TOP > コードギアス > カレン「ここが良いの?」ルルーシュ「ん…良いぞカレン…」

カレン「ここが良いの?」ルルーシュ「ん…良いぞカレン…」

2017/08/26 21:02 | コードギアス | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 02:28:16 ID:9JUpyDHA

~斑鳩内 ゼロの部屋~


ルルーシュ「そこ…!良い…!」

カレン「ふぅーん、ここが良いんだ?」

~部屋の前~


C.C.「………」

C.C.「(ルルーシュの奴…カレンと事に及んでいたのか…)」


カレン「ほら、ここが良いんでしょ?」モミモミ

ルルーシュ「そうだ、その調子だ…(カレンは肩揉みも上手なんだな、覚えておこう)」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 02:37:27 ID:9JUpyDHA

C.C.「(それにしてもルルーシュめ、カレンに攻めさせるとは…)」

C.C.「(見かけによらず攻められるのが好きなのか、流石は童貞坊やだな…)」

C.C.「(私でもさすがに行為中を見るのは気が引ける、ここは別の場所で暇をつぶすか…)」

C.C.「………」スタスタ

C.C.「言いさえすれば私だって…」

ルルーシュ「ん?」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 02:43:55 ID:9JUpyDHA

カレン「どうしたの?ルルーシュ?」

ルルーシュ「いや、外に誰かの気配を感じてな…気にしないでくれ」

カレン「ふーん、私そろそろ行くね!ラクシャータさんに呼ばれてるからさ」

ルルーシュ「ああ、ありがとう…疲れが取れたよ」

カレン「どういたしまして!肩揉み位だったらまたいつでも言って?」

ルルーシュ「ああ、助かる」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 13:30:21 ID:9JUpyDHA

ルルーシュ「藤堂、この作戦をできるだけ早く頼む」

藤堂「分かった、明日にでも実行しよう」

ルルーシュ「人員が足りないのであればC.C.を使え」

C.C.「ついに私も雑用を押し付けられるまでになったか…」

ルルーシュ「人が足りてないんだ、分かってくれ…それにこれはお前を信頼しているからであってだな…」

C.C.「よく言えるな?どうせ私なんかどうでも良いのだろう?」

ルルーシュ「黙れ魔女!その話は後でしてやるからここでは…」

藤堂「(まるで夫婦…しかしゼロを手玉に取るC.C.は何者なのだろうか…)」

C.C.「(ルルーシュめ!カレンとあんな事してたくせに今更…!)」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 13:37:03 ID:9JUpyDHA

~ゼロの部屋~


ルルーシュ「どうしたC.C.?最近お前…」

C.C.「さあ?誰のせいだろうな?」

ルルーシュ「俺が原因だとでも言うのか?すまないが全く覚えがないのだが…」

C.C.「ほぉ?そうなのか…それにしてもルルーシュ、お前がマゾだったとは驚きだったよ」

ルルーシュ「!!」

C.C.「見かけによらず攻められるのが好きとはお笑いだったよ」

ルルーシュ「(まさか…バレたとでもいうのか!?)」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 13:41:48 ID:9JUpyDHA

ルルーシュ「な、なぁ?C.C.、お前何を言っているんだ?」

C.C.「この後に及んでとぼけるか…残念だがお前の一部始終は外まで聞こえていたぞ?」

ルルーシュ「な、何だと!?」

C.C.「まぁ驚くのも無理はないか、自分の行為の音を聞かれたとなれば当然だ」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 13:49:11 ID:9JUpyDHA

コンコン

ルルーシュ「誰だ?」

扇「扇だ、例の件の報告に来た」

ルルーシュ「よし、入れ」

ルルーシュ「それとC.C.、悪いが部屋から出ていってくれ」

C.C.「また隠し事か…まあいいさ、どうせ私なんか…」

ルルーシュ「黙れ!分かったら出て行け!」

扇「(玉城が言うようにやはり愛人なのかな…)」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 13:58:45 ID:9JUpyDHA

扇「では失礼する」ガチャ

ルルーシュ「ふぅ…やっと一人になれた…」

ルルーシュ「(C.C.にバレてしまったというのか…しかしヘッドフォンの音声が部屋の外に漏れるなどあり得るだろうか)」

ヘッドフォン『おい、ルルーシュどけ!それとも踏まれたいのか?』『他人の体をジロジロみるな!気持ち悪い豚が…』『所詮口だけの童貞坊やか…』

ルルーシュ「くぅ!C.C.…いいぞ!もっと俺を罵れ!」ハアハア


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 14:07:43 ID:9JUpyDHA

藤堂「C.C.、昨日話した作戦に協力願いたいのだが」

C.C.「ああ、何でも命令してくれ」

藤堂「?どうした…何か悩みでもあるのか」

C.C.「何でも無い、それより任務をさっさと終わらせよう」

藤堂「(やはり何か考え込んでいるのか…)」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 14:13:00 ID:9JUpyDHA

藤堂「C.C.、協力に感謝する」

C.C.「礼はいらないさ、私は雑用係だからな」

藤堂「その…私で良ければ、この藤堂鏡志朗が悩みを聞くが」

C.C.「結構だ、お前に解決できるとは思えん」

藤堂「それは…ゼロについての悩みか?」

C.C.「!」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 14:23:49 ID:9JUpyDHA

数分後

藤堂「そうか…ゼロが他に女性関係を持っている、つまり浮気をしていると…」

C.C.「別に私たちは夫婦でもないし浮気とは言わないと思うのだが…」

藤堂「うーむ、こればっかりはどうしようもない…浮気は男の性だからな、ゼロだけが特別ではない」

C.C.「そういうものなのか!?」

藤堂「懐かしい私も昔は五股をかけて修羅場をくぐり抜けたものだ…」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 14:29:35 ID:9JUpyDHA

C.C.「で、どうすれば…?」

藤堂「男というのは未練を捨てきれぬ生物、いずれC.C.の元に帰ってくるだろう」

藤堂「その為には優しくする事だ、高圧的な態度に出ればどんどん向こうに行ってしまうだろう」

C.C.「なるほど、優しくか…藤堂、助かった」

藤堂「気にする事はない、その手の悩みならばいつでも相談に乗る」

千葉「(藤堂さん、あんなにC.C.と話しこんで…)」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 14:40:34 ID:9JUpyDHA

C.C.「ルルーシュ、お茶でも飲むか?」

ルルーシュ「あ、ああ…貰っておこう」

ルルーシュ「(何故だC.C.…お前はそんなに優しくないはずだ…)」

ルルーシュ「C.C.、そのピザ俺にくれよ」

C.C.「断らずとも勝手に食え、お前の金で買ったものだぞ?」

ルルーシュ「(やはりおかしい…!『そんなに食いたいのなら自分で頼め、薄汚い豚が』というのを期待したのだが…)」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/19(土) 14:46:22 ID:9JUpyDHA

ルルーシュ「なぁC.C.、お前どうしたんだ?」

C.C.「どうもしてないが…もしかして何か気に障るような事をしたか?」

ルルーシュ「いや、何でそんなに優しくしてくるのかなって…」

C.C.「何だ?優しくされると何か問題があったか?」

ルルーシュ「(! まさかC.C.!やはりバレて…!)」

ルルーシュ「(俺の性癖を知ったうえで故意に優しくしているのか!?)」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/22(火) 19:50:32 ID:UoxRrJj.

ルルーシュ「分かった、俺が悪かった…だから元通りに戻ってくれ…」

C.C.「何を謝っている?謝られる事などないが…」

ルルーシュ「いや、その…音が漏れていた件だ」

C.C.「!」

ルルーシュ「すまなかった…もうあんな事は絶対しない!」

C.C.「いいんだ、私にやめろと言う資格はない…」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/22(火) 19:55:39 ID:UoxRrJj.

ルルーシュ「いや、もうあんな事はしないから…だから…」

C.C.「私には関係ない事だ、故に止めることはしない、だがせめて…」

ルルーシュ「分かった、外に漏れないようにボリュームは下げる」

C.C.「ボリューム?何の話をしている?」

ルルーシュ「いや、ヘッドホンから漏れないようにだな…」

C.C.「はぁ?」


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/22(火) 20:02:36 ID:UoxRrJj.

C.C.「お前何の話をしている?私が言っているのはカレンとお前が…その…」

ルルーシュ「カレン?C.C.、お前こそ何の話をしているんだ?お前が言っているのはこのヘッドホンから流れ出る音声の事ではないのか?」

C.C.「ヘッドホンだと?そこにあるプレイヤーとヘッドホンの事か?」

ルルーシュ「(この様子…まさか知らなかったのか…?C.C.は別の何かと勘違いをしている様子だ…ならば!)」

ルルーシュ「C.C.、全て俺の勘違いだったようだ、今の事は忘れてくれ」

C.C.「何だと?」


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/22(火) 20:08:07 ID:UoxRrJj.

C.C.「さっきからお前と話が噛みあわなくて混乱している…そこのヘッドホンに何かあるのか?」

ルルーシュ「何も無い、もういいC.C.!人の物に触るな!」

C.C.「何だよ急に怒って…余計気になるじゃないか…」

ルルーシュ「おい!俺のプレイヤーを離せ!このバカ!」

C.C.「バカとは何だ!離すのはお前の方だ!」


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/22(火) 20:13:09 ID:UoxRrJj.

ルルーシュ「おい、引っ張るな!!ヘッドホンがちぎれるだろうが!」ギュウウ

C.C.「お前が離せばいい話だろ?ほらほら、ちぎれても文句は言えないぞ?」ギュウウ

ルルーシュ「(しまった!このままではイヤホンジャックからヘッドホンが抜けてしまう…!)」

ブチッ

ルルーシュ「あ」

『おい、ルルーシュどけ!それとも踏まれたいのか?』『他人の体をジロジロみるな!気持ち悪い豚が…』

C.C.「………」


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/22(火) 20:16:06 ID:UoxRrJj.

ルルーシュ「C.C.…その、これはだな…」

C.C.「………なぁルルーシュ…」

ルルーシュ「な、何だ?」

C.C.「お前、マオより趣味が悪いぞ…」ガチャ

ルルーシュ「おい待て!待ってくれ!これは何かの間違いだ!しいいいいいいいいいつううううううう!!!!」


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:02:16 ID:DPg7ibp2

カレン「あ、C.C.!ゼロに用があるんだけどどこに居るか知らない?」

C.C.「あいつの事はもう知らん…」

カレン「アンタどうしたの?何かあったの?」

C.C.「さあな、だがお前にだけは同情されたくない」スタスタ

カレン「機嫌悪くしちゃって…何なのよ…」


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:02:54 ID:DPg7ibp2

~ゼロの私室~

藤堂「ゼロ、次の作戦の事だが…」

ルルーシュ「………」

藤堂「聞いているか、ゼロ?」

ルルーシュ「む、すまん…」

藤堂「話が変わるが、C.C.は一緒ではないのか」

ルルーシュ「!…色々あってな」


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:03:53 ID:DPg7ibp2

藤堂「C.C.が嘆いていた、ゼロに振り向いてもらえないと」

ルルーシュ「何だと?」

藤堂「ゼロよ、浮気も程々にしないと離れて行ってしまうぞ」

ルルーシュ「何?浮気だと?」

藤堂「C.C.に聞いた、ゼロが他の女と関係を持っていると…」

ルルーシュ「藤堂…私がそんな男に見えるか?」

藤堂「男とは浮気する生物だろう、誰だって経験するものだ」


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:06:39 ID:DPg7ibp2

ルルーシュ「違うな藤堂、間違っているぞ」

ルルーシュ「世の中には浮気どころか想い人にいつまでも話を切り出せない、そんな男だっているのだよ」

藤堂「ゼロ…少しだけ君という人間が分かった気がする」

ルルーシュ「話を戻すが私は断じて女と関係を持っていない…そう、C.C.でさえも」

藤堂「ゼロが童貞だと言うのか…?」

ルルーシュ「紳士と言ってもらいたいものだな」


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:07:30 ID:DPg7ibp2

藤堂「未だに純潔を保っているとは…憶測だがまだ若いようだな」

ルルーシュ「さあ?どうだろうな」

藤堂「しかし童貞とはどういうことだ?確かにC.C.は浮気していると言っていたのだが…」

ルルーシュ「何かの誤解だろう、アイツが最近おかしいのはそれが原因か…」

ルルーシュ「(それにしても浮気とは…C.C.と俺はどういう目で見られているんだ…)」


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:08:27 ID:DPg7ibp2

藤堂「誤解、か…それならば仲が戻るのも時間の問題だな」

ルルーシュ「それがそうでもないのだよ…」

藤堂「また何かあったのか!?」

ルルーシュ「藤堂、お前には全てを話そう…ついさっき俺のお宝音声がC.C.にバレてしまった」

藤堂「お宝音声、だと?」

ルルーシュ「C.C.の罵声を録音した物だ、要は俺のオカズだ」

藤堂「それがバレたとなれば…心中は察する」


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:09:30 ID:DPg7ibp2

ルルーシュ「今まで上手いこと隠してきたのだが…これも宿命か」

藤堂「フッ、しかしゼロとは趣味が合うようだな」

ルルーシュ「藤堂お前もだったか…!」

藤堂「C.C.が羨ましいものだ、千葉は優しすぎる」

ルルーシュ「お前…」


35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:11:04 ID:DPg7ibp2

ルルーシュ「そんなことを言ってる場合ではない、藤堂、私はどうすれば良い?」

藤堂「C.C.に謝って誤解を解く他ないだろう」

ルルーシュ「やはりそうなるか…」

藤堂「頭を下げるのは不服だとは思うが…」

ルルーシュ「そのくらいやってみせる、そんなことで躊躇っていてはブリタニアには勝てん」

藤堂「覚悟があるようだな」

ルルーシュ「そう、私はゼロ…奇跡を起こす男だからな」


36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:15:00 ID:DPg7ibp2

C.C.「くそ、ルルーシュの奴…」

C.C.「(勢いで飛び出してしまったが部屋に戻りにくくなってしまった…)」

C.C.「(悪いのはアイツだ、何故私がこんな思いを…)」

ルルーシュ「C.C.、こんな所にいたのか」

C.C.「な!ルルーシュ!」

ルルーシュ「その…さっきはすまなかった…」OTL


37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:16:49 ID:DPg7ibp2

C.C.「…何が悪かったのかちゃんと言え」

ルルーシュ「お前の声を録音していた事だ」

C.C.「謝ることはそれだけか?」

ルルーシュ「それを使って自分の欲を満たしていたことも認めよう」

C.C.「今回ばかりは私も笑えんよ…」


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:17:56 ID:DPg7ibp2

C.C.「私を性の捌け口に使うとはな…所詮私は契約相手だからな…」

ルルーシュ「違う、俺にとって…お前は特別なんだ」

C.C.「よく言うよ…特別な人なら他にいるだろう?」

ルルーシュ「ナナリーのことか?」

C.C.「ナナリーの事を除外しての話だ」

カレン「あ、いた!ゼロ!」

C.C.「それじゃあなルルーシュ、邪魔者は部屋に戻るよ」

ルルーシュ「おい待て!何の話だC.C.!」


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:20:04 ID:DPg7ibp2

カレン「ゼロ!これ、頼まれてた書類」

ルルーシュ「確かに受け取った」

カレン「さっき居たのはC.C.?なんだかさっきから機嫌悪いのよね~」

ルルーシュ「(C.C.は自分を邪魔者だと言っていた…俺がカレンとデキていると誤解してるのか?それとも俺が何らかの理由で覚えていない…?)」

ルルーシュ「カレン、突然で申し訳ないが…」

カレン「何?」

ルルーシュ「カレン、君と俺は…男と女の関係なのだろうか?」

カレン「…え?」


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:20:58 ID:DPg7ibp2

ルルーシュ「質問の仕方が悪かった、俺と…その…夜を供にした事はあるか?」

カレン「な、何言ってんのよルルーシュ!突然そんな事言われても…!」

ルルーシュ「いや、覚えが無いならいいんだ…忘れてくれ」

カレン「そ、そんな簡単に忘れられるわけ無いでしょ!?大体私とルルーシュがそんな事…!」

ルルーシュ「とにかく忘れてくれ!俺は行く、少し頭を冷やせ!」スタスタ

カレン「あ、ルルーシュ!行っちゃった…」

カレン「もしかしてさっきのって…告白だったの…?」


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:33:08 ID:DPg7ibp2

~ゼロの私室~

ルルーシュ「C.C.、さっきからお前の言っていることがよく分からんのだが…」

C.C.「とぼけるつもりか?」

ルルーシュ「…俺とカレンがどうかしたか?」

C.C.「フン、やっぱり分かってるじゃないか」

ルルーシュ「それで俺とカレンが何をしたと言うんだ?」

C.C.「分かっているのだろう?そこまでして私の口から言わせたいのか」


42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:37:04 ID:DPg7ibp2

ルルーシュ「いいから言え!」

C.C.「お前とカレンが乳繰り合ってたことだ」

ルルーシュ「やはり藤堂の言ってた通りか…しかし俺はそんな事した覚えがない、ついでにカレンも覚えがないと言っている」

C.C.「だが私は聞いたぞ?部屋の外まで聞こえていたのに気が付かなかったようだな」

ルルーシュ「だから俺はそんな事…!」


43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:46:34 ID:DPg7ibp2

C.C.「カレンに攻められてあんなに悦んで…」

ルルーシュ「黙れ!俺はそんな事していない!大体それはいつの話だ!」

C.C.「いつだったかな…そう、四日前だ」

ルルーシュ「四日前か…俺がカレンと…?」

ルルーシュ「(!…まさか!)」

ルルーシュ「フハハハハ!C.C.、とんだ勘違いをしたようだな」

C.C.「何だと…?」


44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 18:54:04 ID:DPg7ibp2

ルルーシュ「俺はあの時確かにカレンと部屋にいた…だがなC.C.!」

ルルーシュ「俺は肩を揉んでもらっただけなのだよ!」

C.C.「そんな…!」

ルルーシュ「肩を揉んでもらってるだけで乳繰りあっているとは心外だな」

C.C.「そんなの証拠がない!信じられるか!」

ルルーシュ「だったらカレンに聞いてみれば良いだろう?」


45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 19:17:15 ID:DPg7ibp2

C.C.「勘違いだった…のか…すまなかったなルルーシュ…」

ルルーシュ「泣くなC.C.、お前らしくもない」

C.C.「勝手に勘違いして嫉妬していたのか…私は…」

ルルーシュ「C.C.…」

カレン「ルルーシュ、いる?」ガチャ

カレン「え…」

カレン「(ルルーシュがC.C.とキスしてる…)」


46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 19:23:10 ID:DPg7ibp2

ルルーシュ「カレンか!」

C.C.「覗き見とは趣味が悪いな」

カレン「ルルーシュ、さっきの話は…」

ルルーシュ「アレは俺の勘違いだった、忘れろと言っただろう」

カレン「あんな事言って…嘘だったの?C.C.がいながら…!」

C.C.「ルルーシュ、どういうことだ!?」

ルルーシュ「違う、俺は!」


47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 19:32:17 ID:DPg7ibp2

カレン「ひどいよルルーシュ…」

ルルーシュ「何かの間違いだ!落ちつけカレン」

C.C.「ルルーシュ、お前と言う奴は…!」

ルルーシュ「違うんだ、誤解が解けるまで待ってくれ」

C.C.「黙れ!優しい言葉で騙しておいて!」スタスタ

ルルーシュ「おい、行くなC.C.!」


48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 20:22:21 ID:DPg7ibp2

…………


ルルーシュ「落ち着いたか?」

カレン「うん…」

ルルーシュ「悪かったな、誤解を招く言い方で」

カレン「ルルーシュは悪くない、私が勝手に勘違いしたんだ…」

ルルーシュ「カレン、俺は君に恋愛感情は抱いていない…だが部下として、いや、仲間として信頼はしている」

カレン「ありがとう…それよりもC.C.を…」

ルルーシュ「ああ、行ってくる」スタスタ


49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 20:27:42 ID:DPg7ibp2

~斑鳩内 食堂~


藤堂「C.C.、また何かあったようだが…」

C.C.「アイツはやっぱりカレンとデキてたんだ、それなのにあんなこと言って…」

藤堂「何、紅月君と…」

藤堂「(また何かを誤解している様子だな)」

ディートハルト「哀れですねC.C.」

藤堂「ディートハルト!?どっから湧いてきた!」

ディートハルト「私は黒の騎士団幹部ですが…?ここに居て何かおかしいかな?」

藤堂「言われてみればそうだったな、さっきの言葉は忘れてもらいたい」


50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 20:39:36 ID:DPg7ibp2

ディートハルト「それにしてもC.C.、やはり貴女は不釣合いだった」

C.C.「何の話だ?」

ディートハルト「ゼロは貴女のような人間には相応しくなかったということです」

藤堂「まるで自分は相応しいとでも言いたいようだな」

ディートハルト「勿論です、私ならゼロの全てを受け入れられる…そう、私こそゼロの伴侶に相応しいのです」

藤堂「貴様…ホモセクシャルか!」

ディートハルト「勘違いしないでいただきたい、私はゼロ以外の男には興味がないものでね」


51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 20:49:08 ID:DPg7ibp2

…………


ルルーシュ「藤堂、C.C.を見なかったか?」

藤堂「つい今しがた出て行ったが…」

ルルーシュ「分かった、感謝する」スタスタ

藤堂「む、いつの間にかディートハルトも出て行ったようだな」

藤堂「(何か嫌な予感がするが…)」


52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 21:04:06 ID:DPg7ibp2

ルルーシュ「何の真似だ、ディートハルト」

ディートハルト「ゼロ、今日こそ貴方に私を知っていただきます」

ルルーシュ「ディートハルト、お前の目的は何だ?」

ディートハルト「私はあの枢木スザク強奪事件で初めて貴方を見た…震えました…新しい時代がヒトという形をとってそこにいる、私は貴方をと一つになりたい!」ガシ

ルルーシュ「何をする!下半身を隠せ!ディートハルト!!」

ディートハルト「ゼロ!私とともにヘブンへ行きましょう!……な、これは!」

ディートハルト「私が刺された…だと…」ゴホッ


53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 21:18:18 ID:DPg7ibp2

ジェレミア「ご無事でしたかルルーシュ様」

ディートハルト「バカな…オレンジ如きが私を…」

ジェレミア「オレンジ?フフ…それは我が忠誠の名前…!」

ディートハルト「ゼロ!せめて最後はギアスで私を…」

ルルーシュ「(こいつ…何故ギアスを知っている!)」

ルルーシュ「ディートハルト、お前にはギアスをかける価値さえもない…」

ディートハルト「ゼ…ロ…」バタン


54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 21:24:09 ID:DPg7ibp2

藤堂「ディートハルト、やはり行動に及んだか…」

ルルーシュ「藤堂、後始末を任せたい」

藤堂「任せておけ、ゼロはC.C.を…」

ルルーシュ「頼んだぞ藤堂」スタスタ

千葉「藤堂さん!何の騒ぎですか?」

藤堂「見るな千葉!」

千葉「これは…!ディートハルトが下半身丸出しで…!」


55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 21:27:03 ID:DPg7ibp2

~ゼロの私室~


ルルーシュ「戻っていたのかC.C.」

C.C.「ルルーシュ、今さら何用だ」

ルルーシュ「お前の誤解を解きに来た」

C.C.「もうその言葉には騙されんぞ?」

ルルーシュ「そう言うだろうと思ってカレンを連れてきた」

C.C.「ほう?」


56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 21:33:45 ID:DPg7ibp2

カレン「ごめんねC.C.、私のせいで勘違いさせてしまって…」

C.C.「そうは言ってもカレンが嘘をついている事だってあり得るだろう」

ルルーシュ「ならば正直に答えさせればいい、この絶対遵守の力はお前が一番知っているだろう?」

C.C.「なるほどな…」

ルルーシュ「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!質問に答えろ!」キュイーン

カレン「分かりました」

ルルーシュ「(学園でかけたギアスがここで活きるとはな)」


57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 21:39:24 ID:DPg7ibp2

ルルーシュ「お前は四日前この部屋で何をしていた?」

カレン「ルルーシュの肩を揉んでいました」

C.C.「!」

ルルーシュ「お前と俺はどういう関係だ?」

カレン「黒の騎士団の仲間です」

ルルーシュ「男女の関係ではないんだな?」

カレン「はい」


58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/25(金) 21:42:55 ID:DPg7ibp2

ルルーシュ「どうだ?C.C.」

C.C.「…認めざるを得ないな」

ルルーシュ「カレン、もう帰っていいぞ」

カレン「へ?私は何を?」

ルルーシュ「C.C.の誤解は解けた、助かったよ」

カレン「そうなの?じゃあ私はこれで…」ガチャ


59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/26(土) 01:29:24 ID:MB912Ngo

C.C.「ルルーシュ、悪かった、疑ったりして…」

ルルーシュ「謝らなくて良い、お前はそんな柄じゃないだろ?」

C.C.「そうだな、だが今日はそんな気分じゃない」

ルルーシュ「たまには素直なC.C.も良いじゃないか、可愛いしな」

C.C.「か、可愛いだと?大体お前マゾじゃなかったのか!?」

ルルーシュ「お前と同じく、これも気分だ」


60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/26(土) 01:36:44 ID:MB912Ngo

C.C.「良いのか?こんな魔女よりも適役が他にいるだろう?」

ルルーシュ「お前じゃなきゃダメなんだ、愛しているC.C.」

C.C.「な…!恥ずかしげのある言葉を躊躇いもなく吐きおって…!」

ルルーシュ「ふむ、照れた顔も可愛いな」

C.C.「ちっ…童貞坊やが」

…………
………
……


61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/26(土) 01:41:29 ID:MB912Ngo

~数日後~


C.C.「すまない、体調が悪くてな…休ませてくれ」

ルルーシュ「体調が悪いとは…魔女ともあろう者が珍しいな」

C.C.「私も一応元は普通の人間だからな、もう一つの生命を育むとなると体に負荷がかかる」

ルルーシュ「何だと?C.C.、今何と言った?」

C.C.「ああ、言ってなかったな…妊娠したぞダーリン」

ルルーシュ「」


62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/26(土) 01:46:05 ID:MB912Ngo

ルルーシュ「今…な、な、な、何と…!?」

C.C.「妊娠したと言っている、二度も言わせるな」

ルルーシュ「あの一回でできてしまったというのか!?」

C.C.「そこまで珍しいことでもないだろう?驚きすぎだダーリン」

ルルーシュ「その呼び方はやめろ!しかし低確率を引いてしまうとはな…」

C.C.「当然だろう?お前はゼロ、奇跡を起こす男だからな」




おすすめ記事

コメントの投稿