TOP > 艦隊これくしょん > 大井「ああぁぁぁぁぁ!! 北上さあぁぁぁぁん!!」

大井「ああぁぁぁぁぁ!! 北上さあぁぁぁぁん!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 13:28:33.53 ID:nUSYxpZN0

大井「んあぉぉぉぉぉぁぁぁっ!!」グチュチュチュチュ

大井「ほぅっふぅぅぅぇぇぇっ!?」ビビビビクククン

大井「ふぅ・・・」ヌチャ

大井「・・・・・・」ヌルヌル

大井「」バッバッ

大井「」フキフキ

大井「」ガサガサ

大井「うへへ」

春雨「・・・・・・」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 13:32:22.59 ID:nUSYxpZN0

大井「はぁ・・・やっぱり北上さんはいつ見ても綺麗ですわ・・・」ジュン

大井「おっと、また股が湿ってきましたわ」ヌメヌメ

大井「『また』だけに」

大井「んあぁぁぁぁっはははは!///」ゴガガガガ

大井「それはそうと、今回の編成・・・」

大井「どうして私は北上さんと一緒じゃなかったのかしら・・・?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 13:37:10.61 ID:nUSYxpZN0

大井「作戦も成功して、北上さんも無事に戻ってきてくれたから良かったものの」

大井「私が一緒だったならば、北上さんが大破せずに済んだというのに!」

大井「長門秘書艦は一体何を考えているんですの!?」

大井「はっ!? まさか・・・」

大井「実は長門秘書艦は、北上さんのことが好きで・・・」

大井「私と北上さんを引き離すためにこの編成にした・・・」

大井「つまり、嫉妬・・・?」

大井「嫌あぁぁぁぁぁぁ!! 北上さあぁぁぁぁぁん!!」

金剛「SHIIIIIIIIIT!!」

大井「うあぁぁぁぁぁぁぁ!!」

大井「うっ」

大井「ふぅ・・・」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 13:41:26.89 ID:nUSYxpZN0

大井「と、とにかく北上さんを監視しなくては!」

大井「それと北上さんと長門秘書艦の関係も」

大井「北上さんは私のものですわ!」

大井「どれどれ、早速北上さんはどこに・・・?」

大井「ん?」

大井「こちらから北上さんのパンツの香りが・・・」クンカクンカ


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 13:47:05.94 ID:nUSYxpZN0

― 医務室前 ―


大井「ここは・・・医務室ですわね」

大井「はっ! まさか北上さん・・・」

大井「長門秘書艦と2人でイケナイことをしているのでは!?」

大井「許しませんわ!」

大井「とりあえず中の様子を見ましょうか」スッ

大井「むむっ!」ヌルヌル

大井「中から声が・・・」ベトォ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 13:52:33.95 ID:nUSYxpZN0

北上『すみません、こんなこと頼んでしまって・・・』

長門『気にするな、お互い様だからな』

北上『その、やっぱり長門秘書艦も・・・?』

長門『あぁ、好きだ』

北上『え、えへへ・・・』

長門『こんなこと、大井に知られたら大変だからな』

長門『これは私とお前の、2人だけの秘密だ』

長門『絶対だぞ?』

北上『はい・・・』

長門『ほら、もっとこちらに近づいたらどうだ?』

北上『ん・・・』





大井「うわあぁぁぁぁぁぁ!!」ジョボボボボ

大井「わ、私の北上さんが・・・」

大井「あ・・・あぁ・・・」

大井「ぅ・・・・・・」

大井「うっ」

大井「ふぅ・・・」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 13:54:57.28 ID:nUSYxpZN0

大井「私自身、怒りに震えると思ったのですが」

大井「これほど残酷な現実を目の当たりにすると」

大井「案外全身が脱力して、気力がなくなるのですね・・・」

大井「疲れました・・・北上さん・・・」

大井「私は・・・少し寝ます・・・」

大井「はぁ・・・」トボトボ


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:14:04.34 ID:nUSYxpZN0

― 第五遊撃部隊部屋 ―


大井「...zzz」

春雨「...zzz」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:15:45.25 ID:nUSYxpZN0

大井「はぁ・・・」

大井「少し休みましたが、気分は優れないですね・・・」

大井「それと現実も変わらない・・・」

大井「北上さん・・・どうして・・・」

大井「こんなに好きなのに・・・」

大井「どうして長門秘書艦と・・・」

大井「・・・・・・」

北上「あ、大井っち」

大井「!?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:19:46.15 ID:nUSYxpZN0

大井「き、北上さん・・・?」

北上「どうしたの?」

大井「あ、あの・・・北上さん・・・」

北上「?」

大井「長門秘書艦とは、どういった関係で・・・?」

北上「うぇっ!?」

北上「い、いやぁ~、別に普通だよ?」

大井「本当に?」

北上「う、うん」

大井「・・・・・・」

北上「(・・・・・・)」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:20:20.47 ID:nUSYxpZN0

大井「わかりました・・・」

大井「もうすぐ夕ご飯の時間ですので、一緒に行きましょうか」

北上「あ、大井っち、ゴメン」

大井「えっ?」

北上「ちょっと他の娘と食べる約束してたんだ~」

大井「え」

北上「お誘いありがとう、次は一緒に食べようよ」

北上「じゃあね~」

大井「あ・・・」

大井「・・・・・・」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:25:48.11 ID:nUSYxpZN0

大井「(実際の行為は見ていませんから、確定したとは言えません)」

大井「(私もしつこい女ですわね)」

大井「(確かめないと・・・)」

大井「(食堂に北上さんはいらっしゃいませんでした)」

大井「(北上さんレーダーによると、確かにこちらの方に気配が・・・)」

響「大井さん」

大井「ひぃっ!?」ビク

大井「な、なんですの?」

響「今からみんなでミルク・チャレンジするんだ」

響「一緒にやろう」

大井「なっ!? そんなバカみたいなことするわけないでしょう!」

響「いいから、行こう」ガシ

大井「ちょっ、力強過ぎ・・・!」ミシミシ

大井「北上さぁぁぁん!」ヌルヌル

響「///」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:28:45.51 ID:nUSYxpZN0

― 食堂 ―


暁響雷電大井「おえぇぇぇぇぇっ!!」ビチャビチャビチャ・・・










― ??? ―


長門「ふふ、可愛いな・・・」

北上「あ・・・」

長門「これは陸奥にも提督にも内密にしなくてはな」

北上「そ、そうですね・・・」

長門「あぁ、癒される・・・」

北上「私も・・・」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:32:36.93 ID:nUSYxpZN0

大井「うぇっ・・・先程は酷い目に遭いました・・・」

大井「気持ち悪い・・・うっぷ」

大井「ガスター10を飲んでおきましょう・・・」

大井「んぐっ」ゴク

大井「はぁ・・・」

大井「・・・・・・」

大井「北上さん・・・」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:36:52.83 ID:nUSYxpZN0

大井「ふぅ・・・1人風呂は寂しいものですわね」

大井「さて、もう寝ましょう・・・」ガチャ

北上「あ、大井っちおかえり」

金剛「おかえりデース!」

大井「た、ただいまですわ・・・」

北上「大井っちどうしたの? 顔色悪いけど」

北上「具合悪いの?」

大井「いいえ、大丈夫ですわ」

大井「ただ、私は少し早めに休みますね」

大井「おやすみなさい・・・」ゴソゴソ

北上「あ・・・」

大井「・・・・・・」

北上「(・・・・・・)」

金剛「ほーたーるのーひーかーりはー♪」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:40:34.08 ID:nUSYxpZN0

― それから ―


北上「あ、大井っち~」

北上「今日はちょっと用事があってさぁ~」





北上「ゴメン、今日も他の娘と約束があってさぁ~」

北上「うん、またねぇ~」





北上「あれ? 大井っち老けた?」

北上「大丈夫?」










大井「・・・・・・」

大井「・・・・・・・・・」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:48:29.45 ID:nUSYxpZN0

― ラウンジ ―


大井「んぐんぐんぐっ!」グビグビグビ

吹雪「あはははは! 大井さん良い飲みっぷりですね! ~☀」ヒック

大井「もう1杯!」ダン

睦月「すごい!」

大井「飲んでなきゃやってられないですわ! ~☀」ヒック

夕立「んっ・・・///」チョロロロロ・・・

ヲ級「ほらほら、飲みが足りないんじゃないんですか~? ~☀」ヒック

飛行場姫「あ~い! なーんで持ってんの? どーして持ってんの? ~☀」ヒック

吹雪「飲みたいから持ってんの! ~☀」ヒック

睦月「はーい!」ガタ

ヲ級飛行場姫「のーんでのーんでのんで♪ のーんでのーんでのんで♪ のーんでのーんでのんで♪」クネクネ

大井「んぐんぐんぐっ!」ゴクゴク

ヲ級飛行場姫「wwwwwwww」

夕立「濡れちゃったっぽい・・・///」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:53:04.74 ID:nUSYxpZN0

― 翌日 ―


大井「うっ・・・頭が痛いですわ・・・」

大井「昨日の夜、どうやって帰ったのか覚えていない・・・」

大井「はぁ・・・」










― ゴミ置き場 ―


吹雪「...zzz」

ヲ級「...zzz」

飛行場姫「オロロロロロ」ボチャボチャボチャ

提督「」ビチャビチャビチャ


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:54:30.88 ID:nUSYxpZN0

大井「北上さん・・・」

大井「・・・?」

大井「あれは北上さんと・・・」

大井「長門秘書艦・・・?」

大井「・・・・・・」

大井「見に行ってみましょう」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:56:26.20 ID:nUSYxpZN0

大井「北上さん・・・」スッ

北上「!?」

長門「!?」

大井「?」

大井「・・・!」

大井「そ、それは・・・!」

北上「・・・・・・」

長門「・・・・・・」

長門「・・・バレてしまっては仕方がないな」スッ

大井「ひっ!?」ビク


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 14:58:43.62 ID:nUSYxpZN0

大井「ち、近づかないで!」

長門「何を言っているんだ・・・」

長門「可愛いだろう? なぁ?」

大井「ひぃっ!」ビク

北上「長門さん、大井っちはアレルギーで・・・」

長門「そうだったな」

長門「こんなに可愛いのに」

長門「ねこにゃん」

猫「にゃー」

大井「・・・・・・」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 15:02:18.02 ID:nUSYxpZN0

大井「・・・つまり、2人とも猫がお好きで」

大井「でも鎮守府内は動物の飼育が禁止されていて」

大井「それで2人でこっそりと飼っていたと?」

北上「うん・・・隠していてゴメンね? 大井っち」

長門「駆逐艦にネコ耳を生やせないだろうか・・・」

大井「おまけに提督も陸奥さんも」

大井「そして私も猫アレルギーだから、黙っていたと?」

北上「うん」

長門「最近残尿感が酷くてな・・・」

大井「はぁー・・・」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 15:06:01.48 ID:nUSYxpZN0

大井「今の今まで勘違いしていた私がバカバカしいですわ・・・」

大井「でも、ホッとしましたわ」

大井「北上さん、ずっと寂しかったですわ!」

北上「う、うん」

大井「これからは遠慮はしませんわよ!」

大井「おーっほほほほ!」

大井「ということは、医務室の会話も猫に関してだったのですね?」

北上「」ビク

長門「」ビク

大井「紛らわしいですわ! 本当に!」

北上「あ、あはは・・・」

長門「う、うむ・・・」

大井「あぁ、やっぱり北上さん可愛いですわ・・・///」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 15:12:39.66 ID:nUSYxpZN0

北上「・・・大井っち、行っちゃいましたね」

長門「あ、あぁ・・・」

北上「バレて・・・ないですよね?」

長門「た、多分・・・」

北上「・・・・・・」

長門「・・・・・・」

長門「」チラ

北上「?」

長門「///」ギュ

北上「・・・・・・」

北上「///」










― 数日前 医務室 ―


長門『さて、猫の件は大丈夫だとして』

長門『その、どうだ? 久しぶりに・・・///』

北上『は、はい・・・///』

長門『大井は警戒心が凄まじいからな』

長門『こういうときじゃないと安心してできないからな』

長門『ほら、もっとこっちに寄ってくれ』ギュ

北上『あっ・・・///』

長門『ふふ・・・やはり大井は見る目がある女だ』

長門『確かにお前は可愛い娘だよ、北上・・・///』

北上『な、長門さん・・・///』

長門『ん・・・』チュ

北上『ん・・・///』





――― 終 ―――


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 15:45:52.80 ID:nUSYxpZN0

実は私のパソコンは今ないんですよ
ちょっと前におじいちゃんにふざけて超リアルな蛇のおもちゃを投げつけたら、
ものすごい怒ってしまって、物置から斧を持ってきて私のパソコンを破壊したんですよ
今は貸してもらっています



『艦隊これくしょん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿