TOP > シンデレラガールズ > モバP「愛梨は甘い匂いがするな」

モバP「愛梨は甘い匂いがするな」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/20(水) 19:45:26.30 ID:yEkWUKlg0

のんびりと書いていきます


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/20(水) 19:55:53.80 ID:yEkWUKlg0

愛梨「えっ、そうなんですか?」

P「ああ、自分じゃわからないかもしれないけどな」

愛梨「私、変な匂いしてるのかなぁ...」クンクン...

P「変な匂いなんかじゃないよ」

愛梨「本当ですか?」

P「本当だって、あと日によって微妙に違う匂いがする」

愛梨「微妙に違う?」

P「そうだ、でもいい匂いには変わりないけどな」

愛梨「じゃあ今日はどんな匂いですか?」

P「そうだな、なんかりんごみたいな匂いがしたんだけど...」

愛梨「あっ、わかっちゃいました!」

P「なんだ?」

愛梨「ケーキですよ、私が作ってるケーキの匂いが身体に染み込んでるんです♪」

P「ああ、なるほどな」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/20(水) 20:04:23.45 ID:yEkWUKlg0

愛梨「今日のケーキにはりんごをたくさん使ったからきっと私にりんごの匂いが移ったんですね♪」

P「そういうことか」

愛梨「そうです、ところで今日のケーキどうですか、Pさん♪」

P「うん、とってもおいしいよ、いつもありがとな」

愛梨「もっといっぱい食べちゃってください!はい、あーん♪」

P「あーん」パクッ

愛梨「えへへっ♪おいしい?」

P「甘くておいしいぞ」

愛梨「愛情がいーっぱいこもってるからですね♪」

P「そうだなぁ」

愛梨「作ってる時もPさんのこと考えながら、おいしくなーれおいしくなーれって作ってるんですよ?」

P「そっか、それじゃあおいしくて当たり前だな」

愛梨「そうですよ、ほらほらあーん♪」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/20(水) 20:26:12.06 ID:yEkWUKlg0

P「しかしコタツに入ってケーキを食べるっていうのも変な感じだな」

愛梨「そうですか?」

P「ウチの実家じゃコタツに入って食べるものはみかんと決まってたからな」

愛梨「私の実家も同じでした、いつもママがみかん用意してくれて....」

P「愛梨の実家は雪国だからな、関東の寒さとは比べ物にならないだろ」

愛梨「そんなことないですよ、こっちだって寒いです」

P「そうか?」

愛梨「なんていうか...とっても風が冷たいんです」

P「風が冷たい、ねぇ...」

愛梨「初めてビル街に行ったときすっごく冷たくてビックリしました!」

P「ビル風か、まぁ秋田に比べれば高いビルは多いだろうなぁ」

愛梨「それに都会の人は冷たくて、道を聞いても無視されちゃうし...」

P「なるほどな、愛梨も都会暮らしの洗礼にあったわけだ」

愛梨「そうです、でも....」



愛梨「今はPさんと一緒だからポカポカですよ♪」ギュッ


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/20(水) 20:46:36.14 ID:yEkWUKlg0

P「愛梨は甘えん坊だな」

愛梨「甘えん坊だぴょーん♪」

P「バニーの衣装、よく似合ってたぞ」

愛梨「本当ですか?ありがとうございます♪」

P「でも衣装がちょっと小さすぎたな」

愛梨「前に測ったときは大丈夫だったのになぁ...」

P「そろそろプロフィールのスリーサイズを更新すべきかな....」

愛梨「あっ、そうだ!ちょっと待っててください!」タッタッタ...

P「どうかしたのか?」

愛梨「じゃーん!ウサミミでーす♪」

P「どうしたんだよそれ?」

愛梨「えへへっ、スタッフさんにお願いしたらもらっちゃいました」

P「ってことは撮影で使ったやつか」

愛梨「そうです、ぴょんぴょん♪ぽよーん♪」

P「気に入ったんだな、それ」

愛梨「えーいっ!」ピョーン

P「うおっ!?」



ドサッ!


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/20(水) 21:18:48.60 ID:yEkWUKlg0

愛梨「えへへっ、Pさーん♪」ギュウウウウ

P「こら、飛びつくなよ、危ないだろ?」

愛梨「ふふっ、ゴメンなさい」スリスリ

P「本当に甘えん坊だな...」ナデナデ

愛梨「今の私はうさちゃんですから寂しがりなんです♪」

P「そうか、今の愛梨は寂しがりか」ナデナデ

愛梨「そうです、いーっぱい愛してくれなかったら寂しくて泣いちゃうんですよ?」

P「それは困るな、愛梨が泣くところなんて見たくない」

愛梨「じゃあいっぱいいっぱい愛してください♪」

P「そうする」ギュッ

愛梨「えへへへ♪」ギュウウウウ

P「....やっぱり甘い匂いがするな愛梨は」

愛梨「ケーキの匂いですか?」

P「どうだろうな」

愛梨「んっ....」


チュッ


愛梨「どうですか?」

P「うん、ケーキじゃなくて愛梨が甘いせいだな」

愛梨「甘いのは好きですか?」

P「大好きだよ」

愛梨「じゃあ、もっとどうぞ♪」チュッ


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/20(水) 21:36:00.33 ID:yEkWUKlg0

P「んんっ....」

愛梨「んっ...Pさん...」チュッ チュッ チュッ

P「おいちょっと...あ、愛梨...」

愛梨「ん~♪」チュッ チュッ チュッ

P「こーら」グイッ

愛梨「どうしたんですか?私とのキスは...いや?」

P「いやじゃないけどさ、あんまり甘いものを食べ過ぎると虫歯になっちゃうぞ」

愛梨「私、歯はちゃんと磨いてますよ?」

P「そういうことじゃないんだが....まあとにかくこのくらいにしなさい」

愛梨「むぅぅ...もっとラブラブしたいのに....」

P「またあとでいっぱいできるさ、今はここまで」

愛梨「約束ですよ?あとでもっともっとラブラブしましょうね♪」

P「わかったわかった約束だ、またあとでな」

愛梨「えへへっ、約束約束♪」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/21(木) 19:52:39.80 ID:13Sm1L1q0

------


P「おーい愛梨、ちょっと買い物に....」

愛梨「すぅ....すぅ....」

P「寝ちゃったのか....」

愛梨「むにゃ....」

P「コタツで寝てると風邪ひくぞ?」プニッ

愛梨「んんっ..Pしゃーん....」

P「起こすのもかわいそうだし、掛け布団をかけてっと....」スッ...

愛梨「Zzz...」



P「行ってきまーす....」ガチャッ


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/21(木) 23:49:10.52 ID:13Sm1L1q0

------



P「みかんに牛乳にそれから....」

P「そうそう生クリームだ、愛梨が切れてるって言ってたな」

P「あとは歯ブラシを買って....」

P「おっ、ブランデーケーキだ」

P「うーん、ちょっと高いけど....」

P「たまには俺が買って食べさせてやるか....」

P「でもこれ大丈夫かな?けっこうアルコールが強いみたいだけど...」

P「まあ秋田県の人はお酒強いっていうしなんとかなるかな」

P「よし、こんなもんか、早く帰ろうっと」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/22(金) 09:47:24.30 ID:Mk1rAZS70

------


P「ただいまー」ガチャッ

愛梨「あっ!」

P「よう愛梨、起きてたのか」


ダキッ!


愛梨「もう!どこ行ってたんですか!?」ギュウウウウウ

P「買い物だよ、ちょっとそこまで....」

愛梨「起きたらどこにもいないし、ビックリしたんですよ?」

P「グッスリ寝てたからさ、起こすのかわいそうだと思って....」

愛梨「本当にビックリしたんだから....ヒック...」グスッ...

P「ゴメンゴメン、泣かないでくれ、なっ?」

愛梨「ギューってしてください....」

P「わかったわかった」ギュッ

愛梨「キス....」

P「はいはい」


チュッ


愛梨「グスン....おかえりなさい...」

P「ただいま」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/22(金) 10:09:30.98 ID:Mk1rAZS70

愛梨「色々買ってきてくれたんですね」

P「まあな、はいこれ」

愛梨「あっ、生クリーム!ありがとうございます」

P「それからこれな」

愛梨「みかんまで!あれ、このケーキって....」

P「たまには俺が食べさせてあげようと思ってさ」

愛梨「嬉しいです!ありがとうございますPさん♡」チュッ

P「機嫌直ったか?」

愛梨「はい、もうバッチリ♪」

P「でも愛梨、アルコール入ってるけど大丈夫か?」

愛梨「まだお酒は飲んだことないですけど多分大丈夫だと思います、パパもお酒強いし....」

P「じゃあ今日の晩御飯の後に食べよう」

愛梨「はい♪」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/22(金) 11:37:39.87 ID:Mk1rAZS70

------


P・愛梨「ごちそうさまでした」

P「やっぱ冬はコタツに鍋だな」

愛梨「そうですねぇ、あったまるし♪」

P「愛梨も料理上手になったなぁ」

愛梨「まだまだ勉強中ですけどね」

P「いやいや充分さ」

愛梨「今度Pさんに地元のしょっつる鍋を食べさせてあげたいです♪」

P「しょっつる?なんだそれ?」

愛梨「私の地元の料理です、ハタハタってお魚を使った料理なんです」

P「うーん、食べたことないなぁ....」

愛梨「今度家から送ってもらいます、おいしいですよ♪」

P「ああ、じゃあ楽しみにしてるよ、それじゃデザートのケーキ食べるか」

愛梨「はーい、じゃあ切ってきますね♪」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/22(金) 14:34:17.12 ID:Mk1rAZS70

愛梨「お待たせしました♪」

P「それじゃ食べるか」

愛梨「はい、いただきます!」


モグモグ...


P「おっ、結構いけるな...」

愛梨「おいしいですけど....なんだか...」

P「まあ、確かにアルコールが強めだな」

愛梨「なんか変な感じです...」

P「大丈夫か?無理するなよ」




P「ふぅ...美味かった...」

愛梨「.....」

P「愛梨、どうかしたか?」

愛梨「....ふぇ?」トローン


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/22(金) 14:51:53.45 ID:Mk1rAZS70

P「お、おい大丈夫か?」

愛梨「らにがですかぁ?わらひはぜーんぜんらいじょーぶですよぉ....」

P「いやいやどう見ても大丈夫じゃないだろ、酔っぱらってるだろ」

愛梨「あつぅい....」ヌギヌギ...

P「こら、脱ぐな!」

愛梨「あつい....からだが....あついよぉ.....」

P「脱ぐなっての!風邪ひくから!」

愛梨「いやぁ...あつい....ぬぐぅ....」

P「ダメだ、完全に酔っぱらってる....」

愛梨「Pひゃん....」

P「なんだ、どうした?」

愛梨「えへへへ....Pひゃんだぁ....」ギュッ

P「よしよし、少し大人しくしてなさい」ポンポン

愛梨「ん~♪」スリスリ...

P「やれやれ...」ナデナデ


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/22(金) 15:44:29.32 ID:Mk1rAZS70

愛梨「Pひゃん、わらひのことすきですかぁ?」

P「ああもちろん、大好きだよ」

愛梨「えへへへ...Pひゃんがだいすきだってぇ...」

愛梨「私も、Pひゃんのことだいだいだいだいだーいすきですよぉ♡」

P「そうか?そりゃ嬉しいなぁ」

愛梨「Pひゃんはいつもやさしくて、わらひのことしんぱいしてくれて....」

愛梨「それからぁ....ぎゅーってしてくれるから、だいすきです♪」

P「ああ、わかったわかった、とりあえず今日はもう寝なさい、完全に酔っぱらってるからな」

愛梨「ほら~、そうやってしんぱいしてくれるからぁ...すきになっちゃうんですよぉ♪」

愛梨「ねえPひゃん....」



愛梨「....キスして?」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/22(金) 16:16:22.10 ID:Mk1rAZS70

P「...わかったよ」


チュッ


愛梨「もっとぉ...」

P「しょうがない奴だ...」チュッ

愛梨「んっ....ちゅうう...」

P「んんっ...」

愛梨「んちゅうう....あふっ...ちゅうう...」

愛梨「すき....しゅきぃ...」

P「俺もだ愛梨、大好きだ.....」

愛梨「んんっ....あんっ...」

愛梨「もっとしてぇ...」

P「愛梨...」

愛梨「ちゅぷっ....うん.....」



愛梨「だいすき.....Pさん....ずっといっしょに....」


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/22(金) 17:52:08.59 ID:Mk1rAZS70

チュンチュン...


愛梨「んんっ....」

愛梨「.....あれ...朝....なんで....?」

P「おっ、起きたか?」

愛梨「Pさん...私...」

P「昨日のこと、覚えてるか?

愛梨「えっと...昨日は晩御飯を食べて、ケーキを食べて...それから...あれ?」

P「ブランデーケーキを食べてな、酔っぱらったんだよ」

愛梨「私が?」

P「どうも愛梨はアルコールに弱いみたいだな、ベロンベロンになってたし」

愛梨「そうですか....すみません...」

P「いいさ、それより朝ごはん食べるか?」

愛梨「用意してくれたんですか?」

P「パンとサラダだけどな」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/22(金) 17:59:34.29 ID:Mk1rAZS70

愛梨「はむっ...」

P「おいしいか?」

愛梨「はい、おいしいです」

P「スープもあるぞ、飲むか?」

愛梨「....すみません、迷惑かけて...」

P「別にいいんだよこれくらい」

愛梨「私、Pさんにいっつも迷惑かけちゃって....」

P「迷惑だなんて思ってないよ、気にするな」ナデナデ

愛梨「でも...」

P「愛梨、俺は愛梨のちょっと抜けてるところも好きなんだ」

P「いつも元気なところも、おいしいケーキを作ってくれるところも、とても優しいところも大好きだ」

P「でも一番好きなところは愛梨が笑ってくれるところなんだ」

P「だから、そんな悲しい顔をしないでくれ、なっ?」

愛梨「Pさん...」


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/22(金) 18:12:45.26 ID:Mk1rAZS70

P「でも今度からはブランデーケーキとかはやめといた方がいいな...」

愛梨「えへへっ、そうですね、ところで....」

P「なんだ?」

愛梨「その....酔っぱらった私って...なにか変なこととかしなかったですか?」

P「変なこと?うーん、普段とあんまり変わってなかった気もするな....」

愛梨「そ、そうなんですか?」

P「いつもみたいに服を脱ごうとしたり、キスをねだってきたり....ちょっと可愛かったかも」

愛梨「も、もうPさんったら!」ポカポカ...

P「冗談だよ、怒るなって」ギュッ

愛梨「あっ....」

P「どうした?」

愛梨「その...私昨日シャワー浴びてませんよね?」

P「まあ、浴びられる状態じゃなかったし」

愛梨「だから...その...ちょっと変な匂いするかも...」

P「なんだ、そんなこと気にしてるのか?」

愛梨「そんなことじゃないです!女の子にとっては重要なことなんです!」

P「大丈夫、変な匂いなんかしてないよ」

愛梨「ほ、本当ですか?」

P「ああ、いつもの愛梨みたいに甘くていい匂いがする」

愛梨「もう...そんなこと言って...」

P「だって本当のことだ、ウソじゃないぞ?」

愛梨「うーん、ウソじゃないなら...」





愛梨「今日も愛梨におはようのキス、してください♡」





おわり


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/22(金) 18:16:34.90 ID:Mk1rAZS70

駄文失礼しました~
久しぶりにとときんを書きましたがやっぱりとときんはカワイイなぁ!
最近茄子さんやマキノを書いていて気づきましたが
どうやら自分は同じ部屋で一緒に暮らす系のシチュに弱いみたいです
某イシガキ先生のワンルームの本とかあんな感じのやつ
ふたりきりでイチャラブっていいですよね
ではまた~



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿