TOP > アイドルマスター > 千早「家のドアを開けたら」

千早「家のドアを開けたら」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:35:04.40 ID:wRRTztD1o

千早「─────ただいま」ガチャ

春香「ああ、おかえり千早ちゃん♪」

千早「ねぇ、春香」

春香「ん、なぁにー?」イソイソ

千早「何って聞かれると何て言って良いか分からないんだけど」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:36:03.09 ID:wRRTztD1o

春香「変な千早ちゃん……? よいしょ、っと」イソイソ

千早「きっと疲れてる私の脳が見せる幻だと思うのだけど……」

春香「ん、やっぱり無理かなー? イケると思ったんだけどなー」グイッ

千早「あの、春香……?」

春香「ちょっと待って、千早ちゃん。今、いいとこだから」グッグッ

千早「えっ? ごめんなさい……」

春香「良し、なんとか入った! それで、何だっけ?」クルッ

千早「そう、それは良かった。えっと、それで……」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:36:35.10 ID:wRRTztD1o



千早「なんで、私のブラを着けてるの?」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:37:19.14 ID:wRRTztD1o

春香「え?」

千早「だから、なんで春香は私のブラを着けてるのかしら?」

春香「何か……変かな?」

千早「変かどうかと聞かれれば、間違いなく変よね」

春香「あー、やっぱりサイズが合って無いから変だよねー」

千早「くっ……いえ、そこじゃ無くて……」

春香「あ、そっか!」

千早「分かってくれたみたいで良かっ……」

春香「やっぱり、上下お揃いじゃないと、ね!」bグッ

千早「上下お揃いにしても違和感は拭えそうに無いけど」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:37:49.99 ID:wRRTztD1o

春香「そうと決まれば、早速パンツも借りて良いかな?」ゴソゴソ

千早「ああ、良かった。借りているという感覚はあったのね」

春香「それはそうだよ! 人の物を勝手に使っちゃダメだよね」ゴソゴソ

千早「私のタンスを漁りながら言う台詞じゃないと思うのだけど」

春香「あ、ブラとお揃いのパンツはっけーん!」

千早「友達の窃盗行為を止めるにはどうすれば良いのかしら……」

春香「……んしょんしょ! これで完璧だよね!」

千早「ええ、完璧。紛うこと無く、下着泥棒の痴女が今ここに完成したわ」

春香「えへへ♪」テレッ

千早「褒めてないし、決して照れる所じゃないと思うのだけれど」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:38:21.65 ID:wRRTztD1o

春香「あ、服を着てないから変なんだよね。ごめんごめん」イソイソ

千早「それで春香の異常性が隠せるわけじゃ無いけどね」

春香「服も着たし、これで一安心だね! 完全装備の春香さんですよ!」

千早「とりあえず、私の下着を返してくれない?」

春香「それは無理だよ、千早ちゃん」

千早「どうして?」

春香「だって私の下着、レッスン中に盗まれちゃったみたいで……」

千早「えっ、ちょっと、それって……」

春香「あぁ、まぁ、それは別に良いんだー」

千早「そんな軽く……」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:38:49.82 ID:wRRTztD1o

春香「千早ちゃんの家に来たらパンツあるし」

千早「それで私のパンツを?」

春香「いや、それとは別かな」

千早「?」

春香「千早ちゃんってアイドルの中でもトップクラスの歌唱力でしょ?」

千早「……そ、そんなことは────」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:39:24.12 ID:wRRTztD1o

春香「だから、千早ちゃんの下着を着けたら私も歌が上手くなるかなって」

千早「下着のおかげで歌が上手いみたいに言わないでもらえるかしら?」

春香「いやホント、胸囲の歌唱力だよね!」

千早「字が違うような気がするのだけど気のせいかしら?」

春香「まぁ、お守り代わりにしようかな、なんて思ってさ」

千早「それなら、別に何でも良かったんじゃ……」

春香「いや、より身体に近い物の方がご利益ありそうじゃない?」

千早「それは分かる気もするけど……」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:39:58.03 ID:wRRTztD1o

春香「だよね! まあ、なんでも、良いですけれど」

千早「なぜ私の真似をしたのかしら?」

春香「門前の小僧、習わぬ経を読む、だよ!」

千早「明らかな誤用ね」

春香「私も千早ちゃんみたいに歌が上手くなりたいんだよ!」

千早「あのね、春香? 歌を馬鹿にしないで」

春香「えっ……?」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:40:47.12 ID:wRRTztD1o

千早「何かを身に着けるだけで歌が上手くなるわけ無いじゃない」

春香「ち、千早ちゃ……」

千早「血の滲むような努力で得た私の歌を……」

千早「何かのお陰みたいに言わないで!」

春香「あっ……私、そんなつもりじゃ……ごめん、なさい……」ジワァ

千早「あっ、やだ……私ったらつい、熱くなっちゃって……」

春香「私ってバカだよね……ごめんね、ぢはやぢゃん……」ズビッ

千早(アイドルがしちゃいけない顔って、きっと今の春香の顔かも知れない)


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:41:39.24 ID:wRRTztD1o

春香「あ゙ば゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙ああ゙……」ポロポロ

千早(うわぁ、なんか涙と鼻水でぐちゃぐちゃになってる)

春香「ごべんでぇ……ごべんでぇ……」ボロボロ

千早(アイドルってこんな顔で泣いても良いのね)

春香「あうぅ……エグっ……ぐすっ」

千早「ふう。ほら春香、泣かないで、これで涙を拭いて?」サッ

春香「ありがとう、千早ちゃん」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:42:21.62 ID:wRRTztD1o

春香「でも私、ちゃんと拭く物持ってるから大丈夫だよ……」ゴソゴソ

千早「あら、そう」

春香「うん……ちーん!」ブビビビビ

千早「春香、それ、私の……パンツじゃない?」

春香「……あれ?」

千早「…………」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:43:10.57 ID:wRRTztD1o

春香「あっ、そうだ。さっき偶然タンスの中で見つけたから……」

千早「なんで、明らかな故意を偶然に装ってるの?」

春香「これは神様のプレゼントに違いないと思って、ついポケットの中に」

千早「随分とポジティブな泥棒ね」

春香「なーやんでも仕方ない♪ だよ ね?」

千早「どういうこと?」

春香「目の前に千早ちゃんのパンツがあるのに盗らない人なんて居ないよ」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:43:51.18 ID:wRRTztD1o

千早「ポジティブの作詞家さんに訴えられたら良いのに」

春香「恐れを知らない十代って怖いよね」

千早「私は春香が怖いわ」

春香「あ、さっき鼻をかんだパンツ返すね」サッ

千早「えっ……こういう時って洗って返してくれるものじゃないの?」

春香「あはは♪ それはマンガの読み過ぎだよ、千早ちゃん」

千早「親友にパンツ盗まれるなんてマンガよりも酷いと思うのだけれど」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:44:34.14 ID:wRRTztD1o

春香「事実は小説よりも奇なり、だよね」

千早「奇人変人なら目の前に居るけど」

春香「あはは、これは一本取られた。さて、そろそろ私は帰るね」ノシ

千早「とりあえず身に着けてる私の下着を返して貰えないかしら?」

そうび はるか
   Eでんせつのリボン
   Eぬののふく
 ピッ>Eちはやのブラ
   Eちはやのパンツ

? ピッ>はずす
   すてる

春香「しかし そのそうびは のろわれていて はずせない ▽」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:45:25.02 ID:wRRTztD1o

千早「…………」ガシッ

春香「痛いっ! 痛いよ、千早ちゃん!?」

千早「…………」ググッ

春香「腕はそっちには曲がらないよっ!?」ギリギリ

千早「いっそ、こんな迷惑な腕はココで使えなくした方が世の為だわ」グググッ

春香「ちょっ、わた春香さんがマイクを握れなくなっちゃうよ!?」アセッ

千早「マイク……あっ、ごっ、ごめんなさい……」パッ

春香「もうっ、千早ちゃんたら酷いよ」グスン


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:46:16.91 ID:wRRTztD1o

千早「ごめんなさい……そもそも、どうやって私の家の中に?」

春香「あ、それはこの前、千早ちゃんの家に泊まったときに……」

千早「まさか、私が寝ているうちにスペアキーを?」

春香「そんなことしないよ!」

千早「そうよね。いくら春香でもそんな犯罪まがいのことは────」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:46:53.62 ID:wRRTztD1o

春香「シリンダー錠そのものを新しい物と交換したんだよ!」

千早「…………」

春香「あとは千早ちゃんが持ってた鍵を付け替えたヤツと交換して……」

千早「…………」

春香「あれっ? どうしたの千早ちゃん?」キョトン

千早「ごめんなさい。友人の犯罪が露見したことに驚きを隠せなくて」

春香「私と千早ちゃんの間に隠し事なんか無しだよね!」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:47:24.46 ID:wRRTztD1o

千早「ずっと隠してくれてた方が良かったかもしれないわ」

春香「えー? そんな事できないよぉー」

千早「鍵の付け替えは、たやすいみたいだけど?」

春香「隠し事は出来やしない」

千早「蒼い鳥みたいにしないで」

春香「えへへ……」テレテレ

千早「だから、決して褒めてるわけでは無いのだけど」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:47:54.88 ID:wRRTztD1o

春香「そう言えば、最近可愛い下着多くなったね?」

千早「そう……かしら……?」

春香「うん! これは私も穿き甲斐があるよ!」

千早「別に、春香に穿いて貰うために揃えたわけじゃ……」

春香「あ、今日のレッスン中に穿いてたパンツ返すね」ゴソゴソ

千早「まさかの、三枚目の存在が私を悩ませることになるなんて……」

春香「はい、少しだけ伸びちゃったかも。てへ☆」ペロ

千早「伸びた云々よりも、渡された、このパンツが……」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:48:26.76 ID:wRRTztD1o

千早「ぐっしょり湿ってるという事実に若干、怯んでいるわ」

春香「そっ、それは、汗だよ! 汗!」

春香「もう千早ちゃんのスケベ……!//////」プイッ

千早「だんだん春香に名前を呼ばれることが苦痛になってきた」

春香「ねぇ、千早ちゃん?」

千早「なにかしら、春香?」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:48:56.39 ID:wRRTztD1o

春香「今日、泊まっていって良い?」

千早「えっ……その、もう色々疲れたし今日は帰って欲しいんだけど」

春香「そんな、ヒドいよ! 私との事は遊びだったの!?」

千早「遊びも何も────」

春香「オモチャみたいにポイって捨てられちゃったんだね、私」

千早「どちらかと言えば私がオモチャにされているのだと思う」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:49:26.45 ID:wRRTztD1o

春香「あっ、そうだ! みんなから、預かり物して来たんだ♪」ガサッ

千早「…………」

春香「お茶とか、お茶とか、あと……お茶とか」

千早「あとで萩原さんに、お礼を言わないといけないわね」

春香「私、そんなに持てないよーって言ったんだけど」

千早「私もそんなにお茶ばかり飲めないけど」

春香「みんな、これもこれもーって」

千早「みんなって言うか萩原さんだけよね?」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:50:11.98 ID:wRRTztD1o

春香「私、サンタクロースみたいになっちゃって────」

千早「確かに不法侵入するのはサンタクロースも泥棒も同じかもね」

春香「────えっ……?」

千早「私はもう、春香を友達と思えない。春香の行動に付いていけないもの」

春香「千早ちゃん……」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:50:49.54 ID:wRRTztD1o

春香「千早ちゃん、弟さんの為に歌わなきゃって言ってたよね?」

春香「もっと、簡単じゃダメ?」

春香「わた、春香さんが好きだから」

春香「私も千早ちゃんのことが好きだから。それじゃダメなのかな?」

千早「今更、そんな風には考えられないわ……」

春香「千早ちゃん……自分を追い詰め過ぎなんじゃないかな?」

千早「春香の存在が私を追い詰めてるんだけど」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:51:19.09 ID:wRRTztD1o

春香「もっとこう『春香と居れて幸せだ』って思った方が気持ちが楽だよ?」

千早「やめて」

春香「それで、また一緒に笑えたら……私も嬉しいし……」

千早「私の意志は置き去りなのね」

春香「天国の弟さんだってきっとよろk────」

千早「やめて!!」

春香「────っ!?」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:51:48.14 ID:wRRTztD1o



千早「私の下着が春香に穿かれてるなんて、優に知られたく無いっ!!」



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:52:28.11 ID:wRRTztD1o

春香「…………」

千早「もう……私のコトは放っといて」

春香「放っとかない! 放っとかないよ!!」

千早「────っ!?」

春香「だって私、また千早ちゃんのパンツ穿きたいもん!」

春香「ステージでだって……千早ちゃんの下着で出たいもん!」

春香「サイズが合ってないって分かってるよ」

春香「でも────」

春香「それでも────」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:53:50.70 ID:wRRTztD1o

春香「私、千早ちゃんのパンツやブラが欲しい!」

千早「…………」

春香「…………」

春香「じゃあ、レッスン中に私が穿いてたパンツ、洗濯機の中に入れとくね」


スタスタ


春香「それじゃあ、今日は帰るよ。なんか、ごめんね?」


ガチャ

バタン……


千早「…………ふぅ」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:55:00.18 ID:wRRTztD1o

スタスタ

ピッ ピピッ

洗濯機「ゴウンゴウン……」





千早「いつバレるかとヒヤヒヤしたけど、バレなくて良かった……」


千早「私が春香の下着を盗んで穿いてるってこと」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/23(水) 19:56:47.83 ID:wRRTztD1o

終わり。

なんか、ごめん。

穿くことーならたやすいけれど。



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿