TOP > ガヴリールドロップアウト > まち子「天使の卵⁉︎」ガヴリール「おう」

まち子「天使の卵⁉︎」ガヴリール「おう」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:29:55.918 ID:NN8b+X3Ld.net

調理部

まち子「珍しいこともあるわね、天真さんが料理だなんて」

田中「しかも材料まで持参なんてね!」

上野「いつも金欠でお腹ペコペコなのにね!」

ガヴリール「調理部にはお世話になってるからな……日頃の感謝、みたいな?」

まち子「ふふっ、楽しみにしてるわね」

田中「でもこれ、なんの卵?」

上野「ニワトリ……にしては大きいよね」

ガヴリール「天使の卵、だ」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:31:01.981 ID:NN8b+X3Ld.net

まち子「天使の卵⁉︎」

田中「天使って実在したの⁉︎」

上野「天使って卵生だったの⁉︎」

まち子「いや、ブランド名とか商品名よね……?」

ガヴリール「ふふふ……まぁそれは食べてからのお楽しみってことで」

まち子「そう……ちなみに何を作ってるの?」

ガヴリール「目玉焼きとかだとシンプルすぎるし、がんばってプリンを作ろうと思う」

まち子(目玉焼き⁉︎)

田中「あれ?ねぇ天真さん、カラメルの材料がないよ?」

上野「忘れちゃった?」

ガヴリール「めんどい」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:32:36.613 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「だが、カラメルなんか必要ないほどに美味しいプリンが出来上がるから心配するな」

まち子「すごい自信ね」

ガヴリール「なんたって、ヴィーネが絶賛する卵だからな」

田中「あ、なんか月乃瀬さんて料理上手そう!」

上野「天真さんの朝ごはん作ってそう!」

まち子「料理上手そうなのは同意するけど、朝食までは……」

ガヴリール「お、よく分かったな」

まち子「えぇ……」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:34:12.228 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「そんなこと話してる間に完成したぞ」

まち子「なんかすごくキラキラしてるんだけど⁉︎」

田中「神々しいよ!」

上野「眩しくて直視できない!」

ガヴリール「はっはー、もっと褒めたまえ」

田中「それじゃあ早速!」パクッ

上野「いただきまーす!」パクッ

まち子「いただきます」パクッ


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:35:33.771 ID:NN8b+X3Ld.net

まち子「!」ピクッ

田中「んんっ!」

上野「こ、これは……!」

田中「なんて濃厚で滑らかな舌触り!」

上野「上品な甘さと優しい卵の風味!」

田中「余計な雑味も無く!」

上野「食べるほどに深みを増して!」

田中「……いや、このプリンの前にはどんなに言葉を重ねても無意味ッ!」

上野「……そう、この一言だけが唯一にして絶対の感想ッ!」

上野田中「「うんまぁ~~い!!!!!」」

ガヴリール「お前ら、天国逝きだぜ!」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:40:48.492 ID:NN8b+X3Ld.net

田中「ごちそうさまでした!」

上野「また食べさせてね!」

まち子「美味しかったわ、ごちそうさま天真さん」

ガヴリール「おう、こんなに喜んでもらえて私も嬉しいよ」

まち子「片付け、お願いしちゃって本当に良かったの?」

ガヴリール「ああ、正直めんどくさいけど、これも含めて日頃の感謝ってことで」

まち子「分かったわ、また明日ね天真さん」

田中「天真さん愛してるよー!」

上野「いい旦那さんになれるよー!」

まち子「……」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:43:13.172 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「さてと、ちゃっちゃと終わらせますか」

まち子「あの、天真さん」

ガヴリール「あれ委員長、帰ったんじゃなかったの?」

まち子「えと、その……やっぱり私も手伝うわ」

ガヴリール「んー……そこまで言われたら仕方ない、頼むよ」

まち子「えぇ」

ガヴリール「……」


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:46:53.010 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「……あのさ、委員長」

まち子「……え⁉︎な、なにかしら」

ガヴリール「いや……なんか私のプリン食べてから変だったから、どうしたのかなーって」

まち子「……変、だった?」

ガヴリール「うん、あの2人は美味しいって言ってくれたけど、ホントは不味かったんじゃ」

まち子「ちっ、違うわよ!美味しかった!ホントのホントに美味しかったわ!」

ガヴリール「それなら、いいんだけどさ」

まち子「……ごめんなさい、天真さん」

ガヴリール「えっ……⁉︎」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:48:52.129 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「やっぱり不味」

まち子「私が戻ってきたのは、もう一個プリンを食べさせてもらうためだったの!」

ガヴリール「……は?」

まち子「まだ冷蔵庫の中に残ってるでしょ⁉︎あれを食べたくて、片付けを手伝った後に、どうにか自然な流れで食べれないかって……!」

ガヴリール「委員長、お前」

まち子「ごめんなさい、私はプリンのために掃除を手伝おうとした……!思いやりとか優しさじゃない、食欲のために」

ガヴリール「まち子!!!!」

まち子「⁉︎」ビクッ


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:50:15.228 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「ありがとう、まち子」

まち子「天真、さん……?」

ガヴリール「自分の気持ちをさらけ出してくれて、嬉しいよ私は」

まち子「……!」

ガヴリール「いいんだよ、自分に正直になって……プリンが食べたい、いいじゃないか!素敵じゃないか!」

まち子「天……ガヴリールさん!」

ガヴリール「さん付けなんて、よそよそしいぜ?」

まち子「ガヴ……ガヴ!」ポロポロ


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:54:38.380 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「ほら、泣いてないでプリン食べなよ」

まち子「本当にいいの?あとで食べるつもりだったんじゃ」

ガヴリール「いいんだよ、調理部への……まち子のために作ったんだから」

まち子「ありがとうガヴ……いただくわね!」

ガヴリール「おう!さて、その間に私は片付けだ」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:56:49.164 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「よし、片付け終わりっと……まち子、一緒に帰ろうか」

まち子「パクパク、パクパク」

ガヴリール「……まち子?」

まち子「パクパク、パクパク」

ガヴリール「冷蔵庫……プリンが無い⁉︎」

まち子「パクパク、パクパク」

ガヴリール「おいまち子、お前全部食ったのか⁉︎たしか5個は残ってたはずだぞ⁉︎」

まち子「パクパク……ごくん」

ガヴリール「……お、おい聞いてるのか?」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 21:59:34.174 ID:NN8b+X3Ld.net

まち子「が、ガヴぅ」トロン

ガヴリール「え、おい、お前顔赤いぞ⁉︎大丈夫なのか⁉︎」

まち子「ハァハァ……熱い、身体が、んっ、熱いのぉ……!」

ガヴリール「すごい汗だ……とりあえず保健室で休もう」

まち子「あっ、んんっ、身体が、変、なのぉ……!」ギュッ

ガヴリール「あ、おい、抱きつくな」サワ

まち子「あっ!だめっ!あ″っ」ビクンビクン

ガヴリール「⁉︎」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:00:38.589 ID:NN8b+X3Ld.net

保健室

ヴィーネ「それで、これはどういう状況なの?」

ガヴリール「顔が怖いですよヴィーネさん」

サターニャ「急に呼び出されたと思ったら委員長がこんななんだもの!早く説明しなさいよ!」

ラフィエル「うーん、どうやら発情しているようですね?」

ガヴリール「はっ、発情⁉︎」

まち子「ハァハァ……ん、あっ、んんっ……!」ビクン


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:01:55.838 ID:NN8b+X3Ld.net

ヴィーネ「……」

ガヴリール「わ、私はプリンを作って食べさせただけだ!」

ラフィエル「プリン(意味深)」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「おいラフィエル」

サターニャ「えー、私も食べたーい」

ヴィーネ「……もしかして、そのプリンの材料ってガヴリール産の産地直送産みたて生卵?」

ガヴリール「お、おう」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:05:02.636 ID:NN8b+X3Ld.net

ヴィーネ「最近食べさせてくれないと思ったら、委員長にねぇ……?」

ガヴリール「ほら、調理部にはお世話になってるし、ヴィーネが卵おいしいって褒めてくれるし、ほら」

ラフィエル「なるほど、考えられる原因はそれですね」

ガヴリール「え、天使の卵って身体に悪いの⁉︎ヴィーネは毎日食べてるけどこんな元気だぞ⁉︎」

サターニャ「私もラフィエルの卵、毎日食べてるんだけど!」

ラフィエル「ヴィーネさんとサターニャさんは悪魔ですからね、人間とは耐性が違うのでしょう」

ガヴリール「くっ、私のせいでまち子が……!」

サターニャ「あれ、さっきあんた『調理部に世話になってる』って言ったわよね?食べたのは委員長だけ?」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:06:11.967 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「あ」

ヴィーネ「へー、上野と田中にも食べさせたんだ、ガヴ卵」

ガヴリール「でも、あの2人はプリン1個しか食べてない……食べた量の問題なのか?」

サターニャ「委員長は何個食べたのよ?」

ガヴリール「6個」

ラフィエル「あらあら、よっぽどガヴちゃんの卵がお口に合ったみたいですね~」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「おい白羽」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:09:37.845 ID:NN8b+X3Ld.net

まち子「あっ……あっあっ……あ″あ″あ″あ″」ビクンビクンビクン

ガヴリール「おい、まち子大丈夫か⁉︎くそ、どうすればまち子を救える⁉︎」

サターニャ「吐かせればいいんじゃないの?プリン」

ラフィエル「おそらく、ガヴちゃんの卵に宿った天使力が人体に影響を及ぼしているのでしょう……既に吸収された天使力を吐かせるのは難しいかと」

ヴィーネ「委員長……ねぇサターニャ、何か使えそうな魔界通販アイテムはないの⁉︎」

ガヴリール「ヴィーネ、お前……!」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:10:55.231 ID:NN8b+X3Ld.net

ヴィーネ「委員長は友達だもの……それに」

ガヴリール「それに?」

ヴィーネ「ガヴの卵を食べた人が不幸になるなんて、そんなの駄目に決まってるじゃない!」

ガヴリール「へへっ……そりゃそうだ!」

ラフィエル「ふふっ……さて、あとはサターニャさん待ちですよ」

サターニャ「無茶ぶりにも程があるわよ!」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:12:22.890 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「んだよ、無いのかよ」

サターニャ「あるわよ!」

ヴィーネ「あるのね⁉︎」

ラフィエル「さすがサターニャさんです!それで、どんなアイテムなのですか?」

サターニャ「えーと『天使力観測マシーン』よ!」

ヴィーネ「天使力観測マシーン?」

ガヴリール「なんかVRのゴーグルみたいだな」

サターニャ「『天使が放つ天使力の流れを見ることで、天使の行動を予測する装置』らしいわ」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:21:09.432 ID:NN8b+X3Ld.net

ラフィエル「それを使えば、委員長さんの体内の天使力がどうなってるか分かる訳ですね!」

ガヴリール「え、それなんか意味あるのか?」

ヴィーネ「うーん、とりあえず天使力が原因なのかどうか分かるわよね」

サターニャ「装着!スイッチオーン!」ヴォーン

ガヴリール「見えるか?」

サターニャ「おぉ、見えます……見えます」

ヴィーネ「サターニャにしか見えないのは不便ね」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:25:45.080 ID:NN8b+X3Ld.net

ラフィエル「あ、説明書によると見えている映像を映写できるみたいですよ」

ガヴリール「映写機能……このボタンか?」ポチー

ヴィーネ「あ!壁に映った!」

ラフィエル「このピンクのモヤモヤが天使力でしょうか?」

ガヴリール「まち子の胃の辺りをグルグルしてるな」

ヴィーネ「ちなみにガヴとラフィを見るとどうなるの?」

サターニャ「見てみるわ!」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:26:17.194 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「お、映った」

ヴィーネ「……あぁ」

サターニャ「なんというか、やる気の無さが伝わってくるわ」

ラフィエル「淀んでますねー」

ガヴリール「うるせーよ」

サターニャ「ラフィエルは……うわぁ」

ラフィエル「はい終わりー」

ガヴリール「うわずるい!サターニャの死角に回りやがった!」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:27:07.132 ID:NN8b+X3Ld.net

ラフィエル「ほら、今は委員長さんが先ですよ!」

ガヴリール「くそー……あれ、委員長の胃のモヤモヤが移動してるぞ?」

ヴィーネ「どんどん下に……あれ、もしかして」

サターニャ「出るのかしら?」

ガヴリール「いや、出るなら出るでいいんだが、はっきり言うなよ」

ラフィエル「あ、止まりましたよ」

ガヴリール「ん?この位置は」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:27:56.918 ID:NN8b+X3Ld.net

まち子「あっ……ひゃ、あんっ、あ″あ″あ″、んんーッ!!!?!!」ビクンビクンビクンビクン

ガヴリール「おいまち子、おい!なぁ、この天使力が止まった場所って、もしかして」

サターニャ「え、なに?この場所ってなんなの?」

ラフィエル「!」

ヴィーネ「まさか、子宮……?」

サターニャ「ねぇ、委員長の天使力のグルグル、めちゃくちゃ早くなってるんだけど!」

ガヴリール「まち子!脱がすぞ!」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:29:01.922 ID:NN8b+X3Ld.net

まち子「んっ……ん″ん″……あぅぅ」ビクンビクン

サターニャ「全部脱がす必要あったの?」

ガヴリール「何が起こるか分からんからな……ラフィ」

ラフィエル「保健室を中心に結界を張りました……これで見られる事も聞かれる事もありません!」

ヴィーネ「間違いないわ、天使力が子宮に集まってる……形がまんまだもの」

ラフィエル「……千里眼で委員長さんの胎内を見てみます」

ガヴリール「身体の中を見るなんて、ゼルエル姉さんクラスの技じゃないのか……⁉︎」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:30:10.714 ID:NN8b+X3Ld.net

ラフィエル「こ、これは……!」

ガヴリール「どうした、何が見えた⁉︎」

ラフィエル「……ガヴちゃんの天使力が、委員長さんの子宮を作り変えているようです」

ヴィーネ「子宮を……!」

サターニャ「作り変える……?」

ガヴリール「おい、それってつまり」

ラフィエル「おそらく……産卵できる身体に改造されている、という事かと」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:33:04.674 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「サターニャ、タオルとぬるま湯の準備は?」

サターニャ「できたわ!」

ガヴリール「ラフィ、結界は問題ないか?」

ラフィエル「大丈夫です!」

ガヴリール「ヴィーネ……いいのか?」

ヴィーネ「えぇ、毎朝誰がガヴの産卵を手伝ってると思ってるのよ?」

ガヴリール「……頼もしい限りだよ、まったく」

まち子「……あ、んんっ……ガヴぅ」


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:35:50.954 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「おい、まち子!聞こえるか⁉︎」

まち子「んっ……私、お腹が変で……あっ、ん……頭もフラフラして」

ガヴリール「大丈夫だぞ、私と仲間達が、ちゃんと産卵させてやるからな!」

まち子「産卵……?」

サターニャ「!」

まち子「あ″あ″ぁ⁉︎」ビクンビクン

ガヴリール「なんだ⁉︎」

サターニャ「天使力、急激に上昇!90%……97%……100%……止まりません!」


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:36:59.363 ID:NN8b+X3Ld.net

ガヴリール「くそっ、まち子、まち子ォ!!!!」

ヴィーネ「大丈夫、大丈夫よ」サワサワ

まち子「月乃瀬、さん……?」ビクンビクン

ヴィーネ「知ってるわ、初めての産卵は不安よね……タプちゃんの時もそうだった」サワサワ

ガヴリール(ヴィーネが委員長のお腹を触る手つき、なんて優しいんだ)

ヴィーネ「まして、本来なら産卵するはずのない人間の産卵だもの……でも、大丈夫よ委員長」サワサワ

ラフィエル「……!」ピン

まち子「私、私ぃ……はっ、あっ、あぅ……ん″ん″ん″あ″あ″あ″あ″!!!?!?!!」ビクンビクンビクンビクン

サターニャ「天使力200%に到達!」

ガヴリール「……来るか!」


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:38:57.647 ID:NN8b+X3Ld.net

ヴィーネ「落ち着いて委員長、脚を広げるわね」グイッ

ガヴリール「まち子……頑張れ……!」

ヴィーネ「ごめんね、触るわよ」クニッ

まち子「んぁっ……ん″ん″」ピクッ

ヴィーネ「……」クニクニクニ

まち子「んっ……あっ、あっあっ、あっ……あ″」プシッ

ヴィーネ「んっ」ベチョオ

ガヴリール「ヴィーネ!」

ヴィーネ「平気!続けるわ」クニクニクニ


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:40:12.405 ID:NN8b+X3Ld.net

ヴィーネ「そろそろね……拡げるわよ」

まち子「ひろげ……?」ビクンビクン

ヴィーネ「……」ツプッ

まち子「!!?!!?!!!」ビクンビクン

ヴィーネ「……」クパァ

ガヴリール「……!」

ラフィエル「……綺麗」

まち子「あっ……」

まち子「ん″あ″あ″あ″あ″あ″!!!?!!?!!」ビクンビクンビクンビクン


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:40:55.904 ID:NN8b+X3Ld.net

ヴィーネ「出てくるわ!委員長、ひっひっふーよ!」

まち子「ひっひっ……あ、あ″あ″あ″、なにこれぇ」ビクンビクンビクンビクン

ヴィーネ「頑張れ!委員長頑張れ!」クチュクチュクチュ

まち子「あ″ん″っ……しらない……あ″っ……こんなのしらないのぉぉぉぁぁあ″あ″あ″あ″!!!???!!」ビクンビクンビクンビクンビクンビクンビクンビクン

ガヴリール「見えた……卵が見えてきたぞ!」

ヴィーネ「あとひと息よ!頑張れ!」クチュクチュクチュ

まち子「あ″っあ″っあ″っ……あっ」

ずるる……じゅるんっ


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:42:12.156 ID:NN8b+X3Ld.net

まち子「」

まち子「」ビクンビクンビクンビクンビクンビクンビクンビクン

まち子「」ビクンビクン

まち子「」チョロロロロ…

まち子「あっ」ビクン

ヴィーネ「おめでとう、まち子」

ヴィーネ「かわいい卵が、産まれたわよ」チュッ


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:47:58.528 ID:NN8b+X3Ld.net

数日後 調理部

ガヴリール「いやー、でも良かったよ、委員長が元気になって」

まち子「ごめんなさい天真さん……私、天真さんのプリンを食べた後のこと覚えてなくて」

ガヴリール「貧血で倒れた委員長を見つけたヴィーネに感謝だな」

ヴィーネ「私がなんだって?」ヒョコ

まち子「月乃瀬さん!」

ガヴリール「ヴィーネは天使みたいに優しいって話」

ヴィーネ「もうガヴったら~/////」テレテレ


40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:50:33.816 ID:NN8b+X3Ld.net

まち子「月乃瀬さん、本当にありがとう」

ヴィーネ「いいのよ、友達のピンチだったんだもの」

まち子「ふふっ……それで今日はどうしたの?月乃瀬さんが調理部に来るなんて珍しいけど」

ヴィーネ「そうそう、これを持ってきたのよ」

ガヴリール「お、ホントに作ったんだな」

まち子「プリン?月乃瀬さんの手作り?」

ヴィーネ「これ、委員長の回復祝いにプレゼント」

まち子「わぁ!ありがとう月乃瀬さん!」


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 22:55:02.273 ID:NN8b+X3Ld.net

ラフィエル「産卵を終えた事で、委員長さんの子宮は徐々に元の形に戻りました」

ラフィエル「一時的とはいえ人体を変化させてしまうとは、天使力恐るべし、です」

ラフィエル「人間である委員長さんの身体が天使力に耐えられなかったのが、今回の騒動の原因だと仮定するならば」

ラフィエル「例えば、大量の天使卵を摂取した悪魔がどうなってしまうのか……ふふっ、これは検証する必要がありそうです♥︎」

ラフィエル「早速マルティエルに連絡して、手配してもらわないといけませんね」

ラフィエル「うふふ……待っててくださいね、サターニャさぁん♥︎」

おわり


45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/04(金) 23:01:22.588 ID:NN8b+X3Ld.net




『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿