TOP > ガヴリールドロップアウト > 【ガヴドロ】サターニャ「私のパンツ帰して!」

【ガヴドロ】サターニャ「私のパンツ帰して!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/26(水) 22:07:08.359 ID:21GesTSQ0.net

サターニャ「お願いします。私のパンツを返してください」

ガヴ「サターニャ、ここ最近、手品の本買って私のパンツを盗もうとしてただろ」

サターニャ「はい。でもどうしてそれを……」

ガヴ「あんな机の上に堂々とページ開いて置いていたら誰でもわかるだろ。しかも女の子のパンツを盗めるマジックだなんて、一歩間違えたら犯罪だからな」

サターニャ「すいませんでした」

ガヴ「もしも私が盗まれた時のためにもうパンツを一枚持っていたんだ。私に無駄な苦労を掛けやがって。まあ、盗まれなかったがな」

サターニャ「すいませんでした」

ガヴ「やり方結構簡単だったから一度見ただけで私は覚えられたんだ。それで逆にパンツ盗まれるだなんて、ミイラ取りがミイラになるとはまさにこの事だな」

サターニャ「すいませんでした」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/26(水) 22:07:26.779 ID:21GesTSQ0.net

ガヴ「サターニャって結構セクシーな下着履くんだな。どうしてこんなの履くんだ? 私に見て欲しかったのか? 私に盗まれてほしかったのか?」

サターニャ「セクシーなんかじゃないわよ!! こんなの普通よ!! 普通!!」

ガヴ「これが普通なのか? 私のパンツなんてこれだぞ」ヒラヒラ

サターニャ「すいませんでした」

ガヴ「白いパンツだ。私のに比べたらサターニャのパンツはずいぶんセクシーだな」

サターニャ「許して下さい、お願いします」

ガヴ「ほほう、許してほしいのか。なら、このパンツに免じて許してやろうか」ヒラヒラ

サターニャ「パンツ返してよ!! それがなければ私一日ノーパンで過ごさなきゃいけないのよ!!」

ガヴ「許してほしい、でもパンツも返してほしいのか。随分図々しいな」

サターニャ「ねぇ、返して!! お願い!!!」

ガヴ「なら、なんか面白い事しろ」

サターニャ「え?」

ガヴ「だから、返してほしかったらなんか面白い事しろって言ってるの」

サターニャ「そんな……面白い事だなんて!?」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/26(水) 22:09:45.245 ID:21GesTSQ0.net

ガヴ「まずは、そうだな……。その胸を使って何か面白い事をしてみろ」

サターニャ「む、胸!?」

ガヴ「はい、3,2,1、やれ」

サターニャ「お、おっぱいの見たいの?」

ガヴ「それ、パクリだろ。駄目」

サターニャ「そんな事言われても……」

ガヴ「なら、パンツは返してやらない」

サターニャ「分かったわよ! やるわよ!!!」

ガヴ「どんな面白い事やってくれるのかなー」

サターニャ「今日のガヴちゃん可愛いですね」ギュ

ガヴ「///」

サターニャ「じゃあのせちゃいまーす」

ガヴ「/// 何だよ、それ」

サターニャ「ラフィエルのマネ……」

ガヴ「面白くない!! その時私がころすって言ったの覚えてないのか!!」

サターニャ「……」

ガヴ「次」

サターニャ「私のDカップメロンパン食べてみる!?」

ガヴ「サターニャの胸って結構大きなと思ってたらDカップもあったのか」

サターニャ「ごめんなさい…………」

ガヴ「別に謝らなくていいんだぞ。面白かった」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/26(水) 22:12:08.521 ID:21GesTSQ0.net

サターニャ「なら!」

ガヴ「次はお尻で面白い事しろ」

サターニャ「えーまたなの!!」

ガヴ「やりたくなかったらやらなくていいんだぞ。パンツは返してやらないからな」

サターニャ「やればいいんでしょ!! やれば!!」

ガヴ「早くやれ」

サターニャ「ねぇ、ガヴリール。私のお尻触ってみる?」

ガヴ「ふん」プルン

サターニャ「ひゃあ!///」

ガヴ「柔らかいけど面白くないな。次」

サターニャ「本当に触るなんて思ってなかったわ」

ガヴ「サターニャが触れって言うからだろ。いいから次やれよ」

サターニャ「ねぇ、ガヴリール。私と一緒にトイレに来なさい!!」

ガヴ「絶望的に面白くないな。次やったら返してやらないから」

サターニャ「そうじゃないわよ!! 本当にトイレについて来てほしいの!!」

ガヴ「ほお。この私を歩かせるのか、サターニャはずいぶん偉くなったんだな」

サターニャ「私がおんぶしてあげるわ」

ガヴ「ちなみに何するんだ?」

サターニャ「私のお尻を見せてあげようと思ったのよ!!」

ガヴ「私がそんなので笑うわけないだろ。」

サターニャ「じゃあどうすればいいのよ!!」


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/26(水) 22:15:02.385 ID:21GesTSQ0.net

ガヴ「サターニャにお尻は難しかったようだな。お題を変えてやる。お題は太ももだ」

サターニャ「もっと難しくなってるような気がするわ」

ガヴ「サターニャの太ももは触り心地よさそうだな」ムニムニ

サターニャ「きゃあ! 何するのよ!?」

ガヴ「柔らかい。私にはない柔らかさだ」ムニムニ

サターニャ「ガヴリールの足だって細くて綺麗じゃない」

ガヴ「私のは細いんじゃなくてガリガリっていうんだ」ムニムニ

サターニャ「///」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/26(水) 22:19:32.025 ID:21GesTSQ0.net

ガヴ「仕方ない、太ももでギャグは難しいようだな。次は髪だ。髪で私がサターニャにして欲しいと思う事をしろ。面白い事じゃないぞ、私がサターニャにして欲しいと重い事だからな」

サターニャ「か、髪!?」

ガヴ「そうだ、髪だ」

サターニャ「髪の毛のこと!?」

ガヴ「何だ? 紙飛行機の紙とか神様の神だと思ったのか?」

サターニャ「嫌よ!! この髪はずっと大切に伸ばしてきたのよ!!」

ガヴ「サターニャ」

サターニャ「シャンプーやリンスだって高いの使ってるし、おふろ上がりは丁寧にドライヤーで乾かしてるのよ!!」

ガヴ「サターニャ……」

サターニャ「お願い、それだけでやめて。許してガヴリール……」

ガヴ「サターニャ!」

サターニャ「へ?」

ガヴ「私は別に切れなんて言ってないぞ」

サターニャ「そうなの?」

ガヴ「今回は特別だ、正解を教えてやる」シュ シュ

サターニャ「へ?」

ガヴ「髪をほどいてほしかったんだ」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/26(水) 22:23:16.459 ID:21GesTSQ0.net

サターニャ「これが面白い事?」

ガヴ「面白い事ではないな、逆に面白くない」

サターニャ「え? ならどうして」

ガヴ「サターニャの髪はさらさらで羨ましいよな。昔私はこのくせっ毛直すために毎朝一時間もかけていたんだぞ」

サターニャ「そうなの?」

ガヴ「それなのにサターニャは……。羨ましいな」

サターニャ「ごめんなさい」

ガヴ「謝らなくていいんだぞ。匂いもいいのか」クンクン

サターニャ「ガヴリール、くすぐったいわよ」

ガヴ「もうこれくらいでいいか。今日一日そのままでいろよ。」

サターニャ「分かったわ」

ガヴ「あとたまにその髪型でいてくれると、嬉しい」

サターニャ「え? ええ」

ガヴ「次はそうだな……」

サターニャ「まだあるの?」


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/26(水) 22:28:08.063 ID:21GesTSQ0.net

ガヴ「これで最後にしてやるよ。決めた、お題は昔の私のモノマネをしろ」

サターニャ「昔のガヴリールなんて聞いた事しかないわよ!!」

ガヴ「天界に帰る時の私になればいいんだよ」

サターニャ「……。おはようございます、ガヴリールさん。今日もいい天気ですね」

ガヴ「…………」

サターニャ「あ、ガヴリールさん。またむすっとした顔をして、可愛い顔が台無しですよ!!」

ガヴ「///!! 顔を近づけるなよ!!!」

サターニャ「はう! すいません!!」

ガヴ「私は『はう』なんて言わない」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/26(水) 22:31:25.157 ID:21GesTSQ0.net

サターニャ「うぅ……」ポロポロ

ガヴ「え?」

サターニャ「お願いします。私のパンツを返してください。お願いします」ポロポロ

ガヴ「やめろ! 土下座なんてするなよ。後ろから見えるだろ!!」

サターニャ「お願いしますお願いします」ポロポロ

ガヴ「返してやるから頭を挙げろよ」

サターニャ「ガヴリール……」

ガヴ「ほら、な! 私もからかい過ぎた。一緒にトイレに行こう」

サターニャ「うん!」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/26(水) 22:33:27.408 ID:21GesTSQ0.net

翌日

ガヴ「サターニャ、どうして私に頭を下げているんだ?」

サターニャ「パンツを履き忘れてしまいました。ガヴリールのパンツを貸して下さい」

ガヴ「…………。どうしようもない奴だな。大事に使えよ」




『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿