TOP > アイドルマスター > 伊織「水瀬財閥が解体……!?」

伊織「水瀬財閥が解体……!?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 20:22:20.24 ID:9tcnEQZv0

伊織「どういことなのお父様!?」

伊織父「なんと言えばいいのだろうかその........ドジってしまった」コツン☆

伊織「んなぁ!ド、ドジったって...!」

伊織父「そういう訳で今日から自分で生活してくれ」

伊織父「水瀬家....解散!」ダッ

伊織「はぁ!?ちょ、ちょっとお父様!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 20:37:06.87 ID:9tcnEQZv0

伊織「あの水瀬家が解体なんて嘘よ....」トボトボ

伊織「一体どうして.....」

伊織「はぁ.....うさちゃん私これからどうしたらいいのかしら....」

うさちゃん(裏声)「ウジウジ悩んでたってしょうないよ!」

伊織「....そうね。ニヒヒ!悩んでたってダメね!とにかく今はどうするかを考えなくちゃね!」

うさちゃん(裏声)「そうだよ!その意気だよ!」

伊織「まずは住む所ね。どこがいいかしら?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 20:52:09.84 ID:9tcnEQZv0

伊織「家を出るときお金はあんまり持ってきてないからホテルはダメね。それに新しくマンションを借りるのも」

うさちゃん「それじゃあどうするの?」

伊織「どうするって...不本意ながら765プロのみんなに泊めてもらうしかないわ」

伊織「誰に頼もうかしら?ここはやっぱりPかしら?」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 21:10:03.94 ID:9tcnEQZv0

うさちゃん「一番妥当だね!」

伊織「そうと決まれば早速行動ね!」

うさちゃん「でも断られたらどうするの?」

伊織「断れたりなんかしないわ。なんたってこのスーパーアイドル伊織ちゃんが泊まるのよ?」

伊織「断る理由がないじゃない!ニヒヒ!」

うさちゃん「さっすが伊織ちゃん」

伊織「まずはあいつのいる事務所へ行くわよ!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 21:24:07.46 ID:9tcnEQZv0

P「おはようございます」ガチャ

春香「あっ!おはようございますPさん!....キャッ!」ズテーン

春香「....いてててて」

P「大丈夫か春香?」

春香「はい!心配いりません!」

P「そうか。春香は朝から絶好調だな」ナデナデ

春香「えへへへ...//」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 21:38:35.27 ID:9tcnEQZv0

P「伊織はまだ来てないのか?今日は伊織と一緒に仕事だろ?」

春香「伊織ならもう少しすれば来ると思いますよ。それより....ジャジャーン!私クッキー焼いてきたんです!」

P「おお、うまそうだな!」

春香「早く食べましょうよPさん!今回のは自身作ですよ!自身作!」

P「うん。確かにおいしいな」ボリボリ

春香「そう言って貰えると作った甲斐がありました!」

春香「あっ、それと一人で食べないで伊織の分も残しておいてくださいね」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 22:42:50.07 ID:9tcnEQZv0

P「それにしても伊織少し遅くないか?」ボリボリ

春香「そうですか?伊織なら大丈夫ですよきっと」

ガチャ

伊織「ぷろでゅ....」

春香「あっ、伊織おはよう!」

伊織「...あら春香おはよう」

伊織(そういえば春香もいるんだったわ....。これじゃあ頼みづらいわね)

P「おおやっと来たか伊織。おはよう」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 22:53:13.21 ID:9tcnEQZv0

P「それにしても今日は少し遅かったな。何かあったのか?」

伊織(...水瀬財閥が解体したなんて私の口からは言えないわね)

伊織「え、ええ。今日は朝から国賓の方々との食事会があってね」

P「ヒュー!いおりんマジブルジョワ!」

伊織「ふんっ!これくらい水瀬にしたら普通よ普通!」

春香「Pさんブルジョワってなんですか?」

P「春香お前はもう少し勉強しような」ナデナデ

春香「えへへ//はい!」

伊織(ますます頼みづらくなったわね....)


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 23:01:10.19 ID:9tcnEQZv0

春香「あっ、あのね伊織、私クッキー焼いてきたんだけど食べる?」

伊織「気持ちはありがたいけどついさっき食べてきたばか....」ぐ~

伊織「......。も、貰うわ//」

春香「はいどうぞ!」

伊織(そいえば朝にあんなことがあったから何も食べてなかったんだわ)

P「..........」

伊織「さすが春香ね。おいしいわ」ボリボリ

春香「えへへありがとう!」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 23:07:18.63 ID:9tcnEQZv0

伊織「それよりアンタそろそろ出発の時間なんじゃないの?」

P「ん?あ、ああそうだったすっかり忘れてたよ。ありがとう伊織」ナデナデ

伊織「///し、しっかりしなさいよ!あんたは私達のPなんだから!」

P「ははは。えーっと今日の仕事は....午前にCM撮影。午後はグラビア撮影だな」

P「よし、張り切って行くぞーおー!」

春香「おー!」

伊織(なんとかして春香がいない時を作らないと!)


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 23:22:42.15 ID:9tcnEQZv0

現場

P「今日のCM撮影の内容は.....」

伊織(しっかしどうしたらいいものかしら)

伊織(CM撮影じゃほとんど春香と一緒のはず....)

伊織(それなら春香と別々に撮影する午後の時に言うしかないわね)

伊織(そしたらアイツの部屋でと二人きり....///)

P「....伊織聞いてたか?」

伊織「きゃぁ!////ひ、人が考え事してる時に喋りかけるんじゃないわよ!」

P「ご、ごめん....」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 23:35:27.62 ID:9tcnEQZv0

伊織「まったく驚いちゃったじゃない!」

P「以後気をつけます....」

伊織「それで話って何よ?」

P「あ、ああ。今日のCMの内容の説明なんだけど」

P「春香扮する悪の屋台のラーメンおじさんを正義の黄色い鳥の着ぐるみを着た伊織が倒しチキン味のラーメンを勧める」

P「という感じなんだが」

伊織「訳がわからないわ...」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 23:44:39.56 ID:9tcnEQZv0

P「そんなこと言うなよ。春香なんかヒゲとか描いてやる気マンマンなんだぞ?」

伊織「はぁ~、あの子にはアイドルっていうプライドがないのかしら」

春香「Pさん見てください!どうです似合ってますか!?」

P「す、凄い似合ってると思うぞ!そ、それに今にも屋台を引っ張りながらラッパを吹きそうだ!」

春香「えへへ///」

伊織「......もういっそ転職したらどうかしら?」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 23:54:07.71 ID:9tcnEQZv0

春香「ぐあ~や~ら~れ~た~」

伊織「チッキンラーメン♪ちょびっとだっけ♪好きになてってっとてっと」

<ハイカーット!
<オツカレサマデシター!

伊織「ホント訳わからないCMだったわね」

春香「え~私は楽しかったよ」

P「春香輝いてたな。あと黄色い鳥の格好案外かわいかったぞ伊織」

伊織「んなぁ!?//あ、あたり前でしょ!この伊織ちゃんが似合わない格好なんてないのよ!」

P「ははっ、そうだな。それじゃあ次の仕事に行くぞ!」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 00:03:18.46 ID:M3xwz0Lo0

グラビア現場

春香「う~ん.....」

P「どうしたんだ春香?」

春香「この水着なんか小さくないですか?」

P「デブドル誕生だな」

春香「む~太ってなんかいません!」

伊織(くぅ~!早く一人になりなさいよ!)ソワソワ

P「どうした伊織?そんなソワソワして。まさかトイレか?」

伊織「ち、違うわよバカ!」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 00:19:33.28 ID:M3xwz0Lo0

P「おっと春香そろそろ撮影の時間だぞ」

春香「天海春香全力で頑張ってきます!」ダッ

P「おう期待してるぞ!」

伊織(よし、今なら!)

伊織「ちょ、ちょっとアンタ!」

P「どうした伊織?」

伊織「す、少し頼みがあるんだけどいいかしら」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 00:38:15.82 ID:M3xwz0Lo0

P「......そんなことがあったのか。伊織も大変だな」

伊織「いいのよ別に。それよりも頼みを聞いてくれるかしら?」

P「おう!なんだって言ってくれ。俺が力になってやろう!」

伊織「そ、それじゃあ、わ、私を.....ア、アンタの家に泊めなさい!///」

P「はい?」

伊織「だから私をアンタの所に泊めなさいって言ってるのよ!//」

伊織「ス、スーパーアイドル伊織ちゃんが直々に頼んでるんだから断るなんて許さないんだからね!///」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 00:43:18.80 ID:M3xwz0Lo0

P「お、俺の部屋に泊まるのか!?Why!?」

伊織「そうよ!まさかさっき言った言葉忘れたんじゃないでしょうね?」

P「ぐぬぬ........わ、分かったよ」

伊織「にひひっ♪分かればよろしい」

<水瀬さん次出番です

伊織「そういうことだからよろしくね♪」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 00:53:11.09 ID:M3xwz0Lo0

<終了でーす
<お疲れさまでしたー

春香「はぁ~やっと終わった~」

伊織「今日のカメラマン下手ったらありゃしないわ!」

P「お疲れ様二人とも」

春香「あっPさんどうでした私の水着姿!」

P「ナイスデブドルって感じだったぞ!」

春香「だからデブドルはやめてください!」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 00:59:11.17 ID:M3xwz0Lo0

P「ははは。今日の仕事はこれで終わりだ。がんばったな二人とも」

春香「はい!それじゃあ私は直帰しますから」

P「転ばないように気をつけて帰れよ」

春香「じゃーね伊織!」

伊織「お疲れ様春香」

伊織「......これで邪魔者は消えたわね」

伊織「それじゃあ行きましょアンタの家に」

P「はぁ~....はいはい分かりました」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 01:06:50.64 ID:M3xwz0Lo0

P宅

伊織「小さい部屋ねー。ジャンバルジャンの小屋より小さいわ」

P「しょうがないだろ。安月給なんだから」

伊織「それに物は散らかってるし。何故かゴミ箱の中はイカ臭いティッシュでいっぱいだし」

伊織「ホントにここは人の住んでる所なのかしら!?」

P「急に家に来るって言うから...って、ゴミ箱の中まで見たのか!?」

伊織「ゴミ箱にあんなこんもりとティッシュが入ってれば誰だって目に入るわよ」

P「ああ......なんたる失態......」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 01:21:21.13 ID:M3xwz0Lo0

伊織「それより今日の夕食はなにかしら?」

P「それなら心配ないぞ!」ガサゴソ

P「なんたってローソンのコンビニの弁当だからな!」

伊織「はぁ?コンビニの弁当ですって!?この伊織ちゃんが食べるのよ?もっとマシなものはないの!?」

P「そう言われても家の冷蔵庫には保存の利くもの以外入ってないし...。今からスーパー行っても開いてないし...」

伊織「.....はぁ....しょうがないわ....食べるわよ」

P「よし、いただきます!」

伊織「......いただきます」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 01:32:56.99 ID:M3xwz0Lo0

P「いや~こうやって人と食べるの久々だな~」

伊織「まさかあんたいつも一人でコンビニ弁当なの?」

P「そうだよ。俺基本家事まったく出来ないし」

伊織「ホントアンタはズボラね。そんなのだからアンタには彼女もできないのよ」

P「へへっ、面目ねぇ」



P「ごちそうさまでした」

伊織「ご馳走様」

P「お味はどうでした?」

伊織「まあまあね。たまにはコンビニの弁当もいいじゃないかしら」

P「そうかそれならよかった」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 01:36:14.94 ID:M3xwz0Lo0

伊織「ふぅ..お腹もいっぱいになったしシャワー借りるわよ」

P「どうぞどうぞ」

伊織「言っとくけど絶対に覗くんじゃないわよ!絶対だからね!」

P「はいはい。俺は寝る準備でもしてるよ」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 01:50:41.67 ID:M3xwz0Lo0

風呂

シャーー

伊織「....」

伊織(これからどうしよう.....。いつまでもPの家にいるわけにもいかないし....)

伊織「...困ったわ...」

P(まったく伊織も素直じゃないな。あんなの覗いてくれって言ってるようなもんじゃないか)ソローリ

P(この状況!覗かずして男と言えるか?否!)

P(大丈夫。手は出さない。そう、すこーしのぞくだけ....)

伊織「.....ちょっと何してるのよアンタ」

P「これはそのー.....スネークの真似というか...」

伊織「この変態!ド変態!変態大人!!//」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 02:00:22.37 ID:M3xwz0Lo0

P「いや伊織さん、いや伊織お嬢様すいませんすいません!どうかお許しを!」ゲザー

伊織「ふん!まったくアンタってやつは!//」

P「ホントに警察だけは勘弁してください!これは出来心なんです!」

伊織「そんなに許して欲しいんだったら条件があるわ」

P「なんでしょう伊織姫」

伊織「き、今日はわ、私と一緒に寝なさい!//」

P「」

伊織「ちょ、ちょっと何黙ってるのよ!//」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 02:06:54.61 ID:M3xwz0Lo0

P「と、唐突すぎやしません?」

伊織「許して欲しいんでしょ!なら言うことを聞きなさい!!」

P「許しては欲しいけど.....さすがにアイドルと一緒に寝るのは....」

伊織「な、なによ!私の言うことが聞けないわけ!?」

P「....わ、分かりました。一緒に寝させていただきます...」

伊織「分かったなら早くベッドに来なさい!//」

P「失礼します....」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 02:11:59.16 ID:M3xwz0Lo0

--------------割愛-----------



チュンチュン

P(まさか伊織とあんなことにするなんて....)

伊織「あ、あんなことまでしたんだからせ、責任取りなさいよね!///」

P「.......はい」

P(アイドルとあんなことやそんなことまでするなんて......P失格だ.....)ズーン

ピンポーン

伊織「あら?誰か来たわね」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 02:17:36.39 ID:M3xwz0Lo0

伊織「Pはこんなことになってるし私が出るしかなさそうね」

ガチャ

伊織「はーい、どちら様かし....」

伊織父「おはよう伊織。いい朝だな」

伊織「んなぁ!お、お父様!一体どうしてここに!?」

伊織父「ははは元気そうでなによりだ。どれ少しあがらせて貰うよ」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 02:22:41.74 ID:M3xwz0Lo0

伊織父「やあP君。突然あんなこと言ってすまなかったね」

P「.....ど、どうも」

伊織父「大変だったろう?伊織の世話は?」

P「はい。5キロくらい痩せた気がしますよ」ゲッソリ

伊織父「はははご苦労だったね」

伊織「お、お父様どういうことなの!?」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 02:29:32.89 ID:M3xwz0Lo0

伊織父「いやなに実はな、水瀬財閥が解体なんて嘘なんだ」

伊織「はぁ!?」

伊織父「私はある目的のために嘘をついたんだ」

伊織「も、目的?」

伊織父「そう、伊織は果たして一人で生活できるのかどうかということを調べるためにな」

伊織「そ、そんな事の為に....」

伊織父「水瀬財閥が解体したのに世間では騒がれてないのを気にしなかったのかい?」

伊織「そ、そう言われれば」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 02:36:01.61 ID:M3xwz0Lo0

父「まあ結果としては失敗だったがその代わりにいいものが見つかった」

伊織「いいもの?」

伊織父「伊織の将来をよろしく頼んだぞP君」ポン

P「.....はい」

伊織父「それではP君、伊織。私は次の仕事に行かねばならん、それでは」テクテク

伊織「.......」ポカーン

P「......」ズーン

伊織「.....と、とりあえず私は家に帰るわ」

P「.....お気をつけて」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 02:40:05.61 ID:M3xwz0Lo0

翌日

ピンポーン

P(....こんな朝早くから誰だ?)

P(まさかまた伊織父か?勘弁してくれ....)

ガチャ

P「はい.....」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 02:47:11.95 ID:M3xwz0Lo0

P「.............」

P「......あのー......なんでここに?」

伊織「もう!なんでじゃないわよ!伊織ちゃんが来たのよさっさと中に入れなさい!」

P「....その荷物は一体?」

伊織「ああこれ?これは私の着替えよ。ここに住むんだから着替えは持ってきて当然でしょ!」

P「ここに......住む?マジで言ってるの?」

伊織「いいから入れないよ!私が住むって決めたら住むのよ!」

伊織「責任は絶対にとって貰うんだからね!にひひっ♪」

終わり


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 02:50:00.17 ID:M3xwz0Lo0

保守、支援ありがとうだぞ
正直伊織って思ってより扱いにくくて3レス目くらいからネタ切れだったぞ・・・
超強引な展開許して欲しいぞ
割愛した部分は書こうと思ったけど自分眠くて限界だぞ
みんなの想像で補って欲しいさー
また見かけたらよろしくだぞ



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿