TOP > ポケットモンスター > ピカチュウ「ピカ?」不良「テメェ……どこ中だよ」

ピカチュウ「ピカ?」不良「テメェ……どこ中だよ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 20:36:23 ID:JdGoT/Ss

ピカチュウ「トキワ第二だよ」

不良「トキワ第二だとォ!? ウチのガッコの宿敵じゃねーか!」

不良「テメェら、コイツやっちまうぞ!」

ヤンキー「おう!」

DQN「ブッ殺してやんよ!」

ピカチュウ「ふん、ザコどもが! まとめてブチのめしてやんよ!」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 20:38:00 ID:JdGoT/Ss

ピカチュウ「オラァ!」

バキィ!

不良「ぐはァ!」

ピカチュウ「ダラァ!」

ドゴッ!

ヤンキー「ぐほっ!」

ピカチュウ「ウラァ!」

ドズゥ!

DQN「おぐぅ!」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 20:39:44 ID:JdGoT/Ss

ピカチュウ「トドメだ!」

ピカチュウ「スタンガンなんざより激しいオレの電撃でシビれちまいな!」

ピカチュウ「10万ボルトォ!!!」



バババババッ!



三人「ぐぎゃああああああああああっ!!!」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 20:41:06 ID:JdGoT/Ss

不良「ち、ちくしょう……」プスプス…

ピカチュウ「おう、いっとくがケンカ売られた以上、こんなんじゃ終われねえぞ?」

ピカチュウ「とことんやんなきゃ気が済まねえ」

不良「ど、どうしろってんだ……?」

ピカチュウ「決まってンだろ……テメェらのアタマ呼んでこいや!」

ピカチュウ「テメェらのアタマに放課後トキワの森まで来い、と伝えろ!」

不良「わ、分かったよ……!」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 20:42:10 ID:JdGoT/Ss

<マサラ中>

不良「す、すんません……」

ヤンキー「トキワ第二のアタマにやられちまいまして……」

DQN「で、うちのアタマを呼んでこいと……トキワの森で待つ、と……」



??「……」シュボッ フーッ…



不良(煙草の吸い方、貫禄あるぜぇ……)

ヤンキー(さすがオレらのアタマ……)

DQN(この人ならピカチュウ如きに負けるわけねえ……!)


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 20:43:28 ID:JdGoT/Ss

??「あっさりやられてんじゃねえぞ! 情けねえ!」

バキィ! ドゴッ! ドカッ!

不良「ぐえっ!」

ヤンキー「ひいいっ!」

DQN「ご、ごめんなさいっ!」



??「トキワの森か……いいだろう、オレ自らケリつけてやる!」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 20:45:05 ID:JdGoT/Ss

<トキワの森>

ピカチュウ(……来たようだな)クルッ

ピカチュウ「!!!」

ピカチュウ「テメェは……!」



サトシ「……久しぶりだな、ピカチュウ」

サトシ「二人してポケモンマスターをきっぱり諦めて、別れて以来か」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 20:45:50 ID:JdGoT/Ss

ピカチュウ「マジでビビったぜ……心臓止まるかと思ったぜ」

ピカチュウ「まさか、マサラ中のアタマがテメェだったとはな……」

サトシ「こっちも驚きだぜ……」

サトシ「どんなヤンキー中学生が待ってるのかと思ったら」

サトシ「かつての盟友と出会っちまうとは……」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 20:48:25 ID:JdGoT/Ss

ピカチュウ「まあいいや……今は互いに学校のテッペン同士……どっちが強いかケリつけようや!」

サトシ「おう!」

ピカチュウ「いくぜっ!」

サトシ「手加減すんなよな!」

ドカッ! バキッ! ドゴッ! ベキッ! バゴッ!

ピカチュウ「がはっ……!」

サトシ「ぐほっ……!」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 20:50:02 ID:JdGoT/Ss

ピカチュウ「オレの10万ボルトを帯びたパンチ、受けてみやがれぇっ!」バチバチッ

サトシ「オレの熱い魂を込めたパンチを受けてみやがれぇっ!」グオオオオッ



ドゴォッ!!!



ピカチュウ「ぐおおおっ……!」ドサッ

サトシ「ぐはあぁぁっ……!」ドサッ


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 20:51:28 ID:JdGoT/Ss

ピカチュウ「やるな……」

サトシ「へへ……おめえもな」

ピカチュウ「……」

サトシ「……」

ピカチュウ「なぁ……もう一度“ポケマス”目指さねーか?」

サトシ「おう……オレもちょうど言い出そうと思ったところだ」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 20:53:05 ID:JdGoT/Ss

サトシ「ガキだった頃のオレらはまだまだ甘かったが……今のオレらならイケるぜ!」

ピカチュウ「おうよ! お互い修羅場くぐり抜けたからなぁ!」

サトシ「今のオレらなら、ぬるいトレーナーとポケモンを全員ブッ潰してやれるぜ!」

ピカチュウ「やってやろうぜ、サトシ!」

サトシ「おう、ピカチュウ!」

ガシィッ!



挫折を味わい、数年間のヤンキー時代を経て、再び邂逅を果たしたサトシとピカチュウ。

新たなるポケモン伝説が幕を開ける――





― 終わり ―



『ポケットモンスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿