TOP > シンデレラガールズ > まゆ「はぁい、だっこですよー? だっこだっこー♪」

まゆ「はぁい、だっこですよー? だっこだっこー♪」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 00:59:14.93 ID:j3w46fdUO

こずえ「まゆー…、だっこー、してー……」

まゆ「あら? だっこですか?」

こずえ「うんー……」

まゆ「はいはぁい。えー、よいしょ! ほーら、だっこですよぉ」

こずえ「わぁー……♪」

まゆ「はーい、だっこだっこー♪」

こずえ「…………」ジー

まゆ「あらぁ? どうしました?」

こずえ「んふー……」ギュッ

まゆ「あらあら……♪」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 01:06:52.01 ID:j3w46fdUO

幸子「おはようございま……。って、まゆさん?」

まゆ「あら、幸子ちゃん。おはようございます」

幸子「こずえちゃんをだっこして……。なんというか、とっても似合ってますね」

まゆ「そうですかぁ? うふふ……」

幸子「お母さんみたいです」

こずえ「まゆー…、お母さんー……?」

まゆ「はぁーい♪」

こずえ「んふふー……♪」ギュッ

幸子「…………」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 01:13:35.12 ID:j3w46fdUO

まゆ「後で幸子ちゃんもだっこしてあげますよぉ?」

幸子「うぇっ!? い、いやー、そのー……。ぼ、ボクは赤ちゃんじゃないので、そんな、だっこなんて……」

こずえ「まゆー、いいにおいー……」

まゆ「そうですかぁ?」

こずえ「まゆー、やわらかいー……♪」

まゆ「うふふー♪」

幸子「…………」

こずえ「んふー……♪」

幸子「う、うぅ……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 01:25:49.72 ID:j3w46fdUO

P「戻ったぞー」

まゆ「おかえりなさい、Pさ……」

幸子「プロデューサーさん! こっち来てください!」

P「お、お! なんだなんだ、引っ張ると危ないぞ」

こずえ「ぷろでゅーさぁー…、おかえりー……」

P「ああ、ただいま。だっこしてもらってるのか、よかったなぁ」

こずえ「うんー……♪」

まゆ「うふふー……♪」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 11:01:06.82 ID:j3w46fdUO

幸子「プロデューサーさん! ボクをだっこしてください!」

P「なんだ、こずえが羨ましいんだ?」

幸子「いいからしてください!」

P「はいはい。……ぅあよいしょっ! 軽いなっ」

幸子「当然です! だってボクはカワイイアイドルなので!」

こずえ「ふわー……」

幸子「……フフーン! ボクの方が高いです!」ドヤァ

こずえ「……まゆのがいいー」

幸子「んなっ……」

P「」ガーン

まゆ「あらあら…、うふふ……!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 11:08:07.78 ID:j3w46fdUO

幸子「~~~~ッ!!」ペチッ ペチッ

P「痛いよ……」

幸子「プロデューサーさん! もっと高く、高くしてください!」

P「高くって言ったって……」

幸子「肩車です! いったん降ろしてください!」

P「はいはい……」

幸子「しゃがんでください! んしょ、んしょ……」

P「うわっぷ、スカートが……」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 11:21:52.85 ID:j3w46fdUO

幸子「よし! さあプロデューサーさん!」

P「壁に手付けてるんだぞー? いち、にの……、さん!」

幸子「おっとと……」

まゆ「まぁ……」

こずえ「ふわぁー……」

幸子「……フフーン!」ドヤァ

P「まぁ、幸子が満足ならそれでいいさ……」

まゆ「どうです、幸子ちゃん。普段からは見られない景色は?」

幸子「いやー、もう最高ですねぇ! 格別としか言いようがありませんよ!」

幸子「…………!」チラッ

こずえ「……まゆがいいー」

まゆ「あらあら……♪」

幸子「なっ……!」

P「」ガーン


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 11:47:18.99 ID:j3w46fdUO

幸子「~~~~ッ!」ギチギチギチ

P「さち…! あ、あし! 足で首が絞まっ……!」

幸子「あ、ごめんなさい」

P「な、幸子。もう降りてもらって大丈夫か……?」

幸子「はい……」

まゆ「うふふ……、よかったですねぇ、幸子ちゃん。肩車してもらえて♪」

幸子「まゆさんもしてもらうといいですよ。高い景色は新鮮ですから……」

まゆ「あ、まゆはいいかな……」

P「」ガーン

まゆ「その、太もも、『とか』…、当たるの恥ずかしいから……」

幸子「…………」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 11:59:39.99 ID:j3w46fdUO

幸子「…………ッ!」///

幸子「ぷ、プロデューサー!?」

P「……お、俺は頼まれたことをしただけだし」///

幸子「へ、ヘンタイですっ! もー……!」

P「ご、ごめんって……」

幸子「触らないでください!」

P「」ガーン

こずえ「みんなー…? どうしたのー……?」

幸子「な、なんでもありません……」

こずえ「んー…。さちこー……」

幸子「は、はい?」

こずえ「さちこー…、まゆ、すきー……?」

幸子「も、もちろん! 同じ事務所の仲間で、友達で、お姉さんで、嫌いなわけないじゃないですか!」

まゆ「っ!」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 13:06:05.22 ID:j3w46fdUO

こずえ「ふぁー…。まゆー……、おりるー……」

まゆ「あ……」

こずえ「まゆー……。さちこー…。さちこ、だっこしてあげてぇー……」

幸子「こ、こずえさん……」

まゆ「……っ! 幸子ちゃんっ!!」

幸子「ま、まゆさん……!」

まゆ「さっきは…、さっきはいじわるしてごめんなさい……!」

幸子「うぇっ!? ま、まゆさんはそんな事してませんよぉ! むしろ、ボクの方がそれらしいことしちゃってるくらいで……」

まゆ「大好きです…! まゆは幸子ちゃんの事もとっても! とってもとっても大好きです!!」

幸子「ま、まゆさ……!」

まゆ「幸子ちゃんは! 幸子ちゃんはまゆのこと…、嫌いになっちゃいましたか……?」

幸子「ぼ、ボクだって……」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 13:25:36.75 ID:j3w46fdUO

幸子「こんなに優しいまゆさんのこと、嫌いなわけないじゃないですかぁーーっ!!」

まゆ「……幸子ちゃん!!」

幸子「まゆさぁん!!」

まゆ「まゆが、まゆが幸子ちゃんの事! いーっぱい ぎゅぅー、ってしてあげますからねぇ!」

幸子「まゆさん…! 柔らかくて、いい匂い……♪ どっかの男の人とは大違いです!」

まゆ「うふふ! もっと、もっと甘えちゃってくださいねぇ♪」

幸子「はいっ! フフーン♪ ふふ、ふふへぇ……♪」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 13:36:54.62 ID:j3w46fdUO

こずえ「ふわぁー……」

P「」

こずえ「ぷろでゅーさぁー……?」

P「」サラァ…

こずえ「ほー……」

こずえ「ぷろでゅーさー…、ちりになったのー……」

こずえ「ふぅー……♪」




完っ!!


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/08(金) 13:37:35.59 ID:j3w46fdUO

おれはこころをいれかえたよ
だから
こういいたい

まゆすき




お嬢! お嬢も好き! お嬢の姉御肌に触れたい!! 触れていたい!!! お嬢にしょうがない奴を見る目を向けられたい!! 半ば諦めと、こいつにはウチがおらにゃあいけん、という母性が垣間見える瞳に見つめられていたい!! 面倒見て!! お嬢!!!! おれはここにいる!! ここにいるから迎えに来て!!! 黒服でもいい!! まゆすき!! お嬢!お嬢!と、ともえ! 巴ええっ!!! お嬢!! わしを愛して! わしに愛を教えて!! お嬢!! 助けて!助けて!!殺される! 片想いに殺されるから!! 僕はお嬢が大好きダカラ!!! 巴が大好きだから!! ただ私を抱きしめて! わいの頭をナデナデして!! その未発達な胸に抱き寄せて、ため息つきながら優しく撫でて! そして拳骨いれて喝入れて!! お仕事頑張る! CD買う!! 巴の為に生きるから! ボクを助けて!! ともえ!! 巴ちゃん!!! お嬢ああえああええあああ!!!!、!!、!!!


依頼出してきます。



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿