TOP > Another > 榊原「赤沢さんのおっぱいに顔を埋めようと思うんだ。」

榊原「赤沢さんのおっぱいに顔を埋めようと思うんだ。」

2017/09/08 22:05 | Another | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:27:14.16 ID:cQQl9ue50

見崎「どうして。」

榊原「いや、だって中学生であのおっぱいはやばいよ。」

見崎「大きいのが好みなの?」

榊原「まぁね。」

見崎「ふーん」ムスッ

赤沢(えっ、今なんて…。)


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:31:03.03 ID:cQQl9ue50

榊原「ちょうど僕はいない者だからね。」

見崎「どうなっても知らないよ。」

榊原「大丈夫。じゃあ行って来る。」

赤沢(ちょっと本気?)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:35:27.74 ID:cQQl9ue50

榊原「それじゃあ赤沢さん、お邪魔しま~す。」

赤沢(ひゃっ!くっ調子に乗って…)

榊原「うーん、服の上からだとよくわからないな。ブラも邪魔だし。よし、ここで脱がしちゃおう。」

赤沢(ふざけっ!待ちなさいよ!!)


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:43:24.93 ID:cQQl9ue50

見崎「待って。」

榊原「ん?どうしたの見崎。」

赤沢(ほっ…見崎さんに感謝しないと)

見崎「ここで脱がすと大変。赤沢さんを移動させなきゃ。」

赤沢(は?何手伝おうとしてんのよ!)

榊原「見崎冴えてるね!じゃあ椅子ごと持ち上げて移動させよう。」

見崎「うん」クスッ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:48:22.71 ID:cQQl9ue50

赤沢(なんでクスッとしてのよ!普段無表情のクセに!!)

榊原「それじゃ見崎持ち上げるよ。」

見崎「いいよ。」

榊原「せーのっ!うっ案外重たいな…。」

赤沢(重たいとか言わないでよ!うわっふらつく怖い!!)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 23:54:24.80 ID:cQQl9ue50

見崎「榊原君何処に移動するの?」

榊原「うーんあまり人目につかない場所がらいいからねー。トイレとかどうかな?」

見崎「それだとつまらない。」

赤沢(最初から面白くないわよ!)

見崎「こういうのはどう?」

榊原「?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:03:23.87 ID:3xhZRUFM0

見崎「教室の後ろでやるの。」

榊原「えっ教室だと皆いるから駄目なんじゃなかったの?」

見崎「ほら、赤沢さんって座席が前の方でしょ。これだと男子が凝視しちゃう。だから、教室の後ろに移動させて、赤沢の恥ずかしい声だけ聞いてもらう。男子達にはモンモンしてもらうの。」

榊原「成る程。」

見崎「すぐ後ろを振り向けばクラスメイトのあられもない姿を見れる。けどいない者扱いをされている私達には注目出来ない。榊原君は赤沢さんを皆前で独り占めに出来る、優越感を得られるの。」

榊原「見崎は天才なのか?」

赤沢(いいえ、畜生だわ。)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:11:54.83 ID:3xhZRUFM0

榊原「じゃあ早速後ろに移動させよう!」

見崎「うん。」クスッ

中尾「ッッッッ!!」プルプル

榊原「よしっ移動完了。先ずは上を脱がせちゃおう。」

赤沢「んっ!…くぅ……。」(本当に脱がし始めた!!)

見崎「ブラが残ってるよ?」

榊原「うん。先ずは視覚で楽しみながら顔を埋めるよ。」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:18:39.10 ID:3xhZRUFM0

榊原「じゃあ改めて、赤沢さんお邪魔します。」

赤沢「やっ…んん」(榊原君の唇が胸元に当たってっ!)

榊原「凄い!ブレザーが邪魔でさっきはわからなかったけど、今はブラの上からでも充分柔さかが伝わってくるよ!ってか赤沢さんブラが黒ってエロエロだね。」

見崎「榊原君、ブラ外したらもっと柔らかくさが伝わるよ。」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:27:20.72 ID:3xhZRUFM0

榊原「よしブラ状態は堪能したし、外しちゃおう!」ヌガシ

赤沢「ぃやっ、あぁ…」(駄目!反射的に声が出ちゃう!)

榊原「おぉ凄いよ赤沢さん!凄い綺麗だよ!」

男子一同(ムラッ)

赤沢「うぅぅっ…」(榊原君に見られちゃってる…)

榊原「じゃあもう一度いくよ、赤沢さん」

赤沢「はっ…くぅぅん」(は…恥ずかしいぃ)

榊原「ずこい柔らかい…これだけで射精しちゃいそうだよ。」

見崎「榊原君、ちょっと揉んでみたり舐めてみたら。」

赤沢「えっ…!?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:33:29.57 ID:3xhZRUFM0

榊原「ちょっと失礼するね。ペロッペロッチュッパ。」

赤沢「あぁ…ん、んんあ」(さ…榊原君が、わ…私の胸を…)

榊原「レロレロレロレロ」

赤沢「はぁっ…あん…だめぇ…んん」(やだ、榊原君されて気持ちぃぃ)

中尾「グっ!」ガタガタガタガタ

見崎「凄い舌づかい。」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:40:24.70 ID:3xhZRUFM0

榊原「チュッパレロレロ」

赤沢「んんっ!あぁん…ひゃっ!」(ダメ…おかしくなりそう…)

見崎「あれ、赤沢さん脚ムズムズさせてどうしたの?」

赤沢「!?」

見崎「私が見てあげるね。」

赤沢「いやっやめて……。」

榊原「赤沢さん一人で何を言ってるんだろう~。」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:44:30.67 ID:3xhZRUFM0

見崎「榊原君、見て。」

榊原「わぁ凄い。赤沢さんって濡れやすいのかな?」

男子一同「ムラムララッ」

赤沢「お願い…やめて……っ」

榊原「なんだかおっぱいだけじゃ物足りなくなってきたな。指いれて良いかな?」

見崎「赤沢さんも喜んでると思う。」クスッ


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:50:04.49 ID:3xhZRUFM0

榊原「結構温かいんだね。」クチュクチュッ

赤沢「あぁああっ!やぁ…恒一…くぅんっ!」

榊原「どんどん濡れてくるよ~。」

赤沢「あっ!んうぅ…やぁあん…あん///」

見崎「榊原君、赤沢さんすごい喜んでるよ。」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:55:21.11 ID:3xhZRUFM0

榊原「なんだかドキドキするよ。」クチュクチュクチュクチュ‼

赤沢「!んんはげ…しぃぃ!んんあっ///」

榊原「ダメだ。いちもつがバーストしそうだよ。そろそろ赤沢さんの処女貰おうかな。」

赤沢「あぁん!いぃ……よ///」

男子一同「‼⁈」

見崎「はい。ストップ。」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:02:43.85 ID:3xhZRUFM0

赤沢「えっ?はぁはぁ・・。」

榊原「なんでさ見崎、今いいとk(ry」

見崎「ちゅっ・・・くちゅちゅっぱ」

榊原「んん・・見崎ぃ・・・ちゅっくちゅ」

見崎「ふふ、榊原君。特別に私の処女あげる。」

赤沢「えっ・・やぁ、恒一くん・・・」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:08:22.01 ID:3xhZRUFM0

榊原「見崎・・・いやっ鳴。好きだ」

見崎「こ・・恒一、キスして?」

男子一同「ええぇぇぇぇ」

榊原「あぁ、鳴・・・ちゅっ~」

見崎「んん・・ぴちゃちゅっ・・///」

赤沢「うそ・・やめて・・・」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:15:30.49 ID:3xhZRUFM0

赤沢「お・・・お願い、恒一君私にも・・き・・・キスして。」

見崎「ふふ・・・私達いない者どうしだから、いくらでも教室で出来るね///」

榊原「うん。鳴は本当にかわいいな。」

見崎「ねぇ・・・恒一君もっとして?」

榊原「合点承知ノ助!!」

見崎「んん・・胸小さいから・・・だめぇ・・んん」

榊原「でも、すごく綺麗だよ。」

赤沢「いやぁ・・・・・・。」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:30:13.39 ID:3xhZRUFM0

榊原「鳴のおっぱい・・・チュッパチュッパ。」

見崎「くぅぅん・・だめぇ気持ちい・・ぁん。」

赤沢「恒一くん、ほら私の胸みてぇ・・・こんなに大きいのよ?」

榊原「鳴も結構濡れてるよ?」

見崎「恒一君だって、ぱんぱんだよぉ///」

榊原「め・・鳴なにして、くっ・・・う」

見崎「ペロペロ・・恒一のおっきいぃ・・ふふ」ジュッポジュッポ


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:35:52.78 ID:3xhZRUFM0

榊原「今振り向いた人は参加できるよ」

中尾「!!?」クルッ

グシャ!

中尾「ぎゃあああ!」

勅使河原「なかおおおおおおおおおぉぉぉ!!」

風見「なんで、赤沢さんは死なないんだ・・?」



榊原「鳴・・ちょっと!口の中気持ち良過ぎるってっ!!」

見崎「ジュッポクチュジョッポ・・・」

榊原「ダメだ、出そうだよ鳴!」

見崎「出すならこっち・・」クパァ


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:41:32.63 ID:3xhZRUFM0

赤沢「グスン・・ううう」

榊原「鳴、入れるよ・・」

見崎「きてぇ・・・こういち///」

赤沢「やぁあ・・だめ、恒一君・・・」クチュクチュ

榊原「くっ中○生処女マン頂!!」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:47:16.59 ID:3xhZRUFM0

見崎「あっぁん・・す・・ごいんん///」

榊原「鳴、痛くないかい?」

見崎「だい・・じょうぶだから、んん・・動いてぇ」

赤沢「いいなぁ~あっ・・んん」クチュ

榊原「動くよ・・」パンパンパン

見崎「やぁ・・あんあっんんっや・・ひはっ」

赤沢「ずるいークチュクチュピチャ」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:53:01.72 ID:3xhZRUFM0

榊原「鳴!もう・・・くっ!!」

見崎「い・・いよぉ・・・あっんぁん中に、だしてぇぇ///」

榊原「ま・・・まずいって、あっで、出る!!」

見崎「んんんん~っ!!!」ダイシュキホールド

赤沢「恒一・・君・・・あっあっんイクッあああああぁぁん!!」

男子一同「ビクンビクン!!!」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:59:00.09 ID:3xhZRUFM0

榊原「はぁっはぁはぁ鳴・・・」

見崎「こうい・・・ち、好きぃ///」スヤスヤ

榊原「はぁはぁ、ダメだ。まだムラムラする・・」

赤沢「んんう・・はぁはぁ」

榊原「赤沢、股開け」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:06:30.52 ID:3xhZRUFM0

赤沢「えっ?」

榊原「大好きなチンポ入れてやるって言ってるんだ、泉美」

赤沢「こ・・恒一君ひゃぁああああああんん///」

榊原「ソラソラソラソラソラッ!!!」パンパンパン!!!!

赤沢「あああん!す・・すごい!!んんああぁぁっわ・・・私処女なのに・・チンポきもちいぃぃんんっひゃっん///」

勅使河原「すっすげー榊の腰、速すぎて遅く見えるッ!!」

望月「ゴクリッ!」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:16:00.47 ID:3xhZRUFM0

榊原「どうだ!?チンポ気持ちいのかよ!!?」パンパンパン!!

赤沢「ハイィィ!!気持ちぃぃです!んんあんっ!こ・・・恒一様のチンポしゅごくいいですぅぅやぁぁん///」

榊原「ヘヘッそうかい!泉美!!お前のも中々だぜぇ!!」

赤沢「はひぃっ!ありがとうご・・ごじゃいましゅぅぅ!んんああっん!!」

榊原「クッやべぇな出そうだぜ!!」パンパンパンパン!!!!

赤沢「中にぃぃ!!中にだして下さいぃ恒一さまぁん!!んんっあああぁぁん!!」

榊原「おラオラオラオラオラオラオラオラオラッ!!!孕めェェェェ!!」

赤沢「あああああああぁぁぁぁぁぁんんん!!!!」プッシャー


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:24:29.60 ID:3xhZRUFM0

望月「ぼ・・・僕もおおおおおおおお」ガタッ!!

勅使河原「いない者の相手はよせ!」

ぐっしゃーーーーー!

望月「榊原くううううううううううん!!・・・・・・・・・・」バタッ



榊原「さぁ鳴帰ってからさっきの続きだ///」

見崎「うん。恒一。」

榊原「何、鳴?」









見崎「愛してる///」

榊原「僕もだよ鳴!今夜が楽しみだ!!」


ー完ー


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:25:52.79 ID:3xhZRUFM0

眠いので抜いて寝る
因みに初めてのssでした


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:29:17.67 ID:3xhZRUFM0

最初はギャグ路線行こうとしたのに何故こうなった
頭で構図を練らないとダメダなコリャ



『Another』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿