TOP > シンデレラガールズ > モバP「なぁ、李衣菜」

モバP「なぁ、李衣菜」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 22:47:17.79 ID:YsgGVtZmo

李衣菜「なんですか、Pさん?」

P「李衣菜って……」

李衣菜「はい」

P「可愛いよな」

李衣菜「はぁ。どうもです」

P「あれ、反応が薄い」

李衣菜「そりゃ、何度も言われてたら慣れますよ」

P「なんてこった……言い過ぎたか」

李衣菜「ま、悪い気はしませんけどね。えへへ」

P「やっぱり李衣菜は可愛いなぁ」


―――


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 22:50:27.19 ID:YsgGVtZmo

―――


P「李衣菜ー、リーナー」

李衣菜「呼びました、Pさん?」

P「いやぁ、なんか李衣菜って呼びやすいなと思って。りいなーっ」

李衣菜「よく分かんないですけど……じゃあ私も。Pさーんっ」

P「なんだ李衣菜ー」

李衣菜「なんでもないですPさーん」

P「りいなーりいなー」ナデナデ

李衣菜「PさんPさーんっ」コシコシ


―――


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 22:54:17.41 ID:YsgGVtZmo

―――


P「李衣菜ってさ」

李衣菜「はい?」

P「ヘッドホンを首にかけてないと死んじゃったりするのか?」

李衣菜「……どういう質問ですかそれ。別に死にはしませんよ、ほら」スチャ

P「いやだって、なぁ?」

李衣菜「なぁ、じゃないですよ……確かにいつもかけてますけど。癖みたいなものです」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 22:58:31.88 ID:YsgGVtZmo

P「癖ねぇ……。肩凝らないか?」

李衣菜「まぁ、少しは。揉んでくれるんですか?」

P「おう、任せなさい」ワキワキ

李衣菜「うっ、手つきがやらしい……! やっぱりいいですっ」タタッ

P「へへへ、待ちなぁねーちゃんっ」

李衣菜「いやぁぁぁあああ来るなーっ!」


―――


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:02:47.25 ID:YsgGVtZmo

―――


P「うーん、おっかしいな……」ガサゴソ

李衣菜「なにしてるんですか?」

P「ああ、李衣菜。ちょっと探し物をな……どこやったか」

李衣菜「しょっちゅう物を失くしてますよね、Pさんって」

P「うっ。そんなイメージある?」

李衣菜「イメージっていうか、事実ですよね」

P「うぐっ……」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:05:22.31 ID:YsgGVtZmo

李衣菜「この前もあれがないーこれがないーって……あ、そういえばあの時も」

P「わ、わーわー! もういいよ分かりましたすみませんでした!」

李衣菜「まったくもう……はいこれ、次からはしっかり整理しといてくださいね?」ピラッ

P「お? おおーっ! 俺が探してた資料! ど、どこにあった!?」

李衣菜「あっちのソファーです。大方寝転がりながら作ってたんでしょ? 字も雑だし……」

P「さんきゅー李衣菜! これで明日の企画に出せるぞー!」

李衣菜「ちょ、ちゃんと反省してます!?」

P「してるしてる~!」

李衣菜「もー……仕方ない人なんだから」クスッ


―――


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:07:18.00 ID:YsgGVtZmo

―――


李衣菜「~♪」シャカシャカ

P「…………」

李衣菜「♪♪」

P「李衣菜、李衣菜」ボソ

李衣菜「! ……あれ、Pさん今声かけました?」

P「おー、音楽聴いてるのに聞こえたのか」

李衣菜「ふふ、Pさんの声ならどんなに離れていても聞き分けてみせますよ」ニコッ

P「」キュン


―――


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:10:58.32 ID:YsgGVtZmo

―――


李衣菜「…………」キュッキュ

李衣菜「はぁ~っ。…………」フキフキ

李衣菜「うん、綺麗になった!」

P「ん? そのヘッドホン……」

李衣菜「どうしました?」

P「いや、どこかで見たような、そうでないような」

李衣菜「む……忘れちゃったんですか? ショックです……」

P「え、あーいやちょっと待て! 今思い出す……!」

李衣菜「……なーんて。ふふっ、別に忘れてても仕方ありませんよ」

P「へっ?」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:13:33.35 ID:YsgGVtZmo

李衣菜「もう随分前の話ですし。ほら、私が初めてのLIVEを終えたときに……」

P「あ……、ああ! 俺がプレゼントしたやつか!」

李衣菜「思い出しました? よかった、これでも気づかなかったらさすがに泣いちゃったかも」

P「う……すまん」

李衣菜「いいですってば! 確かに塗装も剥げかけて、見すぼらしくなっちゃいましたけど」

李衣菜「私とPさんとの、大切な思い出ですから。ずーっと、傍に置いておきたいんです」

P「李衣菜……」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:15:18.69 ID:YsgGVtZmo

李衣菜「えへへ……なんだか照れくさいな」

P「ありがとう、李衣菜」ギュッ

李衣菜「ぅわわ、なんですか急にっ」

P「もう絶対忘れないよ。絶対」

李衣菜「……はい♪」


―――


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:19:06.06 ID:YsgGVtZmo

―――


P「李衣菜、もし突然俺がいなくなったらどうする?」

李衣菜「なんですかヤブから棒に」

P「まぁまぁ、そう言わずに。どうする?」

李衣菜「えー……うぅん、特になにもしないと思います」

P「ほう、そりゃまたどうして」

李衣菜「だって、そのうちひょっこり帰ってくると思うから。Pさんだし」

P「なるほど……いや待て、どういうことだそれは」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:23:41.49 ID:YsgGVtZmo

李衣菜「いきなり音信不通になって、その数週間後にアイドル候補生を連れてくる人がいるらしい」

P「……あ、はい。私です」

李衣菜「ほら」

P「待ってくれよ、それとは関係なしで行方不明になったら!?」

李衣菜「私を置いてどこかに行っちゃうんですか?」

P「行かない、けど……」

李衣菜「じゃあ問題ありません。地獄の果てまでもついて行きますよ、Pさん!」

P「あはは……頼もしい限りだよ、ホント」

李衣菜「ふふっ♪」


―――


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:26:40.66 ID:YsgGVtZmo

―――


P「最近、李衣菜……」

李衣菜「?」

P「ギター弾いてないよな」

李衣菜「ぎくっ」ギクッ

P「口で言うなよ……どのくらいだ?」

李衣菜「に、2週間くらい、かなぁ……?」

P「んん?」

李衣菜「……1ヶ月だったよーな……」

P「…………」

李衣菜「………………3ヶ月です、はい」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:30:17.65 ID:YsgGVtZmo

P「…………」ニッコリ

李衣菜「…………」ニッコリ

P「……特訓」

李衣菜「あ、ちょっとヨウジガー」クルッ

P「まぁそう言うな」ガシッ

李衣菜「やだー! 特訓いやぁー!!」

P「まーまーまー、たった1週間だって頑張れ頑張れ李衣菜なら出来る」

李衣菜「せ、せめて3日! 3日で許してぇ!」ジタバタ

P「ゼンショスルヨー」


いやぁぁぁぁぁぁあああああ……!


―――


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:32:59.57 ID:YsgGVtZmo

―――


P「李衣菜、ちょっといいか?」

李衣菜「はい、なんでしょう?」

P「次のLIVEの演出で少し迷ってる箇所があるんだけど……」

李衣菜「あれ、珍しいですね。Pさんが迷うなんて」

P「俺だってスランプくらいあるさ。それでな、李衣菜の意見を聞きたくて」

李衣菜「私の意見ですか? いいのかな、私なんかが口出ししちゃって……」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:35:07.07 ID:YsgGVtZmo

P「李衣菜だからこそお願いしたいんだ。頼りにしてます、李衣菜さん」

李衣菜「そ、そう言われると弱いです……うん、わかりました。任せてください!」

P「あぁ、ありがとう! 早速なんだけど、この場面を――」

李衣菜「ふむふむ……うーん、私なら――」


P(結果、このLIVEはとても高い評価を受けた。流石は元ロックアイドルリーナ!)


―――


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:38:31.51 ID:YsgGVtZmo

―――


P「おっと、もう出る時間だ」

李衣菜「もうですか?」

P「うん、今日は早くから営業先に顔見せなきゃな」

李衣菜「そっかぁ……また遅くなります?」

P「そうなっちゃうかな……先に寝ててもいいぞ」

李衣菜「いえ、待ってます。いつもどおり、おかえりなさいって言わせてください」

P「……悪いな、いつも」

李衣菜「ふふ、なに言ってるんですか。今更ですよ、そんなこと。それに……」

李衣菜「この指輪を頂いたとき、私の人生……全部、Pさんに捧げるって決めたんですから」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:42:10.49 ID:YsgGVtZmo

P「……ありがとな、李衣菜」

李衣菜「はい♪ ……って、Pさん時間時間!」

P「うお! やばい遅れるっ!」

李衣菜「あああ、お弁当忘れてますってば!」

P「おおっ、さんきゅ! じゃあいってきま――」

李衣菜「あ、もうひとつっ」

P「え?」



ちゅっ



李衣菜「――んっ。いってらっしゃい、あなた♪」

P「……ああ、いってきます!」



おわり


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/24(木) 23:43:16.48 ID:YsgGVtZmo

というお話だったのさ
だりーなと添い遂げたい今日この頃



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿