TOP > ガヴリールドロップアウト > ラフィエル「ガヴちゃんの脇…」

ラフィエル「ガヴちゃんの脇…」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/17(月) 20:44:00.063 ID:9+o/FZ+Bd.net



ガヴリール「は?」

ラフィエル「…っ!!」


ラフィエル(ああっ!ボーッとしていたらつい頭に浮かんだワードを声に出してしまいました!)

ラフィエル(ガヴちゃんがノースリーブ姿が新鮮で特にやましい事を考えていた訳ではないのですが、流石にこれは不自然ですね…)


ガヴリール「私の脇がどうかしたのか?」

ラフィエル「い、いえっ!今のは気にしないでください!特に意味があった訳ではなくて…」

ガヴリール「……ひょっとして、私の脇が臭うのか?」シュン

ラフィエル「!?」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/17(月) 20:45:37.473 ID:9+o/FZ+Bd.net

ラフィエル(これはやってしまいましたね、私の軽率な言動のせいでガヴちゃんを傷付けてしまいました…)

ラフィエル(思えば突然女の子に対して脇の話をするなんて少々失礼ですね、天使として、友人として、私は反省するべきなのでしょう…)

ラフィエル(しかし、このままガヴちゃんに誤解されたままでいる私ではありません、何とか弁解してガヴちゃんを安心させてあげなくては…!)


ラフィエル「あ、あの!ガヴちゃん!その話なんですが…」

ガヴリール「いや、いいんだラフィエル」

ガヴリール「何かごめんな、私もこの生活始めてからあんま体とか洗わなかったしさ、臭いのも無理はないかなー、なんて」

ガヴリール「言いにくい事を言ってくれてありがとう、こういうのは自分じゃ気が付かないから凄く助かるよ…」ウルッ

ラフィエル「!?」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/17(月) 20:48:24.354 ID:9+o/FZ+Bd.net

ラフィエル(ああ、私は何と罪深い天使なのでしょうか)

ラフィエル(友人に恥を搔かせたあげく、女性としてのプライドを傷付けて泣かせてしまうなんて…!)

ラフィエル(…このままではいけません、私には責任を持ってガヴちゃんを笑顔にする義務があります!どんな手を使ってでも、ガヴちゃんの脇は臭くない事を証明してみせます!!)



ラフィエル「ガヴちゃん」

ガヴリール「……?」

ラフィエル「私嗅ぎます」

ガヴリール「えっ?」

ラフィエル「直で、生ガヴ脇を嗅ぎます!!」

ガヴリール「!?!?」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/17(月) 20:53:12.973 ID:9+o/FZ+Bd.net

ガヴリール「い、いきなり何言ってんだよ!そんな事しなくていいから!」

ラフィエル「いえ、元はと言えば私がガヴちゃんを誤解させるような事を言ってしまったのが原因です」

ラフィエル「責任を持って、ガヴちゃんの脇が臭くない事を証明してみせます!」ズイッ

ガヴリール「ちょ、マジでやめろって!近い、近いからぁ…っ!」ドキドキ

ラフィエル「………」

ガヴリール「ラ、ラフィエル?じょ、冗談だよな?私まだ帰ってきてシャワーも浴びてないからさ、今嗅いだら絶対……」

ラフィエル「……くんくん」

ガヴリール「ひゃあっ!?」ビクッ


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/17(月) 20:56:19.731 ID:9+o/FZ+Bd.net

……


サターニャ「…ガヴリールったら、学校に携帯を忘れて帰るなんて、マヌケにも程があるわ…」

サターニャ「ま、まぁ、たまたま私の行きつけのパン屋さんがこっちの方向だから、買い食いついでにガヴリールの家に届けに行ってあげてるんだけどね!」

サターニャ「そうよ、これは仕方が無いの!決して私がガヴリールに会いたいからとかそういうのじゃ無くて……っと」ピタッ


サターニャ「そうこう言ってる内にガヴリールの家に着いてしまったわね…」

サターニャ「さて、じゃあ早速ドアのチャイムを………ん?」

サターニャ「…ガヴリールの奴、ドアが半開きじゃない、全く、一人暮らしだってのに不用心にも程があるわ…」

サターニャ「ふん、まあいいわ、勝手に入ってガヴリールの奴を驚かせてやるんだから!ふふふ、我ながら何とも悪魔的な作戦ね!!」ガチャッ


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/17(月) 20:58:52.805 ID:9+o/FZ+Bd.net



ガヴリール「ああ…っ!ラフィ!そ、そんなところを舐めたら汚いです!」ビクンッ

ラフィエル「何を言ってるんですか、ガヴちゃんの体に汚いところなんてありませんよ」

ラフィエル「ふふ、それにしてもガヴちゃんの脇、私の思った通り、とても良い匂いがします!」ペロペロ

ガヴリール「も、もうっ!嗅ぐだけって言ったのにぃ……っ!」

ラフィエル「新鮮な反応のガヴちゃんも可愛いです!!」




サターニャ「」




11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/17(月) 20:59:31.400 ID:9+o/FZ+Bd.net

ガヴちゃんの脇はツルツルなのであった!



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿