「みんな、一緒に手伝ってくれる?」

暁「当たり前じゃない!」

雷「任せなさい!」

電「みんな、響ちゃんの仲間なのです!」

響「みんな・・・」ウル





響「・・・・・・うん!」

響「Спасибо! (ありがとう!)」ニコ





暁「(天使だわ)」

雷「(天使ね)」

電「(天使がいるのです)」

提督「(天使だ。可愛い)」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 19:33:10.70 ID:SnLg+Lij0

提督「うぬ、やはり暁型姉妹はみんな仲良しなのが一番だな!」

提督「これで、一件落着かな?」

電「あ、司令官さん、ちょっと相談が・・・」

提督「ん? 何かな?」





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





電『川内型軽巡洋艦3番艦の那珂さん、至急工廠に来て下さいなのです』キーン

那珂「ん? なんだろう?」




















ガン!!     ガン!!     ガン!!










――― 終 ―――



『艦隊これくしょん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿