TOP > アイドルマスター > 響「がなはる、って何だ?」春香「さあ?」

響「がなはる、って何だ?」春香「さあ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:50:57.68 ID:/azs1d7j0

響「ピヨ子のパソコンいじっていじっていじり倒してたら出てきたぞ」

春香「何のファイルなんだろ」

響「んー、鍵かかってて見れない……」カチカチ

春香「ここまでやっといてなんだけど覗き見はよくないんじゃないかな……」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 20:56:37.39 ID:/azs1d7j0

春香「がなはる……響ちゃんが関係してるのは確かだね」

響「うがー! すごい気になるー!」

春香「がなはるの意味はわからないけど……多分動詞だよね」

響「動詞? 何かをするってことか?」

春香「我那覇をする……我那覇する……がなはる……」

春香「多分響ちゃんっぽいことをするって意味だよ、がなはる」

響「意味がわからない」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:00:55.65 ID:/azs1d7j0

春香「ちょっと二人でがなはってみようよ。そうすればわかるよ」

響「具体的にお願い」

春香「じゃあ試しに私が一人でがなはってみるからそこに跪いてて」

響「う、うん」スッ

春香「……ごほん」

春香「はいさーい! 自分、天海春香! シークヮーサーの香り漂う17歳!」

響「」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:06:29.58 ID:/azs1d7j0

春香「今日も一日アシハイミジハイちばっていこー!」

春香「アイっ?」ズルッ

春香「アキサミヨー!」ドンガラガッシャーン

春香「アガー……誰だー? ここらへん油まみれにしたのー。サーターアンダギーでも揚げたのかー?」

響「ちょっと待て。そこに立って。早く」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:12:05.86 ID:/azs1d7j0

春香「どう? がなはってた?」

響「おぞましいクオリティのモノマネだったぞ」

響「まず、うちなーぐちがくどいよ。自分がアキサミヨーとかアシハイミジハイとか言ってるの聞いたことあるか?」

春香「……たまに」

響「嘘つけぇ! 普通にわぁとかきゃあとか叫ぶよ!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:20:22.10 ID:/azs1d7j0

響「後、仮に床が油まみれだったとしても『さては誰かサーターアンダギー揚げたな?』って思わないからな!?」

春香「嘘つけぇ!」

響「もうモノマネはいいから! 嘘じゃないから!」

響「琉球戦士の頭の中はサーターアンダギー詰まってるわけじゃないんだぞ!」

春香「うん、それはわかってるよ」

響「……そうか」

春香「はい」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:27:59.93 ID:/azs1d7j0

春香「さ、響ちゃんの番だよ」

響「へっ?」

春香「がなはってみて」

響「……自分、既に我那覇なんだけど。がなはってるんだけど」

春香「いいから。最悪さっきの私と同じことしていいから」

春香「がなはりなさい」

響「…………」

響「は、はいさーい! 自分、我那覇響! ハイビスカスの香り漂う17歳!

春香「はい」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:33:10.72 ID:/azs1d7j0

響「まだまだわらばーだけど、自分完璧だからな! なんやてぃんないさー!」

響「あいっ?」ズルッ

響「あいえなー!」ドンガラガッシャーン

響「あがー……誰だ? ここらへんコーレーグスまみれにしたの? ソーキそばでも食べたのかー?」

春香「響ちゃん」

響「は、はい」

春香「合格」

響「あ、うん、ありがと……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:37:41.78 ID:/azs1d7j0

春香「がなはる、なんとなくわかってきたね」

響「わからないぞ」

響「あと春香。自分、今わりと死にたいぞ」

春香「ちょっとみんなにもがなはってもらおうか」

響「!?」

春香「誰がいいかな?」

響「って言っても今事務所には誰も……」

ガチャ

千早「おはようございます。……あら、春香に我那覇さん」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:42:35.07 ID:/azs1d7j0

響「は、はいさーい、千早」

春香「はいさい! 千早ちゃん!」シュバッ

千早「は、はいさい、二人とも。春香は朝から元気ね」

春香「お、今ちょっとがなはったね千早ちゃん!」

千早「えっ?」

響「……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:47:44.10 ID:/azs1d7j0

春香「千早ちゃん、もうちょっとがなはってみてくれる?」

千早「え、えーと……」

響「自分っぽいことをすればいいらしいぞ」

千早「よくわからないけど……」

春香「がーなはる! がーなはる!」パチンパチン

千早「やってみるわ」

響「……」

千早「…………」

千早「はいさーい! 自分、如月千早! ちんすこうの香り漂う16歳!」

響「」

春香「はい」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:53:01.96 ID:/azs1d7j0

千早「アイドルやってるけど歌にしか興味ないぞ! ウセーランケー!」

千早「アイッ?」ズルッ

千早「ウヌヒャー!」ドンガラガッシャーン

千早「アガー……誰だー? ここらへんグルクンまみれにしたのー。唐揚げでも作ろうとしたのかー?」

響「やめろォ!!!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 21:56:00.75 ID:/azs1d7j0

千早「ど、どうかしら。思い切って羞恥心を捨ててみたのだけど」

響「どうもこうもないよ! 思い切りすぎだよ! ある意味春香より酷かったぞ!」

響「なんなんだ二人とも! 打ち合わせでもしたのか!?」

春香「打ち合わせ……?」

千早「ごめんなさい。ちょっと何を言ってるのかわからないわ」

響「…………」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 22:04:46.17 ID:/azs1d7j0

響「まず、ちんすこうの香りってなんだ? 色んな種類あるぞ、アレ」

響「後、異常に口が悪かったぞ……ウセーランケー!(バカにすんな!)とかウヌヒャー!(このやろう!)とか」

響「自分で転んどいて『このやろう!』って意味わかんないぞ」

響「転んだ理由も酷かったし……なんだよグルクンって。液体ならまだしも魚まみれの床って」

響「……聞いてるのか、二人とも」

春香「はい」

響「はいじゃないよ!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 22:15:21.84 ID:/azs1d7j0

千早「ちゃんと聴いてたわ我那覇さん。貴女のカバーした『Is this love』、とても良い歌ね」スッ

響「イヤホン外したよな今! 自分の話を聞いてるかって訊いたんだ!」

春香「良いよ千早ちゃん。初めてとは思えないがなはり方だったよ」

千早「そ、そうかしら」テレテレ

春香「うんうん。響ちゃんよりがなはってた」

響「ちょっと良いかな」

春香「はい」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 22:24:28.07 ID:/azs1d7j0

響「自分よりがなはるっておかしくない? 自分が我那覇なのに? 自分がオリジナルなのに?」

春香「?」

千早「?」

響「『何言ってんだこいつ』って顔やめてくれないか? 泣くぞ?」

響「犬のモノマネしてる人に『わぁ~犬より犬みたい』って言うようなもんだぞ! 犬はこの世のなによりも犬だろ!」

春香「え、じゃあちょっと犬のモノマネしてみて」

響「なんでだよ!」

響「今日の春香なんかおかしいぞ……こわい」

千早「私も見たいわ我那覇さん」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 22:32:31.58 ID:/azs1d7j0

春香「早く。ヘークサニ」シュバッ

千早「ヘークサニ!」シュバッ

響「にわかうちなーぐちやめてくれない? ちょっとイラッとするから」

響「…………」

響「わ、わんっ! わんっ!」ピョンコピョンコ

響「…………」

春香「はい」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 22:41:22.36 ID:/azs1d7j0

響「…………」

響「う、うぅ~……がぅ~」

響「がるっ! がるるっ!」

響「……もういいかな?」

春香「はい」

響「……」

春香「60点かな……」

響「なんでだぁ!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 22:50:20.96 ID:/azs1d7j0

響「自分がんばったぞ! なんでこんなことしなくちゃいけないのかわからないけど、がんばったぞ!」

春香「威嚇されたし……ねぇ?」

千早「威嚇はちょっと……ねぇ?」

春香「犬といったらお手かちん○んしてくれないと」

響「おぉぉぉぉい! アイドルがち、ち……おち○ちんとか言うな!」

春香「何か響ちゃんが言うとやらしいね」

千早「でもがなはってたわ」

春香「うん。相当ながなはり具合だったよ」

響「犬のモノマネなのに!?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 22:57:27.45 ID:/azs1d7j0

響「どんどん"がなはる"が謎に包まれていくんだけど……」

春香「そう? 私はもう完璧に理解したよ。完璧だぞ!」

千早「あ、今がなはったわね」

春香「わかる?」

千早「わかるわ」

響「……」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 23:06:10.93 ID:/azs1d7j0

響「もう、小鳥に聞くよ……もやもやするから」

千早「そうね。わからないままはよくないわ」

ガチャ

小鳥「ただいま戻りましたー」

響「あ、ちょうど良かった。なあなあ、ピヨ子」

春香「ちょっと私たちの『がなはる』があってるかどうか見て欲しいですけど」

小鳥「」ガタンガタガタガタン



終わり


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 23:17:45.51 ID:/azs1d7j0

小鳥「ふ、ふ、ふ、二人とも! わ、私たちのがなはるって……」ワクワク

春香「? うーんと、私は完璧なんですけど響ちゃんが自信ないみたいで」

響「自信ないも何も……よくわかんないことさせられて終わったぞ……自分、犬のマネまでさせらせたし」ブツブツ

小鳥「!? ひ、響ちゃんがネコなのね!?」

響「いや犬だって」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 23:29:28.55 ID:/azs1d7j0

小鳥「攻めの春香……受けの響……おいしいがなはるおいしい……」ブツブツ

春香「小鳥さん? 小鳥さーん」ユサユサ

響「ねーピヨ子ー、がなはるってなんなんだー? あのファイル何が入ってるんだー?」ユサユサ

千早「……ダメね。自分の殻の中にこもってしまったわ。小鳥だけに」

響「がなはるの謎は深まる一方だぞ……」

春香「じゃあ、みんなにがなはらせてみようか。色んながなはるを見ればわかるよきっと」

千早「小鳥だけに」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 23:38:24.92 ID:/azs1d7j0

ガチャ

やよい「おはようございまーっす!」

春香「おはようやよい。さっそくなんだけど頼みが」

響「ちょちょちょっと待ったぁ!」

春香「何?」

響「や、やよいにがなはらせるつもりか!? かわいそうだと思わないのか!?」ボソボソ

春香「響ちゃん、がなはるやよい見たくないの?」ボソボソ

響「…………」

響「見たいっ!!!」

千早「私は犬のモノマネする高槻さんでもいいわ」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/01(金) 23:48:15.98 ID:/azs1d7j0

やよい「頼み? いいですよ! 私にできることならなんでも言ってください!」

春香「さすがやよい! じゃあちょっとがなはってみようか!」

やよい「?」

響「がーなはる! がーなはる!」

やよい「??」アセアセ

千早「二人とも落ち着いて。かわいい高槻さんがかわいく困ってるわ」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:01:26.32 ID:/azs1d7j0

やよい「がなはる? ってなんですかぁ?」

響「どうやら自分っぽいことをする、って意味らしいぞ」

千早「犬のモノマネをする、って意味もあるらしいわ」

響「ないぞ」

千早「……」

やよい「響さんっぽいこと……」

やよい「んーと、んーと……」

やよい「響さん、ちょっとこっちに来てください」

響「?」

やよい「」ダキッ

やよい「ひ、ひびきは今日もかわいいなぁ」スリスリ

響「」

千早「」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:14:53.61 ID:UuAoVhoT0

千早「……高槻さん、それはどういう……?」ゴゴゴゴ

やよい「はわっ! ごめんなさい!」

やよい「響さん、いっつも抱きしめて頬ずりしてくれるから……っぽいかなぁって」

千早「我那覇ァ!」

響「な、何もやましいことはしてないぞ! ただのスキンシップだ!」

千早「なら、その腰に回した手を退かしなさい!」

響「断るっ!!!」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:23:01.71 ID:UuAoVhoT0

千早「高槻さん! 私にがなはってもいいのよ!」バッ

響「だめだ! あれは悪魔の罠だぞやよい!」ギュッ

やよい「え、えぇっと……」アセアセ

春香「ちょっといいかな君たち」

千早「?」

響「?」

春香「『?』じゃないよ!!」バンッ


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:31:00.81 ID:UuAoVhoT0

春香「やよいもやよいだよ! 全然がなはれてないよ!」

やよい「ご、ごめんなさい……」

響「そんなことないぞ! やよいは天才ガナハリストだぞ!」スリスリ

千早「我那覇ァ!」

春香「はい。この流れはやめよう。はいさい、やめやめ」

響「今、さりげなくがなはったか?」

春香「ちょっと待っててね、やよい」カキカキ

やよい「?」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:39:18.23 ID:UuAoVhoT0

春香「はい。この台本通りに演じてみて」

響「ちょっと! イヤな予感しかしないんだけど!?」

やよい「……なんですか、これ?」

春香「誰でも簡単がなはりテンプレ」

やよい「……わ、わかりました! やってみます!」

やよい「…………」

やよい「はいさーい! 自分、高槻やよい! さんぴん茶の香り漂う13歳!」

千早「はい」

響「はい」

春香「はい」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 00:55:32.65 ID:UuAoVhoT0

やよい「おうちはとっても貧乏だけででーじやしが、トップアイドル目指して自分、ちばるぞ! しなさりんど!」

やよい「あいっ?」ズルッ

やよい「ほーみー!」ドンガラガッシャーン

やよい「いたた……じゃなくて、あ、あがー……誰だー? ここらへんにゴーヤばらまいたのー。もったいないから持って帰ってもやしといためるぞ!」

千早「かわいい!!」

春香「うん、かわいい!!」

響「かわいい!! ……んだけど言いたいことがいっぱいある!!」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:05:59.41 ID:UuAoVhoT0

やよい「ど、どうでしたか春香さん!? 私、がなはれてましたか!?」

春香「バッチリだよ! 私たちより上手だったかも!」

やよい「え、えへへ……」テレテレ

響「待って待って。自分、大分冷静になったから一個ずつツッコませて」

千早「私もよ。正気に戻ったわ。高槻さんがかわいいことに変わりははないけど」

響「さんぴん茶の香りはまあ、良いよ。良い匂いだし」

響「問題はその後だぞ」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:14:51.51 ID:UuAoVhoT0

響「がんばるぞ! って決意表明した後になんでしなさりんど!(ぶっとばすぞ!)なんだ」

響「千早よりさらに口悪いぞ……」

響「一番酷いはその後だよ」

響「ほ、ほーみーって……ほーみーって……」モジモジ

響「やよいになんてこと言わせるんだ春香ァ!!」

春香「はい」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:26:53.53 ID:UuAoVhoT0

響「はいじゃないよ!」

響「やよいに恥ずかしいこと言わせて遊んだわけじゃないよな!?」

春香「たまたま知ってた単語を台本に書いただけだけど……余計だった?」

響「……し、正直……良い仕事だと思った……」プルプル

春香「正直だね、響ちゃん」

響「あと千早はなんでやよいを抱き締めてるんだぁ!」

千早「がなはってもらってるの」ギュゥ


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:34:10.66 ID:UuAoVhoT0

千早「ああ、良い匂いだわ高槻さん……さんぴん茶なんかじゃないわ。ジャスミンティーみたいな素敵な香りがするわ」

響「さんぴん茶はジャスミンティーだぞ」

千早「高槻さん、そのまま私に頬ずりしてくれても……」

やよい「……」プルプル

千早「?」

やよい「ぐすっ……ひっく……」ポロポロ

春香「」

千早「」

響「」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:45:53.56 ID:UuAoVhoT0

春香「や、ややややよい!? どうしたの!? おなか痛いの!?」アセアセ

響「いや、どう考えても春香のせいだろ! ほーみーとか言わせるから!」

千早「高槻さんごめんなさい! 春香に土下座させるから! なんなら我那覇さんと私もするから!」

やよい「そ、そうじゃなくて……ぐすっ」

やよい「私、知らなくて……みなさんに……ぶ、ぶっとばすぞ!とか言っちゃって……」

やよい「ご、ごめんなさいぃ……ひっく……」

春香(あ、そっちなんだ)


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 01:57:08.60 ID:UuAoVhoT0

千早「大丈夫よ高槻さん。高槻さんは言われた通りにがなはっただけだもの」ナデナデ

やよい「ちはやさん……」

響「こら千早! ずるいぞ!」

千早「高槻さん独占禁止法よ。次は私の番」

春香「はい! この流れはやめよう! はいはい、やめやめ!」


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 02:10:36.75 ID:UuAoVhoT0

春香「ごめんね、やよい。ちょっと酷いことしちゃったね」

やよい「は、春香さんは悪くないです!」

千早(いや悪いと思うわ)

響(100パーセント春香のせいだよな)

やよい「春香さんのおかげで響さんのこと、よくわかった気がします!」

響「いやそれはおかしい! 自分、ほーみーとかしなさりんどとか言わないからな!?」

やよい「次はもっと勉強してきます! じゃあ!」

ガチャ バタン

春香「行っちゃったね……」

響「遠い目してる場合じゃないよ! やよいの中の自分のイメージ、だいぶ狂っちゃったぞ!」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 02:19:15.25 ID:UuAoVhoT0

春香「大丈夫だよ多分。やよいに限って誰かを嫌いになるなんてあり得ないよ」

響「そうかなぁ……そうだといいけど」

千早「そうね。たとえ会う度頬ずりしてくるような変態でも高槻さんなら許容してくれるわ」

響「お? なんだ、やるのか?」サッ

千早「いえ、やめましょう。今は戦うときではないわ」

ガチャ

貴音「おはようございます。……おや? 何やら三人とも楽しそうですね」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 02:28:08.64 ID:UuAoVhoT0

春香「おはようございます!」

千早「おはようございます四条さん」

響「はいさーい貴音!」

貴音「今事務所の前で、何やらやる気に満ち満ちたやよいとすれ違ったのですが、何かあったのですか?」

春香「がなはったんです」

貴音「?」

響「……まあ、そういう反応だよね」

春香「はい」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 02:35:30.02 ID:UuAoVhoT0

千早「がなはる、とは『我那覇さん的な振る舞いをする』という動詞です。今、3人でそれを研究していたところです」

春香「教科書的な説明ありがとう千早ちゃん」

貴音「なるほど、響のような振る舞いですか……面白そうですね」

響「面白いかなぁ……?」

春香「良かったら貴音さんもやってみてください」

貴音「良いでしょう。では、この前響とした会話を元にがなはってみます」

響「へっ?」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 02:50:09.94 ID:UuAoVhoT0

貴音「……」

貴音『765プロのみんなってかわいいよなー。女の子同士でもさ、けっこうドキッとすることない?』

響「!!!」

貴音『付き合うならやっぱり真かなぁ、かっこいいし。あ、本人に聞かれたら怒られるかな、えへへ……』

響「た、貴音! 貴音!?」ダラダラ

貴音『貴音もありだな! みんなに自慢できちゃうなー!』

貴音『やよい? やよいは妹に欲しいタイプだな! うん!』

響「ちょ、ちょっとその話は……!」ダラダラ

貴音『け、結婚? 結婚かぁ……結婚するならそうだなぁ……』

貴音『は、春香かなぁ……』

響「ぎゃああああぁぁぁぁぁ!!!」

春香「うるさいよ!!」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 02:59:24.72 ID:UuAoVhoT0

春香「せっかく貴音さんががなはってくれてるのに……どうしたの? やよいの時のテンションまだ引きずってるの?」

響「違うよ……今自分すごい辱めを受けたんだよ……? っていうかなんでスルーなんだ春香……」

貴音『ちょっとドジでたまにおかしくなるけど……優しいし料理上手だし、同い年だから話合うし……』

響「ちょっと待てぇぇぇ!! 何で平然と続けてるんだ貴音ェ!」

貴音「はい」

響「はいじゃないよ!」


189: >>186同学年じゃなかったっけ 違ったらごめんぬ 2013/02/02(土) 03:10:21.74 ID:UuAoVhoT0

貴音「どうでしたか春香。がなはれていましたか?」

春香「はい! 今までとは違うタイプのがなはり方で良かったです!」

千早「リアル指向もなかなかありね」

響「……」

春香「でもとりあえずアレやってもらおうか」

千早「そうね。みんなやってるし」

響「い、いや、それもう良くないか……?」


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:18:40.11 ID:UuAoVhoT0

貴音「アレ、とは?」

春香「みんな大好きがなはりテンプレです」

響「みんなも何も4人しか知らないぞそれ」

貴音「なるほど……これを私風にアレンジして演じればいいのですね」

響「なんでノリノリなんだ貴音……」

貴音「一演者として、全力で……」

貴音「……」

貴音「はいさーい! 自分、四条貴音! でいごの香り漂う19歳!」

響「」

春香「はい」


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:31:53.64 ID:UuAoVhoT0

貴音「くゎっちーさびら! かむん、かむん、ばんないかむん! いっぺーまーさん!」

貴音「あいっ?」ズルッ

貴音「えんだぁー!」ドンガラガッシャーン

貴音「あがー……誰だー? ここらへんにサーターアンダギーばらまいたのー。いくらなんでも揚げすぎだぞー? もぐもぐ」



響「カオスすぎて何が何やらだぞ」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:43:50.90 ID:UuAoVhoT0

春香「良かったです! さすが貴音さん!」

貴音「ふふっ、響のことなら誰よりもわかっているつもりですから」

響「あのさ……」

響「もういきなり『いただきます! 食べます、食べます、たくさん食べます! すごく美味しいです!』って」

響「何かこわいよ」

響「後なんでエンダーなんて知ってるんだ」

※エンダー:日本では沖縄にしか無い有名なファーストフード店で、ルートビアが飲める。エーアンドダブルを略して「エンダー」の呼び方で親まれている。ちなみにルートビアを注文するとお代わり自由。


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:52:15.52 ID:UuAoVhoT0

響「後、落ちてるもの食べちゃダメ。約束だぞ」

貴音「はい」

春香「でもがなはり方は上手だったよね」

千早「ええ、少なくとも我那覇さんよりはがなはってたわ」

響「もういいよ……自分ががなはるの一番下手ってことで……」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 03:59:08.49 ID:UuAoVhoT0

貴音「ふふっ、では私はレッスンに行って参ります。真、面白き試みでした」

春香「協力ありがとうございましたー!」

千早「じゃあ春香、私もそろそろ行くわね。頑張って」

春香「はーい。千早ちゃんもありがと!」

響「えっ、千早行っちゃうのか?」

千早「? ええ」

響(あ、あの暴露の後に春香と二人っきりにしないで欲しいぞ……!)アセアセ

貴音「では一緒に参りましょう千早。……響」

響「な、なんだ?」

貴音「……ちばりよ!」グッ

ガチャ バタン

春香「……」

響「……」


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:10:51.37 ID:UuAoVhoT0

春香「貴音さん、何か面白いテンションになってたね」

響「お、おなか空いてたんじゃないかな」

春香「そっかぁ……」

響「うん……」

春香「……」

響「……」

響(さ、さっきまで普通に話せてたのに……なんでだぁぁ!)

響(貴音ぇぇぇ! 恨むぞ! 今度ゴーヤで作ったちんすこう食べさせてやる!)

春香「そういえばさっきの話で訊きたいことがあるんだけど……」

響「ひゃい!?」


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:17:51.07 ID:UuAoVhoT0

響「な、何だ?」ドキドキ

春香「響ちゃんって……」

ガチャ

雪歩「おはようございますぅ」

春香「あ、おはよう雪歩!」

雪歩「おはよう春香ちゃん、響ちゃ……ん……?」

響「……」

雪歩(な、なんか響ちゃんに睨まれてる気がする……)ビクビク


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:26:57.98 ID:UuAoVhoT0

響「はいさい、雪歩」

雪歩「ひ、響ちゃん、大丈夫? 目が笑ってないよ?」

響「大丈夫だぞ。自分、完璧だからな、ははは」

雪歩「そのセリフの使いどころ今じゃないよね、多分……」

春香「ごめんね。響ちゃん疲れてるんだよきっと」

雪歩「何かしてたの?」

春香「ちょっと『がなはる』の研究を」

雪歩「!!??」


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:36:54.93 ID:UuAoVhoT0

雪歩「え? え? あのっ」アセアセ

春香「? どうしたの?」

雪歩(がなはる? がなはる!?)

雪歩(って、小鳥さんに聞いたことある……響ちゃんと春香ちゃんのごにょごにょのことだよね)

雪歩(ってことは……私が来るまで……ふ、二人で……)

雪歩「」ボンッ


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:44:13.08 ID:UuAoVhoT0

雪歩「わ、私そろそろ失礼するね……」フラフラ

春香「え? 来たばっかりなのに?」

雪歩「ううん、二人とも疲れてるだろうからゆっくりしたほうがいいよ、あはは……」

雪歩(私は邪魔だろうし……)

響「雪歩こそ目が笑ってないぞ……大丈夫か?」

春香「えー? 雪歩もできたら手伝ってって欲しいんだけどなぁ」

雪歩「!!!???」


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 04:53:55.60 ID:UuAoVhoT0

雪歩「てっ、手伝う!? 何を!?」

春香「何って……『がなはる』の」

雪歩「わー! わー!」

雪歩「あ、あんまり言わない方がいいよそれぇ!」

響「? 何でだ?」

雪歩「な、何でも何も……お、応援はするけど……手伝うっていうのはちょっと違うんじゃないかな……」モジモジ

春香「えー? 千早ちゃんもやよいも貴音さんも喜んで手伝ってくれたのになぁ」

雪歩「」


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 05:06:31.69 ID:UuAoVhoT0

雪歩(も、もう何がなんだか……私の知ってるがなはるじゃない……)フラフラ

春香「雪歩にもちょっとがなはってみて欲しいんだけど」

雪歩「で、でも私が混じったらがなはるじゃ……へっ?」

雪歩「がなはって……何?」

春香「あれ? 知ってるんじゃないの? がなはる」

響「自分たちも知ってるとは言い難いぞ、春香」

春香「なんかね、響ちゃんっぽいことをする、って意味らしいよ」

雪歩(…………)ポク ポク ポク

雪歩「!」チーン

雪歩(二人とも、がなはるの本来の意味を知らない……!?)


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 05:21:11.55 ID:UuAoVhoT0

雪歩(だとしたら、知られるわけにはいかない! 二人を『こっち側』に来させるわけには!)

雪歩(一応お姉さんとして! 二人の純潔は私が守ります!)グッ

雪歩「いいよ。わかった。手伝う」

春香「わーい! ありがとう雪歩!」

響「なんで若干カタコトなんだ?」

雪歩(って言っても、どうすればいいんだろう……二人の言う"がなはる"がイマイチわからないよ……)


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 05:33:32.73 ID:UuAoVhoT0

春香「お困りのようですね?」

雪歩「え? う、うーん……」

春香「そこで台本用意しました、どん」サッ

響「やよいんときも思ったんだけど春香が台本用意したら意味なくないか? 雪歩の考える"がなはる"じゃないと……」

春香「がなはる雪歩が見たいだけだからいいんだよ」

響「……そっか」

春香「はい」


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 05:50:13.63 ID:UuAoVhoT0

雪歩「こ、この通りに演じれば良いんだね?」

春香「うん。ヘークサニ」

雪歩「?」

響「早くして、だって」

雪歩「う、うん、わかった……」

雪歩「……」

雪歩「は、はいさ~い! 自分、萩原雪歩! ひめゆりの香り漂う18歳!」

春香「はい」


238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 06:12:39.99 ID:UuAoVhoT0

雪歩「タタン(畳)とチャァグァー(お茶)の匂いが大好き! ちょっぴりナチブサァ(泣き虫)だけどなんくるないさー!」

雪歩「あいっ?」ズルッ

雪歩「かりゆしぃ!」ドンガラガッシャーン

雪歩「あ、あがー……気づいたらそこら中ガマ(洞穴)だらけだぞ……誰がいったいこんなことを……」

雪歩「って自分が掘った穴だったぞ! うがー!」 

雪歩「…………」

響「はい」

春香「はい」

雪歩「……」カァァァ


241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 06:18:05.52 ID:UuAoVhoT0

雪歩(……わりと死にたい……)

響「なぁ春香、毎回だけど転ぶときの叫び声どうにかならないのか? 今回『めでたい!』って叫びながら転んでたけど」

春香「そうだねー、ちょっとチョイスし損ねたかもしれないね」

響「でもそれ以外はけっこうまともだったな」

春香「そうだね。なかなか雪歩もがなはれてたし」

雪歩「まとも……?」


243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 06:27:12.74 ID:UuAoVhoT0

春香「ありがと、雪歩! 参考になったよ」

雪歩「あれで参考になったんだ……イマイチ実感湧かないけど」

雪歩「あ、もうこんな時間……私行かなきゃ」

春香「はーい。じゃあまた二人でがなはるよ、響ちゃん」

雪歩「」ピクッ

雪歩(そ、そういう意味じゃないのにそういう意味に聞こえる……)

雪歩(はぁ……二人に失礼だよね……すぐこういう考え方しちゃうの……)ズーン

響「そ、そうだな春香……あはは……」タジタジ

雪歩(…………あれ?)


244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 06:36:07.06 ID:UuAoVhoT0

雪歩(…………)ポク ポク ポク

雪歩「!」チーン

雪歩(…………)

雪歩(やっぱり邪魔者だったんだ私……ごめん響ちゃん……)ズーン

春香「雪歩? 行かなくて大丈夫なの?」

雪歩「う、うん、もう行くね!」

響(ま、また春香と二人っきりか……)

雪歩「ひ、響ちゃん!」

響「?」

雪歩「ちばりよ!」グッ

ガチャ バタン

春香「……」

響「……」


247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 06:44:25.98 ID:UuAoVhoT0

春香「なんかデジャブだったね」

響「うん。あの手とポーズついさっき見たな」

春香「…………」

響「…………」チラッ

春香「…………」

響(なんで黙るんだ春香ァ!)

響(二人っきりになる前はいらんことまでべらべら話してただろ!)

響(あの貴音の話を聞くまでは……! 二人っきりのときも普通に……!)

響(…………やっぱり……イヤだったのかな……)


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 06:52:47.68 ID:UuAoVhoT0

響(でも結婚ったって……本気じゃなくてたとえばの話で……ホントにできるわけじゃないし……)

響(全部貴音のせいにして『冗談だぞ、冗談!』って言ってみようか……)

響(でも……春香と一緒にいられたら毎日楽しいだろうなぁ……)

響(今日みたいにバカやったり、二人で料理作ったり、遊びに行ったり……)

響(うぅ~もやもやする……こういうの似合わないよなぁ、自分に……)

春香「響ちゃん」

響「ひゃいっ!」


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 07:03:03.57 ID:UuAoVhoT0

春香「さっき雪歩が来る前に言いかけたことなんだけどね?」

響「あ、ああ、そういえば何か言いかけてたなー! すっかり忘れてたぞー!」

響(気になりすぎて気が気じゃなかったけど)

春香「響ちゃんって……」

響「う、うん」ドキドキ

響(『私のこと好きなの?』『私と結婚したいの?』『そういう気があるの? 気持ち悪いね』)

響(あぁぁぁどれが来ても冷静に答えられる自信がない……)クラクラ

春香「響ちゃんって……」

響「な、何だ!?」



春香「そのエンダーってお店行ったことあるの?」



響「………………はい?」

春香「はいじゃなくて」


253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 07:14:34.66 ID:UuAoVhoT0

響「……そのエンダーってどのエンダー?」

春香「さっき貴音さんと話してるときに出てきた、ええと……ポートピアやり放題のお店?」

響「ルートビア飲み放題ね。何が悲しくて推理アドベンチャーをやり放題しなくちゃいけないんだ……」

響「うん。行ったことあるぞ」

春香「ルートビアって何? ビール?」

響「湿布ジュース」

春香「えっ」

響「もしくは歯磨き粉ジュース」

春香「なにそれこわい」


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 07:20:06.99 ID:UuAoVhoT0

響「世界一飲み放題が嬉しくない飲み物だと言っても過言じゃないぞ」

春香「そ、そうなんだ……」

春香「へぇー……」

響「…………」

春香「…………」

響「えっ?」

春香「えっ?」

響「……それだけ?」

春香「はい」


260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 07:36:24.09 ID:UuAoVhoT0

響「………は、は……」プルプル

響「はいじゃないよ!!!!!」

春香「」キーン

響「もっと他にないのか!? 春香が今日一番気になったのえんだぁぁぁぁぁのことなのか!?」

春香「ひ、響ちゃん落ち着いて」

響「落ち着いてられるか!!」

響「じ、自分が、自分がどれだけ……ぐすっ……」

春香「響ちゃん……」


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 07:40:45.92 ID:UuAoVhoT0

響「……もういい……怒鳴ってごめん」

春香「……じゃあ、もう一個訊いていい?」

響「いいよ……どうせえんだぁぁぁぁぁのメニューとか最寄り駅とかの話なんでしょ……」

春香「違うよ。響ちゃんってさ、」



春香「私と結婚したいってホント?」


響「」


265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 07:50:37.16 ID:UuAoVhoT0

響「あ、あの……えっと……それは、違くて……」

春香「慌てすぎだよ。深呼吸深呼吸」

響「あれは……たっ、貴音の作り話だぞ! 自分に恥をかかせるために貴音が……」

春香「……」

響「うっ……」

春香「……そうなの?」

響(なんなんだその複雑な顔……)


268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 08:00:26.19 ID:UuAoVhoT0

響「言った……言ったよ……結婚するなら春香かな、って……」

春香「……」

響「でも本気じゃなくてたとえばの話で……765プロの中で選ぶなら、っていう……」

春香「本気じゃないの? 軽々しく結婚とかそういうこと言ったの?」

響「えっ?」

春香「響ちゃん、最低だよ……」

響「!! は、春香ぁっ!」


272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 08:06:04.81 ID:UuAoVhoT0

響「ごめん! 軽々しく言ったわけじゃないんだ! 自分、自分……本当は……むぐっ」ピトッ

春香「……大丈夫、わかってるよ」

春香「ごめんね。ちょっといじめすぎたね。でもこうでもしないと響ちゃんいつまでも強がって本心言わないでしょ?」

響「う、うぅ……それは……」

春香「…………そうだなぁ」

春香「私も結婚するなら……響ちゃんが良いなぁ」

響「」


277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 08:19:03.09 ID:UuAoVhoT0

響「あ、あがっ、あぁっ……」

春香「さ、さっきから大丈夫? いい加減心配になってきたよ」

響「な、何で自分なんだ? ち、千早とか真とか美希とか差し置いて何で自分なんだ!?」

春香「私も同じこと訊きたいけど……うーん……」

春香「一緒にいて楽しいし、ちっちゃくて可愛いし、犬のモノマネとかやってくれるし」

響「あ、あれプラス要素だったんだ……」

春香「後、やっぱり料理ができるのは大きいかな!」


279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 08:28:02.19 ID:UuAoVhoT0

響「そ、そうか……」

春香「はい」

響「…………」

春香「…………」

響「は、春香……」

春香「将来さ」

響「?」

春香「同棲でもしちゃおうか。なんてね」

響「」


284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 08:33:48.00 ID:UuAoVhoT0

響「」ボフッ ボンッ

春香「…………」

春香(さすがにもうやめてあげようかな……)

春香(わかりやすくて可愛いなぁ)

響「ふ、ふつつか者ですが!」

春香「う、うん」

響「自分はいつでも歓迎するぞ!!!」

春香「ふふっ、ありがと響ちゃん」


291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 08:48:46.49 ID:UuAoVhoT0

春香「さ、こんな時間だし私たちもそろそろ行こうか」

響「そうだな! 自分、今日はいつもより頑張れる気がするぞ!」



響(はいさーい! 自分、我那覇響! おひさまの香り漂う17歳!)

響(これから先、何があるかわからないけど……自分には大切な人がいるから! なんくるないさー! なんやてぃんないさー!)


293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 08:51:45.77 ID:UuAoVhoT0

響「あいっ?」ズルッ

響「かなさんどー!」ドンガラガッシャーン

春香「だ、大丈夫響ちゃん!?」

響「あがー……誰だ? ここらへんケチャップまみれにしたの? タコライスでも作ったのかー?」

小鳥「」ドバドバ

響「」

春香「」

響「ピヨ子ぉぉぉぉぉ!!!」


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 09:02:16.16 ID:UuAoVhoT0

小鳥「がなはる……がなはる……」

響「ずっとそこで殻にこもってたんだなピヨ子! でもなんなんだこの鼻血の量!」

小鳥「響ちゃん……よく聞いて……そしてプロデューサーさんに伝えて……」

小鳥「私は……私が想うがまま、私が望むがまま……独身であったぞ」

響「絶対望んでなかっただろ! プロデューサーに伝えようとするあたり未練たらたらだよ!」


301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 09:05:40.68 ID:UuAoVhoT0

響「は、春香! 救急車呼んでくれ!」

ガチャ

春香「ただいまー、ルートビア買ってきたよー。まずっ」

響「お前はこの一瞬で何をやってるんだ!!!」

春香「歯磨き粉と湿布の味がする……」

響「いいから救急車呼んでくれ!」

春香「……」ピピポ

春香「はい」スッ

響「はいじゃないよ!!!」



終われ


302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 09:07:22.44 ID:UuAoVhoT0

はいさい! がなはるのぼうけんはここでおわってしまった!


全員分は無理だったよ
じゃあね


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 09:13:14.80 ID:+P84WwYp0

あがー乙


307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/02(土) 09:15:34.43 ID:josJO1b+0

乙!
かなさんどー!



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿