TOP > シンデレラガールズ > モバP「主演 三船美優」

モバP「主演 三船美優」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:28:56.09 ID:Tunm3blT0

アイドルマスターシンデレラガールズのSSスレです。
毎回落としている気がします、申し訳ありません。
モバP「幕間」』というSSの続きのようにもしてますが、これだけでもお楽しみいただければ幸いです。


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:29:55.76 ID:Tunm3blT0

P「みなさーん、今日は珍しいお酒を手に入れてきましたので、一緒に楽しみましょう! それじゃ、かんぱーい!」

<カンパーイ!!!

美優「か、かんぱーい……」




美優「あの、Pさん……少し名残惜しいですけれど、これくらいにしておきましょうか……」

P「そう、ですね……」


千秋「Pさん、Pさん……zzz」チュッチュッ

のあ「P、P……zzz」チュッチュッ

楓「う……うう……りょ、りょうほほに、うほっ、いい、オト、コ?……zzz」ベタベタ

亜里沙「ウサコちゃーん……ありさせんせーは、ウサミン成人と、たのしんでまーす……zzz」ワッショイワッショイ

???「ミミミンミミミンミミミン……zzz」キャハッ!

清良「歳には……かてぇましぇん……zzz」スースー

若葉「歳、なんてぇ……オトナは……これくらいりゃ、ねむく、にゃたりぃ……すぅ」スヤスヤ


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:30:54.56 ID:Tunm3blT0

P「死屍累々、って感じですね……」

美優「変わった風味の、お酒でしたものね……飲み過ぎないで、良かったかしら」クラクラ

P「よっと……美優さん、たて、ますか? みんなを、部屋で寝かさないと……」ヨロヨロ

美優「は、はい……あ、あれ?」フラフラ

P「――あぶない!」ガシッ

美優「あ……す、すみま、せん……足がもつれ……あ……っ」

P「み、美優、さん」

美優(かお……近い……っ)

美優「P、さ、ん……っ」チュッ

ぴとぉ……

美優「……ちゅぱ、んちゅ――ぷはっ」

P「……美優さ、ん」

美優「…………」ギュッ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:31:41.80 ID:Tunm3blT0

pipipi pipipi pipipi…………

pipipi pip

文香「……はい」

美波「あ、文香ちゃん……夜遅くにごめんね、起こしちゃった?」

文香「いいえ……あの、美波さん。あなたも、やっぱり」

美波「うん……おめかし、しなくちゃね。あとPさんから渡された、あれ……」

文香「…………」ゴクリ


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:32:54.98 ID:Tunm3blT0

美優「んちゅぅ……っ、ごめんなさい……でも、私……あんっ!!」

ぎゅ、ぎゅにゅっ、ぐにゅぐにゅぎゅ……にゅぅぅぅ……っ

P「自室に連れ込んで、ドアも閉めない内に発情して……悪いひとです、美優さん」

ぶちっ、びりびり……もにゅっ、むにゅむにゅ、きゅきゅ、ぎゅー、

美優「んはぁっ……! はい、はい……っ、私、わるい、女、です……っ、Pさん、P、さん……だ、らからぁ……」

くぱぁ……

美優「しつけ、躾けて、Pさ……」

――――ぐじゅぶっ!!

美優「はあああああっ!!!」

美優(た、立ったまま、かべに押し付けられて……っ!)

P「……なんの抵抗も、しないんですね……こんなにあっさり呑み込んで……くっ!!」

ぐぶっ、じゅぷっ、ぐじゅっぐじゅっぐじゅっぐじゅっ!!

美優「ら、らって、Pさん、Pさんに……っ、わた、し、教え込まれて……ん、んはあっ?!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:34:41.21 ID:Tunm3blT0

がばあっ!

P「じゃあ……おさらいです。これは、なんていう体位でした、かっ?!」

じゅぱんじゅぱんっ、じゅぷじゅぷじゅぷじゅぷ!!

美優「はあっ、あっ、あっあっあっ!! うっうあぁっ?!」ビクッ

ごとっごとっ、がたがたがたがたがたっ!!

美優(両足ごと、カラダ、抱え込まれて……宙ぶらりんで、子宮叩かれてる!!  お尻の奥まで貫かれてるぅっ!!)

P「ほらほら、どうなんですっ?!」

ごちゅごちゅっ、ぐじゅっぐじゅっぐちゅっぐちゅっぐちゅぅ!! ぢゅっ!!

美優「あ、ふぁああっ、え……えき、えきべん、ですっ!! か、かべにはさまれて、下から、おまんこ……っ、串刺しにされてますぅぅ!!」ガクガク

P「よくできまし……った!」

ごちゅんっ!!

美優「んはあぁうぁっ!!!」ビクッ!

ごぷ……っ、ごぷー、ごぷーごぷーごぷーごぷー

P「まずは一発……んっ」

美優「あっ……こぼれ……んっ、んちゅっ、ちゅっ、れろっ……ぉ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:36:04.05 ID:Tunm3blT0

美優(膣奥で、熱いのたくさん射精されながら、優しくキスされたらぁ……)

ごぷっ……ぼたぼたっ、ぼどっ、どぷっ、

美優「はっ、んはっ……ぁ、ちゅうっ、ちゅぱっ、むちゅ、れるっ、れろぉ」

ずるずる……ずるっ、

美優「んあっ、ぷはっ、は、ぁ……ふっ、ふ……っ、ふー」

美優(おちんちん、引き抜かれて……ナカ引っ掻かれてるっ)

P「じゃあ……シャワーでも浴びましょうか」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:37:24.28 ID:Tunm3blT0

ザァ―――――――――――――

ぐぽっ、ぐぶ、じゅぽれろ、じゅるるるるるるるっ、

美優(Pさんの、ノドの奥でゴシゴシしてあげたら……っ、びくって震えて……切なそうに)キュン


ザァ―――――――――――――

にちゃにちゃ、にゅぐにゅぐにゅ……ごっくん

美優(みてください……Pさんのせーえき、くちのなかでくちゅくちゅして、ぜんぶ、飲み込んじゃいましたぁ……熱くて、カラダの中、爛れちゃう……)アーン


ザァ―――――――――――――

ずっぷずっぷずっぷ……こっちゅこっちゅ、こちゅっこちゅっこちゅっこちゅっ……

美優(詰め込まれて、掻き出されて、また詰め込まれて……せーえき何回も刷り込まれて……洗っても洗っても、ねばねば、とれなくなっちゃいそう……)ビクッビクッ




美優「すみません、だっこしてもらうなんて……あの、重くないですか?」

P「全然、もっと食べてもいいくらいですよ……それにしても、いけないお姫様ですね、足腰も立たないのに、こんなに物欲しそうな顔をして」

美優「そ、そんな……Pさんこそ……お風呂であんなにシたのに、まだ、足りないんですかぁ……」トロトロ


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:39:14.44 ID:Tunm3blT0

P「美優さんこそ、全然物足りないんじゃないでしょう。さっきから、出しては掻き出してばかりで……」

ぎゅむっ、

P「膣奥に溜め込んでるわけじゃありませんからね……美優さんはいやらしくて欲張りですから、膣奥に欲しいんでしょう?」

美優「やぁ……そんな、私は……あんっ、んっ!」

しゅちゅっ、すりすり、ちゅっちゅっ、

美優(まだこんなに大きくて、硬い……私の入り口擦って、焦らされて……)キュンキュン

ぎゅぎゅっ、ぐにゅう……ぐにぐにっ、ぐぐぐっ……

ぢゅぱっ、みちゅむちゅっ、じゅろろろろろろっ……がりっ!

美優「んはっ、あっ!! うっうあっ!! ら、りゃめでしゅっ!!」

美優(おっぱい、刺激されて……メスだって、思い知らされてるっ)

P「言ったはずですよね、俺は素直なひとが好きだって」

美優「ああっ……」ブルブル

美優(Pさんの視線……いつもの優しさと違う、メスを従わせる厳しいオスの目……)

くぱぁ……

美優「はい、はいぃ……、い、いやらしい、私は、赤ちゃんのお部屋に、Pさんの……せーし、いっぱいいっぱい、注いでほしい、です……っ」ニチュニチュ


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:40:23.67 ID:Tunm3blT0

美優(恥ずかしい……でも、Pさんにもっと、もっと愛されたい……)

P「よく言えました。じゃあ、ベッドに」ナデナデ

とすっ……

ぎし、ぎしぎし、

美優「んっ……まだ、髪も乾いていないのに」スリスリ

美優(でも、すぐに汚されてしまう……から、いいのかしら)

P「お酒、もう少し持ってきましたよ。シャワーで抜けちゃったアルコール、これで補充しながら……」

美優「はい……」

――しゅる

美優「あっ……こ、今夜は、目隠し、ですか?」

P「ええ」クピ

かちゃかちゃ……

美優「て、手錠まで……」


ガチャ……

――――――――バタン


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:42:23.92 ID:Tunm3blT0

美優「……え?」

P「お、もうそんな時間か……美優さん、今夜はお客を呼んでいるんですよ」

美優「……お、お客、ですか?!」

P「すみませんね急な話で……美優さんのいやらしさ、ぜひ一度、生で見てみたいと言われてまして」

美優「だ、だれっ、だれなの?!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:43:34.82 ID:Tunm3blT0

美波「おじゃましまーす……」コソコソ

文香「失礼……、します……っ」コソコソ


美優「え、あ……美波ちゃん、と……文香、ちゃん?」

美波「はい……すみません、いきなり押しかけて」

文香「……ごめんなさい」

美波(目隠しと、手錠を付けられた美優さん……)

文香(後ろから……プロデューサーさんに、抱きすくめられてる……)

美優「え、ええと……ご、ごめんなさいねこんな格好で……」アセアセ

美波(……ちょっとずれてる反応、かな?)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:44:51.27 ID:Tunm3blT0

美優「た、立ち話でもなんだしお茶でも……って、そうじゃなくて……そ、その……Pさん、これは……はぅんっ!!」

くちゅっ、ぬちゅぬちゅっ、ずぷ……ぅ

美優「んっ、ん……! はっ、あっ!!」フルフル

もにゅっ……むにゅ、こりこりこりっ、くにゅっ、

美優「くっ、ううぅ……いじっちゃ……あんっ! だ、りゃめ、れすよぉ……ふたりがっ、はぁんっ!!」

美波「…………」ドキドキ

文香「…………」ドキドキ

――ずちゅっ!!

美優「ひゃんっ?!」ビクッ

P「でも、二人に見られてるって分かってから、すごい反応じゃないですか。こんなに濡れていますし」ベタベタ

美優「あ、んっ、ん……そん、なぁ……」フルフル

文香(美優さん……ご自分の愛液、顔に塗りたくられて、ぽぉっとして……)ドクンドクン

美波(Pさんに好き勝手に弄られているのが、とても心地よさそう……)ドクンドクン


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:46:29.02 ID:Tunm3blT0

P「ほら、どんどん足が開いていってますよ? そんなに二人に見せつけたいんですね……まあでも、丁度良いです」

――つぷっ

美優(あっ……こ、これぇ、Pさんのおちんちん……っ? 私のおまんこの入り口にぃ……)

美優「ちょ、ちょうどぉ、いいってぇ……?」

P「今日二人を呼んだのはですね、美優さん……あなたへのインタビューですよ」

美優「い……インタビュー?」

文香「……はい。急におしかけて、申し訳ありません。ですが……」

美波「私たち、美優さんみたいに、Pさんへのアピール、もっと積極的になりたくて……お勉強、させてもらいたくて」

P「そういうわけです。それでですね、インタビューですから、勿論……」


●REC


P「二人にはビデオカメラを預けています」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:48:22.78 ID:Tunm3blT0

美優「あ、ああ……」ブルッ

P「おや?」

くちゅっ!!

美優「ふあああっ?!」

P「撮られているって分かった途端痙攣しましたね。興奮しちゃったんですか?」

きゅりゅくりゅくりゅくぢゅっ!!

美優「あんっ、んはあぁうぁっ?! しょんな、こと……んふっんぁっ!!」

文香「…………はぁ、は、ぁ……」ドキドキ

文香(指でいいように哭かされて……美優さん、まるで、楽器みたいに)

美波「あ……う、ん……………っ」ドキドキ

美波(私や、文香ちゃんも……いつも、こんな感じなのかな。こんなに……淫らで、Pさんに、全部捧げて……)

P「……まずはそのだらしないカラダをいっぱい撮ってもらいましょうか。晩御飯たくさん食べて、お酒も飲みましたもんね」プニプニ

美優「や、やぁぁぁ……恥ずかしい、です、らめ、お肉、もまれたら、恥ずかしい……っ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:49:26.08 ID:Tunm3blT0

P「このお腹のところに、晩御飯と、アルコールと……さっき中出しされた精液の残りがあるんですね」サスサス

美優「う、うう、う……」

美優(見られてる、撮られてる……手錠のせいで、隠せもしない、私のだらしないおナカ……)

P「でも……いっぱい運動したら、またいつものスタイル抜群の美優さんに戻りますね。さて……じゃあ、質問コーナーだ。まずは、美波」

美波「は、はいっ!!」

もにゅ、むにゅっ、

くぱぁ……ぐちゅっ!!

美優「か、はぁ…………っあ!!」ビクンッ

美波「み、美優さんは……美優さんは、そのプロポーションを保つために、どんな運動をなさっているんですか?!」

美優「はぁー、はぁー、はぁ……あ、あ……う……」

P「美優さん?」

ぎりゅぅぅぅぅぅ!!


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:52:31.95 ID:Tunm3blT0

美優「ひぁあああああぁっ!!」ビグゥゥ

●REC

文香「あ、あんな……む、胸、千切れそうなくらい……」ドキドキ

P「だめですよ、ちゃんと後輩の質問には答えてあげなきゃ……」

美優「あ、かはっ、あ……」

P「ほらほら」

ぎりぎり、ぐりっ、ぎゅっ!!

美優「うあっ、ああっ!!」ガクビク

美波(すごい、すごい……あんなに痛そうなのに、とても、とても……)ジュンッ

P「仕方ないですね。もう少しお酒でも飲んで、喋りやすくしてあげましょうか……」クピッ

美波(あれ、ベッド横に置いてたお酒……Pさんが口に含んで?)

ちゅっ

文香「!!」

美優「ん、ん~~~~~っ! んちゅっ、こくっ、こくん……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:54:04.66 ID:Tunm3blT0

●REC

ぢゅぱ、むちゅっ、ちゅっちゅっ、れろっ、ぬろ、みゅちゅっ、ちゅう……っ

文香(ああ、あ……、あんなに濃厚な口付け……きっと、全部、のまされてしまってる……お酒も、唾液も……)ジュンジュン

れるれろ、ぴちゃっ、むちゅっちゅっちゅっ、じゅるるるるるるるる……、

美波(舌と舌が、別の生き物みたいに絡み合って……よだれが、お酒と一緒に美優さんの顔を汚して……)クチュクチュ

はむぅ……ずずずずずぅっ!

文香(ああ、あ……舌を引っ張られて、こんなに、淫靡な音が……私の時も、こうだったんですね?)

美優「あぅぁ、ふ~~~~~~っ! んあっ、れろぉ……ほぉ……」

美波(あの美優さんが、溶けて惚けた顔……やっぱり、ビデオで見るより、ずっとすごいっ)

―――――――ちゅぱっ

美波「ふ、ふぅ………ふー、ふぅ……ふぁぁ、ぁ……」トロン

●REC

P「ぷは……じゃあ、美優さん。インタビューのお答えを」

美優「はあっ、はあっ、はぁ……ん、う…………えっ、え」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:55:51.39 ID:Tunm3blT0

●REC

ちゅっ、

美優「んちゅっ……え、えっち、です……Pしゃん、と、えっちすること、れす……」


どきっ、どきっ、どきっ、どき……っ

文香「はぁー、はぁー、はぁー、はぁー、はぁー」

文香(……堕とされ、ました。目の前で、女の人が、牝になる瞬間を、見てしまい、ました)クチュッ

どくん、どくん、どくん、どくん……

美波「はーっ、はーっ、はーっ、はーっ、はーっ」

美波(美優さん、すごくきれい……Pさんのモノになっている、その時が、一番きれいなおんなのひと……)ゾクッ

P「……だそうだ。それじゃ、俺もお手伝いしなきゃな、美優さんのダイエット」

ずぶ――

美優「……あ、あーっ、あっ」

美優(見られちゃう……Pさんに貫かれるところ、美波ちゃんと文香ちゃんに、ぜんぶ……っ)


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/20(日) 23:58:52.12 ID:Tunm3blT0

●REC

美波「あっ……う、うう」クチュッ

美波(美優さんが、Pさんのモノにされるところ、見せつけられちゃう……)

●REC

文香「はぁ、はぁ、はぁ……っ、んんっ!」クチュクチュ

文香(私たちの目の前で……男性器に、掻き回されて、狂わされて……)

●REC

●REC

●REC

――ずぶううううっ!


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 00:02:02.27 ID:Ekw7Ej9Q0

美優「はぐぅあっ?!」

ずむ、ずんっ! ずちゅずちゅっ、じゅっぷっ!!!

美優「ほぐぅお、う、ひゃ、やぁぁぁっぁぁぁぁぁぁ……」ビクビクッ!

美優(ナカっ、押しひろげてっ……むりやり、しきゅーの入り口までぇっ!!!!)

●REC

ごぶぅ―――――――っ

美優「あか、は」

美優(とどく、とどいちゃ……)ガクッ

ずんっ!!

美優「ひぃっ、ぁ」

美優(とどい……たぁ…………)ガクガクガク

――ぷしゃぁぁぁぁぁぁぁぁ


美優「あ~~、あ~~~~~~っ…………」


●REC


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 00:03:41.95 ID:Ekw7Ej9Q0

ぷしゅっ、ぷしゅあっ!!

美波「ひゃっ?!」

P「ぐ……っ、一気に押し込んだら、それだけで……イッちゃいましたね。ははっ……かぶり付きで見てた美波のカメラ、潮吹きで汚れちゃったな……よし、美波」

美波「は……はいっ!!」

P「美優さんにお掃除させるんだ。汚しちゃったレンズ」

美優「はー、はー、はー、はーぁ、あ……」ヒクッヒクッ

美波「で、でも……っ、美優さん、手錠も、目隠しも」

P「口元にレンズを持って行けば、ちゃんと舌で綺麗にしてくれるさ……ね、美優さん」

ずんっ、

美優「ひぐっ?! う、は……ふぁあ……」

美波「…………っ」ゴクリ

●REC

美波(美優さんの顔、こんなにアップで撮影して……ええと、レンズを、口元に)オソルオソル

美優「あ、はぁ……おうふっ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 00:05:37.19 ID:o2ZoO3uE0

れろぉ………………

れろれろぉ、ぴちゃっ、ずゅぴゃっ、みゅちゃ、くちゅあ……



文香「うあ、あ……あ……」ジワァッ

●REC

文香(美優さんの様子が、明らかに変わった……)

●REC

文香(全身に絡みついた爪痕や噛み痕が、蛇の鱗みたいに綴れて……)

●REC

文香(乳首の、銀の金具が、牛の識別票みたいに揺らいで……っ)

●REC

文香(子宮の辺りの皮膚、薔薇の入れ墨が……咲き乱れたみたいに蠢動して……っ)

●REC

文香(音色が、呼吸が、体温が、質感が、どんな書よりも……性愛文学よりも、ずっと淫らで……)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 00:07:06.54 ID:o2ZoO3uE0

くちゅっくちゅっ……

――――――――――――くぱぁ

文香(その体感を……Pさんに教わった……自分の知らない自分が、欲しがってる……っ)ゾクゾク

P「ピアスはフェイクで、入れ墨もシールだが……美優さん、俺と会うときはいつも付けて来てる気がするよ。まったく……」

ごちゅっ!!

美優「ほあっ!!」

ごちゅっ、ごちゅっごちゅっ、ごちゅんごちゅんごちゅ~~~~~~~っ!!

P「とても悪いひとす、あなたは……」

美優「ああ!! いきなりらめぇっ!! おナカ、くずれちゃいますぅぅぅぅ!!!」ガクビク

P「そんな悪いひとにはおしおきです。カメラの前で、一回目の種付け……っ」

ぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱん――――っ!!

美優「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ――――」

どぷっ!!

美優「ひぃぃっ……やぁ、ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……!!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 00:09:37.53 ID:o2ZoO3uE0

●REC

びゅぐびゅぐー、びゅぐっ、びゅぐ…………っ

美波(中出し、されてるんですね……美優さんの幸せそうなキモチ……舌の動きだけで、伝わってきて……み、美波、イキ、そうです……っ)ブルブルッ

―――――――――ごぽっ、

●REC

とろとろ……とろとろとろ、とろぉ…………

文香(ふ、二人の、愛の滴が、絡み合って……どきどき、して……私まで……う、うぅ……昂ぶって)ジュンジュン

P「はぁ……インタビューということだが、二人は……っく、こんな大人に、なっちゃ駄目だぞ」

ず、ずぷっ!!

美優「ひぎっ?!」プシャッ

P「子宮の奥に詰め込まれて、イッたばかりなのに……まだまだオトコを咥え込んで放さない、こんな悪い女の人にはな。でないと……」

ちゅっ、

美優「ん、ぢゅぱっ、れろぉ……」

P「ふは……俺みたいなロクデナシに、捕まってしまうからな……んんっ?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 00:11:33.65 ID:o2ZoO3uE0

ちゅっ、

ちゅう……ちゅっ、

美波「……ん、んふっ、ふぁ……じゃあ、美優さんの真似をしたら……」トロトロ

文香「れろ、んちゅっ、ずずずず……っ、あなたに、捕まえてもらえるんですか……」クラクラ

P「……そうだ、な」



――――プロデューサーさんは、誰をうらぎるんですか?

――――私たちと……いっしょに、うらぎって、くれないんですか?


P「ロクデナシは……お互い様、かもな」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 00:13:13.74 ID:o2ZoO3uE0

●REC

文香「は、初めてエッチしたのは、何歳ですかっ?」

こちゅこちゅっ、こちゅんこちゅんこちゅんこちゅん!!

美優「あっ、あっ、Pさんと、Pさんとが、はじめてっ!! だからにじゅうっ……ひやっあああ!!」

美優「じゃあ19歳が初めての私と文香ちゃんも、すぐに美優さんに追いついて見せますねっ!!」

文香「?!」ビクッ


●REC

美波「美優さんの『アドリブシチュエーション』シリーズ、全十五巻をもって完結しましたが、今後の予定は?」

ずぶ……ごぷー、ごぷーごぷーごぷーごぷ――――っ

美優「おぐっ、う、う……む、むかしの、んっ!! せーふくでっ、がくせいがやるみたいに、えっち、したいです……ふぁっ?! ナカ、もうはいりませんよぉっ!!」

文香「た……例えば?」

ずろろろろろろろ…………

美優「あっあんあっ?! きゃあっ、はぁっはぁっはぁっはぁっあ……っ、じんじゃ、とか……こ、こうえんの、おトイレとか……っあ!!」

―――――――――――――――ずりゅうううううううううううう!!

美優「ほ……あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……」ググッ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 00:15:27.92 ID:o2ZoO3uE0

美優「あへ、え、へ……え…………」ビクッビクッ

P「ああ……そろそろインタビューはやめて、本番だな、二人とも」

美波「はいっ」

文香「……は、はい」

P「よし……美優さん、見てくださいよ。もう目隠しも、激しくし過ぎてずれちゃってますから、見えるでしょう?」

美優「え、あ……は、ひゃい………ふえっ?」

P「二人とも、オープンブラで、オープンショーツ……美優さんに負けないようにって、いやらしい下着で撮影に臨んでいたんですよ」


美波「はぁー、ふぅ……はぁー、ふぅ……」フルフル

文香「……………………………………」ヒクッヒクッ


美優(ふたりとも……Pさん、Pさんを喜ばせようとして、あんな……)

P「美優さん、最後に先輩らしいところ、何か見せてあげては?」

美優「あ……はぁ……っ、ふぁぁ、ぁ…………」

美優「―――――――――――――――――――――」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 00:17:49.49 ID:o2ZoO3uE0

『安産祈願』

美優「あ、あンッ……」

●REC

ぱちゅんぱちゅんぱちゅんぱちゅん!!

P「驚いたな……鎌倉で見つけたお守り、買っていたんですね」

美優「おふっ、うあ、あ、やぁっ、ああああああっ!!」


『安産祈願』

●REC

ぐぢゅぐぢゅぐぢゅぐぢゅぐぢゅぐぢゅぐぢゅぐぢゅ!!!

P「それを首にぶら下げてから、ナカに出してほしいだなんて……」

美優「あッ、あッ、あッ、あッ……アッ!!!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 00:21:30.35 ID:o2ZoO3uE0

●REC

ずぽっずぽっずぽっずぽっ

ずぽずぽずぽずぽずゅぽずゅぽずゅぽずゅぽずゅぽずゅぽずゅぽ…………っ!!!!

美優「あ~、あ~、あ……アッアッアッアッ!!!!」

P「美優さん……っ!!」

美優「アア……ッ、んふー!! ちゅっぢゅぱっ、ちゅっ、れろ…………っ」


ドプ~~~~~~~~~~っ、ドプ~~~~~~~~~~~っ!!!!!!


美優「~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!!!」ゾクゾクゾクゾクッ




美優(霞んだ視界の先に……凍り付いたようなレンズと、美波ちゃんと文香ちゃんの表情を見て)

美優(すこし……ほんの少し、安心して、意識を、手放しました)


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 00:26:45.90 ID:o2ZoO3uE0

……Pさん

……Pさん、Pさぁん

まゆ「ふふ……Pさんったらぁ」

智絵里「えへへ、Pさん……えへ」

ゆかり「Pさん、ふふ、ふふふふ、Pさん…………」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/21(月) 00:33:44.52 ID:o2ZoO3uE0

これで今回はおしまいです。
支援くださった方、お読みいただいた方、ありがとうございます。



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿