TOP > 艦隊これくしょん > 【艦これ】金剛「砲弾の殴り方、デスかー?」吹雪「はい!」

【艦これ】金剛「砲弾の殴り方、デスかー?」吹雪「はい!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/25(水) 23:04:07.52 ID:hMpNgZPX0

金剛「HEYブッキー?何で急にそんなことが聞きたくなったんデース?」

吹雪「私、ようやく改になれたのはいいんですけど、夕立ちゃんみたいに改二になれたわけじゃないんですよ」

金剛「ふんふん」

吹雪「それでどうしたらさらに錬度を上げれるか、考えてみたんです!」

金剛「それは良い心がけネー」

吹雪「そしたらこう結論が出たんです。金剛さんみたいに深海棲艦の砲弾を殴り飛ばせるぐらいになれば、改二にもなれるんじゃないか、って!

金剛「OH…」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/25(水) 23:10:20.24 ID:hMpNgZPX0

金剛「(大規模改装をしたとはいえ、駆逐艦のブッキーにアレはちょっと無理デース…)」

金剛「(と言っても…)」チラッ

吹雪「キラキラ-」

金剛「(このブッキーに現実を突きつけるのはもっと無理ネー!)」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/25(水) 23:20:46.14 ID:hMpNgZPX0

金剛「(どうしたものかー…)」

吹雪「金剛さん?どうしたんですか?」

金剛「(…はっ!我ながらナイスアイディアが!)

金剛「えー…、コホン、いいデスかーブッキー?」

吹雪「はいっ!どんな課題でも頑張ります!」

金剛「アレをして改二に近づくのはノー。改二になってこそ!アレが出来るようになるんデース!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/25(水) 23:37:46.49 ID:hMpNgZPX0

吹雪「改二になってから、ですか?」

金剛「イエース!私も改二になってから出来るようになったんデース!」

金剛「(改になったばかりなら、まだ改二は相当遠いはずネ。それまでに比叡達といい案を考えマース)」

吹雪「そう、ですか…。やっぱり無理ですよね…」ガックシ

金剛「そんなにハートを落とすことはありまセン。急がなくても大丈夫ネー!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/25(水) 23:49:01.81 ID:hMpNgZPX0

吹雪「でもやっぱり私、諦めきれません!」

金剛「WAHT?」

吹雪「もしかしたら金剛さん以外にも出来る人がいるかもしれません!他の戦艦の方たちにも聞いてみます!」

金剛「!?」

吹雪「そうと決まれば早速言ってきます!ありがとうございましたー!」ピュー

金剛「STOPブッキー!ちょっと待つデース!」

金剛「行ってしまったデス…」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/25(水) 23:59:14.90 ID:hMpNgZPX0

金剛「Oh my God! このままではブッキーがまたショックを受けてしまいマース!」

金剛「すぐにブッキーを発見しなければ! 高速戦艦の力の見せ所デスネー!」

金剛「どこデスかー!ブッキーーーー!」ピュー

電「あれは、金剛さん?すごい速度で走っていったのです」

暁「廊下を走りながら叫ぶなんて、レディー失格ね!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 00:21:56.25 ID:2XHEKWOH0

吹雪「聞いてみるとは言ったけど、誰に聞いてみようかな…」

吹雪「私が急に押しかけれる相手なんて…、比叡さん達姉妹か、長門さん達か、大和さんぐらいかな」
 

吹雪「金剛さんは改二にならないと無理だって言ってたけど、可能性は0じゃないはず! とにかく1人ずつ当たってみよう!吹雪、頑張ります!

吹雪「まずは誰から…」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 01:54:17.16 ID:2XHEKWOH0

吹雪「ん?あれは…?」

長門「そういえば、この前の作戦の時の…」

陸奥「あの判断は間違ってなかったと思うわ。それよりも…」

吹雪「長門さん!陸奥さん!」

陸奥「あら吹雪ちゃん」

長門「。いつもより気合が入った挨拶だな。一体どうした」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 02:03:16.55 ID:2XHEKWOH0

吹雪「それが…」カクカクシカジカ

長門「なるほどな」

陸奥「(さっき金剛が全速力で『ブッキーが来たら改二になるまで出来ないって言って下サーイ」とだけ言って走っていっちゃたけど、このことだったのね」

長門「(確かにこの期待の眼差しを無下にするのは厳しいな)」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 02:16:50.37 ID:2XHEKWOH0

吹雪「それで、どうなんでしょうか? 戦艦のお二人なら改二じゃなくても砲弾を殴り飛ばすぐらいは…」

長門「出来んな」

陸奥「出来ないわね」

長門「(無論、本当は造作も無いが)」

陸奥「(金剛を嘘つきにするわけにはいかないしね。吹雪ちゃんが練習して損傷しても困るし)」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 02:22:35.59 ID:2XHEKWOH0

吹雪「やっぱり難しいんですね…。ビッグセブンと呼ばれたお二人でも出来ないなんて」

陸奥「こればっかりは仕方ないわね」

長門「地道に錬度を上げていけばいいさ。そうすればいずれ改二にもなれる」

長門「(改二になった所で出来るとは思えんが)」

吹雪「でも、そうするとお二人より金剛さんのほうが強いんですね!やっぱり凄いなあ金剛さんは!」

長門「…なに?」ピクッ


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 02:38:42.13 ID:2XHEKWOH0

吹雪「よく考えたら金剛さんは改二ですけど、お二人は違いますもんね。秘書艦を勤められてるぐらいだから、鎮守府最強でもおかしくないと思ってたんですけど、勘違いだったみたいです!」

陸奥「(悪気は無いんでしょうけど…これはマズイわね。長門、ここは堪えてみせて!)」

長門「まあ、金剛はあんなだが戦艦のエースだからな。秘書艦業のせいで出撃出来ないことが多いし、金剛のが錬度は高いかもしれん」

陸奥「(ほっ…)」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 02:59:59.40 ID:2XHEKWOH0

吹雪「なるほど、秘書艦業に専念してるから寧ろ、なんですね! 勉強になるな~」

長門「ああ、こういうことならいつでも聞きにきていい。これからも精進しろ」

吹雪「はい!じゃ、私は他の人にも聞きに行きますからこれで!」

陸奥「ち、ちょっと待って吹雪ちゃん!まさか他の戦艦にも聞きに行くつもり!?」

吹雪「あ、はい。聞いてみるだけでも損は無いので…」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 03:15:23.08 ID:2XHEKWOH0

長門「(もし金剛の手が回っていない戦艦に吹雪が会えば、間違いなくその艦娘は「出来る」と答えるだろう)」

陸奥「(そうすると私達は改二でもない普通の戦艦に出来ることが出来ないと思われちゃうでしょうね)」

長門「吹雪。実はな、砲弾を殴り飛ばすことぐらい私達にも出来る」

吹雪「本当ですか!」パアアア

陸奥「(ちょっと長門!)」ヒソヒソ

長門「(仕方ないだろう。これでは秘書艦としてもビッグセブンとしても顔が立たん)」ヒソヒソ

吹雪「? どうかしましたか?」

長門「いや、なんでもない」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 13:52:51.64 ID:2XHEKWOH0

吹雪「ということは! 改二じゃなきゃ不可能ってことではないんですよね!?」

長門「いや、まあ、それはだな…」

長門「(陸奥、お前から言ってやってくれないか?)」ヒソヒソ

陸奥「(嫌よ。自分でまいた種でしょ?)」

長門「……」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 14:03:28.57 ID:2XHEKWOH0

長門「いいか、よく聞け吹雪。アレは駆逐艦に出来る芸当ではない。例え改二になった所で装甲の薄い駆逐艦では、逆に自分の腕が飛ばされかねん」

吹雪「あ…そう、なんですか…」ショボーン

長門「う…」

陸奥「あらあら」

長門「そう落ち込むな。鍛錬を続けていけば必ずそれは実る。だから間違っても練習などしようとするんじゃないぞ」

吹雪「はい。ご指導ご鞭撻、ありがとうございました…」ペコリ

吹雪「はあ…」テクテク


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 14:38:55.57 ID:2XHEKWOH0

長門「行ったか…」

陸奥「ええ」

長門「私だってなぁ…!好きであんなことを言ったわけじゃないんだぞ…! これは私達の威厳のために…!」

陸奥「分かってるわよ。疲れたしお風呂でも入ってきたら?」

長門「…そうだな。そうするとしよう。陸奥、お前もどうだ?」

陸奥「私はいいわ。後でゆっくり入るから」

陸奥「(1人にしてあげようとしてるのに、こういう所は察し悪いんだから)」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 14:54:41.38 ID:2XHEKWOH0

陸奥「一緒にお風呂入ったりしたら私、あなたのこと襲っちゃうわよ?」

長門「おそっ…!?」

陸奥「冗談よ。さ、早く行ってらっしゃい」

長門「あ、ああ。」テクテク

陸奥「全く。世話の焼ける姉だこと」


吹雪「はあ…。駆逐艦にはできない、かあ…。改二へのいい近道だと思ったんだけどなあ」

吹雪「ただいまー…」ガチャ

睦月「あ、おかえりなさい吹雪ちゃん!」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 15:28:39.37 ID:2XHEKWOH0

睦月「どうかしたの? 出ていく時はあんなに楽しそうにしてたのに」

吹雪「実はね…」カクカクシカジカ

睦月「なるほどー…。でも改二への近道なんて無いと思うよ? 長門さんにも言われたんでしょ?地道にやれっって」

吹雪「そうなんだけどねー。でも夕立ちゃんがあのペースで改二になったと思うと、なにか裏技があるんじゃないかって思って。睦月ちゃん、何か心辺りとか無いかな?」

睦月「私はまだ改にもなってないんだよ?そんな事知ってたらとっくに実戦してるよー」

吹雪「だよねえ…」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 16:13:04.77 ID:2XHEKWOH0

睦月「どうしてそんなに慌ててるの? 司令官からの伝達もこなして、赤城さんの随伴艦にもなれたのに」

吹雪「そうなんだけどねえ…。」ムネチラッ

睦月「どうしたの?」

吹雪「やっぱり夕立ちゃんみたいにいろいろ成長したいなあって…」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/27(金) 01:48:45.86 ID:7d14ROqT0

睦月「成長…。うん、確かに大きくなったよね、夕立ちゃん。前は同じぐらいだったのに」

吹雪「だよねだよね! 服のせいで分かりづらいいけど、絶対あれは戦艦の人達ぐらいあるよ!」

睦月「睦月もそうだけど、駆逐艦の艦娘は皆小さいのにね。島風ちゃんが少し大きかったぐらいで」

吹雪「………はっ! もしかして、あの胸に改二の秘密が隠されてるのでは!?」

睦月「それはないんじゃないかな」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/27(金) 01:57:40.09 ID:7d14ROqT0

吹雪「どうして!? 改二になったら胸が大きくなった。つまり逆説的に考えれば、胸が大きくなったら改二になれる! そう思わない!?」

睦月「ああ…うん…、吹雪ちゃんがそう思うなら、きっとそうだよ」

睦月「(吹雪ちゃん、たまにおかしくなっちゃう事はあるけど今日は特別だなあ)」

吹雪「じゃあ、どうしたら大きくなるかを睦月ちゃんも一緒に考えよう!」ガシッ

睦月「えっ」

吹雪「まずは聞き込みが大事だよね! 実際に大きい人に話しを聞いてみよう!」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/27(金) 02:14:26.36 ID:7d14ROqT0

吹雪「大和さん!ちょっといいですか!?」

睦月「こんにちは」ペコリ

大和「吹雪ちゃん? どうしたの急に?」

大和「(金剛さんが言ってた砲弾の件のことでしょうか。吹雪ちゃんに嘘はつきたくないけど、これは吹雪ちゃんの為ですし…」

吹雪「どうしたら大和さんみたいな大きな胸になれますか!?」

大和「え?」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/27(金) 02:28:54.17 ID:7d14ROqT0

大和「(胸…。つまりおっ○い、のことですよね。何で急にそんな…)」

大和「えーっと、質問の意図が読めないんですけど…?」

吹雪「私っ、胸を大きくしたいんです! それで大和さんなら何か秘訣とか知ってるんじゃないかって!」

睦月「吹雪ちゃん。改二になるためって説明がないとただの変な人になっちゃうよ?」

大和「改二になる為に胸を大きく…? ごめんなさい。まだいまいち意味が…」

睦月「あ、理解できなくて当然なので、とりあえず吹雪ちゃんの質問にだけ答えてあげてくれませんか? 終わったらすぐに帰りますから」

大和「(睦月ちゃんも何か雰囲気がいつもと違う気が…」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/27(金) 03:13:15.51 ID:7d14ROqT0

大和「えっと…胸。私はその、生まれたときからこのサイズだったから、大きくする秘訣とかは分からないの」

吹雪「」

睦月「睦月も今のは結構ダメージあったから気持ちはわかるけど、吹雪ちゃん! 流石に女の子が白目向いて立ってるのは駄目だよ! ほら、大和さんちょっと引いちゃってるYO!」

吹雪「ご、ごめんなさい大和さん! 一瞬気を失っちゃった、わざとじゃないんです!」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/27(金) 20:33:12.99 ID:7d14ROqT0

大和「(気を失うようなことを言った覚えはないのだけど…)」

大和「力になれなかったみたいで、ごめんなさい」

睦月「そ、そんな大和さんが謝ることなんて全然ないんです! こっちこそ急に訳の分からないことを訪ねちゃってごめんなさい! さ、諦めて行こ? 吹雪ちゃん」

吹雪「まだ…だよ」

睦月「え?」

吹雪「まだ一人目だもん! 他の人からは違う答えが帰ってくるかもしれないし!」



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/27(金) 20:44:02.67 ID:7d14ROqT0

睦月「もうやめようよ吹雪ちゃん。きっと皆答えは同じだよ…」

吹雪「諦めたらそこで終わりだよ! 私達の水雷魂にそんな文字は無いの!」

睦月「(そんな私欲の塊みたいな水雷魂なら捨てちゃいたいな)」

吹雪「とにかく! 当たって砕けろだよ睦月ちゃん!」

睦月「砕けちゃうの!? もう半分ぐらい諦めてない!?」

吹雪「それじゃあ大和さん! ありがとうございました!」ピュー

睦月「あの、本当吹雪ちゃんがご迷惑をおかけました!ペコリ あ!待ってよ吹雪ちゃーん!」ピュー

大和「結局何だったんでしょう……?」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/27(金) 20:54:21.36 ID:7d14ROqT0

吹雪「ぱんぱかーん! と言うわけで巨乳の秘密を教えてください!」

睦月「巨乳って。もうあれだね、口に出すときは大きい胸とか少し綺麗な表現で留めてたのにそれすらもしないんだね」

愛宕「ぱんぱかぱーん! そうねえ…。私はおっ○いは最初から大きかったかしら」

吹雪「」

睦月「だから言ったのに…。睦月もこれ以上現実を知りたくないよ…」

吹雪「つ、次行こう次!」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/27(金) 21:41:39.02 ID:7d14ROqT0

吹雪「筑摩さん!」

筑摩「胸? 特に意識したことは無いかしら。多分ずっとこのサイズだとは思うけど…」

吹雪「」

利根「ふむ、我輩はだな…」

吹雪「あ、利根さんは大丈夫です

利根「なんでじゃ! 筑摩には負けておらんぞ!」

睦月「(どう見ても負けてるんじゃ…」

吹雪「次!」

利根「ま、待たんか吹雪! コラー!」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/27(金) 22:06:43.02 ID:7d14ROqT0

吹雪「長門さん!」

長門「今度は何だ…? 胸だと? 生まれつきのはずだが、特に気にしたことは無いな」

吹雪「次!」

足柄「生まれつきね。なんといっても私は『飢えた狼』と呼ばれたぐらいでウンヌンカンヌン」

吹雪「次!」

加賀「生まれつきですね。そもそもそんなことを気にしていないで赤城さんの随伴艦としてもっと精進をウンヌンカンヌン」

吹雪「次!」

睦月「もうやめて吹雪ちゃん! とっくに私達の燃料は0だよ! もう結論は出たんだよ!」ガバッ

吹雪「離して睦月ちゃん!」


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/27(金) 22:14:58.58 ID:7d14ROqT0

吹雪「これで最後にするから! 後一回だけ付き合って!」

睦月「もう…。仕方ないなあ。本当にこれで最後だよ?」

吹雪「ありがとう睦月ちゃん! 大好きだよ!」ギュッ

睦月「ずるいなあ、もう…///」


吹雪「というわけなんです! 何か秘訣とか知りませんか?」

大井「はあ? そんなことで私と北上さんの時間を割きにきたの? 今忙しいのだけど」

吹雪「そこをなんとか!」

睦月「(なんでよりによって大井さんなんだろう…)」


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 01:56:07.46 ID:QXslDITh0

北上「確かに大井っちは結構おっきいよねー。制服の上からでもかなり膨らみが分かるし。同じ雷巡なのにねー」

大井「北上さん…/// 北上さんこそそのスッキリとしたボディラインが最高です!」

北上「そう? ありがと。でもなんか大井っち、最近さらに大きくなってる気がするんだよねー。元々大きいほうではあったけど」

大井「(そういえば体重が前より増えたような…。まさか胸のせい?)」

吹雪「その大きくなった理由って心当たりありませんか!?」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 02:06:41.88 ID:QXslDITh0

北上「特には思い当たらないなー。あ、でもよく言うよね。揉めば大きくなるって」

吹雪「揉めば…」

睦月「大きく?」

吹雪「それってつまり、北上さんが大井さんの胸を揉ん」

大井「きききき北上さん! さあそろそろ帰りましょう! じゃあ私達はもう行くわよ! 北上さんがわざわざ時間を割いてくれたんだから、存分に感謝しなさい!」

北上「引っ張らなくても自分で歩けるよ大井っちー」

大井「(危ない危ない。北上さんのあの超絶テクニックを他の艦娘に知られるわけにはいかないわ! ああ、思い出したら体が熱く…。すぐに部屋に帰ってベッドで…うふふ)」



49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 02:12:31.13 ID:QXslDITh0

吹雪「行っちゃった」

睦月「行っちゃったね」

吹雪「揉むと大きくなるんだって」

睦月「そう言ってたね」

吹雪「一人で揉むより、揉んで貰った方が大きくなるのかな…?」

睦月「…北上さんの話を聞く限りだと、そうみたいだね」

吹雪「睦月ちゃん…」

睦月「吹雪ちゃん…」


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 02:34:07.37 ID:QXslDITh0

睦月「部屋、帰ろっか…」

吹雪「うん…」

~自室~

吹雪「夕立ちゃん、まだ帰って無いんだね」

睦月「今日は遠征で明日の朝まで帰ってこないって言ってたよ?」

吹雪「そう、だっけ。ねえ、睦月ちゃん」

睦月「なあに?」

吹雪「私、どうしても改二になりたいんだ。その為なら、何だってできる」

睦月「知ってるよ。睦月、吹雪ちゃんのことならなんだって分かるもん」

吹雪「じゃあ、今私が何考えてるか、分かる?

睦月「うん。きっと私と同じ事考えてる」


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 02:38:34.09 ID:QXslDITh0

睦月「部屋、帰ろっか…」

吹雪「うん…」

~自室~

吹雪「夕立ちゃん、まだ帰って無いんだね」

睦月「今日は遠征で明日の朝まで帰ってこないって言ってたよ?」

吹雪「そう、だっけ。ねえ、睦月ちゃん」

睦月「なあに?」

吹雪「私、どうしても改二になりたいんだ。その為なら、何だってできる」

睦月「知ってるよ。睦月、吹雪ちゃんのことならなんだって分かるもん」

吹雪「じゃあ、今私が何考えてるか、分かる?

睦月「うん。きっと睦月と同じ事考えてる」


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/29(日) 02:55:07.41 ID:QXslDITh0

吹雪「ホントに? 私今凄いこと考えてるよ? ホントに分かるの?」

睦月「じゃあ証明してあげよっか?」

吹雪「証明って、きゃっ!?」ドサッ

睦月「やっぱりずるいよ、吹雪ちゃん。改二になるためなんて言い訳して」モゾモゾ

吹雪「ひゃん! 言い訳なんかじゃな」

睦月「嘘。さっきからずーっといけない事考えてるもん」

吹雪「でもそれなら睦月ちゃんも私と同じこと考えてるって…」

睦月「そうだよ。吹雪ちゃんが言い訳するんだもん。だから睦月がこうしてるの」ヌガセヌガセ

吹雪「あっ…。私の制服…」

睦月「睦月も脱ぐよ。これでおあいこでしょ?」ヌギッ


56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/30(月) 19:50:54.51 ID:EkceyOyA0

睦月「じゃあ、いくよ。吹雪ちゃん」サワサワ

吹雪「ま、まだ心の準備が、あんっ!」ピクッ

睦月「まだちょっと触っただけだよ?」

吹雪「で、でも…」

睦月「意外に弱いんだね、吹雪ちゃん」モミモミ

吹雪「あううっ!」ビクッ


58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/30(月) 20:17:14.69 ID:EkceyOyA0

吹雪「ハア…ハア…。ちょ、ちょっと休憩…」

睦月「改二になるためなら何だって出来るんじゃなかったの? このぐらいで休憩なんてさせてあげないよ?」

吹雪「そんなあ……」

睦月「下着、邪魔から脱がせちゃうね?」

吹雪「う、上から揉むだけでいいかr」

睦月「えい」クチュッ

吹雪「きゃんっ! そ、そっちはしなくていいからぁ!」

睦月「じゃ、大人しくしてて?」ブラジャーポイー

吹雪「は、はい…。(ぜ、全然抵抗できないよお…)」


59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/30(月) 20:43:23.73 ID:EkceyOyA0

睦月「でも、ホントにこんなことで大きくなるのかなあ」モミモミモミ

吹雪「うう!」

睦月「睦月はこのままでもいいと思うんだけどね。今のままのがかわいいもん」ペロッ

吹雪「な、舐めないで!」

睦月「しょうがないなあ」チュウウウ

吹雪「吸うのも駄目え!」ビクビクッ

睦月「もうっ。吹雪ちゃん注文多いよ」


60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/30(月) 21:03:09.81 ID:EkceyOyA0

吹雪「だって…、睦月ちゃんが上手すぎるから…!」ハア…ハア…

睦月「うーん…。昔如月ちゃんにもよくシテあげてたから、そのせいかな?」

睦月「如月ちゃんね。普段は大人っぽいのに、ベッドの上じゃ子供みたいに跳ね回っちゃうんだ」

吹雪「あの如月ちゃんが…」

睦月「睦月、如月ちゃんがいなくなってからずーっと溜まってたの。だから、もう何言われても我慢できないや」

吹雪「じ、冗談だよね? 」

睦月「さあ、はりきってイキましょー!」

吹雪「」


61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/30(月) 21:34:44.47 ID:EkceyOyA0

睦月「ハッ…!ハア…!」サワサワモミモミペロペロクチュクチュ

吹雪「待って待って待ってダメダメダメダメェ!」

吹雪「うああああああ!!!!!」ビクンビクン

吹雪「う…あう…」チョロチョロチョロ…

睦月「ふー…。派手にイッちゃったねー、吹雪ちゃん。お漏らしまでしちゃってる」

吹雪「もう…!…限界…!」

睦月「えー? まだ一回目だよぉ? 全然足りないよ!」

吹雪「もう無理だよお…!」


65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:32:25.65 ID:ysHU3wgp0

~三十分後~

睦月「ふふ。吹雪ちゃんびくびくしちゃってかわいい♪」

吹雪「あ、頭おかしくなりそう…」ビクンビクン

睦月「そんなことじゃ改二になれないよ? 頑張って頑張って」サワッ

吹雪「死ぬ!死んじゃうよ! もういやあ!」

睦月「そんなこと言って、ここはまだまだ迎撃体勢整ってるよ?」クチュッ

吹雪「…う…うぅ~~~~~……っ」ポロポロ

睦月「あ、あれ? 吹雪ちゃん、泣いてる?」


66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 22:45:53.92 ID:ysHU3wgp0

吹雪「もうイキたくない…! もうやだあ…!」ポロポロポロ

睦月「ご、ごめんね吹雪ちゃん! もうしない! もうしないよ!?」

吹雪「ホントに…?」

睦月「うん! あの、ホントにごめんね? 久しぶりだったからちょっとやりすぎちゃっかも…」

吹雪「かもじゃなくてやりすぎです! 気持ちよすぎて苦しいぐらいだったんだから!」

睦月「うーん…じゃあゆっくりする? それなら苦しくは無いと思うけど…」

吹雪「それなら…、うん…。いいよ?」

睦月「やったあ! じゃあ頑張っていk」

夕立「ただいまー! 早く殲滅できたから帰ってこれたっぽいー!」ガチャ

吹雪&睦月「「あ」」


67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:31:40.45 ID:ysHU3wgp0

夕立「し、失礼しましたっぽい~…」バタン

吹雪「ちょっとまって夕立ちゃん! これには深い訳があるの!」

睦月「吹雪ちゃんこそ待って! 裸で出て行っちゃまずいよ!」

吹雪「夕立ちゃ~ん!!!」





~その頃~

比叡「つまりこうすれば吹雪ちゃんに気付かれずに~」

霧島「いえ、それでは吹雪ちゃんが90%の確立で~」

榛名「非才な榛名にはこれ以上の案はもう出ません…」

金剛「諦めるのは許されないネー! ブッキーを傷つけない為にも、知恵を絞って考えなければ!」

姉妹ズ「「「はい、お姉さま!!」






おしまい


68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 23:36:47.20 ID:ysHU3wgp0

くう疲

吹雪が必死こいて修行するつもりだったのにどうしてこうなった…
この程度の分量に一週間もかかってしまったのに見てくれた方はありがとうございました。



『艦隊これくしょん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿