TOP > おそ松さん > おそ松「あー……クロスオーバーしてえな~……」

おそ松「あー……クロスオーバーしてえな~……」

2017/10/05 22:04 | おそ松さん | コメント(0)
1: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:40:19.95 ID:I5veBp1iO

チョロ松「は?」

トド松「どうしたのおそ松兄さん、急に」

おそ松「ようするにー共演したいってことよ、色んな作品と」

チョロ松「なんでまた急に?」

おそ松「もしもだよ、『おそ松さん』が女の子が沢山出てくる作品と共演したらさ」

おそ松「きゃっきゃっウフフになるじゃん!!」

トド松「なにきゃっきゃっウフフって!! 大雑把な言い方にも程があるよ!!」

十四松「セパ交流試合!! オールスターゲーム!!」ブンブン!!

ガン!!

カラ松「うっ!!」

十四松「あ、ごめん」

一松「部屋でバット振るのやめたら?」


2: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:41:10.16 ID:I5veBp1iO

チョロ松「女の子がいっぱいの作品かぁ~……」

おそ松「な? クロスオーバーしたくなるだろ?」

一松「いや無理だから」

トド松「なんでよ一松兄さん」

一松「俺らみたいなクズと共演するなんてみんな嫌がるでしょ」

一松「ニート×6と共演したいって思ってる人なんていないって」

カラ松「分からないぞブラザー……この松野カラ松と共演したいと希望してるカラ松ガールは星の数ほどいる」

トド松「まぁ確かに兄さん達は無理だろうなぁ、兄さん達は」

おそ松「うわっ。 出たよ、自分だけ違うアピール」

トド松「? だって違うでしょ? 血、繋がってない赤の他人でしょ?」

チョロ松「お前その真顔やめろ!!」


3: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:41:49.26 ID:I5veBp1iO

おそ松「そうか~……どの作品も俺達と共演したがらないのかー……」

おそ松「◯◯とか××とか共演できないかなー」

チョロ松「いや絶対無理だから!!」

おそ松「……そうだ」

トド松「何?」

おそ松「無理なら自分で書いちゃえばいいんだ!!」

一松「書く?」

トド松「何おそ松兄さん、急に漫画家宣言しちゃって」

おそ松「ほら、SSだよSS」

チョロ松「SS……? まさかおそ松さんのクロスオーバーSSを書くの?」

おそ松「そ」


4: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:42:15.07 ID:I5veBp1iO

十四松「SS!? ショートがサヨナラホームラン!!」

チョロ松「ショートショートね、十四松」

おそ松「現実で駄目なら妄想でってことよ」

一松「……なんか哀れ」

おそ松「まぁまぁ一松、俺らニートの時点で哀れなんだから」

チョロ松「よく笑いながら言えるね」

カラ松「それで……おそ松はどんなSSを?」

おそ松「よくぞ聞いてくれました!!」


5: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:42:51.03 ID:I5veBp1iO

おそ松「まず思いついたやつの一つとして……」

おそ松「ねぇライジング」

チョロ松「何ライジングって!? 『チ』の字も入ってなくね!?」

おそ松「お前ドルオタでしょ?」

チョロ松「? うん」

おそ松「てことはさ……そのドルオタって点を利用して」

おそ松「今流行りのアイドル物の作品とクロスオーバーできるじゃん!!」

チョロ松「!」


6: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:43:18.54 ID:I5veBp1iO

おそ松「ラブなんとかとかなんとかマスターとかさ、あるじゃん」

おそ松「お前がそのアイドルを熱く語るなりプロデューサーになるなりするSSとかどうかな」

チョロ松「ま、まままま松野P……」

チョロ松「未央ちゃんとぼくが……いや、僕にはニャーちゃんが……」

トド松「なんか分からないけどめちゃくちゃ動揺している!!」

カラ松「その気持ち……分からなくもないぜ、妄想ボーイ」

おそ松「そんでお前がプロデュース失敗して、二代目プロデューサーの俺が活躍するってSS」

チョロ松「結局お前がいいとことるのかよ!!」


7: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:44:00.08 ID:I5veBp1iO

おそ松「当たり前じゃん、要は俺が活躍するなりモテるなり大金持ちになるなりすればいいわけだもん」

チョロ松「このクズ野郎……」

トド松「ブーメランだよ、チョロ松兄さん」

カラ松「俺なら目指せるぜ……トップアイドルにな」








『キャー!! カラ様ーーー!!!///』








チョロ松「お前がアイドルになるのかよ!!」

カラ松「ふっ」

一松「いや、こっちの間違えでしょ」










『オエーー!!』









カラ松「えっ……」

十四松「カラ子がアイドルになるならーー!! 十四子もアイドルになるーーー!!」

トド松「フリーダムすぎるよ十四松兄さん!!」


8: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:44:26.78 ID:I5veBp1iO

おそ松「あ、そうだトッティ」

トド松「何?」

おそ松「お前、囲碁クラブ行ってるんだったよね?」

トド松「うん、まぁ」

おそ松「つーことはさ、なんとかの碁とクロスできるじゃん」


9: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:45:00.39 ID:I5veBp1iO

いつものように囲碁クラブにやって来たトド松。

トド松『さてと、今日は誰と打とうかな』

するとそこに見たことのない少年がいた。

トド松『!! あ、あの金髪の少年は……』













十四子『おじさーーーーん!! 十四子初心者なんだけど打ってもらえるーーーーー!?』


10: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:45:28.30 ID:I5veBp1iO

トド松「十四子しつこいよ!!」

十四子「ごっめーーーん!!☆」

おそ松「俺の妄想に入ってくるとかどんだけフリーダムだよ!!」

一松「折角背後霊役でスタンバッてたのに妄想キャルセルしないでよ」

トド松「なに一松兄さんもちゃっかり入ろうとしてるの!!」

カラ松「ところで……その続きは?」

おそ松「その初心者にトッティが負けて、代わり俺がその子に勝つ」

チョロ松「またそのパターン!!?」

トド松「いい加減飽きたよ……」

おそ松「はぁ!!? じゃあお前らはどういうのだったらいいわけ!!?」


11: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:46:01.25 ID:I5veBp1iO

チョロ松「まぁ僕的にはクロスオーバーってのは両作品が平等に扱わられなきゃいけないと思うんだよね。 片方だけの作品のファンしか喜ばないものよりかは両作品のファンが喜ぶものを作るべきなんだと思うんだよね。 あ、これは悪魔で僕の個人的意見だからね、決してクロスオーバーSSの読み手の総意じゃないから。 中には無双SSが好きな人もいるし無双SSで面白いのもいっぱいあるから。 まぁそう考えるとおそ松さんと同じぐらいの土俵に立ってそうな作品は……」

おそ松「『もしも十四松が楽天の監督になったら』とか!!」

十四松「僕、レッドソックスの監督がいい!!」

カラ松「男だったら常にアメリカンドリームを追いかけなきゃな……よく分かってるじゃないか十四松」

チョロ松「……就活行ってくる」バタン


12: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:46:34.73 ID:I5veBp1iO

カラ松「ブラザー、俺の場合だとサングラス繋がりで色んなキャラと共演できそうだが」

一松「悶絶少年専属調教師と共演したら?」

カラ松「ええっ!? やだ!!」

おそ松「ほいhttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453204160/

カラ松「おい!! URLを貼るな!!」

トド松「一松兄さんは何かいいアイデアある?」

一松「だからないって、どんな作品と共演しても俺らの所為でその作品が汚れるだけ」

エスパーニャンコ「書くのが下手くそだからロクなのが書けない」

一松「!!」


13: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:47:17.49 ID:I5veBp1iO

エスパーニャンコ「だからこうやっておそ松さんSSは元がクソだからどんなに頑張ってもクソSSって予防線をはっとけば大丈夫」

エスパーニャンコ「或いは初めに初心者ですとか、キャラ崩壊注意とか書いとけば全然傷つかない」

一松「」

トド松「一松兄さんどんだけネットの声恐れてるの!?」

カラ松「ふっ……恐れては何も始まらないぜ」

一松「ふん!!」ドゴォン!!

カラ松「ふごぉ!!?」バタッ


14: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:47:47.63 ID:I5veBp1iO

おそ松「まぁぶっちゃけ? 共通点あろうがなかろうが書き手次第でどうにでもなるよね」

トド松「謎のクロスで面白いSSなんていっぱいあるからねー」

イヤミ「ウヒョヒョヒョヒョ!!」

おそ松「あ、イヤミ」

イヤミ「チミ達は所詮、ネットの中でしか活躍できないでザンスねー」

カラ松「……どういうことだ?」

イヤミ「ミーはこの度、世界的大スターと共演することになったでザンス!!」


15: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:48:19.54 ID:I5veBp1iO

おそ松「ええっ!? カリスマレジェンドと!?」

イヤミ「そう!! 世界的大スターザンス!!」

おそ松「誰なのそのカリスマレジェンド!!?」

トド松「なんでその言い方に拘るの!!?」

イヤミ「おフランス生まれのスーパースター!! それは……」

バッ

イヤミ「……プハー!! おフランスの国民的炭酸は美味しいザンス!!」

おそ松「……」

一松「……」

イヤミ「……ね? 世界的大スターザンショ?」

トド松「……」

カラ松「……」

イヤミ「悪かった!! ミーが悪かったザンス!!」


16: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/22(木) 18:48:51.26 ID:I5veBp1iO

おそ松「あーもう!! 俺に金あってイケメンだったら妄想だけに浸ることもないのになーー!!」

一松「あれ、十四松は?」

カラ松「!! そういえばいないな……」

ガチャッ

チョロ松「た、大変だーー!!」

トド松「チョロ松兄さん、就活は?」

チョロ松「そんなことよりこれ見ろ!!」

おそ松「……赤塚通信号外?」

『松野十四松、小説家デビュー。 ネットで投稿したSSがきっかけ』

『十四松「まさか気分転換になろうで書いた物がヒットするとは思いませんでした。 これからもこの作品で人々に喜びと感動を伝えたいと考えています」』

おそ松「……前に言ったけどさ、俺達ほんと兄弟達のことよく知らないよね」

トド松「うん」

~終わり~



『おそ松さん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿