TOP > ガヴリールドロップアウト > ラフィエル「これが…願いを叶える魔法のランプですか」

ラフィエル「これが…願いを叶える魔法のランプですか」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 22:50:25.277 ID:8T1xGfZr0.net



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 22:51:45.829 ID:8T1xGfZr0.net

―昼休み 学校の屋上―


ラフィエル「……」ボー

ヴィーネ「ガヴ。はい、あーん……」

ガヴリール「あーん」パクッ モグモグ

ガウリール「……うん! やっぱり、ヴィーネの料理は世界一だな!」ゴクン

ヴィーネ「ふふ……それは良かったわ♪」

ガヴリール「私もヴィーネにするよ。あーん……」

ヴィーネ「……あーん///」パクッ 

ヴィーネ「……」モグモグ

ヴィーネ「ガヴにやってもらえると美味しくなるわね///」

ガヴリール「……そうか///」テレテレ


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 22:53:07.815 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「……」

サターニャ「どうしたのよ、ラフィエル。ぼーとして」

ラフィエル「あ、サターニャさん……売店で何を買ってきました?」

サターニャ「メロンパンを買ってきたわ」

ラフィエル「……そうですか」

サターニャ「元気ないわね。ほんとにどうしたのよ?」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 22:55:24.669 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「……」

ラフィエル「ガヴちゃん達が羨ましいなと思いまして……」

サターニャ「ラフィエルもこういうことしたいの?」

ラフィエル「……」チラッ


ガヴリール「ヴィーネ///」イチャイチャ

ヴィーネ「ガヴ///」イチャイチャ


ラフィエル「……」

ラフィエル「……ここまでしなくていいですね」

サターニャ「確かに」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 22:56:49.998 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「まあ、誰かさんは鈍感で、こういうのに興味ないと思いますけど」チラッ

サターニャ「(こっち見た!)そうね///」

サターニャ(やっぱり、ラフィエルは私のことを///)

ラフィエル「……?」

サターニャ「そういえばさ……この空間に入れずに、一人でいるような気分を味わった感想はどう?」

ラフィエル「……サターニャさんの気持ちがよく分かりました」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 22:57:42.214 ID:8T1xGfZr0.net

―放課後―


ヴィーネ「それじゃあ、私達はこっちだから……またね!」

ガヴリール「じゃあな。サターニャ、ラフィ」テクテク

ラフィエル「ガヴちゃん、ヴィーネさん。また明日」ペコリ

サターニャ「バイバイ! ガヴリール! ヴィネット!」ノシ


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:00:44.298 ID:8T1xGfZr0.net

サターニャ「……」スタスタ

ラフィエル「……」スタスタ

サターニャ(気まずいわね……)

サターニャ(魔法のランプを拾ってから、今日で3日目が経った)

サターニャ(何も願いは叶えなかったけど、ランプが消えるときに、ラフィエルの弱点を聞いた)

サターニャ(ラフィエルの弱点は私だった。察するに、ラフィエルは私のことを好き……っていうことよね///)

サターニャ「……」

サターニャ(ああもう! これから先、どう接すればいいのよ!)


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:02:27.420 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「サターニャさん」

サターニャ「!!」ビクッ

サターニャ「な、何よ!」

ラフィエル「私の家はこっちですから、ここでお別れです」

サターニャ「あ……ああ、そうね」

サターニャ(か、考え事してたら、分かれ道まで来ちゃった)

ラフィエル「では……また明日、お会いしましょう」ニコッ

サターニャ「うん……またね!」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:04:11.595 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「はあ……」スタスタ

ラフィエル(最近、サターニャさんとあまり話せてませんね……)

ラフィエル(避けられている……? いえ、そんなことはありません)

ラフィエル(……)

ラフィエル(私もサターニャさんと、ガヴちゃん達のような関係になりたいな……)

ラフィエル「……」スタスタ

ラフィエル「あっ、もう家に着きましたか」


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:06:53.804 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「ただいまー」ガチャッ

ラフィエル「さて、明日の予習でもしますか。その後に毎日の日課である、千里眼でサターニャさん家を覗いて……」スタスタ  ピタッ

ラフィエル「…………?」

ラフィエル「なんですかこのランプは……」ヒョイッ

ラフィエル「今朝、家を出るとき、机の上にこんなものなかったはず……マルティエルが持ってきたのでしょうか?」

ラフィエル「しかし……綺麗なランプですね」

ラフィエル「おとぎ話のように擦ったら、なにか起きたりして……!」サワサワ


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:08:23.813 ID:8T1xGfZr0.net

ランプ「」ガタガタガタ

ラフィエル「……? 今、動きましたか?」


ランプ「」  ボン!


ラフィエル「きゃっ!?」

ランプの精霊「……」

ラフィエル「……」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:19:22.772 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「こんにちは」ニコッ

ランプの精霊「ああ、こんにちは。君が私を呼び出したのか?」

ラフィエル「ええ、そうですが……どちら様でしょうか?」

ランプの精霊「私はランプの精霊。なんでも願いを叶えられる存在だ」


ランプの精霊「それでお嬢さんの願いはなんだ?」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:21:19.399 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル(……驚きました。昔、絵本で読んだ出来事が、目の前で起こっています)

ラフィエル「なんでも……ですか?」

ランプの精霊「ああ、なんでもだ。大金持ちになりたいとか」

ラフィエル「私の家は、お金をたくさん持っているので結構です」

ランプの精霊「……世界を我が物にしたいとか」

ラフィエル「そんなことしたら、神様に怒られてしまいます」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:26:03.772 ID:8T1xGfZr0.net

ランプの精霊「そういえば、君は天使だったな」

ラフィエル「!! 分かるんですか!?」

ランプの精霊「まあな」

ランプの精霊「それで……なにか叶えたい願いはあるか?」

ラフィエル「………………ないですね」ニコッ

ランプの精霊「本当か?」

ラフィエル「はい」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:38:14.481 ID:8T1xGfZr0.net

ランプの精霊「言っておくが、私は人の心を読めるぞ。それは天使も例外ではない」

ラフィエル「!!」

ランプの精霊「……」

ラフィエル「……」

ランプの精霊「……まあ、無理に願いを言う必要はない。前に、自分の願いは自分で叶えると言っていた少女もいるしな」

ラフィエル(まるで……サターニャさんのような方ですね)

ランプの精霊「では、願いがないなら私は帰るぞ」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:41:10.175 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「ま、待ってください!」

ランプの精霊「どうした?」

ラフィエル「なぜ……私の前に現れたのですか?」

ランプの精霊「それは気まぐれ……というよりも、気づいたらここにいた」

ランプの精霊「理由はないな」

ラフィエル「そうですか……」

ランプの精霊「それだけか?」

ラフィエル「えーと……あの……その……」

ランプの精霊「…………好きな人がいるが、その子が自分をどう思っているかが、気になるのか」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:42:22.805 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「!!」

ラフィエル「……はい」

ランプの精霊(……好きな相手はサターニャか)

ランプの精霊「別に教えてもいいが……どうする?」

ランプの精霊「それとも、願いでその子の気持ちをラフィエルに向けることもできる」

ラフィエル「そ、そんなことができるんですか!?」

ランプの精霊「ああ、できる。その子の感情を君に向けるだけだ」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:44:12.005 ID:8T1xGfZr0.net

ランプの精霊「誰でもラフィエルを好きになる可能性がある。だから、その気持ちは偽りではない」

ラフィエル(なんて……なんて魅力的な提案……)

ラフィエル(一刻も早くサターニャさんと付き合いたい! けど……)

ラフィエル(本当にそれでいいのでしょうか……)

ランプの精霊「……」

ラフィエル(私は……)

ランプの精霊「……叶えたいものがないなら、これで失礼する」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:45:17.499 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「わ、私は……!」

ランプの精霊「……なんだ?」

ラフィエル「私は自分の力で欲しいものを、手に入れないと駄目なんですよ!」

ラフィエル「あなたに頼って、サターニャさんと付き合えても……なぜ、私を好きになったのか分かりません! そんなのは嫌です!」

ラフィエル「だから……ランプさんに叶えて欲しい願いはありません!」

ランプの精霊「……そうか。分かった」

ランプの精霊(サターニャと似た者同士だな)


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:46:10.741 ID:8T1xGfZr0.net

ランプの精霊「では、私は帰るとしよう」

ランプの精霊「……」

ランプの精霊「告白、成功するといいな」ボソッ

ラフィエル「……!」

ランプの精霊「さらばだ」シュン


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:47:50.512 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「……消えた」

ラフィエル(ランプさん……ありがとうございます)

ラフィエル「では、サターニャさんに会いに行きましょう」

ラフィエル「私の一世一代の大勝負! 見ていてください!」

ラフィエル「神足通!」シュン


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:48:44.857 ID:8T1xGfZr0.net

―サタニキア邸―


サターニャ「……」

サターニャ「なんか最近つまらないわね。ラフィエルも導いて(いじって)こないし……」

サターニャ「……ラフィエル」ボソッ


ラフィエル「サターニャさん」

サターニャ「ら、ラフィエル!? 勝手に入ってこないでよ!」

ラフィエル「あっ、すみません」

サターニャ「で、今日は何の用なのよ。そういえば久々じゃない? 私に家に来るのは」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:49:43.566 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「そうですね……ねえ、サターニャさん」

サターニャ「何?」


ラフィエル「……」スーハー グッ

ラフィエル「私……サターニャさんのことが」


「好きです」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:51:09.001 ID:8T1xGfZr0.net

サターニャ「……」

ラフィエル「……」

サターニャ「……」

ラフィエル「……」

サターニャ「……」

ラフィエル「……すみません。失礼しました」ダッ

サターニャ「ちょ、ちょっと!? 待ちなさいよ!」ガシッ

ラフィエル「は、離してください! もう分かりましたから!」ジタバタ


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:52:26.364 ID:8T1xGfZr0.net

サターニャ「私の気持ちを勝手に決めてんじゃないわよ!」

ラフィエル「いいんです……さっきの反応で分かりました」

サターニャ「……ああ、もう!」スッ

ラフィエル「な、なんです―――」チュッ

ラフィエル「……」

ラフィエル(さ、サターニャさんに……き、キスされ……///)カアア


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:53:23.402 ID:8T1xGfZr0.net

サターニャ「私は、誰かを好きになったことないから、分からないけど……」

サターニャ「あんたとのキスは嫌じゃなかった。ほんとよ?」

ラフィエル「サターニャさん……」ツー

サターニャ「泣かないでよ! だからね……」

サターニャ「私があんたのことを好きって気づいたら、その時私から告白するから―――」


「それまで待っていなさい! ラフィエル!」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:55:39.760 ID:8T1xGfZr0.net

ラフィエル「……」

ラフィエル「はい……待っています」

ラフィエル「いつまでも……待っています」ポロポロ

サターニャ「うん、よろしい!」ニコッ

ラフィエル「サターニャさん、大好きです」ギュッ

サターニャ「ええ……必ず答えるから……待ってなさい」ギュッ





ランプの精霊「……」

ランプの精霊「あの二人は大丈夫そうだな」

ランプの精霊「良かったな、ラフィエル。サターニャならきっと、ラフィエルの思いに答えてくれるだろう」

ランプの精霊「……幸せにな」


            ―完―


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/04(月) 23:56:22.818 ID:8T1xGfZr0.net

終わりです もうちょっとだけ続きます
 
次回 ガヴリール「魔法のランプ?」



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿