TOP > シンデレラガールズ > 晶葉「出来たぞP、女子がメロメロになるスイッチだ!」モバP「?」

晶葉「出来たぞP、女子がメロメロになるスイッチだ!」モバP「?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 22:48:41.12 ID:No5Gc9kY0

アイドルマスターシンデレラガールズのSSスレです。


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 22:51:46.18 ID:No5Gc9kY0

P「出来たって……俺、そんなもの頼んでいたっけか?」

晶葉「いいや、私が勝手に作っていた」

P「よ、よかった……俺が正気を失って、晶葉にヘンな注文を付けていたのかと」

晶葉「ともかく、これを使えば女子がメロメロでPはモテモテだ。スカウトの成功率も急上昇だろうな」

P「スカウトの相手には、俺じゃなくて仕事自体に興味を持ってもらいたいんだがな。まあ、成功率があがるならモテるに越したことはない、かな?」

晶葉「なんだなんだ、案外消極的だな……百以上もアイドルをプロデュースしている男の言葉とは思えん」

P「……で、いつも通り、俺が発明のテストしてくるってことでいいのか?」

晶葉「ああ、くれぐれも悪用するんじゃないぞ」

P「悪用って……まあ、いくらでも悪用できそうな代物ではあるが」

晶葉「ああ、気にするな。お約束みたいなものだから」

P「お約束なら仕方ないか……じゃあ、ありがたく」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 22:54:54.32 ID:No5Gc9kY0

P「とりあえず事務所の人間でテストしてみろって言ってたな……じゃあ、最初に来た人に試してみよう」

P「スイッチ、ねぇ……さて、どうなることやら」

――ガチャッ

泉「おはようございます――あ、あれっ、P、いたんだー」

P「おはよう。学校帰りか。アイドルに学業に、大変だな」

泉「ふふっ、Pよりはずっと忙しくないと思うけれど」

P(泉か…普段はメロメロなんて言葉から縁遠いよな。ニューウェーブのまとめ役で、一歩引いたような立場を自分に課している)

泉「それに同じ立場のアイドルも多いし、負けてなんかいられない……Pも、支えてくれてるしね」モジモジ

P(んー、イチャイチャしてくれるというのは嬉しいんだが、何かこう……全部晶葉の思い通りというのも)

泉「P? どうしたの? 難しい顔して」ソワソワ

P「いや、なんでもない」

泉「そう……Pもコーヒー、飲む?」ソワソワ

P「ありがとう、もらうよ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 22:57:04.07 ID:No5Gc9kY0

注釈 泉は「○○P」呼びが公式かとは思われますが、都合により「P」としています。
ご了承ください


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 22:59:07.18 ID:No5Gc9kY0

P(さて、どうしたものか……)

P(……)ティン



――もしもし? ああ、休みの日に申し訳ないが……




ごそごそ

泉「お茶うけは……うーん、冷蔵庫の中、もう少し整理しないと……また桃が入ってるし。さくらったら」

泉(晶葉、ちゃんと実験の話、してくれたのかしら? そろそろPさんが切り出してくれていいんだけれど。いつまでも居座る訳にはいかないし……)

泉「私だけ抜け駆けしたって、怒られるよね」

泉(さくら……亜子、ごめん。いつも三人一緒って思ってたけど、でも……)

泉「でもそれだけじゃ、Coのみんなには勝てない……」グッ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:03:24.64 ID:No5Gc9kY0

かちゃかちゃ……

泉「お待たせ、P。お菓子は羊羹でいい?」

P「ああ。ありがとう、泉」

泉(Pさんはいつもどおりだけれど、私の方は……落ち着け、私……クールになるのよ)ソワソワ

P(やっぱり泉は嫁力高いなあ)

P「ところで泉、ちょっとお願いがあるんだけど」

泉「どど、どうしたの?」ファサッ

泉(……来たっ!)

P「実は晶葉に、新しい発明のテストを頼まれていてさ。泉にも協力してほしいんだが」

泉「え? ほ、ほんとー? あ、わ、私が関わったやつかしら? プログラムで、晶葉に意見を聞かれたのがいくつかあったのよね。完成したんだー、へー」ドキドキ

P「で、その発明がこのスイッチだ」スッ

泉「こ、これが、完成品……」

泉(ふふ……これで私は、『スイッチのせいで』Pさんにメロメロになっちゃって、事務所という場所にも拘らずPさんにすりすりできるんだ……スイッチのせいで!!)

泉(スイッチの!!)

泉(おかげで!!)


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:07:25.41 ID:No5Gc9kY0

泉「ふーん、そ、それで、これを押すと?」ファサッ

P「これを押すとだな……」

泉「うん」ソワソワ


P「押した人がワンちゃんになってしまう」


泉「ふーん、メロメロになる……え? え?」

泉「…………」

泉「え?」

泉(あれ? 晶葉との打ち合わせじゃ、『メロメロ』という設定のスイッチだったはず……晶葉、もしかして間違えた?!)

P「晶葉いわく、『犬』じゃなくて『ワンちゃん』というのがポイントらしい」

泉「そこ大事なんだ……」

P「で――どうだ? テストに付き合ってくれるか?」

泉「え、えと、その……」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:10:34.22 ID:No5Gc9kY0

泉(どうしよう……Pさんに仕掛けるいちゃいちゃパターンは指数関数的に増大して数えるのをやめたけれども、ワンちゃんなんて……想像もしていなかった)

???(まさにわんだふる……ふふっ)

泉(誰だ今の)


P「乗り気じゃないならやめとこう。『ワンちゃん』なんて勇気がいるし、そうそうなれるものじゃないしな」

泉「…………」

泉(そうそうなれない……つまり、みんなと差をつけるチャンス!!)

泉「ま、待って……P、実験なら、私、やるわ!!」

P「……本当にいいのか?」

泉「あっ、う、うん……わ、ワンちゃんなんて発明に使われるとは想定していなかったから、ビックリはしてる……」

泉(メロメロでお願いしてたからね)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:14:41.43 ID:No5Gc9kY0

泉「でも、やっぱり結果を見るまでが、責任かなって……その」モジモジ

P「ありがとう、さすが泉だな。それじゃ、はい」

泉「…………」ゴクリ

泉(さくら、亜子……ごめん!! 私、先に行くね!!)ポチー

ーーーーーーービビビッ



泉(……)

泉(気持ちに変化は――ない。当り前よね)

泉(『晶葉が作ったなら何が起きても仕方ない』っていう口実があればいいと思って、スイッチの中身はすっからかんのはずだし)

泉(……つまり)

泉(シラフでワンちゃん……しなきゃいけないんだね?)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:18:42.42 ID:No5Gc9kY0

P「さて……どうだ、泉」

泉「あ、う、ぁ……」カァー

P「ええと……晶葉によると、とりあえず語尾が『わん』になるらしい」

泉「え、えと……効果は、わ、わからない……わからない、わん」プシュー

泉(思った以上に恥ずかしいっ!!)

P「おっ! 泉、効果は出てるぞっ?!」

泉「ほ、本当ですか?! ……わん!」

P「よ、よーしよしよしよし!!」ナデナデ

泉「きゃっ?! も、もう、Pったらいきなり撫でないで……」

P「……ん?」ピタッ

泉(あ……、あれ?)

P「おかしいな……ワンちゃーん?」

泉(もう完全にワンちゃん扱い?!)

P「ワンちゃん、返事は? あれれ、まだ完全じゃないのかな……」

泉「う、うぁ、あ……」ワタワタ


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:23:45.87 ID:No5Gc9kY0

泉(ここで退いたら、私は変われない……っ!!)

泉「ぅあん! あんっ!!」ピョン

P「いよーしよしよしよしよしよし」ナデナデナデナデ

泉「はふっ、わんっ! わんっ!」ピョコピョコ

泉(やっぱり恥ずかしいけど……でも、なでなでされるの、いいかも……こういうのは、さくらが役目だったし)

P「可愛いワンちゃんだなー、よーし」ゴソゴソ

泉(それでさくらが、『子ども扱いしないで』って膨れて、それを見て私や亜子は笑っていたけれど……でも、本当は私、羨ましかったのかな……)

P「じゃあワンちゃんにはこれをプレゼントだ」スチャッ

泉「い……いぬみみ? な、なんでそんなものが……きゃぅっ?!」スポッ

P「おー、ますますワンちゃんになったな。丸っこい耳が可愛いぞ」

泉「あう、う……ね、ねぇ、P」

P「……ええと、あと晶葉が言うには……『忠犬らしく、ご主人様と言うようになる』らしいが……そっちの方はどうだ? 効果のほどは」

泉「え、え……えぇ?!」

泉(ご、ごしゅじんさまなんて……そんなこと言ったら私、本当にヘンタイみたいじゃない!!)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:28:26.76 ID:No5Gc9kY0

P「泉、どうだー?」サスサス

泉「ふぁあ、あぅ、う……」フルフル

泉(な、なに、これぇ……ノド、くりくり擦られてる……っ)

P「ワンちゃんはここを撫でられても気持ちいいらしいが……」スリスリ

泉「わふっ、う……ひぁゃっ! あ……っん」

泉(すごくくすぐったくて、変な感じなのに…………)ジュルッ

P「ふふ……口開いちゃってるぞ、だらしないなぁ、泉は」コスコス

泉「ふぁ、わぁう……」

泉(ちから、抜けて……理屈が、頭から、トんでく……)

さすさすさすさすさすさすさす……

泉「はぁっ、はっ、あ……くぅん、わふ、ん……」ズルッ

P「横になりたいのか? おっ……それはいわゆる、『服従のポーズ』だな……その領域まで達するには相当時間が掛かると聞いていたが……」

ふにふに、

泉「ご、ごしゅじんさま、も、もっとなでなで……わんっ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:33:44.11 ID:No5Gc9kY0

P「どんどんワンちゃんの心になっていっているみたいだな……この発明は成功だな、すごいぞ、泉」ナデリコナデリコ

泉(や、やったぁ……Pさんに、褒められて……私、ワンちゃんになれば、Pさん、もっと、私を……)

泉「ご、ごしゅ、じん、さまぁ……」フリフリ






ガラッ―





泉「?!」ビクーン

泉(ごしゅじんさまの……って違う違うっ!! Pさんの指さばきで完全にワンちゃんにされてるところ、事務所の誰かに見られちゃった……?)

泉「う、うう、うぁ……」ブルブル


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:39:36.29 ID:No5Gc9kY0

P「……来たか」

泉「……え?」

P「よし……泉、落ち着いて聞いてほしい。実はな、このテストは、発明品だけじゃなかったんだ」

泉「な、何がなんだか……」

P「――二人とも、泉はどうだった?」


パチパチパチパチ――――


千秋「合格ね。粗削りながら、光るものがあったわ」ピョコピョコ

ありす「ええ、この短時間で才能を開花させるなんて、私たちと同等の逸材かもしれませんね」フリフリ

千秋「おめでとう、泉。今の試験を以て」

ありす「新ユニット『わんわんわん』への加入を認めます」


泉()

泉(え?)

泉「…………」

泉「……え?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:43:42.17 ID:No5Gc9kY0

P「よーし、泉にはこれから、『ニューウェーブ』と並行して『わんわんわん』デビューのためにも頑張ってもらうぞ」

泉「ちょ、ちょっとP、説明してよ!」

ありす「そこは『説明してわん!』ですよ!」ブンブン

泉(ダメ出し?!)

千秋「Pさんへの忠誠を示すなら『説明してほしいわん、ごしゅじんさまー』の方がより相応しいわね」フリフリ

泉(こっちはもっとディープ!!)

P「ああ、千秋は黒の似合う、凛々しいシェパードをイメージしている。ありすは垂れ耳で幼さを強調しているんだ。泉はその発育過程といったところかな」

泉「コンセプトの確認じゃないわん!!」ピョコーン

ありす(泉さん、出来るっ)

千秋(泉……恐ろしい子!)

P「コスチュームの尻尾と首輪もちゃんと準備してるからな、焦らない焦らない」

泉「装備の確認でもないわん!!」ニョキーン


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:45:46.20 ID:No5Gc9kY0

レッスン わん 『服従のポーズ』基本編



ありす「Pさんがくつろいでいる時に行います。まずは畳などで行うとよいでしょう」

泉(いつのまにかポージングレッスンに……)

ありす「ごろんと転がり――」ゴロン

ありす「座っているPさんのカラダを、前足でつっつきます。甘えた声も交ぜると効果的です」サスサス

――なでなで

ありす「頭をなでなでしてもらえたら成功です。成功するまで、鼻をならしたり、上目づかいで誘ったり、色々してみましょう」クゥーン

――ぺちぺち

ありす「もし、着ている物を汚すような寝転がり方をしたらおしおきの時間です。甘んじて受けましょう……ひゃん!」ペチーン

泉(あのしっぽ、どういう構造なのかしら)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:51:00.70 ID:No5Gc9kY0

レッスン つー 『服従のポーズ』応用編
 


千秋「Pさんがお仕事などで疲れている時に行うわ。タイミングが難しく、だからこそ挑戦しがいのある題目よ」

千秋「椅子で事務仕事をしているPさん。連日の過労が祟って、気分転換が欲しい所ね」

千秋「進捗を見計らい、緊張と集中の隙を突き、思い切ってカラダに寄りかかるの。Pさんに乗る変則的なポージング……体重の乗せ加減が、業の見せ所ね」タプーン

――すりすり

千秋「お腹をなでなでしてもらえたら成功。成功するまで、ぺろぺろしたり、はぁはぁしたり、色々試してみるといいわ」ジュンジュン

――ぺちぺち

千秋「あん……っ、も、もしぃ……必要以上にPさんのお仕事を邪魔してしまったら、おしおき……んむっ……ぁ」レロッ

泉(首輪、ちゃんと鎖付けるトコロもあるんだ)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/16(土) 23:56:48.08 ID:No5Gc9kY0

レッスン すりー 『服従のポーズ』ハッテン編

ありす「まず服を脱ぎます」

千秋「まず服を脱ぎます」

泉「ちょっとP?! このユニット表に出す気あるわん?!」

P「いやー……正直、軌道修正がいるかなって」

泉「やっぱり……って二人とも今ここで?!」

千秋「心配しないで。ワンちゃん用のもふもふスーツに着替えるだけよ」ヌギヌギ

ありす「まったく泉さんはあわてんぼうですね」ヌギヌギ

泉「ああよかった……」

泉(いやよくはないけれど……もう突っ込まないでおこう)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:00:48.90 ID:pGGiCEgn0

ぱさっ、

すちゃっ、

ぎゅっ、

千秋「完成わん」キリッ

ありす「完成わん」キリッ

泉「もふもふって手足だけじゃないですか!! インナーのタイツに手足の肉球足しただけじゃないですか!!」

P「いやー……正直、表に出したくないよね」

泉「それでいいの?」

千秋「安心して、あなたの分もちゃんと用意してあるわ」ゴロン

ありす「まったく泉さんはあわてんぼうですね」ゴロン

泉(この格好で『服従のポーズ』……それは、表には出せないよね)

千秋「ところで……忘れないでほしいのは、この一連のレッスンは、あくまでも舞台上での、ワンちゃんとしての資質を高めるためのもの」キリッ

ありす「御主人さまからなでなでもふもふしてもらえるのは、その副産物に過ぎません」キリッ

泉(そんな格好でプロフェッショナルを説くなんて……なまじ理論的なのが余計に)ヒクヒク


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:04:58.35 ID:pGGiCEgn0

なでなで、

もふもふ、

千秋「う、ふふっ……架空の御主人様への忠誠心と従順さを想起させるのが……んふっ、このユニットの、コンセプト」ニコニコ

ありす「だから、Pさんに褒めてもらいたいとか……えへへ、おほん、そんな邪念は、即刻……えへ、えへへへ」ニコニコ

泉「二人とも……全然説得力ないよ?」

千秋「違うわん、泉。ここにいるのは二匹の牝」キリッ

ありす「泉さんは、三匹目になる覚悟と勇気……ありますか?」キリッ

なでりこなでりこ、

もっふもふもふもふ、

千秋「くふー」テレテレ

ありす「ふにゅー」テレテレ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:09:48.29 ID:pGGiCEgn0

泉「…………」

泉(ここで普段の私なら、『ダメだこいつら……早く何とかしないと』と思っていたはず)

泉(でも、私は親友を裏切った身。Pさんへの……いいえ、ご主人様へのため、私は私を越える!!)

泉「その程度の覚悟はできているわんっ!!」ドーン






晶葉「泉の言うがままというのも癪だし、こんなこともあろうかと開発していた『ワンちゃんになるスイッチ』を渡したが」

晶葉「Pには『メロメロの効果』としか言ってないし、泉は効果なしと思い込んでいる。面白い結果になるだろうな。ククク、フハハ……ハーッハッハッハッハァ!!!


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:14:41.29 ID:pGGiCEgn0

未央「た、大変だよアコ! イズミンが寝取られてるよっ!!」

亜子「な、なんやてミオーっ?!」ガバー

未央「ぐふっ……し、新ユニットで、ワンちゃんがどうとか言ってるみたいだけど……」

亜子「くっそー、Pちゃん、一番従順そうなイズミンに手を出すとは、良い度胸しとるやないか!! 戦争や戦争っ!!」

未央「分かる、分かるよアコ、私もしぶりんを寝取られたからねぇ、アンタの痛みはよーく分かる」

亜子「み、みお……みおぉぉぉおぉぉぉ!!」ダキッ

未央「アコオオオオオオオオオオオオオ!!」ダキッ



亜子未央((人気順、なんすかね))



亜子「いよーし、こーなったらアタシたちも動物ユニットで対抗や!!」

未央「んー、でも何の動物がいいかなぁ? ウサギはやった、猫は定番、そして今回のライバルはワンちゃん……」

亜子「むぅ……アタシたちのイメージに合うような動物……なんやろ?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:18:50.61 ID:pGGiCEgn0

未央「パッション、パッション……」

亜子「サルとか?」

未央「悲しいからやめよ?」

亜子「あっ、はい」

未央「うむ、トラとか」

亜子「ネコと被る」

未央「ちっ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:20:34.69 ID:pGGiCEgn0

未央「……タヌキ、とか」ボソッ

亜子「お? お? なかなかいい着眼点じゃ?! タヌキ娘に化かされて~、なんて!!」

未央「でしょでしょ?!」

亜子「ただ、ちょーっと聞きたいのが……」

未央「ん?」

亜子「アタシ見て思いついた?」

未央「ん」

亜子「正直でよろしっ!!」バシーン

未央「ありがとうございますっ!!」ズテー


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:22:48.56 ID:pGGiCEgn0

さくら「た、たた大変だよぉウヅキン!!」ズドドドド

卯月「どどどどうしたの?! お、お、おお落ち着いてさくらちゃん!!」

さくら「イズミンが、イズミンが寝取られちゃったぁ!!!!」ブワッ

卯月「ね、ねとら……っ?! うそ、そんな……」

さくら「うえ、えぐっ、うぅ……」ドボー

卯月「あ、あのね? さくらちゃん、大変なのは分かったから、もう少し詳しく教えてくれる?」

さくら「だ、らからぁ、イズミンが寝取られたの……ワンちゃんに」グスッ

卯月「犬に?!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:25:34.53 ID:pGGiCEgn0

卯月「やっとお話が分かりました……つまり、泉ちゃんが新しいユニットの候補になったんだね?」

さくら「うう……わたしやアコちゃんというものがありながらぁ……」

卯月「……そうだ! 私たちも、動物さんのユニットを作って、一緒に頑張らない?」

さくら「ひぐ、ふぇ……え?」

卯月「一生懸命頑張りますって、気持ちを伝えたら、プロデューサーさんならきっと応援してくれますよ!」

さくら「で、でもぉ……わたしなんかが、ウズキンといっしょに、ちゃんと出来るかなぁ……」

卯月「大丈夫だよ、さくらちゃん。だから頑張ろ?」

さくら「う……うんっ!! えへへー、それじゃあ、どんなどーぶつさんがいいのかなぁ?」ケロッ

卯月「ウサギさんや猫ちゃんはもうあったよね。うーん、私たちキュートの、ピンク色に似合った動物がいいなぁ」

さくら「わたしもぉ、桃色は大好きだからぁ……うーん」

卯月さくら「「うーん」」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:29:16.51 ID:pGGiCEgn0

卯月さくら「「!!」」ティン


卯月「ね、ねえさくらちゃん」

さくら「う、うん」

卯月「こぶたさん……とか、どうかな」

さくら「んぶー、もしかして、わたしのこと見て思いついたんですかぁ?」ブー

卯月「そ、そんなことないよっ!! ただ、こぶたさんも結構カワイイかなって……」

さくら「えへへ、実はわたしもぉ、おんなじこと思いついてたんですっ!! ぶーぶー!!」

卯月「さくらちゃん……!! えへへ、ぶーぶー!!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:32:24.69 ID:pGGiCEgn0

ちひろ「ここに誕生した三つの新ユニット」

ちひろ「彼女達を生かすも殺すも、全てはプロデューサーさんの手に掛かっているのです」

ちひろ「だから……どうか、力を貸してください」ウルッ


ちひろ「よっしゃ宣伝おわりー」コーヒーグビー


おわりです。ありがとうございました。


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:48:48.37 ID:pGGiCEgn0

おまけ もしスイッチを晶葉に使っていたら

P「……で、いつも通り、俺が発明のテストしてくるってことでいいのか?」

晶葉「ああ、くれぐれも悪用するんじゃないぞ」

P「悪用って……まあ、いくらでも悪用できそうな代物ではあるが」

晶葉「ああ、気にするな。お約束みたいなものだから」

P「お約束なら仕方ないか……じゃあ、ありがたく」

晶葉「……そうだ。おい、P」

P「ん?」

晶葉「その、だな……さっそく試してみたらどうだ?」チラッ

P「今ここで、ということか?」

晶葉「ああ……私だって女子なんだからな、実験体としての条件は満たしているだろう? 女子なんだし」

P「も、もちろんそうだが……」

晶葉「よし、助手よ……スイッチオンだ!!」バッチコーイ

P「お、おうっ!!」ポチー


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 00:54:33.84 ID:pGGiCEgn0

ーーーーーーービビビッ


晶葉「!!!」

P「こんな音がするのか……ん?」

てくてく

晶葉「うわー、体が勝手にPの元へー」ピトー

P「お、お……効いてる、のか?」

晶葉「いやあ、我ながら恐ろしいものを作ってしまったー」スリスリ

P「うーむ……これはどういう仕組みなんだ?」

晶葉「なんか頭とか神経とかに働くようなニュアンスだなー。おかげでまったく抗えないなー」ベタベタ

P「……こ、これって効果の持続時間とかはあるのか?」

晶葉(……考えてなかったな)ボソッ

P「晶葉?」

晶葉「ん……っ。ご、ごふん、だ……っ」ギュー

P「五分か……」

晶葉「あ、ああ……だから、あと三分は、抱きついていないといけないな……仕方ない、な……はぁ……っ」キュンキュン


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 01:00:02.58 ID:pGGiCEgn0

晶葉(温かくて、大きくて、優しくて……P、ずっと、こうしていたいんだが、な……)

P「……」ギュッ

晶葉「?!」カアッ

P「女の子に抱きつかれて、突っ立ってるだけってのもな……おいで、奥の方ならまだ、目立たないだろうし」

晶葉「あ、ああ……」ドキドキ


ちひろ「……はいはい、事務所でアイドルのご機嫌を取るのもお仕事のうちですよね、プロデューサーさん」ッターン

ちひろ「…………」

ちひろ「私にも効果が及んだことにすればよかったんじゃないかしら」

ちひろ「まあいいか……はぁー、それじゃ、場所を移しますかね。約束ですし」ガタッ


ぎしっ――

P「ほら、そんなに動いたら、椅子から落ちちゃうぞ……んっ」

晶葉「すき、P、しゅき……んっ、んふ、んっ」

P「……ところで、効果は切れたんじゃないのか? もう十分以上は経ってるぞ?」

晶葉「ん……んっ?! はわっ!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 01:05:51.71 ID:pGGiCEgn0

P「ところでこれ、本当に効果あったのか?」

晶葉「うぅ、そ、その……」

P「晶葉、これは助手として聞くぞ……この発明、本当に効果はあったのか? もしくは――」ポチッ

ビビビッ、ビビビッ、

P「最初から効果のないものを渡した、なんてことはないよな?」

晶葉「…………」

P「んー、正直に言ってくれないならしょうがないな……俺はもう、晶葉の助手ではいられないかもなー」

晶葉「ば――バカな、何を言っているんだ?!」

P「だってそうだろう? 博士と信頼関係を築けていない助手なんて、足手まといになるだけだ。賢いお前なら分かるはずだろう」

晶葉「あ、う、あ……」

P「なあ、池袋博士」

晶葉「……!!」

ぽろっ、

晶葉「あ、あれ? なんだ、これ……」ポロポロ

P「?!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 01:11:51.99 ID:pGGiCEgn0

ぽろ、ぼろぼろ

晶葉「お、おかしいぞ、う、ぐすっ、うう……っ」ポロポロ

P「ご、ごめん、でも泣くなんて……」オロオロ

晶葉「ふぁぅ、う、いや、わかってる、わかってるんだ、こんなの言葉の綾に過ぎないって、頭では……でも、ぐすっ、れも……ぉ」

ぎゅー、

晶葉「ごめん、ごめんなさい、ううっ……わ、私がわるかったから、たのむ、やめるなんてこと、いわないれぇ……!」ギュー

P「う、うそだって!! やめないって、やめないから!!」

晶葉「う、うう……」ギュー

P「晶葉……ごめんな……」ギュー

晶葉「んん……」ギュー


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 01:17:55.88 ID:pGGiCEgn0

しゅる――

晶葉「あっ……P、制服めくっちゃ、あんっ」

P「でも、どうしてこんなことを?」

晶葉「ふはっ……じ、実は、然る人にたのまれて、しょ、その、Pに素直になりたいって、それで……」

ずりずりっ……ぷるんっ

晶葉「ひゃぅぁ?! む、むねぇ……ヒトの話を、遮るなぁ……わるい、わるい助手だ……ぢゅぱっ、んん~っ!」

P「晶葉が可愛いから、ガマンできない……それで?」

こりこり、

晶葉「仕方のない、オトコだ……っ。はぁっ、あっ……私にも、そんな機械は作れるか分からなかった。ロボが専門だしな。でも」

ちゅぱっ、ちゅっ、ちゅうっ、

晶葉「ぷはっ、『私が作った』というお墨付きがあれば……その、Pを誤魔化せるんじゃないかと……っうあっ?! や、あんっ!!!」

――ずぶぅっ

P「スイッチを口実にしようとした、か……でもこれ、実は本当に成功してるんじゃないのか? ほら……」

くちゅぐちゅっぐちょっ!!


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 01:24:16.01 ID:pGGiCEgn0

晶葉「あやっ、あんっんっんっ!!」

P「いつもよりずっと気持ちよさそうだし」

晶葉「ふは、は……わ、私は天才だからなっ、それなりに理論は組み立てたしっ、うっかり完成させたとしても何の不思議も……ちょ、ちょっと待って?」

P「?」

晶葉「ちゅ、ちゅーのし過ぎで、眼鏡がずれた……Pの顔が、見えない」

P「……晶葉っ!!」

じゅぶゅっ!!

晶葉「んあっ?! 最奥まで、いっきになんて……やっ、あんっあっ!!」

晶葉(したぎ、履いたまま……ずらして挿入れるなんてぇ、まるで、強姦みたいにっ)ジュクッ

こちゅっこちゅっこちゅっこちゅっこちゅっ!!

晶葉(し、しきゅーの入り口、いっぱい叩かれてるぅっ!!)ギュー

P「ちっちゃいおまんこに押し込まれてるのに……大喜びしてるぞっ!!」

ごちゅんごちゅん!! ずっぷずっぷずっぷずっぷ!!

晶葉「ふあっ、あっあっあっあっ!! んむっ、ちゅ、れろっ、んんんん~っ!!!」

ぎゅむっ、ぐにぃ、ぎゅっぎゅっぎゅっぎゅっ、


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 01:29:20.05 ID:pGGiCEgn0

じゅぷっ、れろれろれろれろぉ……ずゅぱっ!!

晶葉(どんどん制服が……脱がされて、ち、ちくびぃ……ねじられて、吸われてるぅ……)キュンキュン

じゅぷじゅぷじゅぷじゅぷっ、こちゅんこちゅんこちゅんっ―――

晶葉「あえっ?! う、はぁっ、ぐあっ、あああああああ?!」

晶葉(な、なんだ……いまの、かんかくがゼンゼンちが……っ)

P「……ここが、晶葉の気持ち良い所だろ? ふふっ、理知的な顔が崩れて、えっちなおんなのこの顔になってるぞ、晶葉っ!!」

ぱちゅん! ぱちゅっぱちゅっぱちゅっぱちゅっ!!

晶葉「ふぐっ、あっ! あ゛!! ら、らめっ、つよすぎっ、い、イッてりゅ、イッてぃえりゅかりゃ、とめ……っかはぁっ!!」ビクンビクン

晶葉(だめ、だ、めぇ……こんなに、きもちよくされたら、きっとあかちゃん、作りやすくさせられてぇ……)

晶葉「こ、こんなに動いて、き、君はっ、また、わ、わたしのなかで射精するつもりなのかっ?! ちゅ、ちゅーがくせいに、中出し、しちゃうの……んはぁっ!!」

P「ああ……スイッチの所為で、晶葉もおさまりが付かないみたいだし……晶葉のちゅーがくせいまんこ、いつもどおり精液漬けにしてやるぞっ!!」

晶葉「あっ、ああ――そん、なぁ……あんっんんんっ!!」

晶葉(ガッシリ抑え付けられて、カラダの隙間、一ミリもなくなって……本当に、Pに種付け、されちゃう……!!)ゾクゾク


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 01:32:03.41 ID:pGGiCEgn0

晶葉「だ、だめだ、あかちゃん、ぜったい……っ」ギュー

ごぷっ!!

晶葉「いやっ、あっあっあっ、ナカ、痙攣して、Pのが……」

どぶっ、ごぷぅ、ぐぷぐぷぐぷっ、

びゅー、びゅー、びゅー……

晶葉「あっ!! うあぁ、あっ!!! ふああっ!!」ビクンビクン

晶葉(Pのせーし!! わ、わたしのしきゅーのなかに、どんどん流し込まれてるっ!! 熱いので、おなかのナカ、溶かされてるっ!!)ゾクゾク

びゅくっ、びゅるっ、びゅっびゅっ、びゅ……くっ、

晶葉「ほあっ、あ、ぁ……まだ、まだ、だされてぇ……んっ」ビクゥ

P「天才少女も、コレを差し込まれたらえっちな女の子だな……可愛くてえっちな、只の女の子だ、晶葉」

晶葉(おちんちん、いちばん奥に押し付けられて、なまで、さいごまでっ、せーえき、そそがれてるぅ……)ゾクゾク

P「ふふっ、だめだめ言う割に、両手両足俺のカラダに巻き付いて離れないじゃないか。そんなにナカに出されたいのか」

こちゅっ!!

晶葉「や、やぁ、ちが……んんっ!!」ビクッ


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 01:35:55.76 ID:pGGiCEgn0

晶葉(アタマではだめって分かってるのに……カラダが、Pのせーし、まだ、欲しがってる……っ)ジュクッ

P「よし、まだだ、まだ……晶葉のお腹がはち切れるまで、注いでやるからな」

晶葉「ふあっ、あ……あっあっあっ」

ちゅうっ、れろっ、ちゅぱちゅぱっ、じゅぷっじゅるるるんっ、じずゅぅぅぅぅ……

晶葉(ちゅーされながら、また、イクッ……)ビクンビクン

どびゅっ、びゅーびゅー、びゅー、びゅー、びゅー、びゅー……

晶葉「んれろっ……あ、あ…………」




泉「来ない」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 01:43:13.85 ID:pGGiCEgn0

今度こそ終わりです。
読んで下さってありがとうございました。



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿