TOP > シンデレラガールズ > 十時愛梨「催眠アプリ」

十時愛梨「催眠アプリ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:17:50.38 ID:IPhJqiVq0

愛梨「はい、あーん♪」

P「あーん♪」

愛梨「お弁当、美味しいですか?」

P「うん、とっても美味しいよ!さすがだな愛梨は」ナデナデ

愛梨「えへへ・・・あっ!じゃあ次はこのラブラブカップルジュースっていうの飲んでみませんか?」

P「ああ、そうしよう」

愛梨「じゃあ一緒に飲みましょう♪」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:19:26.16 ID:IPhJqiVq0

P「おっ!ストローがハート型だ」

愛梨「なんだかラブラブになったみたいですね、Pさん」

P「みたいじゃなくてラブラブだろ」

愛梨「あ~あ、ずっとこんな時間が続けばいいのにな・・・」

P「ずっと続くさ、決まってるだろ」ぎゅっ

愛梨「Pさん・・・うれしいです」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:20:07.61 ID:IPhJqiVq0

愛梨「あっ・・・もう時間ですね」

P「時間?まだ大丈夫だろ」

愛梨「えへへ、本当はもっとこうしていたいんですけど・・・今はまだ我慢します」

P「まあ用事があるなら仕方ないか、また誘うよ」

愛梨「はい、今日は楽しかったです!」

P「送るよ」

愛梨「いえ、近いから大丈夫です」

P「・・・そうか、気をつけてな」

愛梨「はい!大好きですPさん」

P「俺もだよ愛梨」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:20:37.69 ID:IPhJqiVq0

P「おや?電話だ」

P「おっ!彼女からだ!!」

P「今日のデートについてかな?」

P「え?今何処かって?ああ、まだ遊園地だよ。今日は楽しかったな!」

P「えっ?ちょ、ちょっと待ってくれよ!一緒に遊んだじゃないか」

P「あ、あのっ・・・切れた」

P「一体どうなってんだ?でも、フォロー入れとかなきゃな・・・」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:22:02.32 ID:IPhJqiVq0

愛梨「おはようございますPさん♪」

P「おう、おはよう愛梨」

愛梨「どうしたんですか?元気、なさそうですけど・・・」

P「ん、ああ個人的なことだよ」

愛梨「また『彼女』さんのことですか?」

P「・・・う~む愛梨にはなんでも見透かされちゃうな」

愛梨「えへへ、Pさんの担当アイドルですから」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:22:42.69 ID:IPhJqiVq0

P「一緒にデートに行ったのに、いろいろ機嫌損ねちゃったみたいでさ・・・」

愛梨「でも、仲良くお出かけしてたんですよね?」

P「ああ・・・すっごくいい感じだったんだけどさ」

愛梨「かわいそうなPさん・・・私ならPさんにそんなひどいこと絶対にしないのに・・・」

P「いや、まあきっと俺が何かやっちゃったんだと思うんだ・・・だから今度またデートに誘って機嫌直してもらおうと思ってる」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:23:31.41 ID:IPhJqiVq0

愛梨「Pさん、そこまでする必要あるんでしょうか・・・」

P「そりゃあ、きっと俺が悪いわけだしさ」

愛梨「私は・・・私はそんな人とは付き合わないほうがいいと思います」

P「う~んでもさ、好きなんだ・・・だからできる限りなんでもしたい」

愛梨「・・・・」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:24:31.64 ID:IPhJqiVq0

P「いろいろ愚痴聞いてもらって悪かったな、ありがとう」

愛梨「いえ、私にできることならなんでも頼って下さい」

P「ほんと、できた妹分だよ・・・お前みたいな妹が本当に居てくれたらいいのにな」ナデナデ

愛梨「えへへ・・・♪」

P「よっし、気持ち切り替えて今日もお仕事がんばろうか」

愛梨「はい!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:26:16.35 ID:IPhJqiVq0

P「ありがとうございました!」

愛梨「ありがとうございました」

P「今日も無事に仕事が終わってよかったな」

愛梨「そうですね!あっそうだこの後」

P「おっ!彼女から電話だ」

愛梨「・・・・・」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:26:47.90 ID:IPhJqiVq0

P「うん・・・うん・・・いや!俺も悪かったよ、もうしない・・・ごめんな、それじゃあ」

愛梨「もう終わりましたか」

P「ん?ああ、すまん待たせちゃったな」

愛梨「いえ、どんな内容のお電話でしたか」

P「彼女がな、言いすぎて悪かったって・・・」

愛梨「・・・そうなんですか」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:27:53.08 ID:IPhJqiVq0

P「うん、ほんと・・・いい彼女だよ、俺が悪いのにさ・・・大事にしないとな」

愛梨「Pさん」

P「ん?どうした愛梨・・・ってなんだ写メでも撮るのk」

愛梨「このカメラの部分、よく見ててくださいね」

P「?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:29:17.75 ID:IPhJqiVq0

P(な、なんだ?身体が動かない)

愛梨「びっくりしました?」

P(愛梨?)

愛梨「あっ無理に動こうとしなくてもそのままでいいですよ♪聞いていてくれれば」

愛梨「ちゅっ・・・えへへ、やきもち妬いちゃったからイジワルしますね♪」

愛梨「Pさんも、そのまま私にチュウしてください」

P「お、おい!身体が勝手に・・・一体どうなって!?んむっ!?」

愛梨「えへへ、ふたりのファーストキス♪写真に撮っちゃいます」パシャ


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:31:12.36 ID:IPhJqiVq0

愛梨「これ、待受にしちゃいますね?答えは聞いてません♪」

P「な、なあ・・・これはいったい・・・?」

愛梨「アイドル限定、催眠アプリです」

P「は?」

愛梨「うちのアイドルならきっと皆が持ってると思いますよ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:32:22.76 ID:IPhJqiVq0

愛梨「もうっ、ダメですよPさん・・・愛梨がいるのに他の女の子のこと好きになったら」

P「な、なにを・・・言って・・・」

愛梨「遊園地」

P「!?」

愛梨「たのしかったですね♪」

P「お、おまえ・・・まさか・・・!?」

愛梨「あはっバレちゃった、でも残念でした時間切れですっ♪」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:33:21.43 ID:IPhJqiVq0

愛梨「Pさんは私が合図したらさっきの記憶、ぜ~んぶなくなっちゃうんですよ」

P「あ、愛梨!!」

愛梨「ぱっちん♪」

P「」

愛梨「Pさん?」

P「さ、早く帰ろうか愛梨」

愛梨「はいっ、そうだ!ちょっとだけ寄り道していきませんか?」

P「ん?仕方ないなあ、ちょっとだけだぞ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:34:46.81 ID:IPhJqiVq0

愛梨「おはようございまーす」

P「おう、おはよう」

愛梨「はいっPさん」パチン

P「」

愛梨「ぜーんぶ知ってるんですよ、昨日『彼女』さんとどんなお話したのか・・・私知りたいなー?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:35:41.68 ID:IPhJqiVq0

P「そろそろ・・・けっこん・・・したいって・・・」

愛梨「それはどちらから言い出したんですか?」

P「おれ・・・です」

愛梨「いけないPさんですね・・・お仕置きにぺろぺろしててくださいね♪」

P「ぺろぺろ」

愛梨「ひゃ・・・くすぐったい・・・んっ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:36:18.30 ID:IPhJqiVq0

愛梨「それにしても、本当に悪いPさんです」ナデナデ

P「ぺろぺろ」

愛梨「今まで何度も『彼女』さんと別れた方がいいって警告してたのに、ちっとも聞いてくれないんですから」

愛梨「しょうがないなぁ・・・ふふっ」

愛梨「Pさんは合図を送ると次に気がついた時に・・・・ふふふっあはっ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:37:01.18 ID:IPhJqiVq0

愛梨「Pさん♪」

P「愛梨、待たせちゃったな・・・ごめん」

愛梨「いいですよ、いま来たところですからっえへへ」

P「ん?着けて来てくれたのか・・・指輪」

愛梨「はいっ・・・だって特別なものですから」

P「実は俺も着けて来てるんだ」

愛梨「とっても似合ってますよ」

P「はははっ・・・なんか照れるな」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:37:43.51 ID:IPhJqiVq0

愛梨「それじゃあ、行きましょうか」

P「ああ・・・おっと電話だ」

愛梨「誰からですか?」

P「う~んと・・・うわ、またあのストーカー女か・・・」

愛梨「迷惑ですね、あっそうだ!私に出させて下さい」

P「相手は気が違ってるようなヤツだぞ、大切な愛梨にそんな危ないことさせられない」

愛梨「大丈夫ですよっ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:38:40.55 ID:IPhJqiVq0

愛梨「もしもし・・・ふふっこんにちは」

愛梨「また掛けてきちゃったんですね、もうやめようって思わないんですか?」

愛梨「くすっ・・・いつも言ってるじゃないですか、仕返しですよ・・・えへへ」

愛梨「でも、もう飽きちゃったんで終わりにしますね」

愛梨「せっかくのデートを邪魔されちゃうのは困るので」パチン

愛梨「この電話が切れたらあなたはPさんに関することをぜーんぶ忘れちゃいます」

愛梨「それじゃあさようなら、泥棒猫さん♪」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/02(土) 20:39:31.99 ID:IPhJqiVq0

おわり
とときんに洗脳されたい



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿