TOP > アイドルマスター > 千早「プロデューサーにお願いしたいことが……」P「おう、何だ?」

千早「プロデューサーにお願いしたいことが……」P「おう、何だ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 00:22:18.92 ID:JM+MBY8Y0

千早「あの、率直に申し上げますと。好きです」

P「ブフォッ!なななな、何をいいだすんだ!?」

千早「リアクションありがとうございます」

千早「ですが、高槻さんもとても可愛いと思うんです」

P「まあ、確かに」

千早「好きの意味は違いますが、できれば一人に絞りたくて……」

P「う、うん、それで?」

千早「ですから……」

P(これはまさかの逆プロポーズか、人生の春か!?)

千早「高槻さんの格好をしてください」

P「ざけんな」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 00:28:45.48 ID:JM+MBY8Y0

P「なんでおれがやよいの格好せにゃならんのだ」

千早「それは簡単な話です」

千早「プロデューサーが高槻さんの格好をしてくれれば」

千早「私は、同時に二人を愛している気分になれるんです」

P「そうか、わかった。ビンタするわ」

千早「ちょっ…!?話を、話をきいてください!」

千早「プロデューサーがこの服と、カツラを着てくだされば事態はおさまるんです」

P「オレがおさまらんわ!却下だ、却下!あきらめろ!」

千早「……だめですか?」 ジー

P「うっ……」

P「ちょっとだけだぞ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 00:34:05.81 ID:JM+MBY8Y0

P「まったく、こんなもんまで用意しやがって……」

千早「高槻さんへの情熱は誰にも負けません」

P「さいですか」

千早「ささ、はやく。待ちきれません」

P「お前いつかやよいに手を出して捕まったりしないだろうな……」

P(しょうがない、着替えるか。それが千早のやる気につながるなら、これもオレの立派な仕事だ)

伊織「ちょっと、待ちなさい!」

千早「水瀬さん!?」

P(救世主!)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 00:38:06.30 ID:JM+MBY8Y0

伊織「話は聞かせてもらったわ」

伊織「千早、いったい何を考えているの!?」

P「そうだ、伊織!もっといってやれ!」

伊織「プロデューサーにやよいの格好をさせるなんて、正気の沙汰じゃないわ」

P「そうだそうだ、いいぞ!」

伊織「狂っているとしか思えない」

P「もっとだ!」

伊織「そんなの……」

伊織「想像しただけで頭がフットーしちゃうじゃない!」

P「ああ、ちくしょう。読めてたよ、この流れ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 00:40:38.97 ID:JM+MBY8Y0

伊織「だって、プロデューサーがやよいの格好でしょう?」

千早「これこそ、一粒で2度おいしいと言う物よ」

伊織「これほど合理的な策はないわね……!」

P「もうわかった、着替えるから。とりあえずあっちむいてて」

千早「あ、ちゃんと下着もはき替えてくださいね」

P「はいはい……、……はいぃ?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 00:46:00.27 ID:JM+MBY8Y0

千早「高槻さんが普段身に着けてるものと、同じものを買ってきました」

P「ちょっとまて、入るわけねーだろ」

千早「少しキツいでしょうけど。そこは高槻さんになりきるためと思って」

伊織「やよいとおそろいの下着……、うらやましいけど。今回は譲ってあげるわ」

P「遠慮しなくていいんだぞ、お前がつけなさい。やよいも喜ぶ」

千早「はやくしてください、足がしびれそうです」

P「お前いつのまに正座したの!?」

千早「このようなすばらしいもの、正座して待たないと罰があたるので」

P「さいですか……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 00:50:08.55 ID:JM+MBY8Y0

P「ほら、着替えたぞ」

千早「ハァハァ……ッ、プロデューサー、ついでにお願いしてもいいですか!?」

P「息荒いな。……で、何?」

伊織「千早!?あんたまさか……」

千早「察しがいいわね、水瀬さん。想像のとおりだと思うわ」

伊織「やめなさい!そんなことしたら、私たちの理性が……!」

千早「わかっているわ、でも……私は我慢できないわ!」

P「早くして……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 00:54:47.28 ID:JM+MBY8Y0

伊織「……わかったわ。千早がそこまでいうなら、私ももう止めないわ」

伊織「それに、私だって……、そうさせたかったんだから」

千早「なら、遠慮なく。プロデューサー」

千早「うっうー、って言ってください」

P「え?う、うっうー?」

伊織「もっと、感情こめて!やよいになりきったつもりで言いなさい!」

P(意味わからねえ!)

P「ゴホン。……うっうー!」

千早「ブホハァっ!?」

伊織「ち、千早……鼻血が出てるわよ。はしたないわね……」

千早「そういう水瀬さんこそ、涎がでてるわ……」

P(白けてくれた方がまだましだった!!)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 01:00:20.05 ID:JM+MBY8Y0

伊織「次は私ね。プロデューサー、ハイタッチ」

P「へっ、あ、おう」 パシーン

伊織「……」 デローン

P「伊織!お前がしちゃいけないくらいにデレっとした顔になってるぞ!?」

千早「気持ちはわかるわ、私だってあんなことしたら……」 デローン

P「……ほら、もういいだろ。脱ぐぞ。」

伊織「裸になるですって……っ」 フラッ

千早「あぁっ、水瀬さん!」

伊織「ごめんなさい、想像しただけで頭がぼうっとなっちゃって」

P(もしかしてこれは新手のイジメなのでは)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 01:08:26.80 ID:JM+MBY8Y0

伊織「はやく、はやく脱ぎなさいよ、待ちきれないわ!」

千早「私からもお願いします、脱いでください!」

P「ちょっと、なんでそんなに食い気味なんだよ、もう、わかった、上だけ脱ぐから!」

P(もう、なんでこんなことに……、もう家に帰りたい……) ヌギヌギ

P「ほら。脱いだぞ、これで満足か?」

千早「……ごふっ」 ビチャチャッ

伊織「なによこれ、……最高じゃない」 フラ

P「吐血と立ちくらみしてまで恍惚とした顔するのやめてくんない、怖いから……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 01:13:28.07 ID:JM+MBY8Y0

P「うっ、この時期に上半身裸だとさすがにキツイな……」

千早「水瀬さん」

伊織「ええ、わかってるわ」

P「げっ、……なんだその常軌を逸した目」

P「ちょっと、こないで、マジで怖いから!」

P「ほんとやめて、うっうー!うっうー!うっうー!」

P「うっうー!!!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 01:19:04.98 ID:JM+MBY8Y0

P「……ねえ」

伊織「にひひっ♪」 スリスリ

P「あのさ」

千早「ふふっ」 スリスリ

P「あったまったから離れてください、なんかもう泣きそうです」

千早「泣きそうなプロデューサー、……かわいい」

伊織「いいえ、むしろこれはやよデューサーね」

千早「やよデューサー、かわいい」

P「やめて、ほんと……、胃が痛くなってきた」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 01:26:30.78 ID:JM+MBY8Y0

千早「ところでやよデューサー」

P「なんでしょうか」

千早「その……、千早さん、って呼んでください」 ポッ

P「何で距離感広がる呼び方なのに頬を赤らめるんだよ!?」

千早「その方が、高槻さん感がでますし」

伊織「千早だけずるいわよ。やよデューサー、私も伊織ちゃんって呼びなさい!」

P「……ち、千早さん?」

千早「はうっ」 キュゥン

P「伊織ちゃん?」

伊織「んん……っ」 キュゥン

P(あー、今夜はもやし炒めだー、あははは)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 01:34:57.95 ID:JM+MBY8Y0

P「もう、終わり。今日は終わり!」

千早「どうしてですか、やよデューサーをずっと愛でていたいのに」

P「どうしても!やよデューサーは疲れたの!千早さんお願いだからいう事きいて!」

伊織「待って、やよデューサー。もうすこしだけだから」

P「伊織ちゃーん、おでこをわき腹に擦り付けるのやめてー」

伊織「いいじゃないの、アンタが可愛いのが悪いのよ」

P「本物の方がもっと可愛いぞ……」

千早「プロデューサーと高槻さんのこのコラボがたまらないんですよ」

P「あー、もう。涎でてるから、拭きなさい」

千早「拭いて下さい」

伊織「私も出すわ、拭きなさい」

P「もう好きにして……」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 01:42:24.65 ID:JM+MBY8Y0

千早「……」 ダバァッ

P「……」 フキフキ

伊織「……」 ドパァッ

P「……」 フキフキ

P「……なんかもう、どうでもよくなってきたかなーって」

千早「あ!なら、ガルーン!ガルーンやってください!」

伊織「私も見たいわ、ほら、はやくしなさいよ!」








やよい「   」

小鳥「見ちゃだめ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 01:52:58.12 ID:JM+MBY8Y0

やよい「……あ、あの」

千早「!?」

伊織「ややややややややややや」

P「やよい……!やよい!やよい!助けてくれ!」

P「聞いてくれよ。千早と伊織がさー。オレにこの格好になるように言ってきて」

千早「何の話ですか?やめてください」

伊織「そうよ、あんたが勝手にやよいの格好になったんじゃないの」

P「お前らぁ!?」

やよい「……」

やよい「伊織ちゃん、私見てたよ?」

伊織「  」

やよい「千早さん、言いだしっぺですよね?」

千早「  」

やよい「……」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 01:58:27.59 ID:JM+MBY8Y0

千早「ち、違うの、高槻さん、聞いて!違うの、違うの!」

伊織「そそそそ、そうよ、これは、その、…そう!パーフェクトコミュニケーションなのよ!」

P「バッドだよ」

やよい「……」

千早「だからね、高槻さん。その、……き、嫌わないで?っていうか、引かないでほしいの」

伊織「そ、そうよ。形はどうであれ、私たちはやよいを愛でていたのよ……、その心は本物なの」

P(ざまあみろ、へへ、もっといってやれ、やよい!本家本元!)

やよい「……ありですよね、やよデューサー!」

P「えっ」

やよい「かわいいですー!」

P「おう……」

千早「やよデューサーを可愛いっていう高槻さんかわいい……」

伊織「これはもう、楽園だわ」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 02:01:29.07 ID:JM+MBY8Y0

やよい「二人が夢中になるものわかりますー」

やよい「ただ、ちょっとウィッグの色が薄いかなーって」

千早「さ、さすが高槻さん。目のつけどころが全然違うわ!」

伊織「やよい、お願いがあるの。さらなるやよデューサーを作り上げるために、やよいの意見も聞かせてくれないかしら?」

やよい「もちろんだよ、伊織ちゃん!」

P「……ふっ」

P(母さん、オレ……、心が、折れました)


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 02:04:10.58 ID:JM+MBY8Y0

千早「そうと決まれば、早速やよデューサーを連れてかえりましょう」

伊織「にひひ♪私たちがちゃーんと、もっとやよいに近づけてあげるから、覚悟しなさいよね」

やよい「うっうー!」

P「……うっうー」

P「うっうー!!」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 02:08:07.30 ID:JM+MBY8Y0

数週間後

P(酷い目にあった……)

P(なんだかんだ、やよいの服とかまで着せられて……)

P(やよいがどうやって普段身体を洗うとかも教え込まれ)

P(もう7割がたやよいになってしまった)

P(だが、それももう終わり!今日からオレは元通りだ!)

美希「すぅ…すぅ……」

P(美希は寝てるのか、そっとしておいてやるか)

ガチャ

雪歩「あの……」

P「雪歩か。どうした?」

雪歩「プロデューサーにお願いしたいことがあるんですぅ」






終わり



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿