TOP > のんのんびより > 蛍「れんちゃんは違法!こまセンパイは合法!」このみ「わかるー」

蛍「れんちゃんは違法!こまセンパイは合法!」このみ「わかるー」

2017/08/11 22:02 | のんのんびより | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 23:06:27.26 ID:2NT+O88h0

蛍「わかりますか?」

このみ「でも私は夏海ちゃん派かなー」

蛍「まあ、そこら辺は好みの問題ですよね」

このみ「だねー」

小鞠「もーっ、さっきから何の話してるのーっ!?そうだ、お洒落の話題しようよ」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 23:12:55.68 ID:2NT+O88h0

このみ「お洒落ねー・・・。小鞠ちゃんはどんな下着なの?」

蛍「私も気になります。やっぱり大人っぽいセクシーなのを?」

小鞠「えっと・・・あの・・・」

このみ「夏海ちゃんはスポーツブラなんだよねー」

蛍「あ、わかります。そういう感じですよね、夏海先輩」

このみ「小鞠ちゃんはブラとかもうしてるの?」

小鞠「してるもん!」

蛍「ですよね。意外とセンパイって胸あるんですよ」

このみ「身長の割りにね」

小鞠「うぅ~・・・///」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 23:17:17.44 ID:2NT+O88h0

小鞠「もうっ!お洒落の話はやめーっ!もっと別な話にしようよ!」

このみ「自分で話題振っておいて」

蛍「じゃあどんな話題がいいですか、センパイ」

小鞠「恋のお話にしよ!恋バナ!」

このみ「恋ねぇ・・・。小鞠ちゃん、経験あるの?」

小鞠「そりゃ私だって一つや二つ・・・」

蛍「えぇ~っ、しょんな~っ・・・」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 23:22:27.49 ID:2NT+O88h0

小鞠「な、何で蛍泣いちゃうの?」

蛍「だってセンパイが~・・・」

このみ「あーあ、小鞠ちゃんが蛍ちゃんを泣かせた~。いけないんだ~」

小鞠「泣かないでよ蛍・・・。頭撫でてあげるから・・・」シコシコ

蛍「えへへ・・・///」

小鞠「頭撫でられただけで機嫌直すなんて、蛍はまだまだ子供だね」

このみ「体は小鞠ちゃんより大人だけどね」

小鞠「ぐぬぬ・・・」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 23:28:23.07 ID:2NT+O88h0

蛍「その・・・センパイはどんな恋をしてきたんですか・・・?」

このみ「この辺じゃ眼鏡君しかいないよねー。ねえ、誰と誰と?」

小鞠「・・・・・・・・・」

このみ「わくわく」

蛍「ドキドキ」

小鞠「さ、さて、みんな喉渇いたでしょ。何か飲み物取ってきたげる」

このみ『蛍ちゃん、安心していいよ。どうせ恋愛経験ないだろうから』ヒソヒソ

蛍『そうなんですか?あんなに可愛いのに意外です』ヒソヒソ

小鞠「アイスティーしかなかったけどいいかな?」

蛍「あ、はい」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 23:34:36.38 ID:2NT+O88h0

小鞠「蛍、ガムシロップいくつ入れる?入れたげるよ」

蛍「あ、私はそのままで大丈夫です」

小鞠「・・・・・・・・・」

このみ「小鞠ちゃんはガムシロ入れるんだ?」

小鞠「あ、うん・・・」

蛍「これ、センパイが淹れてくれたんですか?おいし~」

小鞠「そ、そうなの。えへへ・・・」

このみ「さて、それじゃあ私はそろそろ帰るね」

小鞠「もう帰っちゃうの?」

このみ「うん。またねー」

このみ『蛍ちゃん、頑張れー』

蛍『はい!』

小鞠「えっ、えっ?今二人でアイコンタクトとってなかった?」

このみ「気のせい気のせい。それじゃまたねー」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 23:39:45.78 ID:2NT+O88h0

蛍「センパイ、二人きりになりましたね」

小鞠「そだねー」

小鞠(・・・?蛍のあの目は・・・)

蛍「えへへ・・・」

小鞠(何かを期待してる目だ!)

小鞠(でも、一体何を・・・?)

小鞠(あ、わかった)

小鞠「このみちゃんが手をつけないでったカステラ、よかったら蛍食べていいよ」

蛍「はい・・・」

小鞠(あれ、これじゃなかったのかな?)

蛍「そうだ、だったら半分こしませんか?」

小鞠「うん、そだね」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 23:47:40.46 ID:2NT+O88h0

蛍「それじゃあ半分にしますね」

小鞠「うん」

蛍「・・・これくらいでしょうか」

小鞠「うん、ぴったり半分だ。それじゃ食べさせたげる」

蛍「えっ・・・///」

小鞠「はい、あーん」

蛍「あーん・・・。ん~っ、美味しいですセンパイ♪」

小鞠(そうか、蛍はやっぱり余ったカステラが欲しかったんだ。よかったよかった)

蛍「じゃあ残った半分は私が食べさせてあげますね」

小鞠「えぇ~、そんなのいいって~。私の方がお姉さんなんだし・・・」

蛍「・・・・・・・・・」グスッ

小鞠「食べる食べる!」

蛍「そうですか、えへへ・・・」

小鞠(何で食べさせたがるんだろ?お姉さんぶりたのかな?蛍も子供っぽいとこあるんだな)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 23:55:35.42 ID:2NT+O88h0

夏海「くーださーいなーっ」

駄菓子屋「なんだ、お前か」

夏海「何だとは何だよ、こっちはお客さんだぞ」

駄菓子屋「はいはい、ヤサイマシマシニンニクカラメだっけ?」

夏海「そんなの頼んでないし。夏海ちゃんはこっちの可愛いチョコを・・・」

駄菓子屋「そういうキャラじゃねーだろお前。はい、200円ね」

夏海「・・・はい」チャリン

駄菓子屋「毎度」

夏海「あ、あのさ・・・」

駄菓子屋「何だよ?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 23:59:43.69 ID:2NT+O88h0

夏海「その・・・包装とかってしてもらえんの・・・?」

駄菓子屋「えっ、それをか?」

夏海「うん・・・」

駄菓子屋「あー・・・。あれか、バレンタインか」

夏海「いいだろ別に///」

駄菓子屋「包装紙もあるにはあるけど、このサイズのに使うには惜しいな・・・」

夏海「包装の料金は払うからさあ」

駄菓子屋「ま、包装の料金はタダでいいよ」

夏海「マジで!?」

駄菓子屋「その代わり、誰にそのチョコやるのか教えろよ」ニヤニヤ

夏海「や、やだよ・・・///」

駄菓子屋「まあまあ、誰にも言わないからさ。言ってみ?な?」

夏海「・・・・・・」ゴニョゴニョ

駄菓子屋「マジかよ!なるほどね~」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 00:02:42.71 ID:O1Yt7V7U0

このみ(偶然駄菓子屋で面白そうな会話をしてるから盗み聞きしてたけど・・・)

このみ(そっかー・・・。夏海ちゃんはチョコを・・・)






小鞠「おやつも食べたし、今日はもう帰る?」

蛍「まだセンパイの部屋に居たいです」

小鞠「そう?私は別にいいけど、そろそろ夏海が帰ってくると思うんだ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 00:05:42.55 ID:O1Yt7V7U0

蛍「!?」

蛍「センパイの隣座っていいですか?」

小鞠「あ、うん。座布団よりベッドがよかった?」

蛍「センパイの隣がいいんです!」

小鞠(このみちゃんがいなくなって寂しくなっちゃったのかな?)

小鞠「うん、いいよ。おいで」

蛍「えへへ、それじゃ・・・」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 00:14:19.42 ID:O1Yt7V7U0

小鞠「近い近い近い」

蛍「そ、そうですか?」

小鞠「くっついてたじゃん。あ、私のベッドじゃ蛍には小さかった?」

蛍「そんな事ないです」

夏海「ただいまー。姉ちゃん誰か来て・・・」

小鞠「あ、夏海おかえりー」

夏海「・・・くっつき過ぎ!」グイグイ

蛍「あっ」

夏海「姉ちゃん、ほたるんにあんまりベタベタしてんなよ」

小鞠「帰ってきたと思ったらいきなり何なの?蛍はお客様なんだから謝りなさいよ!」

夏海「・・・ほたるん、ごめん」

蛍「いえ・・・。それじゃあ私もそろそろ帰りますね。お邪魔しました」

小鞠「あっ・・・」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 00:21:40.58 ID:O1Yt7V7U0

小鞠「・・・・・・・・・」

夏海「・・・・・・・・・」

小鞠「夏海のせいで蛍帰っちゃったじゃん」

夏海「・・・・・・夏海ちゃん悪くないもーん」

小鞠「はぁ・・・。もういいよ。自分の部屋に帰ったら?」

夏海「姉ちゃんのバーカ!」スタスタスタ

小鞠「何なの・・・」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 00:27:32.61 ID:O1Yt7V7U0

このみ「あれ、蛍ちゃん。落ち込んでるみたいだけどどうしたの?」

蛍「このみさん・・・」

このみ「私は駄菓子屋行ってきた帰りなんだ。うち寄ってく?」

蛍「はい・・・」




このみ「なるほどねー。なっちゃんに追い出された、と」

蛍「追い出されたわけではないんですけど・・・」

このみ(駄菓子屋での件は言わないでおこうかな・・・。他人の恋愛に口出しするのもあれだし・・・)


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 00:32:24.32 ID:O1Yt7V7U0

このみ「ま、チャンスはまだあるから気を落とさないの」

蛍「チャンス・・・ですか・・・?」

このみ「二月三日は何の日だ?」

蛍「節分・・・?恵方巻き・・・?」

このみ「おっと、間違った。二月十四日だった」

蛍「バレンタインデー・・・」

このみ「そ。もうすぐだよね」

蛍「・・・そうですね。私、その日にセンパイに気持ちを伝えようと思います」

このみ「頑張ってね。応援してるよー」

蛍「はい!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 00:37:43.99 ID:O1Yt7V7U0

卓「もうすぐバレンタインデーだな・・・」

小鞠「お兄ちゃん、チョコ欲しいの?」

卓「家族以外から欲しい」

小鞠「ま、男の子だったら当然っちゃ当然だよね」

夏海「ほたるんだったらくれるんじゃない?」

卓「・・・・・・・・・」

小鞠「何で黙るの、そこで!言っとくけど小学生に手ぇ出したら犯罪なんだからね!」

卓「それは置いておいて、小鞠と夏海は誰かにあげるのか?」

小鞠「あげる相手がいないでしょ。まったく」

夏海「あ、あはは・・・そうだよね・・・」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 00:43:12.44 ID:O1Yt7V7U0

そしてバレンタインデーがやってきた

れんげ「兄にぃ、バレンタインだからチョコあげるん」

夏海「おっ、兄ちゃんモテモテじゃん」

れんげ「はい」

卓「・・・・・・・・・」

れんげの手には体温で溶けたチョコが握られていた

れんげ「あっ、家から急いで持ってきたけど溶けてしまったのん。兄にぃ、ごめんなさいなんな・・・」

夏海「あっはっは」

蛍「夏海先輩、笑うなんて失礼ですよ」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 00:47:36.44 ID:O1Yt7V7U0

卓「・・・・・・・・・」ペィロペィロ…

小鞠「れんげの手を舐めたーっ!?」

れんげ「くすぐったいのん」

夏海「兄ちゃん必死だな。そこまでチョコが欲しかったか・・・」

小鞠「いや、あそこまでいくともう変態でしょ」

果たして卓が取った行動は変態な行為だったのか
れんげの行為を無駄にしない為、そうするしかなかったのではないだろうか
男として、彼は女性の面子を潰さない為にした行為だったのではないだろうか

卓「うん、柔らかくて美味しい」

そう、彼もまた一人の変態だったのだ

蛍「卓先輩が喋った・・・」

夏海「無口だけど喋るよ」

蛍「初めて声を聞いた気がします・・・」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 00:54:20.42 ID:O1Yt7V7U0

蛍「そうだ、センパイ。一緒にトイレ行きませんか?」

小鞠「いいよ。それじゃ行こっか」

夏海「・・・・・・・・・」




蛍「センパイ、これ、バレンタインのチョコです!」

小鞠「ありがと、蛍。そっかー、友チョコかー。そういうのあったね」

蛍「違うんです!」

小鞠「へ・・・?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 00:58:23.19 ID:O1Yt7V7U0

蛍「これは・・・本命チョコです・・・///」

小鞠「えーっと・・・」

蛍「私、センパイの事が好きなんです・・・」

小鞠「・・・・・・・・・」

蛍「・・・・・・半分わかってたんです。やっぱり気持ち悪いですよね」

小鞠「そんな事無い!・・・けど、女の子同士で好きとかは・・・やっぱり・・・。だからこれは受け取れない」

蛍「そうですか・・・。すみませんでした・・・」

小鞠「ごめんね・・・」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 01:01:12.23 ID:O1Yt7V7U0

夏海(二人がトイレから戻ってきてから様子がおかしい・・・)

夏海(姉ちゃんは気まずそうだし、ほたるんは悲しそうだ・・・)

夏海(これはあれだ、ほたるんのチョコは失敗したって事だな、うん)

夏海(これならうちにも十分チャンスが・・・)

夏海(多少申し訳ない気もするけど、今は好機・・・!)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 01:05:36.58 ID:O1Yt7V7U0

蛍「夏海先輩、話というのは何ですか?」

夏海「はい、これ、バレンタインのチョコ」

蛍「えっ・・・?」

夏海「ほたるん、うちら付き合わない?」

蛍「・・・・・・・・・」

夏海「姉ちゃんにフラれたんだろ?だったらうちで・・・」

蛍「ごめんなさい、今はそういう事考えられないんです・・・」

夏海「そっ・・・か・・・。うん、わかった」

蛍「すみません、夏海先輩・・・」

夏海「いやいや、うちの方こそごめん。ちょっと無神経だったかも・・・」

蛍「それでは失礼します・・・」




夏海「はぁ・・・。しょうがない、このチョコは兄ちゃんに・・・。いや、このみちゃんでいいか」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/04(火) 01:10:44.83 ID:O1Yt7V7U0

蛍(せっかくのチョコ、無駄になっちゃった・・・)

れんげ「ほたるん、それどしたん?」

蛍「これはチョコだよ、れんちゃん」

れんげ「いいなー・・・」ジーッ…

蛍「れんちゃん、私と付き合ってくれるならこのチョコあげるよ」

れんげ「チョコくれるん!?じゃあうち、ほたるんと付き合うーん!」

蛍(れんちゃんは小さくて可愛い・・・。小学一年生は違法でも、小学生同士なら合法なはず!うん、そうだよ!)

なんだかんだでれんげと蛍は付き合い、このみと夏海も付き合う事になった
めでたしめでたし

小鞠「何これ・・・。うちの田舎・・・変だよ・・・」

卓「いや、変じゃない。恋愛に性別も年齢も関係ないんだ・・・」




『のんのんびより』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿