TOP > ガヴリールドロップアウト > ヴィーネ「どうしよう……ガヴの肛門と入れ替わっちゃった……」

ヴィーネ「どうしよう……ガヴの肛門と入れ替わっちゃった……」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:08:28.309 ID:oHpm7iKn0.net

第一話!どうしよう!?肛門になっちゃった!

ヴィーネ「どうしよう……」

うんこ「うーす」

ヴィーネ「え、うんこ!?」

うんこ「何言ってんだようんこが肛門を通るのは当たり前だろ」

ヴィーネ「ああ、そ、そっか」

うんこ「通りたいんだけど」

ヴィーネ(なんかガヴみたいなうんこね……)

ヴィーネ「ええと……ちょっと待って。まだトイレについてないみたいで」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:09:45.885 ID:oHpm7iKn0.net

うんこ「早くしてくれ」

ヴィーネ「私に言われても……」

ヴィーネ「あ、今トイレに入ったから」

うんこ「早く」

ヴィーネ「はいはい、ちょっとまってね……」ギュゥゥ

「よいしょ……っと」

ヴィーネ「はいOK!通ってよし!」ガバァッ

うんこ「ったく。早くしてくれよな」

ブリュッブリリュリュリュゥウウ!!


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:10:41.411 ID:oHpm7iKn0.net

ヴィーネ「ふぅ……肛門のお仕事ってこんな感じでよかったのかな」

ブシャアアアアアアアアアアアwwwwwww

ヴィーネ「きゃあっ!?な、なにこれ……水!?」

ヴィーネ「ああ……ウォシュレットか……」

ヴィーネ「そうそう。こうして綺麗にしてね」

「ふーすっきりした」

ヴィーネ「それにしても……ガヴって結構な量だすのね……」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:11:26.657 ID:oHpm7iKn0.net

第二話!新人肛門!頑張ってます!

次の日

うんこ「おはー」

ヴィーネ「あ、おはよう」

うんこ「聞いたよ~。なんか肛門の様子が変だっていうからさ。もしかして君新人?」

ヴィーネ「え、ええ。まあそんな感じかしら」

うんこ「頑張ってね~肛門ってイチバン責任押し付けられるからさ」

うんこ「尻拭いだけに!w」

ヴィーネ(クソみたいなギャグね……)

「よいしょ……っと」

ヴィーネ「あ、トイレについたから行っていいわよ」ガバァ

うんこ「んじゃねー」

ヴィーネ「なんか、うんこと会話するって新鮮……」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:12:29.468 ID:oHpm7iKn0.net

第三話!バーゲンセールのうんこ達!

数日後

ヴィーネ(それから私の肛門人生は続いた)

うんこ「おいすー」ゾロゾロ

ヴィーネ「うっわ、今日は団体ね……」

うんこ「まだ?」「はやく開けろよ」

ヴィーネ「バーゲンじゃないんだから……」

「はっ……はっ……はっ……!」

うんこ「おいもういいだろ!?」

ヴィーネ「待って!まだトイレについてないから!」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:13:11.821 ID:oHpm7iKn0.net

うんこ「早くしろ!!」

ヴィーネ「あと少し!あと少し!!」ギュゥゥゥ

「はぁっ!……間に合ったぁ……!!」

ヴィーネ「座った……ほら、でていきなさい!」ガバッ

うんこ「うおおおおおおおお!!!!!」

ブババババババババババッ

ヴィーネ「はぁ……肛門も楽じゃないわね……」

「ふぅ……」

ヴィーネ「でも、なんとか間に合わせられてよかった」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:13:39.611 ID:oHpm7iKn0.net

第四話!授業中の肛防戦!前編!

更に数日後

ヴィーネ「おかしいわね……昨日うんちが来なかった」

ヴィーネ「まったく……不摂生な生活を送ってるからよ」

ドドド

ヴィーネ「……この気配!」

ドドドドドド!

ヴィーネ「まずい……今は授業中……!!」

ヴィーネ「ガヴの性格上授業中にトイレにいくことなんてありえない……!」

ヴィーネ「私だってしたくない!!」

ヴィーネ「ここは……絶対に死守しなきゃ!!」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:14:19.133 ID:oHpm7iKn0.net

うんこ「うおおおおおおおおおおお!!!」

ドドドドドドドドドドド!!

ヴィーネ「いかせないわ!!!」ギュゥゥゥゥ!!!

うんこ「だせェ!!ここからだせええええええええ!!!」

「うぐっ……うぅぅ……!!」プルプル

ヴィーネ「させない……ガヴに……公衆の面前で脱糞なんて絶対にさせない!!」

うんこ「オオオオオオオオオオオオ!!!!」

ドドドドドドドドドドドドド!!

ヴィーネ「ガヴのパンツと名誉は……私が守る!」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:14:50.451 ID:oHpm7iKn0.net

第五話!授業中の肛防戦!肛編!

「あと5分っ……」プルプル

うんこ「オラァ!」ドゴォッ

ヴィーネ「ぐぅっ……!」プルプル

うんこ「開けろ!アケロ!AKERO!」

ヴィーネ「させないぃっ……!!」

うんこ「開け!ゴマ!!オオオオオ!!!」

キーンコーンカーンコーン...

「っ!」ガタッ

ヴィーネ(授業が終わった!ここが……ふんばりどころ!!)


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:15:41.199 ID:oHpm7iKn0.net

うんこ「なぜだ……なぜそこまで(腸液で)ボロボロになってまで立ち塞がる……!?」

うんこ「なにがお前を奮い立たせるというのだ!?」

ヴィーネ「この体の主は……洋式便器での排便を求めている……」

ヴィーネ「ならばそれを叶えるのが……肛門の使命!」

ヴィーネ「たとえ我が身が溶け痔になろうとも――」

ヴィーネ「私はアンタたちを便器以外には出させない!!」

うんこ「……フッ。熱いぜアンタ」

「はぁぁぁっ……間に合ったぁぁぁ……!!」

うんこ「アンタの勝ちだぜ姉ちゃん。また会ったら……今度は必ず脱糞させる」

ヴィーネ「ふふ、また絶対に守り抜くわ」ガバッ

ブババババババババババババア!!!!!


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:16:37.335 ID:oHpm7iKn0.net

第六話!肛門って休めないの

とある日の排便後

ヴィーネ「ふぅ……今日もいい排便!」

ヴィーネ「ほどよい感触であまり痛くなかったし」

ヴィーネ「健康的なうんちだったわね!」

ヴィーネ「きっとヨーグルトを食べてたからね」

「……っ」ピクッ

ヴィーネ「……この圧力。またか……」

ズモモモモモ...

ヴィーネ「いるのはわかってるわよ!でてきなさい!」

おなら「流石肛門。新人と聞いていたんだが……こうも早く気づけるとは」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:17:29.438 ID:oHpm7iKn0.net

ヴィーネ「でたわね……おなら!」

ヴィーネ(オナラは気体……うんこと異なり実態のないオナラは気づきにくい!)

おなら「さあ、ここを通してもらおうか」

ヴィーネ「ゆっくりでていきなさい。なるべく音を立てないで」

おなら「さあなぁ……それは出てみるまでどうなるかわからない」

ヴィーネ「女の子なんだから大きなオナラなんてさせられない!」

おなら「じゃあお前が頑張れ。新人君!」

ヴィーネ「……くっ!」

ブブッブブゥゥウウウウウウウウ!

「……っ!」カァァァァ

ヴィーネ「くっ……やはりオナラ……一筋縄ではいかない、か」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:18:05.283 ID:oHpm7iKn0.net

第七話!狡猾!?屁を名乗る者!前編

「おっ……このカップ麺おいしそー」

ヴィーネ「まったく……またカップ麺……」

ズズズ!

ヴィーネ「……!」

???「おいすー」

ヴィーネ「何者……?」

おなら(?)「オナラっすよー。とおしてくださーいw」

ヴィーネ「……おなら、ね」

おなら(?)「そうそうwオナラだからわざわざトイレに行かなくてもいいっしょw」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:18:36.872 ID:oHpm7iKn0.net

ヴィーネ「……」グ...

おなら(?)「あり~w」

ヴィーネ「……待ちなさい」ピチッ

おなら(?)「!」

ヴィーネ「正直に答えなさい……」

ヴィーネ「あなたは……何者?」

おなら(?)「い、いや……私は」

ヴィーネ「……」吟ッ

うんこ「……うんこっす」

ヴィーネ「そう。今トイレに向かってるから待ってもらえるわよね?」

うんこ「……はい」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:19:17.330 ID:oHpm7iKn0.net

第八話!狡猾!?屁を名乗る者!肛編

ズンッ!

ヴィーネ「!!」

「……っ!」ピクッ

???「こんにちは~w」

ヴィーネ「あなたは……?」

おなら(?)「オナラですよ~」

ヴィーネ「……」

おなら(?)「うんこと違って固形でもないでしょ?」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:19:51.589 ID:oHpm7iKn0.net

ヴィーネ「……」

おなら(?)「そういうわけだから!通してくり~w」

ヴィーネ(確かに……この前屁だと偽ってきたものとは違って固体ではない)

ヴィーネ「……わかったわ」グバ

おなら(?)「へへ……」

ブッ

ヴィーネ「……ッ!!待ちなさい!!」ギュゥゥゥ!!」

ヴィーネ「あんた……オナラじゃない!下痢ね!?」

下痢便「おぉ~バレちゃったか~!」

下痢便「でも……少しでちゃったねぇ?」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:20:29.788 ID:oHpm7iKn0.net

ヴィーネ「!」

「あっ……」

ヴィーネ「あ……ガヴのパンツがっ……!」

下痢便「うんこはほんの僅かな量でパンツに致命傷を与える!」

下痢便「肛門ならわかるよなぁ!?ヒャギヒィッ!w」

ヴィーネ「……ッ」

下痢便「……まあ、そういうことだ」

下痢便「今回はこの程度で済ましてやる」

ヴィーネ「……え?」

下痢便「だが……いつかこの程度では済ましてくれない奴が現れるかもしれない」

下痢便「そんな脅威に立ち向える――アナルガーディアンになれ」

ヴィーネ「……アナルガーディアン」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:21:11.958 ID:oHpm7iKn0.net

第九話!決戦!インポッシブルうんこ!

「店舗特典のために通販を使わずに買いに行くとか……健康的すぎだろ私」

ヴィーネ「まったく……何いってんだか」

ゴゴゴ

ヴィーネ「……え?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!

ヴィーネ「うそ……今の今まで便意の気配すらなかったのに……!!」

ドドドドドドドドッ!!

ヴィーネ「いきなり……戦場にうんこが現れた!!」

修羅のうんこ「……」ズンッ

ヴィーネ「まるで……第一空挺団のようなうんこ……!!」


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:21:51.208 ID:oHpm7iKn0.net

ヴィーネ「まずい……便意を今まで感じ取ってなかったから……」

ヴィーネ「トイレが遠い!!」

修羅のうんこ「そのとおり……最寄りのトイレは公園の公衆便所……」

修羅のうんこ「しかし。私はそこまで待つ気はない」

ヴィーネ(この迫力っ……幾つもの死線をくぐり抜けてきたとしか思えないっ……!!)

修羅のうんこ「絶対にトイレに行けない状況でのうんこ……」

修羅のうんこ「人は私をこう呼ぶ――」

修羅のうんこ「インポッシブルうんこと!!」

ヴィーネ「!!!!!!」


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:22:31.387 ID:oHpm7iKn0.net

第十話!敗北!バック・トゥ・ネイチャーうんこ!

ズンッ!!

ヴィーネ「ぐぅぅぅっ!!」

修羅のうんこ「諦めろ。未熟な肛門に……私は止められない!!」

ドドドドドドドドドッ!!

ヴィーネ「きゃあああああっ!!!」

「~~~~っ!」プルプル

ヴィーネ(あと200m以上……うそでしょ……今までで10mも進んでないっ……!)

修羅のうんこ「お前(肛門)を壊し……純白のパンツに死の宣告をしよう」

ドォンッ!!

プゥ...


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:23:12.942 ID:oHpm7iKn0.net

ヴィーネ「うぐっぐぐぐぐぐぐぅ……!!」

修羅のうんこ「大したものだな。顔を出せたが……防ぐとは」

ヴィーネ「絶対に……させないぃぃ……」

修羅のうんこ「だが……勝負あったな」

ヴィーネ「……!?」

「うぅ……誰もいないよな……?」キョロキョロ

ヴィーネ「が、ガヴ……?ちょ、まさか」

修羅のうんこ「お前がもっと便意に敏感で……私の気配に気づいていれば」

修羅のうんこ「事前に対処できていたかもしれない」

修羅のうんこ「お前が……お前がさせたんだ」

修羅のうんこ「バック・トゥ・ネイチャーうんこを!!」

ヴィーネ「野糞なんてしちゃだめえええええ!!!!!」


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:24:04.157 ID:oHpm7iKn0.net

「……っ」プルプル

ヴィーネ「ガヴ……」

修羅のうんこ「パンツも下ろしたようだな。さ、早く通してもらおうか」

ヴィーネ「……っ」

修羅のうんこ「早くしないと誰か来るかもしれないぞ?そのほうが彼女にとってより苦痛だと思うが?」

ヴィーネ「……わかったわ」グバッ

ブブゥゥウウウ!!ブリュッブリリュリュリュゥウウ!!!

ヴィーネ「……くぅ。くぅぅぅうううううううう!!!!」

「うぅぅぅう……」カァァァァ

ヴィーネ「ごめんガヴっ……私がっ……私が不甲斐ないせいでっ……!!!」

ヴィーネ「ごめんっ……ガヴぅぅぅぅぅ……!!」


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:25:04.679 ID:oHpm7iKn0.net

第十一話 出会いと別れ

ヴィーネ「……」

うんち「こんにちは。いつもお勤めお疲れ様です」

ヴィーネ「……あなたは」

うんち「うんちですっ」

ヴィーネ(まるで……綺麗なガヴリールみたい……)

ヴィーネ「ごめんね、今トイレに向かってるからしばらく待ってもらえる?」

うんち「はい」

ヴィーネ(礼儀正しいうんち……みんなが……このうんちみたいならいいのに)


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:25:39.603 ID:oHpm7iKn0.net

うんち「どうかしましたか?」

ヴィーネ「ちょっと、この前失敗しちゃって」

ヴィーネ「クソみたいなうんこに遭ってね……うんこがみんなあなたみたいだったらいいのになって」

うんち「あはは。私が特殊なんですよ」

ヴィーネ「あなたは無理やりこじ開けようとしないし……」

ヴィーネ「うんちとは思えないかも」

うんち「そうかもしれませんね……」

ヴィーネ「ねえ、よかったらトイレにつくまでの間私とお話しない?」

うんち「お話、ですか?」

ヴィーネ「ええ!あなたにだけ私の秘密を教えてあげる!」


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:26:32.954 ID:oHpm7iKn0.net

ヴィーネ(そうして私はうんちに私のことを教えた)

ヴィーネ(私が本当は悪魔だということ、私の名前やガヴのこと。ひょんなことで肛門になってしまったこと)

ヴィーネ(うんちなのに綺麗なあなたと、悪魔なのに悪魔らしくない私、似た者同士だと笑いあった)

ヴィーネ(うんちは楽しそうに私の話を聞いてくれた。特に、そのと世界に興味を持ってくれていた)

ヴィーネ(当然かも知れない。うんちはこの肛門の外の世界を知らないのだから)

ヴィーネ(私は外にはいろんなものがあることを教えてあげた)

ヴィーネ(彼女はまるで子供みたいに無邪気な笑顔で、いろいろなことを聞いてきた)

ヴィーネ(こんなに楽しく話したのは久しぶりだったから、思わず会話に夢中になっていた)

ヴィーネ(気がつけば、ガヴはトイレに座っていた)


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:27:14.488 ID:oHpm7iKn0.net

ヴィーネ「……あっ!もうトイレに座ってたみたい!ごめんなさい!話すのに夢中になって……」

うんち「いえ、いいんですっ!私もとても楽しかったですから!」

ヴィーネ「じゃあ、開くわね」グバ

うんち「はいっ!」

ヴィーネ「また会ったら、次は魔界のことも話してあげるわ!」

うんち「……はい!ぜひ!」

ヴィーネ「じゃあ……いって――」

ヴィーネ(あれ…‥ちょっと待って?)

ヴィーネ(本当に、もう一度会えるの?)


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:27:59.520 ID:oHpm7iKn0.net

ヴィーネ(だって……うんちはトイレに流され、下水を通る)

ヴィーネ(そして下水処理施設へ……やがてきれいになった下水は海に流される)

ヴィーネ(それってつまり……うんちは……!!)

うんち「では行ってきますね」

ヴィーネ「……まって!!!」

ビチィッ

うんち「……ヴィーネさん」

ヴィーネ「だめ……やっぱりいかせない……!!」

うんち「なぜですか?ここはトイレですよ?」

ヴィーネ「ダメなものはだめなの!!」

ヴィーネ「だって……だって……ここを出たらあなたは……」

ヴィーネ「あなたは死んじゃうから!!!!」


42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:28:42.896 ID:oHpm7iKn0.net

最終話 これが私の歩む道

うんち「……そう、でしょうね」

ヴィーネ「なっ……わかってたの……?」

うんち「はい。ここにいる人はみんな初対面の人ばかりでしたから」

うんち「二度と帰って来ないということは察していました」

ヴィーネ「あなたは……怖くないの……?」

うんち「怖いですよ……当たり前じゃないですか……」

ヴィーネ「じゃあ!ここでずっと暮らしましょう!!あなたは死ぬべきじゃない!!」

うんち「……それはだめです」


43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:29:40.494 ID:oHpm7iKn0.net

うんち「私も他のうんちと同じ存在。例外ではないんです。特別扱いなんて許されません」

ヴィーネ「でも……」

うんち「私のように死を恐れたうんちがここに溜まっていけばどうなりますか?」

ヴィーネ「……便秘」

うんち「便秘どころではありません。腸はうんちで詰まり、やがて破裂します」

うんち「あなたのお友達が……死んでしまいます」

ヴィーネ「……っ」

うんち「それに……あなたもここに居続けるべきではありません」

うんち「あなたにもあなたの人生があります。あなたは……元の体に帰るべきです」

ヴィーネ「うんち……」


44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:30:32.143 ID:oHpm7iKn0.net

ヴィーネ「でも、それでも私は……」

うんち「我……うんちの名において――」

ヴィーネ「うんち……!?」

ヴィーネ「だめ……やめて……!!」

うんち「ヴィーネさんは……優しい人ですから」

うんち「こうでもしないと私を通してくれません」

うんち「開け、ゲートよ!」

ヴィーネ「やめて……やめてうんち……!!!」

ガヴァァァアアアアアアアアアアッ!!!!!

うんち「いいんです。いいんですヴィーネさん――」

うんち「これが私の歩む道だから」

ブリュッブリリュリュリュゥウウ!!!!!!!!!!!!!!

ヴィーネ「うんちぃいいいいいいいいいいいい!!!」


45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:31:48.026 ID:oHpm7iKn0.net

…………
……

数ヶ月後

ヴィーネ(私は、あの後元の体に戻った)

ヴィーネ(どうやらガヴの肛門は結構働き者だったみたいで)

ヴィーネ(私がいない間しっかり学校生活を送ってくれていたみたい)

ヴィーネ(ガヴも肛門みたいに宿題をきちんとやればいいのに……)

ヴィーネ「宿題終わり……」

ヴィーネ「んっ……トイレトイレっ……」

ガチャッ

ヴィーネ「……ふぅ、間に合った」


49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/23(日) 20:32:58.846 ID:oHpm7iKn0.net

ヴィーネ「……いつもありがとう。私の肛門」ニコッ

ヴィーネ「よしっ」

ブリュリッ

ヴィーネ「今日のは素直ね……よしっ!」

「ヴィーネさん。ありがとう――」

ヴィーネ「うんち……?」

ヴィーネ「……うん」

ヴィーネ「これが私の歩む道だから」ブッッ!

★☆完☆★



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿