TOP > シンデレラガールズ > モバP「輝子が俺に何か言いたいことがあるようだ」

モバP「輝子が俺に何か言いたいことがあるようだ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 15:52:05.49 ID:LUgeyB0R0

輝子「……」グイグイ

P「黙ってずっと俺にマッシュルームを押し付けてくる」

輝子「……」グイグイ

P「なんだ? 言いたいことがあるなら口で伝えてくれ」

輝子「ま、マッシュルーム君のは、花言葉は……わかるか?」

P「え? きのこにも花言葉あんの?」

輝子「は、花言葉は疑い、フヒッ」

P「疑い? 何か俺疑われるような事したの?」

輝子「いや……うん……その……」

P「俺はお前と裏表のない付き合いをしていきたいんだ。 だから思ったことははっきり言ってくれ」

輝子「つ、付き合い……フヒッ」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 15:52:43.88 ID:LUgeyB0R0

P「ん?」

輝子「い、いや、何でもない。 ……さ、最近うちの事務所にもアイドル……増えてきた」

P「そうだな、今日は珍しく俺と輝子しかいないけど」

輝子「み、みんな可愛い……」

P「あぁ、俺は可愛い、ティンときた娘しかスカウトしないからな」

輝子「み、みんな……親友とのきょ、距離が近い……」

P「ん? あぁ、最近の若い娘はボディタッチが多いな」

輝子「……」

P「……あぁ、もしかして寂しかったか?」

輝子「そ、そんなことない!」

P「お、おぉ。 そうか」

輝子「……なぁ、私とPは親友だよな?」

P「そうだな。 ダチ公だ」

輝子「……それ以上を望むのは……ダメ?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 15:53:37.90 ID:LUgeyB0R0

P「それ以上……?」

輝子「……」グイグイ

P「ちょ! 黙ってお金押し付けるな! ってか何その札束?!」

輝子「わ、私は! 私は友達のつくり方……こ、恋の駆け引きとか分からない……」グイグイ

P「ちょっと落ち着け!」

輝子「あ、アイドルとして売れてきたからお金はある……。 な、なぁ……いくら払えばいい? いくら出せば私と親友は恋人になれるんだ?」グイグイ

P「……取り敢えずその札束をしまえ。 話はそこからだ」

輝子「わ、分かった……」

P「……輝子は俺と付き合いたいのか?」

輝子「……」コクン


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 15:54:10.65 ID:LUgeyB0R0

P「輝子はアイドルだよな?」

輝子「……」コクン

P「そして俺はプロデューサーだ」

輝子「……」プルプル

P「……俺はアイドルと付き合う事はできない……ごめん……」

輝子「……そ、そうか。 そうだよな……」

P「これからもいい関係でいような」

輝子「……そうだな……ごめん、親友。 こ、これ……お詫びのスタドリ……飲んで」

P「そんな気を使うなって。 けどありがとう」プシュゴクゴク

輝子「……」

P「ん? なんかいつもと味が違う……あれ……なんか目眩が……」

輝子「……スギヒラ君、オオワライ君、フクロツル君……色んな友達が混ざり合って出来た薬……フヒッ。 し、志希ちゃん監修」

P「あ、あのバカタレ……」バタッ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 15:56:06.99 ID:LUgeyB0R0

――――
―――



P「ここまでが先日起こった出来事の振り返り」

P「そして俺が今置かれている状況は暗くジメジメした部屋で監禁なう」

P「なんか輝子から聞いたら俺の机の下に隠し扉作られててそこから地下へ入ったらこうなってるんだって」

P「晶葉監修。 ちっひは買収されたらしい」

P「うちのアイドルと事務員結託しすぎこわい」

輝子「あ、お、起きたか親友」

P「あぁ、起きてるよ」

輝子「そ、そうか。 そういや親友ってお、おかしいな。 もう付き合ってるんだし……フヒッ」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 15:56:35.40 ID:LUgeyB0R0

P「最初は拒否したし抵抗したさ。 だけどなんか変なきのこ使われてトリップしてた時に性交に成功したって感じでこうなってる」

輝子「い、痛かったけどま、マジッ○マッシュルーム先輩マジパネェっす、フヒッ」

P「海猿ならぬただの猿になってたらしい。 ハメ撮り観せられた」

輝子「い、伊藤○明先輩マジパネェっす」

P「どうしてこうなった! どうしてこうなった!」バタバタ

輝子「お、いいねその踊り。 わ、私も踊る」バタバタ

P「そういや俺はいつになったらここから出られるんだ?」

輝子「ん? 出られないぞ?」

P「どうしてこうなった! どうしてこうなった!」バタバタ

輝子「ヒャッハー!」バタバタ


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 15:57:11.22 ID:LUgeyB0R0

P「けど飯とかどうするんだ? 輝子のアイドル活動も、俺のプロデューサー業務も」

輝子「わ、私は仕事行くけど、Pはここでデスクワークだけやってていいってちひろが言ってた」

P「わぉ、つらい」

輝子「こ、ここは私とPの愛の巣……きのこ帝国だ! ヒャッハー!」

P「懐かしいな、あいつらまだ活動してんの?」

輝子「フヒッ……わ、わからない」

P「……取り敢えず腹減ったな」

輝子「あ、飯持ってきた。 き、きのこの炊き込みご飯ときのこのホイル焼き、きのこの汁もどうぞ」

P「きのこ祭りだな」

輝子「しょ、食後はPのきのこも」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 15:57:38.58 ID:LUgeyB0R0

P「わぁ、輝子の下ネタ聞きたくなかったなぁ」

輝子「その胞子をばら撒いて貰うために奉仕するぜ! ヒャッハー!」

P「上手くねぇよ! あ、このきのこ美味い」

輝子「だ、だろぅ。 わ、私の友達美味しいだろ」

P「うめうめ」パクパク

輝子「た、食べろ食べろ」

P「……おかわりは?」

輝子「あ、あるぞ、どんどん食べろ」

P「うめうめ」パクパク

輝子「……よし、これよりセッ○スを始める!」

P「はえーよ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 15:58:09.54 ID:LUgeyB0R0

輝子「……しないのか?」

P「……あのな輝子。 マジック○ッシュルームの時はトリップしちまってて訳わかんなかったけど、シラフの時はしない」

輝子「……」

P「……けどしちまった事には責任は取る」

輝子「え?」

P「取り敢えず地上に出よう。 そこで輝子のプロデュースを続ける」

輝子「……あ、アイドルとプロデューサーの関係に戻る……の?」

P「取り敢えず、な。 輝子がトップアイドルになって、引退したら……その時は、あれだ……責任取るよ」

輝子「……」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 15:58:44.43 ID:LUgeyB0R0

P「あれ? 不満?」

輝子「……あ、あのな、確認していいか? Pは……私の事嫌いになってないのか?」

P「嫌い? なんで?」

輝子「だ、だって! か、監禁して……む、無理矢理……した私なんか……」

P「あぁ……まぁ、やり方は酷かったな。 だけど嫌いになってなんかないな」

輝子「ほ、ほんと?」

P「こんな可愛い娘とした事はご褒美だしな。 ……それに輝子がそんな酷い奴じゃないって俺が一番わかってるつもりだ」

輝子「……じゃあ、わ、私の事は……好きか?」

P「好きになったから最初にスカウトした。 一目惚れだなこれ」

輝子「……ほかの娘もスカウトしてる……それも一目惚れ?」

P「他の娘は……なんだろ? アイドルとして輝きそうなティンと来る何かを感じたからかな?」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 15:59:10.66 ID:LUgeyB0R0

輝子「わ、私には?」

P「もちろん感じた。 それとはまた別のなにかを感じたのは輝子だけだな」

輝子「……ふ、ふひっ……」

P「ん?」

輝子「ヒャッハー! ゴートゥヘヴン!!」

P「落ち着け」

輝子「あ、はい」

P「取り敢えず地上出ようぜー。 仕事しなきゃ」

輝子「あ、あい分かった」

P「あー、そういや言ってなかったな」

輝子「ん? なにが?」

P「好きだぞ輝子」

輝子「ふ、フヒッ……て、照れる……」





おわりおわり


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 15:59:46.31 ID:LUgeyB0R0

くぅ疲れてない

もう落としどころも何もかも見失った

輝子可愛いよね

あのだらしない襟元から胸元覗き込みたいで候

じゃあの



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿