TOP > アイドルマスター > 響「じ、自分変態じゃないぞ!!」

響「じ、自分変態じゃないぞ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 10:50:12.79 ID:4+d52Zdr0

響「プロデューサーのYシャツ……」

響「……スンッ……スンスンッ……」

響「ほわぁ……プロデューサーのいい匂い……」

響「……も、もうちょっと……もうちょっとだけ……」



千早「……」

響「スンッ……スンスンッ……、……ほわぁ……」

千早「響、あなた一時間もそうしてて飽きないの?」

響「ん……なんか……止めらんなくて……」

千早「ふぅん……。 ……まるで変態ね」

響「な!!? じ、自分変態じゃないぞ!!!」

千早「そうかしら」


千早「ま、普通の私はプロデューサーの靴下でも食べるとするわ」スッ

千早「普通の私はね」ハムッ

響「ぐぬぬぅ……」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 10:57:06.81 ID:4+d52Zdr0

響「プロデューサーの飲んだお茶のペットボトル……」

響「……んっ……」チュッ

響「……えへへ……これでプロデューサーと間接キスだ……」ニヤニヤ

響「……んっ」チュッ


雪歩「……」

響「んっ……んっ……」チュッ

雪歩「飽きないねー響ちゃん。 そんなにハマっちゃったの?」

響「へへっ。クセになっちゃったぞ」

雪歩「ふぅん。 ……まるで変態さんみたいだね?」

響「な!!? じ、自分変態じゃないぞ!!!」

雪歩「わっ。ご、ごめんごめん……」


雪歩「……あれ? 響ちゃん、ここに置いてあった睡眠薬しらない?」

響「? いや?」

雪歩「おっかしいなぁ……プロデューサーの湯のみに入れようとしてたのに……」ゴソゴソ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:05:17.55 ID:4+d52Zdr0

響「えへへへ」ニマニマ

あずさ「あら響ちゃん。ごきげんね?なにか良いことでもあったの?」

響「プロデューサーに褒められて頭撫でられたんだー!」

あずさ「まぁまぁ。良かったわねぇ」

響「えへへ。もう今日は髪洗わないでおこーっと!」

あずさ「あらあら。それじゃあまるで変態さんよ?響ちゃん」

響「な!!? じ、自分変態じゃないぞ!!!」

あずさ「ふふふ」


あずさ「あ、そうだわ。丁度いいし響ちゃん、ちょっと指紋取らせてもらってもいい?」

響「? 自分の?」

あずさ「プロデューサーさんのっ。 髪から指紋が取れるかわからないけど」

あずさ「指紋なら捺印代わりに出来ると思うから」ビーッ

響「?? よ、よく分かんないけど、テープ髪に貼り付けるのは嫌だぞ!」

あずさ「あらあら~。 残念っ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:12:15.21 ID:4+d52Zdr0

響「……プロデューサーのスーツ……」

響「んっ……」ギュー

響「……へへっ、プロデューサーに抱きしめられてるみたいだ……」


美希「……」

響「んーっ……えへへへ」ギューッ

美希「響、変態なの」

響「な!!? じ、自分変態じゃないぞ!!!」

美希「それじゃあ駄目なの! 響!ちょっとスーツ貸して!」

響「え?」

美希「普通はこうしてビニール袋に入れてー」ガサガサ

美希「振るの!」ブンブンブン

響「おー」

美希「それから嗅ぐの!」バッ

響「おおー!!! プロデューサーに包み込まれてるみたいだぞ!!!」

美希「えっへんっ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:19:25.11 ID:4+d52Zdr0

響「えへへへへ」ニマニマ

伊織「? 何ニヤニヤしてんのよ。 不気味ね」

響「いやぁ、ちょっと今日風邪っぽいかなぁってプロデューサーに言ったらさー」

響「おでことおでこをぴったんこされちゃって!」ニヤニヤ

伊織「むっ」

響「えへー。えへへへー」

伊織「そ、そんなことでニヤけちゃって……響って変態ね!」

響「な!!? じ、自分変態じゃないぞ!!!」

伊織「……ふんっ」グッ

ピトッ

響「え?」

伊織「これで私のおでこと相殺ね!」

響「あー! 伊織ー!!! なんてことしてくれるんさー!!」

伊織「ふ、ふんっ……」


伊織「……響ばっかりずるいじゃない……っ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:28:15.39 ID:4+d52Zdr0

響「わーいわーい」

貴音「おや響。その様子、なにか良いことでもありましたか?」

響「プロデューサーから『買い過ぎた』って肉まん貰ったんだ!」

貴音「ほう」

響「へへっ。一日一個ずつたーべよっと!」

貴音「こら響。 それでは変態と変わりありませんよ」

響「な!!? じ、自分変態じゃないぞ!!!」

貴音「食べ物は温かいウチが一番美味しいのですよ?」


貴音「というわけでお一つもらえませんか?響」

響「勿論! はいっ!」スッ

貴音「頂きます。 はむっ」モグモグ

響「美味いかー?」

貴音「んむんむ、ごくり。 ……ふぅ……」

貴音「……ぷろでゅーさーの温もりをお腹の中から感じます……」ウットリ

響「? まぁ、喜んでもらえてなによりさー!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:39:05.99 ID:4+d52Zdr0

響「えへへへへへ」ニコニコ

やよい「わっ。響さん、すっごく嬉しそうです!」

響「プロデューサーに手握られちゃったんだ!」

やよい「わわっ。いいなぁー!」

響「もうこの手は洗わないぞー!」

やよい「あっ!駄目ですよ響さん! ちゃんと家に帰ったら手洗いうがいです!」

響「え、あ、ご、ごめん」

やよい「風邪が流行るこの時期は体調管理が大事なんですからね!」

やよい「わかりましたか?」

響「……うー……わかった……」

やよい「はい! それじゃあいつものやりましょー!」バッ

響「おっ!やるぞー!」バッ

「「ハイターッチ!」」 パチンッ


やよい「で、でも一日くらい洗わなくてもいいよね?」

やよい「……プロデューサーの手……えへへへ……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:51:01.93 ID:4+d52Zdr0

響「プロデューサー、ジャージなんか持ってたんだ……」

響「スンッ……スンスンッ……」

響「……あ、汗臭い……」

響「でも……なんかちょっと……いつもと違う匂い……」

真「うわっ、またやってるね?響ったら」

響「あっ、真」

真「傍から見たらまるっきり変態だね、響」

響「な!!? じ、自分変態じゃないぞ!!!」

真「ははっ」


真「まぁ、残念ながら響が今持ってるプロデューサーのジャージ」

響「?」

真「ボクの使用済みなんだけどね!!」

響「あっ!だからいつもと違う匂いがしたのか!!」

真「残念でしたー♪ お先に頂いちゃったよーだっ」

響「ぐぬぬぅ……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:02:18.63 ID:4+d52Zdr0

響「~♪」

真美「あ、ひびきん!ひびきん!」

響「ん? どしたー?」

亜美「丁度いいよひびきん! これ、ウチの病院でできた肩こり直す薬なんだけどさー」

真美「マミ達今からお仕事でにーちゃんにこれ渡せないんだよー」

真美亜美「「だからひびきん!お願い!これをにーちゃんに渡して来て!」」スッ

響「おー任せろー! これをプロデューサーに渡せばいいんだな!」

真美「にーちゃんにコレ渡せば、ひびきん、にーちゃんに褒められるかもよ~?」

響「ぷ、プロデューサーに……褒められる……?」ニヤニヤ

亜美「あははは! ひびきんったらヘンッターイ!」

響「な!!? じ、自分変態じゃないぞ!!!」

真美亜美「「んじゃ、よろしくねー!」」ダッ


真美「まぁ、本当はただの唐辛子詰めたカプセルなんだけどね!」

亜美「これでひびきんに対してのにーちゃんの好感度ダダ下がりだね!」

真美亜美「「……んっふっふ~……」」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:15:00.75 ID:4+d52Zdr0

春香「生地、これでどうかな?」

響「いいんじゃないか? こっちも準備終わったぞー」

春香「うんっ。 それじゃあ後は形作って焼くだけだね」

響「~♪」コネコネ

春香「響、それは?」

響「首輪! どうかな?プロデューサー、喜んでくれるかな!」

春香「変態だね」

響「な!!? じ、自分変態じゃないぞ!!!」

春香「首輪のクッキーとか見たこと無いよ」

響「うぅ……じゃ、じゃあそういう春香は!?」

春香「無難に☆型だけど?」

春香「こういうのは外見より中身だからねっ」

響「ふーん……。 ……あれ?春香、そのバンソーコー、指切ったのか?」

春香「ん、ああこれ? 気にしないで大丈夫、隠し味だから」コネコネ

響「?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:27:30.38 ID:4+d52Zdr0

響「スンスンッ。 ん? プロデューサー?」クルッ

律子「残念でした。私よ」

響「あれ、律子か」

律子「匂いで人が解るだなんて、響あなたまるで変態のようね」

響「な!!? じ、自分変態じゃないぞ!!!」

律子「冗談よ。ごめんって」


響「でも、あれ? 確かにプロデューサーの匂いがしたはずなんだけど……」

プシュッ プシュッ

響「スンッ……ん!! プロデューサー!!」バッ

律子「ん?」

響「あれ?」

律子「……あ、もしかしてこの香水のせい?」プシュッ

響「ほわっ……プロデューサーの匂いだ!」

律子「特注で作ってみたのよ。 どう?欲しい?」

響「欲しい!!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:31:56.16 ID:4+d52Zdr0

小鳥「はぁ……」

響「どうかしたのかピヨ子? 元気無いぞ?」

小鳥「うん……いや、ウチって変態多いなぁって」

響「それ、ピヨ子にだけは言われたくないぞ」

小鳥「えっ」

春香「同意」

千早「同意」

美希「同意」

真「同意」

真美亜美「「同意」」

雪歩「同意」

伊織「同意」

やよい「うっうー」

貴音「同意」

あずさ「同意」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:32:24.60 ID:4+d52Zdr0

小鳥「……」

小鳥「えっ」








―おしまい。



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿