TOP > シンデレラガールズ > モバP「芳乃の声が聞こえる……」

モバP「芳乃の声が聞こえる……」

1: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:40:58.68 ID:e8WgRKfO0

『そなたー?』

モバP「……ん?」

モバP「芳乃……?」

ちひろ「……どうしたんですか?」

モバP「いや、芳乃の声が聞こえて……」

ちひろ「芳乃ちゃん……?」

ちひろ「芳乃ちゃんなら、今レッスン中ですよ?」

モバP「そうですよね……」

モバP「でも、聞こえたんですよね、今」

ちひろ「……幻聴じゃないですか?」

モバP「ですかねぇ」

モバP「……疲れてるのかな?」

ちひろ「休憩します?」

モバP「……そうですね」

『そなたー』

モバP「あ、また……」

『こけたのでしてー』

『……膝がわりと痛いのでしてー』

『ぐすん、でしてー』

モバP「……」

ちひろ「じゃ、お茶入れてきますね……」

モバP「今からレッスン場行くんで大丈夫です」

ちひろ「……へ?」

モバP「では」

ちひろ「え、ちょっと、プロデューサーさん!?」


2: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:41:48.39 ID:e8WgRKfO0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



モバP「芳乃!」

芳乃「……そなたー?」

トレーナー「あ、プロデューサーさん、お疲れ様です」

モバP「お疲れ様です」

トレーナー「どうしたんですか?」

モバP「芳乃の様子を見にきたんです」

トレーナー「芳乃ちゃんの?」

モバP「はい」

芳乃「わたくしは元気いっぱいなのでしてー」

モバP「本当か?」

芳乃「本当でしてー」

モバP「……膝も大丈夫なのか?」

芳乃「!」

トレーナー「膝……?」

トレーナー「もしかして、さっきこけたときに……?」

トレーナー「やっぱり大丈夫じゃなかったんですね!」

トレーナー「ちょっと見せてください!」

芳乃「あーれーでしてー」


3: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:42:25.02 ID:e8WgRKfO0

トレーナー「あぁ、やっぱり怪我してる……」

芳乃「すりむいただけでしてー」

トレーナー「確かにそうみたいだけど……」

トレーナー「どうして大丈夫なんて言ったんですか?」

芳乃「……レッスンを続けたかったのでしてー」

トレーナー「その気持ちはトレーナーとしてはうれしいんですけど」

トレーナー「でも、それで足に負担がかかっちゃったら元も子もないじゃないですか」

芳乃「……」

芳乃「ごめんなさいでしてー」

トレーナー「今度からはちゃんと伝えてくださいね」

芳乃「はーいでしてー」

モバP「……」

『そなたのためにも更に精進しー、力になりたくー』

モバP「!」

『そのためにも、たくさんレッスンをしたかったのですがー……』

モバP「……」

モバP「芳乃」

芳乃「なんでしてー?」

モバP「あまり無理しないようにな」

モバP「俺も心配するから」

芳乃「……」

芳乃「わかりましてー」

『……そなたが心配するというのであれば』

『以後気をつけることにしましょー』

モバP「……」


4: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:42:52.54 ID:e8WgRKfO0

トレーナー「……まあ、ちょうど区切りもいいですし」

トレーナー「今日はここで終わりにしましょう」

芳乃「わかりましてー」

モバP「ありがとうございました」

芳乃「ありがとうございましてー」

トレーナー「いえいえ」

トレーナー「またよろしくお願いしますね」

モバP「はい」

モバP「……」

芳乃「……」

モバP「……さて、俺たちも帰るか」

芳乃「でしてー」

モバP「歩けるか?」

芳乃「大丈夫でしてー」

『そなたにおぶってほしいのでしてー』

モバP「……」

芳乃「……そなたー?」

モバP「……いや」

モバP「おぶってこうか」

芳乃「!」


5: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:43:25.26 ID:e8WgRKfO0

芳乃「別に歩けないほどの怪我ではないのですがー」

『わーいでしてー、うれしいのでしてー!』

モバP「いや……うん」

モバP「俺がおぶりたいんだ」

芳乃「ほー」

『わくわくでしてー』

モバP「……じゃ、乗ってくれ」

芳乃「わかりましてー」

芳乃「それでは、失礼しましてー」

モバP「……よし、乗ったな」

モバP「じゃ、行くぞ」

芳乃「でしてー」

モバP「……」

芳乃「……」

『あたたかいのでしてー』

モバP「……」

『頼もしいのでしてー』

モバP「……」

『とてもうれしいのでしてー』

モバP「……」

モバP「……喜んでもらえてるようで何よりだ」

芳乃「……」


6: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:43:59.53 ID:e8WgRKfO0

芳乃「ねーねー、そなたー」

モバP「ん?」

芳乃「私の声が聞こえてましてー?」

モバP「そりゃ聞こえるよ」

芳乃「そうではなくー」

芳乃「私の心の声が聞こえましてー?」

モバP「……」

芳乃「……そなたー?」

『そなたが無視するのでして!』

『とてもつらいのでして……』

モバP「いや、無視したつもりはないんだけどな」

芳乃「……おー」

芳乃「やはり、聞こえていましてー」

モバP「……まあ、確かに芳乃の声は聞こえるな」

モバP「芳乃の口から出てこない声だから幻聴と思ってたが」

芳乃「それはおそらく私の声かとー」

芳乃「確かめたいのであれば今から私が送る言葉を口に出していただければー」

モバP「……」

『スキーでしてー』

モバP「……スキーでしてー」

芳乃「好きでしてー?」

モバP「違うわ」

芳乃「冗談でして」

芳乃「しかし……確かにわたくしの声が届いているようでしてー」


7: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:44:27.29 ID:e8WgRKfO0

モバP「……本当に、これ芳乃の声なのか?」

芳乃「今確かめましてー」

モバP「いや、確かにそうだが」

芳乃「わたくしたちの縁が深きものとなりましてー」

芳乃「ゆえに、そなたに伝えたい思いも伝わるようになりましてー」

モバP「……そういうものなのか?」

芳乃「でしてー」

芳乃「現にわたくしたちはそういう関係でありましてー」

『とてもうれしいのでしてー』

『そなたとの縁も深まり、距離も深まり』

『ばんざいでしてー』

モバP「……」

モバP「まあ、喜んでもらえているようで何よりだ」

芳乃「……もしかして、私の声が筒抜けましてー?」

モバP「ああ、聞こえた」

芳乃「そうでしてー……」

芳乃「……えへへでしてー」

芳乃「恥ずかしいけど、なんだかうれしいのでしてー」

モバP「……そうか」

芳乃「深き仲となりましたがー、今後ともよろしくでしてー」


8: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:44:56.91 ID:e8WgRKfO0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちひろ「プロデューサーさん」

モバP「なんでしょう?」

ちひろ「芳乃ちゃんのレッスン終了時間からだいぶ過ぎてますけど……」

ちひろ「今日はむかえに行かないんですか?」

モバP「いえ、まだ終わってないみたいなので」

ちひろ「……?」

ちひろ「ああ、終わったら連絡するようにしてるとか、ですか?」

モバP「まあ、そんな感じですね」

ちひろ「へぇ……」

『そなたー』

『終わったのでしてー』

『むかえに来てほしいのでしてー』

モバP「あ、終わったみたいなので行って来ますね」

ちひろ「……!?」

ちひろ「今、連絡取りました……?」

モバP「あー……まあ、一応」

ちひろ「でも、机に乗ってる携帯も鳴ってませんし……」

ちひろ「どうやって連絡を……?」

モバP「……」

モバP「……思念?」

ちひろ「思念!?」

ちひろ「えっ、どういうことですか!?」

モバP「いや、まあそのまんまの意味なんですけど……」

『早く来てほしいのでしてー』

『待つのは寂しいのでしてー』

モバP「早く行かないと芳乃が寂しがるみたいなんでもう行きますね」

ちひろ「えっ、ちょ、ちょっと!?」

モバP「では」

ちひろ「……」

ちひろ「え、えぇ……?」


9: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:45:30.40 ID:e8WgRKfO0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



裕子「本当に来るんですか……?」

芳乃「もちろんでしてー」

芳乃「あの方と私は心でつながっているのでしてー」

裕子「しかし――」

モバP「――来たぞー」

裕子「!」

芳乃「おー、そなたー」

芳乃「待ちわびたのでしてー」

モバP「これでもそれなりに急いだんだがな」

芳乃「ほー」

『もっと急いでくれないとわたくしは死んでしまうのでしてー』

モバP「兎かよ」

『ぴょんぴょんでしてー』

裕子「……ぷ、プロデューサー?」

モバP「おう、ユッコもお疲れ」

裕子「どうやってここに……?」

モバP「ん?」

モバP「いや、芳乃に呼ばれて、いつもと同じように来ただけだけど……」

裕子「……す」

裕子「すごいっ!」

モバP「!?」

裕子「やっぱり芳乃ちゃんもサイキッカーだったんですね!」

芳乃「!?」


10: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:46:35.10 ID:e8WgRKfO0

裕子「最初に芳乃ちゃんから聞いたときは半信半疑でしたが……」

裕子「今確信しました!」

裕子「芳乃ちゃんは間違いなくサイキッカー!」

芳乃「いえ、わたくしはサイキッカーではなくー」

裕子「そんなことありません!」

裕子「だって、プロデューサーとサイキック意思疎通してましたから」

モバP「いや、テレパシーでいいだろ、それ」

裕子「そんなことができる芳乃ちゃんはまさしくサイキッカー!」

芳乃「だから違うのでしてー」

裕子「ふぅ……まさか身近にこんなライバルがいるとは……」

芳乃「話を聞けでしてー」

芳乃「わたくしとあの方は深き仲になりましてー」

芳乃「ゆえに言葉を交わさずとも伝わるのでしてー」

裕子「つまり、サイキックですね!」

芳乃「ぜんぜん違うのでして」

裕子「しかし、私もサイキッカーのはしくれ!」

裕子「同じサイキッカーに負けるわけにはいきません!」

『……どうやったら裕子殿は話を聞いてくれるのでしょうかー』

モバP「……」

裕子「プロデューサー!」

裕子「今から私がサイキック意思疎通しますから、しっかり受け取ってくださいね!」

モバP「いや、だからテレパシーでいいだろ」

裕子「行きますよ……むーーーんっ!」

モバP「……」

裕子「むーーーんっ!!」

モバP「……」

芳乃「何か届きましてー?」

『もし届いているのであればー』

『……』

『……少々……嫌でしてー』

モバP「……」

裕子「むーーーんっ!!!」

裕子「……ぷはぁっ!」

裕子「どうですか!?」

裕子「届きましたか!?」

モバP「いや、何も」

裕子「バカなっ!?」

『ほっ……』


11: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:48:07.97 ID:e8WgRKfO0

裕子「おかしいですね……本来ならちゃんと届くはずなんですが……」

裕子「ちゃんと、プロデューサーに受け入れ態勢はできてましたか?」

モバP「どうやったらいいんだよ、そんなの」

裕子「私を受け入れてくれればいいんです」

モバP「……」

『心を交わすのはー、わたくしとあの方の特権でしてー』

モバP「……いや、別に来たら受け入れようとは思ってたけどな」

『ばかなっ、でしてー』

裕子「でも、受け入れられなかったんですよね……」

裕子「うーん……今日は調子が悪いんでしょうか……?」

裕子「でも、芳乃ちゃんのは届いて……なんで私だけ……」

芳乃「わたくしのはそもそもサイキックではないためー」

芳乃「そなたとはいろいろと異なるのではー?」

裕子「うーん……そうなんでしょうか……」

芳乃「いずれ日を改めたら出来るのではー?」

『……でも、他の人も同じようになってほしくはないのでしてー』

『わたくしたちだけのものでありたくー』

裕子「うーん……確かに、今日はちょっとサイキックパワーが弱い気がしたんですよね」

裕子「また、日を改めたらできるでしょうか……?」

裕子「いや、できるはずです!」

裕子「……よし!」

裕子「芳乃ちゃん!」

芳乃「なんでしてー?」

裕子「私、サイキッカーとして芳乃ちゃんには負けませんから!」

芳乃「だからわたくしはサイキッカーでは……」

裕子「また、いずれ勝負しましょう!」

裕子「それでは、私はサイキック修行をしますので、お先に失礼します!」

裕子「では!」

芳乃「……」

芳乃「……行ってしまったのでして」

モバP「ああ」

モバP「……とりあえず俺たちも行くか」

芳乃「でしてー」

『おんぶがいいのでしてー』

モバP「……」


12: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:48:40.79 ID:e8WgRKfO0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



裕子「芳乃ちゃん、勝負です!」

芳乃「割と早く再戦を申し込まれたのでしてー」

裕子「サイキックでペロちゃんと会話が出来るようになりました!」

『本当だとしたら裕子殿がすごいことになっているのでしてー』

裕子「そんな私なら、きっとプロデューサーに思いも届くはず!」

芳乃「……しかし、今プロデューサーは外回りに出ているのではー?」

裕子「だからこそです!」

芳乃「?」

裕子「プロデューサーは今外にいる」

裕子「なら、事務所にお菓子を買ってきてもらいましょう!」

芳乃「おー」

『おせんべいがいいのでしてー』

芳乃「それぞれが買ってきてほしいお菓子を同時に頼んで、買ってきてくれた方の勝利ということでしてー?」

裕子「そうです!」

裕子「芳乃ちゃんは芳乃ちゃんのサイキックを使って!」

芳乃「だからサイキックじゃないのでして」

裕子「私はこのサイキック意思疎通を使って!」

芳乃「かたくなにテレパシーとはいわないのでして」

裕子「それでは今から頼みましょう!」

芳乃「ちょっと待つのでして」

裕子「……ん?」

芳乃「互いに頼むものを知らなければ勝敗がつかめないのではー?」

裕子「あっ、確かにそうですね」

裕子「じゃあ、私はクッキーを頼みます」

芳乃「ならわたくしはおせんべいを頼みましょー」

裕子「決まりですね!」

裕子「それじゃあ、始めましょう!」

裕子「むーーーーんっ!!!」

芳乃「……」

『おせんべいが食べたいのでしてー』

『ねーねー、そなたー』

『おせんべいでしてー、おせんべいが食べたいのでしてー』

『そなたー、そなたー』

『おせんべいがほしいのでしてー』


13: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:49:22.85 ID:e8WgRKfO0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


モバP「ただいま」

裕子「お帰りなさい、プロデューサー!」

芳乃「おかえりでしてー」

裕子「……その袋は?」

モバP「これか?」

モバP「あー……まあ、頼まれたからお菓子買ってきたんだ」

裕子「!」

裕子「もしかして、それはクッキーですか!?」

モバP「いや、せんべいだ」

裕子「バカなっ!?」

『ふっふっふー、でしてー』

芳乃「わーいでしてー」

モバP「芳乃に頼まれたからな」

モバP「クッキーがよかったか?」

裕子「私もたくさんクッキーがいいってサイキック意思疎通してたのに……」

『意思疎通できてないのでしてー』

モバP「いや……悪いな、本当にわからなかった」

裕子「……くっ」

裕子「まだ私にはサイキックパワーが足りないんでしょうか……」

裕子「じゃあ……もっと……もっとサイキック修行しなきゃ……!」

裕子「……よし!」

裕子「今から修行してきますね、プロデューサー!」

モバP「……まあ、予定はないからいいけど」

モバP「変な怪我はするなよ?」

裕子「大丈夫です!」

裕子「それでは!」

芳乃「おせんべいは食べないのでしてー?」

裕子「……」

裕子「……」

裕子「もらってきます」


14: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:51:15.87 ID:e8WgRKfO0

芳乃「嵐のような方でしてー」

モバP「……だな」

モバP「だが、一緒にいて楽しいとは思う」

芳乃「わたくしもでしてー」

『わたくしはー?』

モバP「……」

『ねーねー、わたくしはー?』

モバP「芳乃は……」

モバP「……まあ、一緒にいて安心するな」

芳乃「安心でしてー?」

芳乃「うれしいのでしてー」

『えへへー』

モバP「……」

モバP「なぁ」

芳乃「なんでしてー?」

モバP「すぐそばにいるんだし、心じゃなくて言葉で話してもいいんじゃないか?」

『……もしかして、迷惑でして?』

モバP「いや、迷惑ってわけじゃないんだが……」

モバP「こうして筒抜けになるんだから、心で隠してても意味はないだろ?」

芳乃「確かにそうなのですがー」

芳乃「これはあくまでわたくしがそなたに伝えたいと思っている言葉のみでしてー」

芳乃「私の考えることすべてというわけではありませぬー……ないはずでしてー」

モバP「そうなのか?」

芳乃「全部筒抜けだとプライバシーも何もないのでしてー」

芳乃「きゃあでしてー」

モバP「……」

モバP「じゃあ、なおさら口で伝えれば……」

芳乃「もちろん、そう心がけたいのですがー」

芳乃「たとえば、誰かの言葉から反射的に考えることなどー」

芳乃「そういったそなたに伝えたい言葉は口に出すよりも早く伝わってしまうのでしてー」

モバP「……なるほど」

芳乃「……あ」

モバP「ん?」


15: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:52:47.86 ID:e8WgRKfO0

芳乃「そなたー」

モバP「……なんだ?」

芳乃「そなたは私が好きでしてー?」

『愛、恋といった意味でしてー』

モバP「……」

芳乃「……そなたー?」

『アイラブユーでして、そなたにフォーリンラブでしてー』

モバP「……心の声がすごいことになってるんだが」

芳乃「わぁ、本当でしてー」

芳乃「きゃあーでしてー、恥ずかしいでしてー」

モバP「いや、わざとだろ」

『ばれまして!』

モバP「いや、そこまでわざとらしくされたらな」

芳乃「……しかし、私のこの思いは本当でしてー」

芳乃「答えていただければー」

モバP「……ずいぶん唐突だな」

芳乃「……まあ、質問してしまったのでー」

芳乃「わたくしの思いも公になってしまったのならば、もうやけくそしかないのでしてー」

モバP「……」


16: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:54:03.38 ID:e8WgRKfO0

モバP「芳乃のことは好きだ」

芳乃「!」

モバP「だが、それはあくまで人として……というだけで」

モバP「悪いが、恋や愛といった好意は持ってない」

モバP「すまん」

芳乃「……」

モバP「……」

芳乃「……」

芳乃「えへー」

芳乃「作戦大成功でしてー」

モバP「!?」

芳乃「そなたから返事をいただけたのでしてー、とてもうれしいのでしてー」

モバP「え、いや……芳乃?」

モバP「今俺の言った意味わかったか?」

芳乃「もちろん、わかってるのでしてー」

芳乃「口に出した言葉もー」

芳乃「心で発した言葉もー」

モバP「!?」

芳乃「えへへでしてー、そなたがわたくしをそう思ってくれてたなんてー」

モバP「いや、心で発した言葉ってどういう――」

芳乃「そのままの意味でしてー」

芳乃「そなたの心の声がわたくしに聞こえましてー」

モバP「!?」

モバP「な、なんでだ!?」

芳乃「最初から言ってましてー」

芳乃「わたくしとそなたは深き仲となったためー」

芳乃「言葉に出せぬ思いも伝わるとー」


17: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:55:03.41 ID:e8WgRKfO0

モバP「いや、それは芳乃の言葉だけじゃ……」

芳乃「わたくしの思いが伝わるのならば、そなたの思いが伝わらないはずはないのでしてー」

モバP「……気づかなかった」

モバP「俺の声もずっと筒抜けだったのか……」

芳乃「すべてが筒抜けというわけではなくー」

芳乃「そなたが、私に伝えようとした思いがすべて伝わるのでしてー」

芳乃「……だから、そなたからあのような言葉をもらって本当にうれしいのでしてー」

芳乃「そなたのわたくしに伝えたい言葉は本当にうれしいものでしてー」

芳乃「にやけ顔から顔が戻らないのでしてー」

モバP「なぁ……俺、心ではなんていってたんだ?」

芳乃「そなたの心に聞けばわかるはずではー?」

モバP「……」

モバP「……」

芳乃「その表情を見る限り察しはつきましてー?」

モバP「……まあ」

芳乃「えへへでしてー」

芳乃「そなたー、これからもよろしくでしてー」


18: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:55:44.10 ID:e8WgRKfO0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


裕子「芳乃ちゃん、勝負です!」

芳乃「また早い再戦でしてー」

裕子「今の私は小梅ちゃんの隣にいるあの子とも会話できます!」

モバP「本当にすごいことになってるな」

裕子「このサイキックがあればプロデューサーさんとの意思疎通も可能!」

芳乃「……それで、今回はどうやって勝負するのでしてー?」

裕子「プロデューサーさんに送った言葉を言ってもらう勝負です!」

裕子「私はサイキック意思疎通で!」

裕子「芳乃ちゃんは芳乃ちゃんのサイキックで!」

芳乃「……」

裕子「……あれ、不満ですか?」

芳乃「わたくしのをサイキック扱いされるのは不満ですがー」

芳乃「それ以外に不満はないのでしてー」

裕子「プロデューサーさんも、それで大丈夫ですか?」

モバP「……まあ、忙しくもないし、いいぞ」

裕子「ありがとうございます!」

裕子「それじゃ、私から行きますね……むーーーんっ!!」

『スキー』

モバP「……スキー?」

芳乃「!?」

裕子「好き!?」

モバP「違うわ」

裕子「あはは、冗談です」


19: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 00:57:56.65 ID:e8WgRKfO0

裕子「……ってアレ?」

裕子「もしかして、私の……伝わりましたか……?」

モバP「……本当にスキーって考えたなら確かに伝わったな」

芳乃「!」

『むー……』

『わたくしとそなただけができていた繋がりだったのにー』

裕子「や、やったーーーっ!!」

裕子「どうですか、プロデューサーさん、すごいでしょう!」

モバP「……まあ、確かにすごいな」

裕子「ふっふっふ……これで、サイキッカーヨシノにも負けません!」

芳乃「だから、わたくしはサイキッカーではなくー」

『えへへ……これで、いっぱいプロデューサーと話せる……!』

『離れててもいっぱい……!』

モバP「……」

裕子「……!」

裕子「プロデューサーの声も聞こえました!」

芳乃「!」

裕子「……私、そんなに欲を垂れ流してましたか?」

モバP「ああ」

裕子「プロデューサーさんの声まで聞こえるなんて……」

裕子「やはりこれはサイキック意思疎通!」

モバP「……確かに、そうなったのか」

『えへへっ』

裕子「……プロデューサー、もっといっぱい試していいですか?」

芳乃「……次は私の番のはずでしてー」

モバP「……」

裕子「むーーーんっ!」

芳乃「むー」

芳乃「ずるいのでしてー……!」

『プロデューサー、聞こえますか、プロデューサー?』

『そなたー』

『えへへっ、プロデューサー!』

『裕子殿とばかり話していて寂しいのでしてー』

『やっぱり私はサイキッカーでしたっ、えへへっ!』

『寂しいのでしてー』

『サイキックばんざーいっ!』

『わたくしともいっぱいしゃべってほしいのでしてー』

モバP「……頼む」

モバP「頭痛くなってくるから、口でしゃべってくれ……」





おわり


20: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 01:01:25.81 ID:e8WgRKfO0

総選挙コメの『言葉にせずとも伝わるものでしてー』が元ネタでしてー

よしのんの声が聞こえるのもおそらくこれが理由でしてー、音にせずとも伝わる声がありましてー
でも、よしのんに清き一票をお願いするのでしてー


誤字脱字、コレジャナイ感などはすいません、読んでくださった方ありがとうございました


22: ◆6QdCQg5S.DlH 2016/04/17(日) 01:04:25.08 ID:e8WgRKfO0

前のよしのん
芳乃「そなたの目に映るわたくしはー、そなたの望む姿でしょうかー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451918765/


最近書いたの

小梅「最近あの子がちょっとおかしい……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460255482/

喜多見柚「それなりに頑張る」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460134632/

乃々「机の下を卒業します」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459520204/


こちらもよかったらよろしくお願いします


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 02:09:46.09 ID:l0Wawue20



ユッコもよしのんもとても可愛らしくて大満足です



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿