TOP > シンデレラガールズ > 茄子「等価交換ですか?」

茄子「等価交換ですか?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:05:54.42 ID:5BH7PY7P0

ちひろ「ええ。聞いたことがない?等価交換」

茄子「ええと…『人は何かの犠牲なしに何も得ることは出来ない。何かを得るためには、同等の代価が必要となる。』ですよね?」

ちひろ「ええ、だいたいあっているわ。」

茄子「それがどうかしたんですか?」

ちひろ「気になったことない?茄子ちゃんみたいにとても運がいい人がいる一方で前にあったほたるちゃんみたいにとても運が悪い人がいるってこと…」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:07:10.92 ID:5BH7PY7P0

茄子「確かに人それぞれいろんな人がいますね。」

ちひろ「茄子ちゃん。これだけは覚えておいて。」

茄子「何ですか?ちひろさん。」

ちひろ「この世は等価交換でできているってこと。」

茄子「は、はい。わかりました。(なんだろう…今日のちひろさんいつもと違う…)」

P「おーい、茄子~」

茄子「あ、プロデューサー…もう仕事の時間でしたっけ?」

P「いや、まだだよ。」

茄子「え、ならなんでそんな急いでいたんですか?」

P「いやぁ…さっき道端で水かけられてな、あはは」

茄子「大変、速く着替えないとプロデューサー!」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:10:03.37 ID:5BH7PY7P0

P「もう着替えたから大丈夫だよ。」

茄子「そうなんですか…よかったー」

P「いやぁ…茄子と離れるといつもこれだよ。」

茄子「うふふ♪じゃあ一緒にいます?」

P「そうしようかな。」

『アハハハハ♪』

ちひろ「茄子ちゃんの幸せ…それはただの幸運ってわけではないわ…現にほら」チラッ

凛「またプロデューサー茄子と一緒…負けない!」

凛「おーいプロデューサー…」

タタタ…


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:16:52.74 ID:5BH7PY7P0

未央「あ、しぶりん。おっはよー!」ダキツキ

凛「あ、未央…おはよう。」

未央「ジャーン!見てよこれ、秋の新作なんだよー、可愛いでしょー♪」ヒラヒラ

凛「あ、うん…いいんじゃないかな?」

未央「えーしぶりん反応悪いよー!ほらここがアクセントになってさ…」ホラホラ

凛「そ、そうだね。(未央…プロデューサーがいっちゃうよ…)」


「さぁそろそろ行くか、茄子。今日は取材がメインだぞ。」

「ふふ、では参りますよー」

Pの手をつなぎながら

「茄子がいると安心するな。」

「るるる~ん 私もですよプロデューサー♪」


・・・
・・


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:22:09.74 ID:5BH7PY7P0

凛「結局プロデューサーと話せなかった…」ズーン

未央「しぶりんテンション低いよー!もっとテンション上げてこー!!」

凛(だ、誰のせいで…)プルプル…

ちひろ(凛ちゃんがPさんに会えなくて不幸になる一方、茄子ちゃんはプロデューサーと『二人きり』でのおしゃべり…)

凛(茄子さんがいるとプロデューサーと上手くいかないなぁ…この前だって…)


事務所にて


凛「この間ハナコがね…」

P「へぇーそうなのか。」ゴクゴク

凛「うん。やっぱり小さいからじゃれてくると元気いっぱいで…」

茄子「あ、凛さん。ご一緒してもいいですか?」

凛「あ、茄子さん…」

P「おーお帰りー」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:28:28.80 ID:5BH7PY7P0

茄子「ただいま戻りました。プロデューサー」

凛「茄子さんもジュース飲みます?」

茄子「ええ、せっかくだし貰います。」

P「なにがいい?」

茄子「桃のジュースがいいです。知ってますか?中国では不老長寿の果物なんですよ♪」

P「あ、今俺が開けたやつで最後だ…」

凛(珍しいな…茄子さんが欲しいもの手に入らないなんて…)

P「あげたいのはやまやまだけど、少し飲んじゃったしなぁ…」

茄子「構いませんよプロデューサー。」

P「し、しかしだな…」

茄子「『隙アリ!』です。プロデューサー」

持っているジュースを取る茄子

P「あ、おい…」

茄子「美味しー♪」

凛「茄子さん!そ、それはさすがに…ねぇプロデューサーもそう思うでしょ?」

茄子「ふふっ、いつもより『特別』美味しく感じます。」シアワセー

P「そ、そこまで飲みたかったんならしょうがないんじゃないか?」

凛「そういう問題じゃなーい!!」ウガー


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:31:50.20 ID:5BH7PY7P0

・・・
・・


凛(てなこともあった…茄子さんがいるとどうも美味しいところを持っていかれる…)

まゆ「凛さぁん…」

凛「あ、まゆ。」

まゆ「Pさんのことですかぁ?」

凛「え、まぁ…」

まゆ「プロデューサーなら仕事です…それも茄子さんと…」

凛「ねぇまゆ…茄子さんってさ…」

まゆ「言わなくてもわかりますよ♪…茄子さんとPさんのことですよねぇ…うふふ」

凛「え、まぁ(相変わらずプロデューサーのこととなると察しがいい…)」

まゆ「だってまゆもこの前こんなことがあったんですもの…」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:33:53.89 ID:5BH7PY7P0

まゆ「Pさん、このネクタイ似合いますよぉ…」

茄子「まゆちゃんセンスいいですね。プロデューサーこっちもいいですよ?」

P「うーん…どっちにしようかなぁ」

まゆ「選ばれなかったら…まゆ悲しいです…もしかしたら怒りでPさんのこと…うふふ」

茄子「気負わなくてもいいですよ、プロデューサー?」

P「いや、せっかく選んでくれたんだ。よし!」

茄子「プロデューサー決めたんですか?」

まゆ「もちろんまゆですよねぇ…」

P「両方買うよ。二人とも真剣に選んでくれたしな。」

茄子「それもいいですね。ね、まゆちゃんも」

まゆ「しかたないですねぇ…それがPさんですもの。」

アリガトウゴザイマシタァ


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:35:56.40 ID:5BH7PY7P0

・・・
・・


まゆ「こんなことがあったんですよぉ」

凛「え、別に問題ないんじゃ…っていうかまゆ プロデューサーとそんなことしてたんだ…」

まゆ「大問題ですよぉ凛さん。」

凛「え、なにが?」

まゆ「あれからPさん、茄子さんのネクタイは28回着けていたのに私のネクタイは18回しか着けていないんですもの…許せませんよねぇ…」

凛「か、数えてたんだ…」

まゆ「今日はまゆのネクタイだったのに途中のトラブルで、茄子さんのに着替えてしまいますし…」

凛(どこからストーカーしてたんだろう…)

まゆ「茄子さん…羨ましいですねぇ…」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:36:39.42 ID:5BH7PY7P0

凛「本当になんでだろう…」ウーン

ちひろ(やっぱりプロデューサー関連のイベントでは、茄子ちゃん無意識に他の子の運気を,,,)

響子「ねぇその話、私も混ぜてよ!」

まゆ「あ、響子ちゃん…」

凛「響子もやっぱり…」

響子「うん、あのね…」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:41:36.75 ID:5BH7PY7P0

響子「プロデューサー、これ作ってみたんだ。試食してくれないかな?」

ピンクの包みのお弁当を渡す響子

P「いいのか?」

響子「うん、遠慮しないで食べてよ。」

P「じゃあ遠慮なく」モグモグ

響子「ど、どうかな?」

P「和風で美味しいよ。この昆布巻きも味が染みて…響子はいい嫁になるな」ウメーウメー

響子「お、お嫁さんだなんてそんな…///」

P「あ、茄子も食べてみろよ。」

茄子「え、いいんですか?響子ちゃんに悪いんじゃ…」

P「ダメかな、響子?」

響子「えへへへ、プロデューサーみたいな優しい人を旦那さんに…って、あ……今のはそのっ、あははっ、あはははっ☆ っていいですよ。どうぞ茄子さん(プロデューサーの胃袋は私がつかみましたよ。茄子さん!!)」

P「だってさ。ほら口開けろ。あーん」つ昆布巻き


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:44:23.63 ID:5BH7PY7P0

茄子「え///じゃ、じゃあ遠慮なく あーん」パク

響子「!?」

P「な?うまいだろ!」

茄子「ええ、すごい美味しいわ響子ちゃん。」

響子「な、な…(私の勝利のVサインが…)」

P「だろ!」

茄子「あ、Pさん」

P「ん、どうした?」

茄子「口元にお弁当ついてますよ。」

P「え?」

ヒョイパク

茄子「食べちゃいました///」

P「///」

響子「わ、私のお弁当で…」プルプル...


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:46:18.48 ID:5BH7PY7P0

P「おーい…響子―?」

響子「あ、はい。何でもないです。」

茄子「すごく美味しかったわ。今度作り方を教えてくれない?」

響子「え、ええいいですよ。」

茄子「ありがとう響子ちゃん」

P「二人とも仲がいいなぁ」

響子(何だろうこの余裕...作ったのは私なのに負けた気がする…)

茄子「?」ニコニコ


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:48:35.35 ID:5BH7PY7P0

・・・
・・


響子「てなことがあったんだよー!」

凛「し、知らないうちにそんなアピールを…」

まゆ「あらぁ…響子ちゃんもやるわねぇ…」

響子「せっかくのお弁当作戦が茄子さんに取られちゃったよー!」ウワーン!

凛「茄子さん…恐ろしい人!」シロメ

まゆ「でも困りましたねぇ…」

凛「確かにこのままじゃプロデューサーが…」

響子「茄子さんに盗られちゃう!!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:51:26.76 ID:5BH7PY7P0

――――――
―――――
――――

茄子「あ、プロデューサー。」

P「ん、どうした?」

茄子「今度みんなでお食事しませんか?」

P「いきなりどうした?」

茄子「アイドル稼業も軌道に乗って来たので、みんなでお祝いしたいな~♪」

P「いいな。場所はどうする?」

茄子「私たちも一応芸能人ですし…あっ、事務所とかがいいんじゃないですか?」

P「確かに誰かに見られる心配もないからな。」

茄子「じゃあ決まりです。さっそくみんなに伝えておきますね♪」

P「ああ、日程もすべて茄子に任せるよ。」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:56:47.33 ID:5BH7PY7P0

茄子「なら『今日プロデューサーと二人きりで話していたんですけど、今度みんなでパーティーしませんか?それで料理なのですが、みんなで持ち寄りましょう。あ、だれが一番なのか競うのもいいかもしれませんね♪場所は事務所で日にちは…』っとこれでいいかな?後はこれを添付して送信っと」ピロリン

Pとツーショットの画像も添付して送る茄子


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 00:59:08.52 ID:5BH7PY7P0

メールダゾマユ メールダゾマユ…

まゆ「あらぁ?」

キョウコハイイヨメ キョウコハイイヨメ…

響子「こ、これって…」

シブリンワンワン シブリンオスワリ…

凛「宣戦布告?」

まゆ「みたいですねぇ…」

凛「ならこの勝負」

響子「絶対かーつ!!」

『おー!!!』

まゆ「茄子さん…最終決戦ですねぇ・・」

茄子「うふふ、みんな喜ぶかしら…よろこんぶ…なんちゃって…」

P「ところでなんで写真も送ったんだ?」

茄子「だって『二人』の企画ですもの。」

P「そういうことか、でも別に…」

茄子「細かいことはいいじゃないですか、プロデューサー。」

・・・
・・


凛「料理は持ち込み・・・お母さんに教わったあの料理で…」

響子「プロデューサーの胃は私がつかんでいます!」

まゆ「塩1gからPさんの好みは理解していますよぉ…うふふ」

凛「この勝負・・・」



『私が貰った(いましたぁ)!!♪』


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:00:29.04 ID:5BH7PY7P0



ユーガッタメール ユーガッタメール
未央「うー、家族との旅行と重なるなんてぇー、みんなーお土産待っててねー!!」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:12:47.03 ID:5BH7PY7P0

当日

P「おー豪華だなぁ!」

茄子「せっかくみんなでの食事会ですからね♪」

P「未央は残念だったな。」

茄子「ええ..」

まゆ「Pさんは誰のお料理が好きですかぁ…もちろんまゆですよねぇ…うふふ♪」

凛「この日の為に必死に練習したから、覚悟してねプロデューサー」

響子「前よりもっと上達してますよ。プロデューサー!」

ちひろ「わ、私もいいのかしら?」

P「今日はもう仕事もありませんし明日は事務所全員珍しいオフですから、大丈夫ですよ。」

ちひろ「わ、私はジュースを用意させてもらいました。」

茄子「ありがとうございます、ちひろさん。」

P「さぁ喋ってばっかりじゃなくてはやく食べよう。」

凛「プロデューサー子供っぽい。」クスクス

まゆ「そんなPさんも素敵…」

茄子「じゃあいただきましょう。」

『いただきまーす』


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:16:58.27 ID:5BH7PY7P0

響子「最初は私!」ジャーン

P「お、なんだなんだ?」

響子「オムライスです!」

茄子「わぁーすごく大きいですねー!」

凛「本当におっきい…」

響子「玉子はさっき事務所のキッチンで焼いたので半熟とろとろですよ♪」

P「モグモグ 美味!このデミグラスソースも美味しいな。」

響子「あはっ♪」

ちひろ「卵もちょうどいいわ。」

まゆ「あら?このデミグラスソース…」ペロ…

凛「あ、本当だ…」クンクン

P「どうしたんだ?美味しいソースじゃないか」モグモグ

響子「あちゃー、気付いちゃったかー」ポリポリ

茄子「本当に響子ちゃんは料理上手ですね。」パクパク

ちひろ「え、ええ...」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:28:00.01 ID:5BH7PY7P0

凛「私はこれ!」ドン!

まゆ「これって…パンプキンシチュー?」

凛「うん。寒いし汁物もいいかなって」

P「確かに秋になって寒いしちょうどいいよ。」ゴクリ

ちひろ「この黄色い色がまた食欲をそそりますね。」グクッ

響子「おいしー!あったまるねー!」

茄子「ハロウィン近いですしぴったりですね。」

まゆ(凛さんにしては何もいれてないのねぇ…)

凛「よかった…(でもお母さんにばれてマーキング出来なかった…)」

まゆ「次はまゆですねぇ…うふふ♪」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:30:59.24 ID:5BH7PY7P0

茄子「ご飯、汁物ってことはメインディッシュかしら?」

まゆ「茄子さん正解です。」

大量のハンバーグ

凛「沢山ある…」

まゆ「ちゃんとみんなの分は考えてありますよぉ…」

響子「私のはどれどれ?」

まゆ「まずこの大きいのはPさんのです…」

P「お、こういう大きいのは男のロマンだな。」ガツガツ

まゆ「どうですかぁ…」

P「なんだこれ…俺のすげえ好きな味だ!まゆすごいな」ナデナデ

まゆ「まゆはPさんのことは何でもわかりますよぉ///」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:33:17.16 ID:5BH7PY7P0

P「このケチャップも美味しいな。」

まゆ「『まゆの手作り』ですから、赤くてきれいですよねぇ…うふ♪」

響子(赤い…やっぱりまゆちゃんも…)

ちひろ「私たちのは食べやすいサイズでいいわね。」モグモグ

P「なにか隠し味でも入っているのか?」

まゆ「Pさんのはまゆの『愛のエキス』が入っているから美味しいんです。うふふ♪」

P「確かに まゆの愛 美味しかったよ。」

まゆ「///」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:34:14.48 ID:5BH7PY7P0

茄子「最後は私ですね。」

ちひろ(ここまで全部洋食…茄子ちゃんも?)

P「なんだなんだ?」

茄子「私は和食でちょっと場違いかもしれませんが…どうぞ。」パカッ

P「あ、これって栗きんとん?」

茄子「え、ええ。秋で旬ですし…いいかな?って、あと栗きんとんって金運アップって意味もあるんでんですって♪」

ちひろ「金運!?」ガタ

凛「落ち着けよ事務員」

茄子「なので事務所の発展、みんながトップアイドルになれますようにって願いを込めて作りました。」

P「か、茄子…」フルフル

茄子「だ、だめだったでしょうか?」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:36:07.93 ID:5BH7PY7P0

P「茄子ぉー!!」

茄子をいきなり抱き締めるP

茄子「きゃあ…いきなり恥ずかしいですよ///」

凛「ちょ、ちょっとプロデューサー離れなよ」ゲシゲシ

まゆ「凛さんの言うとおりですよぉ…」ハガシハガシ

P「す、すまん。茄子の事務所への愛が嬉しくて…」

ちひろ「ちょ、ちょっとPさん。これでも飲んで落ち着いてください。」

P「す、すみません。」ゴクゴク

茄子「いいんですよー♪」

響子「味付けもいい…」

まゆ「この味…茄子さんいつPさんの好みをしったんですかぁ?」

茄子「え?それは家で作るときの昔からの分量ですよ?」

まゆ「そうなんですかぁ…」ギリィ!

P「栗もいいけどこのサツマイモのバランスも最高だ!実家を思い出したよ。」

茄子「そうなんですか?なら今度は私の実家に食べに来てください。」

P「あ、ああそうだな…殺気!?」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:37:55.11 ID:5BH7PY7P0

響子「プロデューサー!うちも美味しい御飯用意しますよ!」

凛「うちのハナコもプロデューサーに会いたがってるし…家においでよ!!」

まゆ「Pさんの部屋はいつでも用意してますよぉ…うふふふ…」

P「お、お前ら…ちょ、押すなって、あ、あぶ…」

ちひろ「あ、あぶない!」Pが倒れそうになる

茄子「プロデューサー!」ダダッ

凛「あっ!!」

ちひろ「まぁ!」

ドターン!!

茄子の上に覆いかぶさるように倒れるP

P「いてて…」

茄子「プロデューサー…大胆になりましたね///」

P「す、すまん。今どけるから…」

響子「さっさと離れてください!」グイ!

P「あ、急に引っ張ると…バランスが…」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:38:57.72 ID:5BH7PY7P0




チュッ☆




32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:39:42.99 ID:5BH7PY7P0

凛「」

まゆ「」

響子「」

茄子「ん…やっぱりプロデューサーといると私も運気上がる見たいですね♪」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:40:39.88 ID:5BH7PY7P0

P「本当にすまん!すまん!」

茄子「そんなに謝れると逆に…ん,,,」

Pにキスをする茄子

P「ん、って茄子、お前…」

茄子「キスはやっぱりちゃんとしたいですからね、Pさんの唇貰いました♪」

ちひろ(やっぱり起きた。間違いない。周りの運気を吸い取って茄子ちゃんはPさんと…)ブツブツ

まゆ「Pさん…まゆの目の前で…いい度胸ですねぇ…」

響子「茄子さんも!!」

凛「Pさん・・・わかってるよね?」

P「お、お前ら…」

『覚悟ぉ!!!』

ギャー・・・


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:41:44.32 ID:5BH7PY7P0

茄子「うふふ、Pさん…キス忘れませんよ~」

まてプロデューサー!!

茄子「どんなに傷ついても私がいる限り大丈夫です。」

茄子「けど私から離れるとわかっていますねプロデューサー…何が起きるかわかりませんよ?だって…」

茄子「プロデューサーを幸せにするのが私の役目ですから♪」

茄子「あの3人じゃなくてね♪」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:42:43.23 ID:5BH7PY7P0




茄子「プロデューサー…ずっと一緒にいれますように。」




36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 01:45:53.35 ID:5BH7PY7P0

終わりです。ありがとうございました。



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿