TOP > 艦隊これくしょん > 提督「なんだあのまな板w」 龍驤「今うちの胸の事なんつった!?」

提督「なんだあのまな板w」 龍驤「今うちの胸の事なんつった!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 20:09:43.60 ID:UhBMTtDm0

※話がごっちゃごちゃ


龍驤「キミィ…うちの胸がまな板みてーやってぇ!?」

提督「えっ、いやそうは言ってな…」

龍驤「確かに聞こえたでぇ!」ゲシッ

提督「いってぇ!」

龍驤「この! ドグサレがーッ!」ビシバシ

提督「痛い痛い!」

提督(あ、でも悪くない)

鳳翔「龍ちゃん。そこまでにしてあげて?」

龍驤「…」

龍驤「ほ、鳳翔さんがそういうなら…」

提督「…」ションボリ

鳳翔(このまな板のデザイン、可愛いと思うんだけどなぁ…子供っぽいかな?)


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 20:12:18.99 ID:UhBMTtDm0

鈴谷「龍驤せんぱーい!」

熊野「龍驤先輩! 今日も可愛いですわ!」

龍驤「な、なんやいきなりもう!///」

鈴谷「照れた! 龍驤先輩最高に可愛い!」

熊野「今度軽空母としてまた訓練してください!」

龍驤「またぁ? …まあええけど」

鈴谷「ありがとうございます!」

熊野「ありがとうございます!」

龍驤「ま、まあ後輩を見るのも役目やからな!」ドヤッ

熊野「流石です!」

鈴谷「一生懸命無い胸を張ってドヤる龍驤先輩可愛いです!」

龍驤「」ブチッ

熊野「あっ」

鈴谷「あっ…」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 20:13:55.92 ID:UhBMTtDm0

龍驤「…今、うちの胸の事なんつった!?」カチーン

熊野「や、やばいわ…鈴谷、龍驤先輩の事怒らせちゃったみたい…」

鈴谷「ま、待ってください龍驤先輩! 今のは可愛いということを言いたかったというか、胸はこれからというか…」プルンプルン

龍驤「ぁあ!?」

熊野「あぁ~…」

龍驤「…」ユラァ...

鈴谷(や、やばい! 来る…!)

龍驤「ドラァ!」ブンッ

鈴谷「きゃっ!」ボイーン

龍驤「!」

熊野「龍驤先輩の拳が乳ガードで防がれましたわ!」

龍驤「がふっ!」

鈴谷「謎のダメージ!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 20:15:46.14 ID:UhBMTtDm0

提督「? おいお前ら、何やってんだ?」

鈴谷「あっ、提督! 今胸の話で…」

提督「は? 胸?」

熊野「鈴谷が龍驤先輩を怒らせたんです」

提督「え?」

龍驤「はぁ…はぁ…」

龍驤「…うちの胸を馬鹿にされると…腹が立つんや…どうしようもなくなぁー!」

鈴谷「ま、また来る!」

提督「おいおい、くだらねー胸の話なんてしてないで早く部屋に戻れよ」

龍驤「!」

龍驤「ドララララー!」ボコボコボコ

提督「ヤッダーバァァアアアア!」ビューン!

ゴミ箱「」ドーン!

熊野「燃えるゴミは月・水・金ですわ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 20:17:44.69 ID:UhBMTtDm0

~食堂~

間宮「今日も手伝いありがとうございます、龍驤さん♪」

龍驤「かまへんかまへん! うちも暇してたしなー!」

間宮「ふふっ、お礼に今度何か作ってあげますね♪」

龍驤「ホンマ!? やったぁ!」

マミヤサーン!

間宮「あ、はーい! ごめんなさい、ちょっと厨房空けますね」

龍驤「分かったでー!」

タッタッタ


龍驤「…」

シィィィィン...

龍驤「…さて」

龍驤「もうそろそろ出てこうたらどうや?」クルリ

冷蔵庫「」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 20:20:23.92 ID:UhBMTtDm0

ゴゴゴゴゴゴゴ

冷蔵庫「」

ガチャッ...

瑞鳳「…」ズル~ッ

瑞鳳「…貴女、何故私が冷蔵庫の中にいると分かったの…?」ガクガクブルブル

龍驤(めっちゃ寒そうや)

龍驤「キミ、頭脳がまぬけやな。ご丁寧に冷蔵庫の中のもん上に出してあるからやろ」

瑞鳳「…」

龍驤「…」

ドドドドドド

瑞鳳「!」

瑞鳳「九九艦爆!」ビューン!

龍驤「攻撃隊発進!」

バゴォ!

瑞鳳「ぐふっ…!」ガクッ

龍驤「なんや、あっけないやつやな…まだ鈴谷の方が強敵やったで」ドヤッ


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 20:28:07.61 ID:UhBMTtDm0

瑞鳳「…」ポタポタ

祥鳳「はっ、まずい!」

瑞鳳「…」チラッ

瑞鳳「!?」

祥鳳(瑞鳳は殴られた事よりも私に縫ってもらった服が血で汚れた事を怒るタイプ!)

祥鳳「瑞鳳、落ち着いて!」

瑞鳳「!」ムッカァァァ

瑞鳳「よくも…よくも、この私に向かって!」ブワッ

龍驤「! 涙…」

祥鳳「え?」

瑞鳳「この汚らしいまな板がーっ!」

龍驤「!?」ブツリ

瑞鳳「このド畜生がぁー!」

龍驤「ドラァ!」バキィッ

瑞鳳「きゃぁ!」中破!

祥鳳「ベネ!」パシャリ


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 20:36:33.36 ID:UhBMTtDm0

瑞鳳「…」チーン

龍驤「ふんっ…全く…」

瑞鳳「…」

龍驤「…今度背中から刺されたら怖いし、ちょっち首絞めさせてもらうで」グイグイ

龍驤「…ハッ!」

瑞鳳「」


ペタァァァァァァァァァン!!!!!!!


龍驤「…」スッ...

瑞鳳「…ん、んん…?」

龍驤「…」スタスタ

瑞鳳「! ま、待って!」

龍驤「…なんや」

瑞鳳「な、何で私を見逃すの…? 私は、貴女に酷いことを…」

龍驤「…」

龍驤「そこんところやけど、うちにもよう分からへん」

瑞鳳「え…?」

龍驤「ただ…何も死ぬこたーない…そう思っただけや…」スタスタ

瑞鳳「…」

祥鳳(ふふっ、瑞鳳の中破写真…お腹の部分だけ切り取って部屋に飾っておこう)


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 20:58:58.80 ID:UhBMTtDm0

明石「ふぅ~…」

明石「さて、装備の整備でもしようかな…」スタスタ

明石「…ん?」

電探「」

明石「…でん、たん…?」

明石「…」タッタッタ

明石「!」



陸奥「…」

明石「陸奥さんっ!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:03:54.94 ID:UhBMTtDm0



明石「陸奥さんは頭に付けていた電探を折られ、意識不明な状態です…」

龍驤「こんなの…酷すぎや!」

提督「だ、誰がこんな事を…」

陸奥「…」

長門「…一体、何があったんだ…」


ゥゥゥウウウウン...

長門「! なんだこの音は!」

提督「あ、あれは!?」

艦載機「」ブゥゥゥゥン!!!

龍驤「か、艦載機!? い、いつの間に!」

長門「早く撃ち落とせ!」

艦載機「」ダダダダダ!!!

明石「きゃぁ!」

提督「避けろ!」

長門「…あっ!」

陸奥「…」ジジジ...

明石「大変! 陸奥さんの第三砲塔をやられた! あれじゃきっと爆発しちゃうよ!」

龍驤「なんやて!?」

長門「みんな下がれ! 早く! 陸奥の第三砲塔が爆発する!」

陸奥「ほああああああああっ!!」

バゴォォォォン!!

龍驤「陸奥ー!!」


「…」ニヤリ


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:10:07.41 ID:UhBMTtDm0

明石「だ、大丈夫! やられたのは第三砲塔。入渠ドックに入れて高速修理材を使えば!」

カチャカチャ

ウィーン

ザッパーン

陸奥「」

長門「…」

明石「治りました…」

陸奥「」

龍驤「陸奥! 目を覚ますんや! 早く!」

明石「そんな…傷は完璧に!」

龍驤「いい加減にせぇへんとホンマに怒るで!」

提督「…」ポンッ

龍驤「!」

提督「…終わってしまった命に修理材を使っても…もう元には戻らない…」

明石「…」

提督「…どんな者だろうと…応急修理要員が居なければな…」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:15:40.90 ID:UhBMTtDm0

明石「きっと陸奥さんの電探を折った者と艦載機を撃った者は同一人物でしょう」

長門「しかし、あの艦載機はどこから…」

提督「いつの間にか現れていて、いつの間にか消えていた…」

龍驤「…」

長門「…分かる事は、そう遠くない内にまた誰かが襲われるということだろう…」

長門「もしかしたら、あの現場に居た私達が狙われるかもしれない…」

龍驤「…うちが守るで」

提督「!」

龍驤「…この鎮守府は、うちが守る」

提督「龍驤…」


瑞鳳「あの艦載機はこの鎮守府のものよ。私も協力する」


龍驤「瑞鳳院」

瑞鳳「…艦載機がこの鎮守府のものだという事は、裏切り者が鎮守府内にいるという事…そしてその裏切り者はなぜか鎮守府の外へ出たくないらしいわ」

龍驤「協力? なぜキミが?」

瑞鳳「…」

瑞鳳「そこんところだけど、私もよく分からないわ…」

龍驤「…」フッ

瑞鳳「貴女のお陰で目が覚めた。それだけよ」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:19:00.69 ID:UhBMTtDm0

パチパチパチ

龍驤「!」

パチパチパチパチ

提督「だ、誰だ!」


ドドドドドド

長門「…なんだ、この身体中から汗が滲み出るような感覚は…!」


ドドドドドド



大鳳「…」バァァァァァン!!!!




提督「! …たい、ほう…?」

大鳳「…」パチパチ

大鳳「泣けるじゃあないの。良い友情劇ね」

龍驤「…何の用や?」

大鳳「私から出てきてあげたのに、何の用とは何かしら…?」

長門「!?」

長門「なに…!? じゃあお前が陸奥を!」

大鳳「…ふふっ」

長門「…うおおお!!!」ダダダダダ!

龍驤「長門! 闇雲に突っ込むのはアカン!」

大鳳「…ザ・ワールド!」

ドーン!


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:21:38.69 ID:UhBMTtDm0

提督「」

明石「」

瑞鳳「」

長門「」

龍驤「」

スタ...スタ...

大鳳「ある日突然、目覚めたこの能力…」

大鳳「初めは色んな子の胸を揉みしだいて遊んでいたけれど…」モミッ

長門「」

大鳳「…虚無感しか生まれなかった」

大鳳「…」チラッ

龍驤「」ペタァァァァァァァァァン!!!!!!!

大鳳「…ふっ」

大鳳「哀れね…そして」

大鳳「しになさい! 長門さん!」バゴォ!

長門「」

大鳳「…そして時は動き出す」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:23:45.63 ID:UhBMTtDm0

長門「!」ドガアアアア!!

瑞鳳「長門さん!」

長門「がふっ…!」

龍驤「!? な、なんや…また見えなかった…!」

提督「なにっ…!?」

長門「…」ボロボロ

大鳳「ふふ、次は瑞鳳…貴女の番よ」

大鳳「可愛いお胸しているけど…龍驤達に手を貸すというのなら容赦はしないわ」

瑞鳳「…」ジリ...

大鳳「しになさい!」スッ


ドォォォォォォン!!!!


時計「」バゴォ

全員「!?」

長門「ふー…ふー…」

長門「…最期の、41cm連装砲…」

長門(受け取って、くれ…伝わって…くれ…)ガクッ

龍驤「…なが、と…!」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:26:42.41 ID:UhBMTtDm0

大鳳「ふ、ふん…流石に長門さんの砲撃は怖いけど、最期の足掻きはあらぬ方向へ…」

瑞鳳「くっ…!」

瑞鳳(い、いや! あのビッグセブンの長門さんがそんな意味のない事をするはずがない!)

瑞鳳(なぜ!? なぜ大鳳さんではなく時計を破壊したの!?)

大鳳「さて、気を取り直して…」スタスタ

瑞鳳(…一体、なぜ…)

龍驤「させへん! 長門と陸奥の仇…とらせてもらうで!」

大鳳「ふんっ、まぬけがぁ…!」

瑞鳳(時計を…破壊…時計の針を、破壊…時計を…止める…時…)


瑞鳳「…ハッ! まさか、そんな!」

瑞鳳「なんてこと…これしか思いつかない…」

瑞鳳「龍驤! 大鳳さんの能力が分かったわ! 大鳳さんの能力は時を止め…」

大鳳「ザ・ワールド!」

ドーン!

瑞鳳「」

大鳳「ふっふっふ…この大鳳にとって貴女達はまな板!」

大鳳「装甲空母にまな板が敵うか?」


大鳳「…全機発艦!」バシュン!

艦載機「」ダダダダダ!!

大鳳「これで瑞鳳も終わりよ…」

大鳳「残り一秒…」


大鳳「ゼロ…」

パッ

瑞鳳「!」ドガドガ!

龍驤「瑞鳳~!」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:28:37.93 ID:UhBMTtDm0

大鳳「ふふふ…」

瑞鳳「…はな、れて…龍驤…もっと、遠くへ…かなわ、ない…」ガクッ

提督「ずいほー!」

明石「きゃー!」

龍驤「野郎…大鳳!」ズンズンズン

大鳳「ヘぇ~、近付いてくるの? 折角瑞鳳が私の能力を、試験終了五分前の受験生のように必死こいて教えてあげたのに…」

龍驤「…近付かないと、キミを殴れへんからなぁ…!」

大鳳「ほう、面白い…!」


大鳳「…そういえば龍驤。貴女、自分の胸を馬鹿にされるのが一番嫌いらしいわね?」

龍驤「やってみようってんならよぉ~、試してみぃや!」

大鳳「…ふふっ」

大鳳「貴女のその胸、平べったいわね!」

龍驤「!」ビクッ

提督「おいおいおい」

明石「死ぬわあいつ」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:35:01.66 ID:UhBMTtDm0

龍驤「ッ!?」プッツーン

龍驤「もういっぺん言ってみぃやコラァ!」

大鳳「いいわ、耳元で何べんも言ってやるわ!」

大鳳「貴女のその胸、自分では普通だと思っているようだけど…平べったい!」

大鳳「まな板のようにね…ふふっ」

龍驤「っ!?」

大鳳「小汚い艦載機になら、着艦場所として気に入ってもらえるんじゃあないかしら?」

龍驤「…!」

龍驤「ドララララララァ!!!」

大鳳「ザ・ワールド!」

ドーン??

大鳳(勝った…)

バゴォォォォ!

大鳳「ぐふっ!?」

龍驤「ドラァ!!」バギィ!

ドガアアアアアアン!!


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:40:05.57 ID:UhBMTtDm0

提督「!? あ…や、やった!」

明石「何が起こったの…!?」

龍驤「はぁ、はぁ…!」

大鳳「な、なんで…こんな…」

大鳳「ハッ! まさか…!」

大鳳(私と龍驤は…)


大鳳(同じタイプの…まな板!?)

龍驤「うちの胸をバカにしたやつは何者だろうと許さへんでー!」

大鳳「くっ…」ガクガク

龍驤「来てみぃや!」

大鳳「…ザ・ワールド!」

ドーン!

龍驤「ぐっ…このや…ろ…」

龍驤「」

大鳳「はぁ…はぁ…」

大鳳「ふ、ふふ! どうやら止まった時の中で動ける時間は私より少ないようね!」

大鳳「今のうちに…!」

「三秒経過!」

大鳳は時を止めたまま何故ゆえか姿を消した。

「四秒経過!」

龍驤「」

しかし、龍驤は考えるのをやめた。
大鳳が何を策していようと、大鳳が静止した時の中で少しだけ動くことのできる龍驤にどんな方法で攻撃してこようと…

動ける時間だけまな板パワーをブチかますだけだッ!


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:44:42.36 ID:UhBMTtDm0

「五秒経過!」

龍驤(うちが思う、確かな事は…大鳳!)

龍驤(キミのつらを次見た瞬間…うちは多分…)


龍驤(プッツンするだろうということだけやで)

「六秒経過!」


龍驤(きて…みぃ…大鳳……!!!)

「七秒経過!」


龍驤「!!!」

大鳳「巨大まな板だッ!」ドグオオン!!


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:51:13.59 ID:UhBMTtDm0

龍驤「うぐぅっ!」


龍驤「ッ!!!」プッツ~ン!!!!

龍驤「ドララララララララララララララララァ!!!!!」ドゴドゴドゴドゴ!!!!!

大鳳「もう遅いわ!脱出不可能よ!」

大鳳「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァーッ!!!」ガンガンガンガンガンガン!!!!

大鳳「八秒経過! ypaaaaa!! ぶっ潰れよーッ!」

龍驤「ドラァ!」

ドグシャァァ!!!!


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 21:55:56.91 ID:UhBMTtDm0

大鳳「…九秒経過!」

大鳳「やったわ…」

大鳳「龍驤は大鳳の元に敗れ去った!」


大鳳「装甲空母!」

大鳳「スタンド!」

大鳳「まな板パワー!!」


大鳳「十秒経過!」

大鳳「さて、龍驤本体がぺったんこになっているか確認しておきましょう…」

大鳳「胸は既にぺったぺったんこだがな…」

大鳳「…」グググ

大鳳「!! なに…体の動きが…にぶい…!」

大鳳「ち、違う! にぶいんじゃあない…う、動けない! これは…」


「十一秒経過や。動ける時間はそこまでのようやね…」


龍驤「大鳳!」

大鳳(な、なにィィ~ッ…!?)


龍驤「うちが時を止めた」

龍驤「九秒の時点でや…そして脱出できた…」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 22:00:04.16 ID:UhBMTtDm0

大鳳「龍驤…!」

龍驤「どんな気分や? 大鳳?」

龍驤「動けないのに背後から近づかれる気分ってのは例えると…」

龍驤「機関部をやられて制御できないところで…」

バァン!

大鳳「!」ビクッ

龍驤「…敵の魚雷が襲いかかる感覚っちゅーのはどうや?」

大鳳「」ガクガクブルブル

龍驤「でも、キミの場合…全然可哀想だとは思わへん」

龍驤「!」ブアギィッ!

大鳳「うぐぅ!!」ズドォォン!!


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 22:02:56.18 ID:UhBMTtDm0

大鳳「ハー…ハー…ハー…」

龍驤「キミに対する慈悲の気持ちはあらへん…」

龍驤「…しかし、このままキミをナブって始末するやり方はうち自身の心に後味の良くないものを残す事になる」

龍驤「その脚の修理に何時間かかる? 五時間くらいか?」

龍驤「いや…バケツを被せると同時にうちの拳を叩き込む!」

龍驤「かかってこいや!」ブンッ!

高速修理材「」ガコンッ

大鳳「…!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 22:04:09.73 ID:UhBMTtDm0

大鳳(この私を…こ、コケにして…!)

大鳳(しかし龍驤…この土壇場でやはり貴女は軽空母だ…軽空母みたいなチンケな考え方をする…)

大鳳(後味の良くないものを残すだとか、人生に悔いを残さないだとか…開発失敗のゴミにも匹敵するくだらない物の考え方が命取りよ!)


大鳳(過程や…!)

大鳳(方法なぞ!)

大鳳「どうでもいいのよッ!」ブシュー!

龍驤「うぅっ!」ビシャァ!

大鳳「どぉよ! この血の目潰しはッ!」

大鳳「勝ったッ! しねぃッ!」ブォオン!

龍驤「ドラァーッ!」ドォオン!!


ドグシャァァァァァ!!!!


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 22:06:37.50 ID:UhBMTtDm0

龍驤「…」

大鳳「…」ニヤリ

ピキッ ビシビシッ!

大鳳「! なっ…!?」

バゴォ! ベキバキ!!!

大鳳「うぐぉぉ! なああにィィィィ!!!」

龍驤「…」

大鳳「ば、馬鹿なッ! こ、この…大鳳が…」

大鳳「この大鳳がァァァァ~ッ!!」


ドッガァァァ


龍驤「キミの敗因は…たったひとつやで…大鳳……」

龍驤「たったひとつのシンプルな答えや……」


龍驤「てめーはうちを怒らせた」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 22:07:52.81 ID:UhBMTtDm0

龍驤「これで、終わりやな…」

提督「戻ってこないものが、多すぎるがな…」

明石「…ええ、多すぎる…そして、大きすぎる…」

明石「私達の失ったものはこの海にも匹敵するほど大きいです…」

提督「しかし彼女達のおかげだ…彼女達のおかげで、俺らは生きている…」



陸奥!

長門!

瑞鳳!

終わったよ…


RJの奇妙な冒険~まな板は砕けない~
第一章

~完~


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 22:08:29.57 ID:UhBMTtDm0

おしまい。
ふとネタでSS書きたいと思ったけどどうしてこうなった。ジョジョ好き、艦これ好きの皆さんごめんなさい。



『艦隊これくしょん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿