TOP > アイドルマスター > 北斗「オギャー!オギャー!」冬馬「どうしたら…」

北斗「オギャー!オギャー!」冬馬「どうしたら…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 17:35:36.03 ID:lq+tbIWr0

北斗「バブー!」

翔太「そんな…こんなことって……」

翔太「なんで頭をぶつけただけで乳児退行しちゃうのさ!」

冬馬「知らねーよ!頭ぶつけたからじゃないのか!」

北斗「ダー!」

冬馬「まずいぜ…!もうすぐテレビ番組の収録に行かなきゃならねぇっつーのに」

冬馬「このままじゃ北斗抜きでテレビに出ることになるぞ!」

翔太「どどど…どうしよう…」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 17:37:57.89 ID:lq+tbIWr0

北斗「ブー?」

冬馬「くっ…今日じゃなかったらこんな北斗の笑える姿を後で見せつけてやりてぇが…」

北斗「ダー!」

冬馬「ダー!じゃねぇ!呑気なでかい赤ん坊め!」

翔太「えっと…えっと…」オロオロ

冬馬「おい翔太!てめぇもいつまでも慌てないでなんか考えろ!」

翔太「う、うん…」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 17:39:59.11 ID:lq+tbIWr0

翔太「そうだ!エンジェルちゃんだ!北斗君が見ているグラビア雑誌を見せつければ!」

翔太「きっと元に戻るはず!」

冬馬「いやどういう理屈だよ」

翔太「記憶や意識が戻るときには強い刺激が必要なんだよ!」

冬馬「刺激?な、なるほど」

北斗「バブー!」

冬馬「まぁ、やるだけやってみるか!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 17:42:27.77 ID:lq+tbIWr0

冬馬「ほら北斗!うっ…!お、お前の大好きなエンジェルちゃんだぞ!」

北斗「ダブ?」

冬馬「どれもこれも、ほら…美人だろ!だから戻れ!お前がずっとこのままじゃ彼女たちに会えないぞ!」

北斗「………」

北斗「バブ!」バシッ!

冬馬「なっ!北斗がグラビア雑誌を叩き落としただと!」

翔太「そんな…」

冬馬「くっ…こりゃ思ったより重症だな…」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 17:44:46.02 ID:lq+tbIWr0

冬馬「まずい…出発までもう一時間を切った!」

冬馬「このままじゃ…」

北斗「マ!マ…マンマ!」

冬馬「な、なんだ?」

翔太「わかった!おっぱいが欲しいんだよ!」

冬馬「おっぱ…なんだと…!?」カァァァァ!!

翔太「ママという言葉とこの手の動かし方、お腹がすいている証拠だよ!」

冬馬「だ、だったらなんか適当なものでも食わせて…」

翔太「今の北斗君は赤ちゃんだよ!おっぱいじゃないとだめだよ!」

冬馬「くっ…!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 17:46:28.97 ID:lq+tbIWr0

冬馬「だが…お、おっぱいを飲ませようにも…一体どうやって」

翔太「別に母乳を本当に飲ませようとしなくていいよ、要はおっぱいを吸う動作をするだけでいいんだ」

翔太「赤ちゃんは大体それで落ち着くから、おしゃぶりみたいなものだよ」

冬馬「な、なるほど。飯よりまずは落ち着かせることだな」

冬馬「だがおしゃぶりなんてどこにも」

翔太「あるじゃん、冬馬君の胸に二つ」

冬馬「はぁ!?」

北斗「マンマ!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 17:48:27.07 ID:lq+tbIWr0

冬馬「待て待て待て!なんで俺がそんなことしなきゃいけないんだ!」

翔太「北斗君をリラックスさせるためだよ!」

冬馬「ふざけんなそんな気色悪いことできるか!お前がやれ!」

翔太「え~、もう…しょうがないな…」

翔太「ほら北斗ちゃん、おっぱいでちゅよー」ヌギッ

北斗「ンギャアアアアアアアアアアアアア!!!」ジタバタ

冬馬「うぉ!急に暴れだしやがった!」

翔太「ほら、北斗君は僕より冬馬君のおっぱいを欲しがってるんだよ」

翔太「これは冬馬君にしかできないことなんだよ、僕じゃこのざまだよ」

冬馬「ぐっ…」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 17:49:44.37 ID:lq+tbIWr0

冬馬「俺が…やらなきゃいけないのか…」

北斗「マンマ!マンマァ!」

冬馬「…クソが!」

ヌギッ

冬馬「ほら!北斗、おっぱいだ!吸え!」

翔太「…ピンク」

冬馬「うるせぇ!」

ドックンドックン

北斗「バブー?」

冬馬「早く…吸え!吸えよ!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 17:51:35.75 ID:lq+tbIWr0

ドックンドックンドックンドックン

冬馬(くっ…!)

ドックンドックンドックンドックンドックンドックンドックンドックン


冬馬「…………///」

北斗「……ククッ…」

冬馬「…?」

北斗「ハハハハハハハ!すごい心臓の音だね!そんなに緊張してたのかい!」

冬馬「な、何!?」

冬馬「お前…まさか今までのは全部演技で!」

北斗「名演技だっただろ?まあ初めは照れ臭かったけど意外と面白かったよ」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 17:54:55.76 ID:lq+tbIWr0

冬馬「まさか…翔太!お前もグルか!」

翔太「まあね♪収録が始まる前にまだ時間があったからちょっと冬馬君を驚かそうと北斗君と話し合ったわけ」

翔太「それにしてもいくら騙されていたとはいえ本当におっぱいを吸わせようとしていたなんて」

翔太「ププッ!ちょっと冬馬君マジになりすぎ!あとものすごく気持ち悪いよ!」

翔太「冬馬君って平気でおっぱいを吸わせてあげる変態さんなんだね!」

北斗「人の事言えた義理じゃないけど、俺も気持ち悪いと思ったかな」

冬馬「てめぇら…!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 17:57:57.85 ID:lq+tbIWr0

冬馬「今度という今度はマジで許さねぇ!ボコボコにしてやる!」ダッ!

北斗「おっと」

翔太「うわっ!冬馬君ちょっと待ってよ!冗談だって冗談!」

冬馬「冗談もクソもあるか!俺のプライドと思いをズタズタにしやがって!」

冬馬「その鼻マジでへし折ってやるから覚悟…!」

ツルっ

冬馬「しっ……」

北斗「あ!」

ごっちーーーーーーーーーーん!

冬馬「ろ……!」

バタリ


翔太「冬馬君!ちょっと何やってるの!」

北斗「テーブルの角に思いっきり…」

翔太「ちょっとしっかりして!」

冬馬「………」

冬馬「……うっ…」

翔太「冬馬君、気が付いた!」

冬馬「バー…」

翔太・北斗「!?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/01(金) 18:03:49.38 ID:lq+tbIWr0

P「出発まであと30分ですけど準備はできましたか?」

翔太「ちょっと待って!あと少しで終わるから!」

P「わかりました、終わったら呼んでください」

冬馬「オギャー!オギャー!」

北斗「冬馬!悪かったから元に戻ってくれ!」

翔太「ねぇ、冗談だよね?これって僕たちの仕返しでやってるよね!本当に乳児退行してないよね!」

翔太「謝るから元に戻ってよ!お願いだから!あと30分もないよ!」

冬馬「マンマ!マンマ!」

北斗「おっぱいか?わかった、ほら!」ヌギッ!

北斗「これを吸って正気に戻るんだ!まあそんなことできるわけ…」

冬馬「あむっ」パクっ

北斗「あぁん♥」

翔太「うわっ…これガチの奴だ」

冬馬「むー♪」チューチュー

北斗「んっ///これ、ちょっ…やめ…あっ///」

翔太「……ねぇ」

北斗「な、なんだい?んっ///」



翔太「病院行こ」北斗「そうだな」冬馬「ばぶー」♪

終わり



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿