TOP > 進撃の巨人 > アニ「美少女兵士アニちゃん参上!」

アニ「美少女兵士アニちゃん参上!」

2017/09/14 15:04 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 22:57:45 ID:PAIQwhGA

クリスタ「暇だからトランプで遊ばない?」

ミーナ「いいよ~」

ユミル「クリスタと遊べるならなんだっていいぞ」

アニ「暇つぶしにはなるか」

サシャ「私もいいですよ。あとどうせなら罰ゲームでもしません?」

ユミル「お、いいじゃねえか。じゃあビリは一位の言うことを一つ聞くでどうだ?」

みんな「さんせーい」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 22:58:50 ID:PAIQwhGA

ミーナ「やった!私が一位!」

アニ「…ビリ」

ミーナ「ふっふっふ…じゃあアニはエレンに恥ずかしい台詞を言ってきて」

アニ「はぁ!?」

ユミル「おもしろそうじゃねえか。ちゃんと言ってこいよ」

クリスタ「私たち見守っているからね」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:01:01 ID:PAIQwhGA

アニ「ど、どうしても?」

ユミル「今更逃げるはなしだぜ?」

アニ「だけど恥ずかしい台詞なんて…」

ミーナ「大丈夫!ちゃんと考えてあるから」

アニ「大丈夫なのかそれ?」

ミーナ「とりあえず『美少女兵士アニちゃん参上!』って言ってきて」ニコッ

アニ「…」ゲシゲシ

ミーナ「ちょ、やめ、無言で蹴らないで!」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:03:01 ID:PAIQwhGA

アニ「でもこんなことやっているのミカサにばれたら」

ミーナ「ミカサならアルミンと二人で書庫にいるはずだよ。だから問題なし!」

ユミル「エレンには適当に口封じしておけばいいだろ」

アニ「…はぁ」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:05:57 ID:PAIQwhGA

アニ(結局やるハメになった…さっさとやって戻るか)


アニ「なあエレン、ちょっといいか」

エレン「おう、どうしたアn」


アニ「び、美少女兵士アニちゃん参上!」カオマッカ


エレン「」

アニ「じゃあね。このことは誰にも言うんじゃないよ」スタコラサッサ


エレン「な、何だったんだ今のは…」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:07:19 ID:PAIQwhGA

アニ「もうこれでいいだろ…///」プルプル

ミーナ(顔真っ赤にして震えているアニ可愛い!)

ユミル「そうだな。終わりにしよう」震え声

クリスタ「じゃあ次行こう」

サシャ(一位になってパンを…)


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:09:58 ID:PAIQwhGA

アニ「またビリ…」

クリスタ「やった!一位!」

ユミル(はしゃぐクリスタ可愛い)

ミーナ「罰ゲームは?」

クリスタ「えーと、じゃあエレンに『アニだにゃー』って言ってきて。もちろん猫の手で」

アニ「」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:11:36 ID:PAIQwhGA

アニ「また?」

クリスタ「大丈夫!恥ずかしいのは一瞬だから」

アニ「あんたがビリになったら覚えておきなよ」

ユミル(クリスタだにゃー…なにそれ最高)


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:14:30 ID:PAIQwhGA

エレン「アニの奴何がしたかったんだ」

アニ「エレン…」

エレン「あ、アニ。さっきはどうしt」


アニ「アニだにゃー」ニャン


エレン「ファ!?」

アニ「…」全力ダッシュ

エレン「あ、おい!」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:16:32 ID:PAIQwhGA

アニ「もう…いいだろ…」ジワァ

ミーナ(泣いちゃった!でも可愛い!抱きしめたい!)

クリスタ「ごめんね。ちょっと悪ふざけが過ぎたかな」

ユミル「さーて次いくぞー」

サシャ(次こそは…)


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:19:14 ID:PAIQwhGA

アニ「また…ビリ…」プルプル

ユミル「よっしゃ一位!」


ユミル「そうだなぁ…じゃあ抱きついてこい!」親指グッ

アニ「ふぇ…」グスン

クリスタ「ちょっとユミル!?」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:21:39 ID:PAIQwhGA

クリスタ「さすがに酷いよ(私が言うのもちょっと変だけど)」

ユミル「こればっかりは譲れないね。嫌なら明日の朝食を芋女にやるんだな」

サシャ(よっしゃ!)グッ

アニ「…やる」グスン

サシャ(あれ~?)


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:24:03 ID:PAIQwhGA

アニ「エレン…」

エレン「アニか…なあ、お前大丈夫か?もう寝た方が…」

アニ「…」ギュ

エレン「おい!?」

アニ(もうどうにでもなれ)ギュー


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:26:09 ID:PAIQwhGA

エレン(アニに抱きつかれて…あばばばばばばばばばばば)

エレン(何だこの可愛い生き物は。やばい、いい匂い抱きしめたい)

エレン(大丈夫だよな)ギュ

アニ「!」ビク

エレン「あ、嫌だったか?」

アニ「…」フルフル

エレン(無言で頭振るアニ…いいな)


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:28:45 ID:PAIQwhGA

クリスタ(きゃーー!!)

ミーナ(アニをあんな風に抱きしめたい)

ユミル(クリスタをあんな風に抱きしめたい)

サシャ(そこだ!ちゅーしろ!)


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:31:04 ID:PAIQwhGA

アニ「…」パッ

エレン「あっ」

アニ「ごめんエレン…さっきまでのは罰ゲームなんだ。気を悪くしてすまない」

エレン「そうか…」シュン

アニ「よ、よければ今度罰ゲームとか抜きで…」モジモジ

エレン「!?」

女子一同(!?)


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:33:22 ID:PAIQwhGA

エレン「あ、その…俺なんかでよければ…こっちからもよろしくたのむ」

アニ「う、うん…」

エレン「じゃ、じゃあな!また明日!」ダッ

アニ「じゃあね」手フリフリ


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:35:07 ID:PAIQwhGA

ミーナ「いやーアニさん」ニヤニヤ

ユミル「青春ですなー」ニヤニヤ

クリスタ「可愛かったよー」ニヤニヤ

サシャ「あそこでちゅーしてれば最高でした!」ニヤニヤ

アニ「うるさい」ゲシゲシゲシゲシ

女子一同「痛い!」










ミカサ「アニ…さっきエレンに何したの…」ゴゴゴゴ

女子一同「あ」


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:37:51 ID:PAIQwhGA

アニ「何のことだ?」

ミカサ「とぼけないで。エレンからあなたの匂いがした」

ユミル(うわぁ、匂いとか)

アニ「ああ。たしかにエレンに抱きついたよ」

ミーナ(ちょ、アニ!?)

アニ「そしてあいつからも抱きしめられた。今度また同じことをする約束もある」

ミカサ「え、え?」

クリスタ(ミカサがうろたえている)

サシャ(珍しいですね)


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:40:11 ID:PAIQwhGA

ミカサ「そう、ならば明日の朝食時にやってもらおう」

クリスタ「え、それは」

ミカサ「もちろんみんなの見ている前で。これができるなら許そう」

ユミル(許そうって…何様のつもりだよ)

アニ「…」


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:42:24 ID:PAIQwhGA

ミカサ(アニはそんなことをする人じゃない)

ミカサ(こんな条件を突きつければ諦めるしかないだろう)

ミカサ(そうすればエレンに悪い虫がつくことはない…我ながら完璧)


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:44:06 ID:PAIQwhGA

朝食の時間


ミカサ(アニももう少しで終わり…)モグモグ

アルミン(ミカサが何か企んでいる顔している。関わらない方がよさそうだな)モグモグ

エレン(アニ、いつにしてくれるんだろうなー)モシャモシャ


アニ「エレン、ちょっといいかい」

ミカサ「!?(ま、まさか…)」

エレン「お、おう!何だアニ」

アニ「立ち上がってくれ」

エレン「?」ガタッ


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:45:03 ID:PAIQwhGA

アニ「えい!」ギュ

エレン「へ?」

アルミン「え?」

ミカサ「」

全員「!?」


35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:47:34 ID:PAIQwhGA

ミカサ「そんな…バカな…」ガタガタ

エレン「おいアニ、皆が見ているぞ」アタフタ

アニ「気にしない。それより屈んで」

エレン「こ、今度は何だ」

アニ「んっ」チュ

エレン「ん!?」チュ

全員「え!?」


ミカサ「」


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:50:24 ID:PAIQwhGA

エレン「おいアニ、恥ずかしいだろ!」

アニ「いいだろ別に…あんな約束したんだ。もう恋人同然だろ」

エレン「だからってなぁ…」

アニ「嫌だった?」

エレン「…嫌じゃねえよ」プイッ

アニ「そう…よかった」ニコ



ミカサ「」ブクブク

終わり


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 23:52:24 ID:PAIQwhGA

ミカサの扱いが酷いけど決してミカサが嫌いな訳じゃないよ
ただミカサ以上にアニが好きだけのこと。ただそれだけ

どうもありがとうございました



『進撃の巨人』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿