TOP > やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 > 比企谷「傀儡芝?」

比企谷「傀儡芝?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:21:20.172 ID:0akRQJmV0.net

比企谷「…」

雪ノ下「…」ペラッ

由比ヶ浜「やっはろー」ガラッ

雪ノ下「こんにちは」

比企谷「うっす」

由比ヶ浜「うー」

雪ノ下「珍しいわね由比ヶ浜さんマスクなんかして」

由比ヶ浜「花粉症がひどくてさーもう最悪…」ズビッ

雪ノ下「そう…目も真っ赤ね…」

由比ヶ浜「目薬も差してるんだけどあんま効果なくて…ヘックチッ!!」

比企谷「…」ギュッ

由比ヶ浜「……」

雪ノ下「……」

雪ノ下「…比企谷くん?なんで由比ヶ浜さんに抱きついているのかしら?」

由比ヶ浜「ひひひひひヒヒッキー!!?///」

比企谷「……ッ!!??」

比企谷「すすすすすすまんっ!!///」サッ

雪ノ下「…比企谷くん短いお付き合いだったわね面会には行ってあげるわ」

比企谷「おい待ってくれまだ俺は社会的に死にたくない」

雪ノ下「塀の中にいる人はみんなそう言うのよ」

比企谷「違うんだ気づいたら体が勝手に動いて…由比ヶ浜に抱きつくつもりなんかこれっぽっちもなかったんだって!」

由比ヶ浜「ななななにそれ!それもそれで…ヘックチッ!!」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:22:14.197 ID:0akRQJmV0.net

比企谷「…」ギュッッ

由比ヶ浜「……」

雪ノ下「……」

比企谷「えーっと…」

比企谷「違うんだ」

由比ヶ浜「っっ////」

雪ノ下「…何が違うのかしら?それとまず由比ヶ浜さんから離れなさい」

比企谷「あっごめ…」サッ

由比ヶ浜「……///」

比企谷「……///」

雪ノ下「…」

雪ノ下(考えるのよ雪乃ッ!明らかに比企谷君の行動は異質ッ!!)

雪ノ下(リスクリターンの計算のみが取り柄のあの比企谷君がッ!!二度もリスクを犯しているッッ!!)

雪ノ下(いつもと違ったところを探すのよッッ!!!)

雪ノ下「……」

雪ノ下「…はっ!」

雪ノ下「…コホン」コショウファサー

雪ノ下「へ…へっ…ヘックチッ!!!」

比企谷「……」ギュッッ

雪ノ下「…っあ///」

由比ヶ浜「……」

比企谷「……」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:22:59.486 ID:0akRQJmV0.net

比企谷「わかったくしゃみだ」

由比ヶ浜「いっ…いいからゆきのんから離れてヒッキー!」ベシベシ

比企谷「あっすまん…」

雪ノ下「…いいのよ誰にだって間違いはあるわ」

由比ヶ浜「……」

比企谷「さっきので分かった、俺はくしゃみがトリガーになって抱きついてしまうんだ」

由比ヶ浜「な…なるほど…って納得できるわけないじゃん!」

雪ノ下「そうよ、そんなの自分が抱きつきたいから言ってるだけの詭弁だわ!」コショウファサー

雪ノ下「へっ…ヘックチッ!!!」

比企谷「…」ギュッッ

雪ノ下「……っっ///」

由比ヶ浜「……」

比企谷「……もう無理だ」

比企谷「こんなの身がもたん!!」ダッガラッバンッ

由比ヶ浜「あっ!ヒッキー!!」

由比ヶ浜「いっちゃった…」

雪ノ下「都合が悪くなると逃げ出すなんて比企谷君らしいわね全く」コショウシマイー

由比ヶ浜「……」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:23:58.873 ID:0akRQJmV0.net

比企谷(やばいやばいやばい)

比企谷(なんでかは分からんがくしゃみをした人間に反射的に抱きついてしまう)

比企谷(こんなの命がいくつあっても足りん)

比企谷(病院か?いやすぐ家に帰るべきだ!)

一色「…あっ!せんぱ~い!!」

比企谷「ゲッ!」

一色「血相変えてどうしたんですか?顔がローソンみたいな色になってますよ」

比企谷「…」テクテクテク

一色「せーんーぱーいー?聞いてますかー?可愛い後輩が話かけてるんですよー?」

比企谷「……」テクテクテク

一色「ひどーい!完全に無視とか流石に傷つきますよ!」

一色「最近花粉症でバイタルメンタル共にボロボロなのに先輩にそんな扱いされたら私…」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:24:17.036 ID:0akRQJmV0.net

比企谷「!!!」

比企谷(花粉症…だと…?)

比企谷(いやまて…一口に花粉症といっても症状は様々だ…)

比企谷(鼻水が止まらなかったり、目が炎症を起こしてかゆくなったり…)

比企谷(いや…違う!症状がなんだろうとくしゃみが症状に含まれている可能性がある以上、戦略的撤退以外ない!!)

一色「ちょっと先輩ほんとに聞いてるんですか?さすがにひどす…ヘックチッ!!!」

比企谷「……」ギュッッ

一色「……」

一色「…え…えっと、先輩?///」

比企谷「」

一色「…先輩、く…口説いてからこういうことするのが順序なんです…けど…///」

比企谷「すまん一色話は後だ!!」ダッ

一色「あっ!先輩!!…ヘックチ!!!」

比企谷「…」クルッギュッッ

一色「…」

一色「ははーん」


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:29:22.162 ID:0akRQJmV0.net

一色「理由は分かりませんけど」

一色「先輩もしかしてくしゃみすると抱きついてくれるんですか?」

比企谷「ッッ!!!」

比企谷(いかん…こいつ鋭すぎる…)

比企谷「はっ…はは何言い出すんだ一色」

比企谷「そんなわけないだろ」

一色「むしろそうじゃないならどんな理由で抱きついてるんですか?」

比企谷「ぐっ…」

一色「…」コショウファサー

一色「ヘックチ!!!」

比企谷「…」ギュッ

一色「……なるほど///」

比企谷(クソッ…これからこのネタで一生揺すられる未来が見える…終わりだ…)

一色「えへへー先輩大胆ですねー///」

戸部「あっれー?ヒキタニくんといろはすじゃね?」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:30:36.312 ID:0akRQJmV0.net

戸部「なんで抱き合ってるん?あっ(察し)…ヒキタニくんといろはすってそーゆー…」

一色「…」

比企谷「…」

戸部「…えーっと・・なんか俺お邪魔な感じ?」

戸部「ま…まーじごめん!!」ダッ

一色「戸部せんぱーい!待ってくださいよぉ!」

戸部「ヒッ」


一色「ちょっと屈んでくれますかぁ?」

戸部「え?こ…こう?」カガミ

一色「そうですそうです」コショウファサー

戸部「ちょっ…いろはすこれ…んへぁーくしょいっ!!!」

比企谷「…」ギュッ

戸部「…」

比企谷「あーえっとな…」

戸部「…ヒキタニくんその…気持ちはうれしいけど俺好きな女の子いるしBL?とかそういうの無理だし隼人君にも呼ばれてるしほんとマジ勘弁っ!!!」ダッ

比企谷「……」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:31:39.793 ID:0akRQJmV0.net

---------------------------------------------------------

比企谷(すでに治った後の一色との約束を思うと気が重い…)

比企谷(とりあえずここから昇降口を降りて下駄箱まで走れば最短で学校を出れる)

葉山「あ!比企谷!」

比企谷「ッッ!!!」

比企谷「ヤメローッ!それ以上近づくなーッ!!」

葉山「ど…どうしたんだよ」

比企谷「…っ!す…すまん…つい気が動転して…」

葉山「あ…ああ…そういうこともあるか」

比企谷(いやないだろ)

葉山「戸部みなかったか?」

比企谷「戸部?あ…あー見たぞ…」

葉山「ほんとか?どこにいた?」

比企谷「さっきあっちにいたぞ…走ってったけど…」

葉山「そうか!ありがとうな!」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:32:57.208 ID:0akRQJmV0.net

比企谷「お…おう…」

比企谷(よし…何事もなく終わった…海老名さんを喜ばせることなく)

葉山「…ハックショ…んー風邪かな?」

比企谷「……」ギュウ

葉山「……」

葉山「あー…ハハハ…その…どうした比企谷?」

比企谷「」

川崎「」ドサッ

比企谷「葉山…違うんだよく聞いてくれ」

葉山「あ…あの気持ちはうれしいんだけど…その…俺はやっぱり比企谷のことそういう目で見れないし」

葉山「申し訳ないけど…ごめん…」

比企谷(すっげー優しくフられたんですけど)

川崎「……」ワナワナ


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:34:35.921 ID:0akRQJmV0.net

比企谷(チクショウ!!これだけの犠牲を払ったんだ!!家に帰らせてもらう!!!)ダッ

川崎「あ!あのさ!!!」

比企谷「!?」

比企谷「川…川やま…川田さん?」

川崎「川崎なんだけど?あんたぶつよ?」

比企谷(あーさきさきか)

川崎「さっき…その…葉山に抱きつくとこ見ちゃったんだけど…」

比企谷「っ!?」

川崎「あんたってその…葉山のこと…す…好きなの?」

比企谷(なん…だと…)

比企谷(まさか川崎に見られていたとは…)


比企谷「川崎はコショウ持ってるか?」

川崎「…コショウ?」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:35:19.365 ID:0akRQJmV0.net

川崎「持ってないけど…どういうこと?」

比企谷「くしゃみだ」

川崎「?」

比企谷「くしゃみをすると俺は反射的に抱き着いてしまうんだ」

川崎「…は?」

比企谷「本当なんだ…だからさっきも葉山がくしゃみをして抱き着いてしまった」

川崎「…言い訳するにしてももうすこしマシなのあるんじゃないの?」ジトー

比企谷(そらそうなるよね)

比企谷「…よしわかった」

川崎「ん?」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:36:16.028 ID:0akRQJmV0.net

比企谷「俺はコショウを持ってるからお前にはくしゃみをして貰う」

川崎「はあ?」

比企谷「何も言うなよ」ガシッ

川崎「あ!!ちょっ…と…///」

比企谷「ほれ」コショウファサー

川崎「へっ…へっ…ヘックチッ」

比企谷「…」ギュウゥ

川崎「……////」

比企谷「…な?」

川崎「な…な…な…///」

川崎「何が…な?っだ////!!!」

川崎「ただ抱き着いただけじゃんかっ///!!!」ペチンッ

比企谷「いった」

川崎「わーーーー!!!」ダッ

比企谷「あ…走ってった」

比企谷「まあよくわからんが事態は脱した」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:36:42.973 ID:0akRQJmV0.net

比企谷(なんだかんだ家に着いた)

小町「ただいまー…あれ?お兄ちゃんもう帰ってるの?」

比企谷「おう…いろいろあってな…お前も早いなどうした?」

小町「いやあ風邪引いちゃったみたいで」

比企谷「ほー…ハッ!」

小町「ううー…へっくち」

比企谷「…」ギュウ

小町「?…どしたのお兄ちゃん//?」

比企谷「いや…初めてこの病気になってよかったって思ってるところだ…あ!今の八幡的にポイント高い!」

小町「はあ?」

比企谷「実はなカクカクシカジカ」

小町「…へー」

小町「つまり未来の義姉ちゃん候補に抱き着きまくったってこと?」

比企谷「くしゃみのせいでな…あと未来の義姉ではない」

小町「…あ」

比企谷「どうした?」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/22(火) 21:37:03.602 ID:0akRQJmV0.net

小町「もしかしたら朝ごはんに入れたキノコがダメだったのかな?」

比企谷「はあ?」

小町「お母さんが中国出張のお土産でキノコ買ってきてくれたんだけど」

小町「なんか効能があるとかなんとか言ってた気がする」

比企谷「…どんな効能なの」

小町「合図と一緒に指示すると暗示にかかるって」

比企谷「…それ絶対合法じゃないでしょ」

小町「ちょっとお母さんに聞いてみる」プルル

小町「もしもし?うん…うん…カクカクシカジカでね…」


小町「なんかキノコ消化したら暗示解けるんだって」

比企谷「はー…そうか明日あいつらに謝んないとな…」

小町「そうだね…ねえおにいちゃん」

比企谷「ん?」

小町「…ずっと小町に抱き着いてるのは暗示のせい?」

比企谷「そうだ暗示のせいだ俺は悪くない暗示が悪い」

おわり



『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿