TOP > アイドルマスター > 貴音「『ラーメン みき屋』?」

貴音「『ラーメン みき屋』?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:13:40.21 ID:OleR+TIm0

貴音「……ふむ」

貴音(真っ白で綺麗な外観、新しく出来たお店のようですね)

貴音(丁度小腹が空いてきたところにこの出逢い……そして店名)

貴音(そこはかとなく、運命のようなものを感じますね)

貴音「……いざ」

※このSSの貴音はアニマスよりもSPに近い設定になっています。


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:25:20.95 ID:OleR+TIm0

ガララッ

<ラッシャッセー

貴音(さて)

食券機『どいつが食べたいんだ? ん?』

貴音(メニューは白醤油ラーメンのみ……しかしオプションが多彩ですね、ん?)

食券機『白醤油はたまり醤油に変更できるぜ?』

貴音(+70円でたまり醤油に変更可……! なんと、なんという魅惑!)

貴音(しかし、黒井社長から「貴音ちゃんは一食千円で抑えるように!」と言われてしまっています……)

貴音「ここは、白醤油でオプション追加を選びましょう!」

ピッピッピッ

『のり増し白醤油ラーメン』『味玉増』

貴音(なんとか千円以内に抑えるのに悩みましたが、これでいいでしょう)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:31:09.13 ID:OleR+TIm0

店員「奥の席からどうぞー」

貴音「」スチャッ

店員「食券お預かりします」

貴音「これを……」スッ

店員「……えー、サービスで小ライスかライスか杏仁豆腐が付きますが」

貴音(なんと! 私にその三つから一つを選べというのですか!)

貴音(普段の私なら即答で『ライス』と答えるところ、ですが私は見てしまったのです)

メニュー『ライス肉のせ100円』

貴音(私はライスを頼んでしまえばあの誘惑に負けてしまう……! だからここは!)

貴音「杏仁豆腐を」

店員「はいっ、かしこまりました。中白一丁、ノリ、玉マシ! 杏仁一つ!」

貴音(さて……)



客1(なんかあそこの席だけラーメン屋の空気じゃないんだけど)

客2(なんかあの子見たことある気がする)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:38:09.22 ID:OleR+TIm0

貴音(内装も綺麗ですね。少々ラーメン屋のイメージには反しますが、新しい店ということですしこんなものでしょうか)

貴音(それにしても、道路に面した壁は全面ガラス窓、その他の壁は白いタイル板とは)

貴音(中々面白い内装ですね……今度二人を誘ってみても良いかもしれません)

携帯『ナニモーイワーズニー♪』

貴音「む、メールが」

『From:響
 件名:美希は今からラジオの収録
 本文:「お腹すいたのー」って言って美希が動かないんだ! どうしたら良いかなぁ』

貴音「……」

店員「こちら白醤油ラーメンと、ノリ味玉マシです」

貴音「ありがとうございます」サッ

貴音「……」

貴音「……」ピロリンッ♪


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:40:57.43 ID:OleR+TIm0

『To:響
 添付:画像
 本文:なし』

貴音「……」ソーシンッ

貴音「さて、では頂きましょう」



響「あ、貴音から変身……が……!?」

貴音『
17090818441.jpg


響「うぎゃー! これでどうしろって言うんだ貴音ぇー!」

美希「うぁー……おにぎりエナジーがコカツしてるの、もうダメなの」

黒井(たらこオニギリを作ったんだがどうやって渡すべきか……)[壁|(・д・`。 )))


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:45:14.32 ID:OleR+TIm0

貴音「頂きます」ガッショウ

貴音「」ズルズル

貴音「……!」

貴音(なんというあっさりとした醤油スープ! 固めに茹でられた麺の食感と共に、非常に食べやすいラーメンを作り上げています!)

貴音「!」ティントキタ!

貴音「こんなに海苔があるのです、一度やってみたかったあの食べ方を……」

麺『海苔のビキニで私マーメイッ!』

貴音「海苔二枚で挟み込むように麺を!」ズルズルズル

貴音「……!」

貴音「(*´∀`*)」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:52:56.43 ID:OleR+TIm0

貴音(麺、麺、メンマ、麺……そして海苔)

貴音(良いリズムです、私の舌を満足させるには十分……しかし! まだ『残っています』!)

チャーシュー『嬢ちゃん、ワテ食うたら太るで』

貴音(嗚呼、この肉厚さ……そしてたっぷりと目に見えてプルプルとしている脂身!)

貴音(唾液が口の中を湧き出し、今か今かとこの肉が来るのを待っています……!)

チャーシュー『太るでしかs』モグッ

貴音「」モグモグ

貴音「……!」

貴音「……」

貴音「(*´▽`*)」パアァァァァァ



店員(やべぇよあの子めっちゃ笑顔だよ可愛いよ)

客1(可愛い)

客2(あ! 思い出した! あれアイドルの四条貴音だ! ああ^~ファンになる~~)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:58:15.13 ID:OleR+TIm0

店員「杏仁豆腐です」

貴音「はい、ありがとうございます」サッ

貴音(なんの飾り気もない杏仁豆腐……しかし、あっさりとはいえ油分の多いラーメンの後にはこれで十分です)

貴音(さて、杏仁豆腐の前に、このスープを……)ゴクリ

貴音「」コクコクコクコク……

貴音「ぷはっ」

貴音「では、杏仁豆腐に……」



店員(正面のアングルからあの笑顔を見れる俺勝ち組ヒャッホゥ)

客2(店員そこ代われ)

店員(こいつ……直接脳内に!?)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 20:03:51.07 ID:OleR+TIm0

貴音「!」ティントキタ!

貴音「……」ピロリンッ♪

『To:美希
 添付:画像
 本文:美希の収録が終わったら一緒に行きませんか?(´・ω・`)』

貴音「……」ソウシンッ




携帯『ジャアネナンテイーワナイーデー♪』

響「おーい美希ぃー、ケータイ鳴ってるぞ」

美希「ん、取ってー」モグモグ

響「ほい」スッ

美希「……」カチカチ

美希「!」

美希「社長! こんなことしてる場合じゃないの、早くラジオ局に行くの!」

黒井「何ィ!? ようやく渡したというのにゲフンゲフン」モグモグゴホッ

響(社長……)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 20:07:20.46 ID:OleR+TIm0

貴音「では改めて」

貴音「」モキュモキュ

貴音(柔らかめの杏仁豆腐が、ラーメンの後の口の中を癒しますね……)モキュモキュ

貴音「」モキュモキュ

貴音「」パクッ

貴音「」モキュモキュ



客1(何あの可愛い生き物)

客2「」スッ

961HP『四条貴音 公式プロフィール』

客1(! これは……)

客2(アンタも仲間になろうぜ)

客1(ああ^~ファンになる~~)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 20:13:08.48 ID:OleR+TIm0

貴音「」モキュモキュ

貴音「」カチャンッ

貴音「?」

器『杏仁豆腐はもう品切れですわー、スンマセン』

貴音「(´・ω・`)」

携帯『ナニモーイワーズニー♪』

貴音「む」

『From:美希
 本文:行くの! 超行くの! だから夜一緒に行こうね』

貴音(美希もラーメンの魅力を理解しましたか……)←杏仁豆腐の画像しか送ってない

貴音(私も、あの方と共にラーメン屋に入ってからというもの、その魅力に取りつかれ……)

貴音(おっと、無意味に長居してもお店に迷惑ですね)

貴音「ごちそうさまでした」

店員「はい、ありがとうございましたー」

貴音「また来ます」

ガララッ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 20:18:26.13 ID:OleR+TIm0

~その夜~

貴音「ここです」

響「へぇ……『ラーメン みき屋』だって! 美希」

美希「あれ? 杏仁豆腐のお店じゃなかったんだ。ま、いっか♪ ミキもお腹すいてるし」

響「ていうかなんで社長まで……」

黒井「夜道を女の子だけなんて危険だろう! 今日は私が送っていくぞ」

美希(過保護なの)

貴音「さあ、早く入りましょう! 私はたまり醤油を頼むと決めているのです!」

黒井「そうだな。では今日はセレブな私が奢ってやろう! なに、君たちにはこれから何倍にもして返してもらうからな!」

響「おー! 流石太っ腹だぞ!」

貴音「では私はライスの肉のせを……!」

黒井「好きに頼むが良い!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 20:22:45.91 ID:OleR+TIm0

―――――――――
―――――
――

貴音(……こうして、共に食事をする)

貴音(それだけのことですが、この上ない私の幸せなのです)

貴音(……そんな幸せを生み出してくれた場所は、)

貴音(さながら美希のようなカリスマがあるのでしょうか)

響「もー、貴音置いてくぞー」

美希「今日の晩御飯はー♪」

貴音「『ラーメン みき屋』、ですか」

END


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 20:25:40.33 ID:OleR+TIm0

近所につい最近出来たラーメン屋の名前が『みき屋』だと知り、ほぼ衝動的に食べに行ったのがつい昨日。
あまりの美味しさに、ほぼ無意識にこのSSを書き始めてました。
ぶっちゃけるとただのレビューSSです。

読んでくれた方は、ありがとうございました。参考画像でも見て存分にお腹を空かせていただけると幸いです。


↓ほかの方によるお店紹介
http://bob3.seesaa.net/article/377409012.html



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿