TOP > シンデレラガールズ > モバP「公式ウルヴァ凛?」

モバP「公式ウルヴァ凛?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/21(月) 21:37:18 ID:.3S.sMHo

凛母「人間には決して知られてはならぬ。我らが人狼の一族であることを……」

凛父「凛を頼むぞ、ハナコ」

ハナコ「承知。我の使命は凛お嬢様を護ること」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/21(月) 21:38:00 ID:.3S.sMHo

10年後。

凛「……身体がダルい」

ハナコ「大丈夫?」

凛「心配しないで。大丈夫だから……」

ハナコ「牙が出てる」

凛「……限界だね。狼であることを抑えられない」

ハナコ「明日は満月だよ?」

凛「……もう少し続けたかったな……アイドル」

ハナコ「凛……」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/21(月) 21:38:47 ID:.3S.sMHo

凛「ごめんプロデューサー……ごめん」

ハナコ「泣かないで」

凛「覚悟はしてたんだ。どんなに夢を追い求めても、私みたいな人狼では叶わない……いつかバレるってさ」

ハナコ「凛らしくないよ!まだ諦めちゃだめだ!」

凛「無理だよ……最近狼でいる時間が長くなってる。こんな調子じゃいつか皆にバレる」

凛「親しくなった皆が、私の本当の姿を見たらどう思うかな?……私はそれを知るのが怖い」

ハナコ「…………」

凛「私が思ってたよりさ、私って強くなかったみたい」

ハナコ「……辞めるの?」

凛「うん。皆に迷惑かける前にね」

私はプロデューサーに辞意を表明した。


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/21(月) 21:40:01 ID:.3S.sMHo

モバP「どうしてだ……凛」

凛「理由は言えないかな。……ごめんね」

モバP「……わかった。凛がそう言うんだ。よっぽどの理由なんだろ?」

凛「…………」

凛(ごめん……ごめんね……大好きだったよ、プロデューサー)

凛「あの……さ……ぐっ……嘘っ!こんなときに……」バリバリバリバリ

凛「グアアアアアアア」

モバP「どうした!?何が起こってる?」

凛「……見ないで……お願い……だから……」

モバP「牙?……凛に牙がはえてる!?」

凛「やだ……見ないで!」

モバP「とりあえず救急車を!」

凛「だめ!ダメなの!」

凛「くっ……満月はまだなのに……」

凛「うおぉぉぉぉん!」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/21(月) 21:41:26 ID:.3S.sMHo

モバP「これは……狼、なのか?」

ウルヴァ凛「……そうだよ。これが私、ウルヴァ凛の本当の姿」

モバP「……そうか」

ウルヴァ凛「わかったでしょ?私は普通の人間じゃない。……人狼だから」

モバP「それがどうした?」

ウルヴァ凛「えっ?」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/21(月) 21:43:00 ID:.3S.sMHo

モバP「人間じゃないからダメなんて誰が決めた?人狼なんてただの個性じゃないか」

ウルヴァ凛「個性……?」

モバP「俺はいいと思うぞ。今の凛も可愛いしな」

ウルヴァ凛「でも……」

モバP「むしろ人狼キャラをアピールすんだよ。クールな狼、渋谷凛!な、最高だろ?」

凛「……プロデューサー」

モバP「俺はどんな凛でも構わない。凛は凛だ。それがたとえ狼でもな」

凛「……いいのかな?私がアイドルを続けても」

モバP「たぶん皆同じだと思うぜ。凛のファンも大喜びだろうさ」

凛「私……アイドル続けたい……夢、だから」

モバP「ああ、これからもよろしくな」

こうしてウルヴァ凛は大ブレイク。

一躍時の人狼となりましとさ。
めでたしめでたし


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/21(月) 21:57:01 ID:.3S.sMHo

シルバースピリットの人狼凛様が尊くて書きました

渋谷凛 渋谷凛



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿