TOP > 艦隊これくしょん > 【艦これ】提督「俺がうるさい?」榛名「はい」

【艦これ】提督「俺がうるさい?」榛名「はい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:04:38.44 ID:aOf9V6RpO

提督「何を根拠に」

榛名「自覚なしと」

提督「身に覚えがないな」

榛名「この前の北方海域でのお話なんですが」

提督「あれか。確かに苦労した覚えはあるが、なんだかんだで制圧出来て良かったな」

榛名「そうですね。ところで、ここに青葉さん特製のDVDがありまして」

提督「それが?」

榛名「私達が海域攻略中の時の、執務室の様子を撮ったものです」

提督「どうやって仕掛けたのかという疑問はこの際措いておくとして、これがどうかしたのか?」

榛名「これを見れば、私の言った事が分かります」

提督「……なるほど。改竄や編集は?」

榛名「青葉さんを疑うと言うのですか?」

提督「誇張はするが、虚偽はない。そう言う事か」

榛名「ええ。もっとも、信じるかどうかは提督次第なんですが」

提督「拝見してみない事にはなんとも言えん。それでは、視聴してみよう」

榛名「私は席を外しておきますね」

提督「ふむ。DVDをセットして、と」

提督「お、始まったか。……どれどれ」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:06:41.59 ID:aOf9V6RpO

~北方AL海域(一回目)~

ほっぽちゃん「カエレ!」ドーン

提督「うわあぁぁぁぁっ! 当てられたあぁぁぁぁっ!」

榛名「そ、そんな! でも、まだいけます!」

提督「よ、よしよし! 中破は無傷! 中破は無傷!」

利根「二度目の砲撃、来るぞ!」

ほっぽちゃん「クルナァッ!」ドーン

榛名「きゃあぁぁぁっ!」

提督「榛名が大破したあぁぁぁぁっ!」

護衛要塞s「」ドーン ドーン

榛名「うぅっ! 皆さんは私に構わず敵を……!」

提督「くそがっ! 傷ついた艦を集中狙いしてきてんじゃねえよ!」

提督「夜戦だ! どうせ旗艦が大破したから撤退するんだ。夜戦でアイツに一矢報いるぞ! やっちまえ!」

榛名「夜戦なの? 腕が鳴るわね!」

ほっぽちゃん「カエレ!」

大井「そんな! 魚雷発射管がボロボロじゃない!」

提督「うがあぁぁぁぁっ! なんでじゃあぁぁぁっ!」

利根「まだまだ! 筑摩の奴には負けんぞ!」

提督「良い連撃だ! 感動的だな!」

Prinz「主砲、よく狙って……砲撃、開始!」

提督「だが無意味だあぁぁぁっ!」

A勝利


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:08:15.81 ID:aOf9V6RpO

~執務室~

提督「利根、瑞雲を下ろしてこれを載せてくれ」つ三式弾

利根「お主、そこまでして北方棲姫を無力化したいのか」

提督「いち早く混乱状態に出来れば、被害は抑えられるからな」

利根「プリンツにも載せるのか?」

提督「それは厳しいな」

Prinz「私の話ですかー?」

提督「丁度良い。この装備を見てくれ」

Prinz「ふぇっ!? い、いきなり何を!」

主砲・高角砲・高射装置・対空電探

利根「……三式を積む余裕がないの」

提督「そういう訳だ。筑摩じゃないのもそれが理由だな」

利根「筑摩の方が火力と対空に優れるのじゃが」

提督「電探を剥ぎ取るのが可哀想でな。それに耐久と装甲はプリンツの方が上だから」

利根「……そうか」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:10:48.04 ID:aOf9V6RpO

~北方AL海域(二回目)~

提督「ん? 敵の艦載機がやけに多……って、トリプルヲーじゃねえか!」

加賀「鎧袖一触よ」

提督「っ……セーフ。対空カットインはなかったが、開幕はお互いに動きなし、と」

大井「海の藻屑となりなさいな!」シュッ

ヲ級「」撃沈

提督「ナイスだあぁぁぁっ! 大井っちぃぃぃっ!」

ヲ級「」ビシュッ

提督「躱せっ!」ドーン

Prinz「こんなのビスマルク姉様に笑われちゃう!」

提督「くそがっ! だが、装甲と耐久のお陰でまだ中破だ!」

ヲ級改「」ビシュッ

Prinz「うわぁっ!」ドーン

提督「ふざけんなあぁぁぁっ! ちょっとだけ期待させてから落とすのやめろや!」

提督「それと集中攻撃はやめろって言ってんだろ!」バン!


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:13:45.33 ID:aOf9V6RpO

~執務室~

榛名「申し訳ありません、提督」

提督「……榛名以外は潜水艦を随伴にして一人ずつ近海のイ級を沈めて来い」

利根「了解した」

加賀「友永隊と江草隊を借りても?」

飛龍「私がやるときに返してくださいね」

ガチャ バタン

提督「……さて、プリンツを外して北上を入れるべきだろうか」

榛名「防御面に不安が残りますが」

提督「空母を二人とも烈風オンリーにするのは?」

榛名「それでもヲ級三体に航空優勢が取れるだけで、北方棲姫の構成によっては制空権が取れません。その上、ボスでの火力が不足しそうです」

提督「ツ級の対空カットインでどちらにせよ大半落とされるんだがな」

榛名「もう一度、この構成のままやってみて、無理そうなら考え直しましょう」

提督「……三式弾が上手く作用すれば良いのだが」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:16:29.46 ID:aOf9V6RpO

~北方AL海域(三回目)~

ほっぽちゃん「カエレ!」ビュンビュン

ドーン

利根「直撃だと!? この程度では我輩は沈まん!」

提督「最初の航空戦でやられたあぁぁぁぁっ!」

ほっぽちゃん「クルナァッ!」ドーン

大井「そんな! 魚雷発射管がボロボロじゃない!」

提督「アイエエエ!? 三重キラ付けてるのにナンデ!?」

ほっぽちゃん「シズンデ!」ドーン

榛名「きゃあぁぁぁぁっ!」

提督「当ててきすぎぃっ! 大井が大破したから夜戦だあぁぁぁっ!」

A勝利


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:18:32.82 ID:aOf9V6RpO

~執務室~

提督「利根、三式弾はもう下ろして良いぞ」

利根「そうか。やはり使い馴れた兵装が一番じゃの」

榛名「編成を雷巡二に変えますか?」

大井「北上さんと戦えるの?」

提督「……やれるか?」

大井「北上さんと戦えるなら百人力です!」

提督「なら、一度変えるか。プリンツ、すまんが北上と交代してみてくれ」

Prinz「了解しましたぁっ!」

提督「対空要員が減るのは正直厳しいとは思う。だが、俺には祈る事しか出来ない。……頑張ってくれ」

榛名「お任せください!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:22:00.46 ID:aOf9V6RpO

~北方AL海域(四回目)~

大井「海の藻屑と!」シュッ

北上「なりなよー」シュッ

ドーン

護衛要塞二体「」撃沈

提督「ナイスゥ!」

ほっぽちゃん「コナイデ!」カチャッ

提督「やめろおぉぉぉっ!」バン!

ほっぽちゃん「」ビクッ アッ

榛名「っ、夾叉ですか。ですが、当たらなかったのは大きいですね!」

提督「良いぞ! そのまま削れ! 削れえぇぇぇっ!」

ほっぽちゃん「チョウシニ……ノルナァッ!」ドーン

加賀「飛行甲板に直撃……そんな、バカな……」チュウハ

提督「加賀に直撃! だが、セーフだ! 良いぞ、ナイスガッツだ、加賀ぁっ! 進撃だあぁぁぁっ!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:25:22.46 ID:aOf9V6RpO

~北方AL海域(○回目)~

榛名「敵旗艦の撃沈を確認。海域制圧です!」

加賀「やりま」

提督「うっしゃあぁぁぁっ! どんなもんじゃあぁぁぁっ!」

飛龍「あの、提督」

提督「なんだ」

利根「通信機にノイズが走るから声を落としてくれんかのう」

提督「ん……そんなに騒いでいたか? とにかくお疲れ様だな。帰投してゆっくり休んでくれ」

加賀「あれだけの声を出していて自覚がないと言うの……」

大井「……提督にも困ったものね」

榛名「ですが、今回は青葉さんに依頼してますので」

飛龍「自分の姿を客観的に見たら、きっと私達の言いたい事も分かってくれるはず」

北上「これで落ち着いたら良いんだけどねー」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:27:04.19 ID:aOf9V6RpO

~時は戻って現在~

榛名「あ、終わりましたか?」

提督「……これが、俺?」

榛名「そうですね。毎回毎回、通信機を通じてこの声を私達は聞いているのです」

提督「マジ?」

榛名「マジです。執務室の外に居ても普通に聞こえる声量の為、一部の駆逐艦にも怖がられてます」

提督「挨拶したら引きつった笑みで返されたのはそれが理由か!」

榛名「で、視聴した感想は如何でしたか?」

提督「……すまなかった。寧ろ、よく我慢しながらあそこまで戦えたものだと思った」

榛名「戦闘に集中すれば、周囲の音は無視出来ますから。ですが、指示が聞こえにくくなるという難点もありますね」

提督「これからは極力、騒がないようにしよう。それにしても耳は大丈夫か?」

榛名「人より丈夫なので、あの程度ではなんともないですよ」

提督「……そうか」

榛名「提督?」

提督「なに、こうも自分の振りが酷いと思ってなくてな。少し気が滅入っているんだ」

榛名「一喜一憂してくれる気持ちは、とても嬉しいんですが……」

提督「大丈夫だ。意識すれば抑えられるさ。……さて、他の海域も制圧するとしようか」

榛名「了解です!」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:30:55.92 ID:aOf9V6RpO

~沖ノ島沖(一回目)~

榛名「夜戦なの? 腕が鳴るわね!」

重巡リ級改「」シャッ シャッ シャッ

ドーン

那珂「こんなになっても……那珂ちゃんは路線変更しないんだからぁーっ!」

夕立「ぽいぽいぽーい!」ドーン

綾波「綾波が守ります!」ドーン

時雨「残念だったね」シュッ

駆逐ハ級「」シャッ シャッ シャッ

ドーン

利根「バカな、被弾か! 我輩はこの程度では沈まぬ!」

榛名「戦闘終了。大破艦が二人、他に損傷はなしです」

提督「撤退だ」

榛名「了解しました」

利根「のう、榛名よ」

榛名「……ダメですよ、利根さん。提督は頑張っているんですから」

利根「じゃがなあ……那珂達も同じ気分だと思うんじゃ。無論、お主もな」

榛名「……私の一存では決められません」

利根「秘書艦の鶴の一声なら、皆文句はないと思うが」

榛名「……ですが」

利根「あると耳障りじゃが、なくなってみると落ち着かん。今考えてみると、提督と一緒に戦っている様な気がするから、あれはあれでありだったのかもしれんな」

那珂「那珂ちゃん的にも、声援があった方がやる気が出ちゃうかも。キャハッ☆」

夕立「パーティみたいな騒ぎなら、夕立も歓迎するっぽい」

榛名「はあ……。分かりました。提督、聞こえてますか?」

提督「どうかしたか?」

榛名「次の出撃から普段通りでお願いします」

提督「……良いのか? 迷惑だったんじゃないのか?」

榛名「どうも身体が慣れてしまったみたいで。提督のそれがないとダメなんです」

提督「その言い回しはわざとか?」

榛名「何がです?」

提督「なんでもない。普段と同じで良いんだな?」

榛名「お願いします」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:36:07.12 ID:aOf9V6RpO

~沖ノ島沖(二回目)~

榛名「夜戦なの? 腕が」

提督「重巡を殺せえぇぇぇっ!」クワッ

榛名「主砲、斉射!」ドーン

駆逐ハ級「」撃沈

提督「庇ってんじゃねーよ! ……おい、この間は! やめろ! やめてくれぇっ!」

重巡リ級改「」シャッ シャッ シャッ

提督「耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ!」

ドーン

夕立「これじゃあ、戦えないっぽい~」タイハ

提督「あぁぁぁぁっ! 重巡リ級なんて、大っ嫌いだ!」

駆逐ハ級「」シャッ シャッ シャッ

提督「ダメ押ししてきてんじゃねーよ!」

ドーン

榛名「きゃあっ!」ショウハ

提督「榛名あぁぁぁっ! 耐えたあぁぁぁっ!」

榛名「……戦闘終了です」

提督「くそがあぁぁぁっ! 夜戦マスはこれだから!」

榛名「提督、どうしますか?」

提督「撤退に決まってるだろ! んでもって、今日はもうやめだ! 帰投したら自由行動!」

夕立「わーいっ。帰ったら、提督と沢山遊ぶっぽい」

綾波「その前に入渠しないと……」

時雨「提督、次は最深部までいけるさ」

提督「当たり前だ! なんてたって、俺の自慢の艦隊だからな!」

那珂「ふふ、相変わらずうるさいなあ」

利根「……そうじゃな」

榛名「でも、悪くない気分ですね。さあ、帰りましょう。提督の待つ鎮守府に」


おしまい


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/05(木) 23:40:58.21 ID:aOf9V6RpO

3-5の上ルートで二戦目もしくは三戦目大破が相次いだ時に思い浮かんだからサクッと

投稿スレに投げるには少し長いかなと思ったのでスレ立てを
2-5は下ルート安定です。上ルートで索敵値足らなくて逸れるのやめてくれよな~、頼むよ頼むよ~



『艦隊これくしょん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿