TOP > ガヴリールドロップアウト > タプリス「悪魔」

タプリス「悪魔」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:51:11.862 ID:0pOklXF00.net

タプリス「うぅ……お掃除に手間取ってしまってこんな時間になってしまいました……」

タプリス「……みんな帰っちゃいましたね」

タプリス「……よし!じゃあ私も帰りましょう!」

タタタタ

タプリス「あっ……」

ザーザー


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:51:29.022 ID:0pOklXF00.net

タプリス「雨……ですか」

タプリス「うぅ……傘もってませんよぉ」

タプリス「……どうしましょう」

「どうしたの?」

タプリス「こっ、この声は!」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:51:51.093 ID:0pOklXF00.net

ヴィーネ「あ、もしかして傘ないの?」

タプリス「つ、月乃瀬先輩!」

ヴィーネ「私の傘入る?」

タプリス「そ、その手には乗りません!」

ヴィーネ「……でも風邪引いちゃうわよ?」

タプリス「……」

ヴィーネ「……ほら」スッ

タプリス「……お願いします」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:52:22.905 ID:0pOklXF00.net

タプリス「……」

ヴィーネ「……」

タプリス「す、すいません、さっきは。つい反射的に……」

ヴィーネ「いいのよ、ちょっとずつでも慣れていければ」

タプリス「……はい」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:53:28.475 ID:0pOklXF00.net

ヴィーネ「それにしてもどうしてこんな時間まで残ってたの?」

タプリス「それが、今日掃除当番で、掃除おわってみんな帰ってからも隅っこのホコリとかこだわってしまって、気付いたらこんな時間に……」

ヴィーネ「あ、分かる!隅っこのホコリとか掃除しないと気が済まないわよね!」

タプリス「も、もしかして月乃瀬先輩も掃除で?」

ヴィーネ「うん、そうよ!まあ私は掃除当番じゃなかったんだけど、気になってしまってついうっかり……」

ヴィーネ「……こんなこと悪魔らしくないってのは分かってるんだけどね……」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:53:56.193 ID:0pOklXF00.net

タプリス(……前々から思ってましたけど)

タプリス(……本当にこの人悪魔なんでしょうか)

タプリス「……月乃瀬先輩ってほんとに悪魔なんですか?」

ヴィーネ「た、タプちゃんにまでそう言われるなんて……!」ガーン

タプリス「えっ!あっ、あの……その……」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:54:24.136 ID:0pOklXF00.net

タプリス「つ、月乃瀬先輩は立派な悪魔だと思いますっ!」

ヴィーネ「ど、どのへんが?」

タプリス「え、えーと、髪の毛が紫なところが悪魔らしいと言いますか……その……」

ヴィーネ「か、髪の毛……?」

タプリス「いや、えっと……」

ヴィーネ「……大丈夫よ、タプちゃん」

ヴィーネ「励ましてくれてありが……」

ヴィーネ「あっ、危ない!」

タプリス「え?」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:54:43.583 ID:0pOklXF00.net

トラック「ブオーン」

バッシャー

ヴィーネ「……ヘクシュッ」

タプリス「つ、月乃瀬先輩!」

ヴィーネ「うぅ……やられたわ、タプちゃんは大丈夫?」

タプリス「私は大丈夫です……でも」

ヴィーネ「ヘクチッ」

タプリス「あわわわわ、風邪ひきますよ!」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:55:18.589 ID:0pOklXF00.net

タプリス「そうだ!このマフラー!」

タプリス「月乃瀬先輩!このマフラーで暖を!」

ヴィーネ「……でも汚れちゃうわよ?」

タプリス「いいんです!元々先輩が庇ってくれなかったら汚れてましたから!」

ヴィーネ「……ありがとね、タプちゃん」

タプリス「いえいえ!当然ですよ!」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:55:42.972 ID:0pOklXF00.net

ヴィーネ「……とっても暖かい」

タプリス「良かったです!」

ヴィーネ「……ヘクチッ」

タプリス「あわわわわ」

タプリス「わ、私このまま走って帰りますので、月乃瀬先輩はこのまま家に」

ヴィーネ「いいって、送っていくわよ」

タプリス「でも」

ヴィーネ「それだとタプちゃんも風邪ひいちゃうかもしれないから、ほら」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:56:05.369 ID:0pOklXF00.net

タプリス「……でも」

ヴィーネ「こういう時は先輩の言うことを聞くべきよ?」

タプリス「……ありがとうございます」

ヴィーネ「うん♪」

タプリス(……この人はどこまで天使なんでしょう)


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:56:52.048 ID:0pOklXF00.net

タプリス「あ、ここです!ありがとうございました!」

ヴィーネ「へー、ここなのね!」

タプリス「はい!では、月乃瀬先輩もお気をつけて!さよなら!」

ヴィーネ「はーい!ありがとね!バイバイ!タプちゃん!」

タプリス「……あ、ちょっと待ってください!」

ヴィーネ「ん?どうしたの?」

タプリス(確かにこの人は悪魔だけど)


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/16(日) 11:57:17.512 ID:0pOklXF00.net

タプリス(……でも)

タプリス(……ちょっとくらいなら大丈夫ですよね)

タプリス「あっ、あの……いつかまたお茶でもいきませんか?おっ、お礼がしたくて……」

ヴィーネ「……!」

ヴィーネ「もちろんよっ!」

おわり



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿