TOP > 進撃の巨人 > ミーナ「アニはもう少し素直になるべき」アニ「そうかい」

ミーナ「アニはもう少し素直になるべき」アニ「そうかい」

2017/10/08 15:04 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 22:10:20.68 ID:k0y91Iyt0

ミーナ「気のない返事をして!」

アニ「……別に私の勝手だろ」

ミーナ「そんなんだから友達ができないんだよ!」

アニ「……悪かったね。友達がいなくて」

ミーナ「あ、でもでも私はアニの友達だよ!友達第一号!」

アニ「はいはい、ありがとう」

ミーナ「またそうやって受け流す!」

アニ「ほっといてよもう」

ミーナ「……アニがどうしてそんなにみんなとの交流を怖がるのかわからないけどさ」

ミーナ「……みんなはアニのことを拒絶したりなんかしないよ」

ミーナ「……だから、勇気を出して一歩踏み出してみようよ?」

アニ「……」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 22:24:32.60 ID:k0y91Iyt0

アニ「……ふん、馬鹿馬鹿しい」スタスタ

??「おわっ!?」ドンッ

アニ「っ!!」ドサッ

コニー「ああアニか、悪かったな。よそ見してたぜ」

アニ「別にいいよ。私もぼーっとしてたし」

コニー「へぇ、お前でもそんなことあんのか。意外だな」

アニ「私だってぼーっとくらいするさ」

コニー「そりゃそうだな。おっといけね」

アニ「ん?どうかしたの?」

コニー「さっきマルコに誘われたんだ。消灯時間まで食堂でトランプでもしないかって」

コニー「おおそうだ!お前も来るか?マルコのヤツ女子にも声かけるって言ってたしさ!」

アニ「いや、私は……」

ミーナ『……だから、勇気を出して一歩踏み出してみようよ?』

アニ「……ああ、私もいくよ」

コニー「おお!誘っておいてなんだが珍しいこともあるもんだな!じゃあ早く行こうぜ!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 22:35:00.67 ID:k0y91Iyt0

コニー「悪い!遅くなった!」

マルコ「ああ、待っていたよコニー。……と」

アニ「……」

ジャン「意外だな、お前がこういう集まりに顔を出すなんて」

アニ「悪かったね」

ジャン「ああ悪い、そういう意味で言ったわけじゃねぇよ」

マルコ「そうそう。いつだって歓迎だよ」

ハンナ「じゃあアニは私の隣でいいよね?」

サシャ「ふふふ……知っていますかアニ?実は賭けトランプなんですよコレ?」

マルコ「何回かゲームをやって、通算成績が最も良かった人がみんなから明日の晩御飯のおかずを一品貰えるんだ」

アニ「……へぇ」

ジャン「お?どうした?怖じけづいたか?」

アニ「いや、あんた達からおかずを巻き上げるみたいでなんだか悪いと思ってね」

コニー「言うじゃねえかコイツ」

ハンナ「絶対に負けないんだから!!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 22:42:56.08 ID:k0y91Iyt0

翌日
食堂


ミーナ「いただきまーす!」

アニ「……いただきます」

ミーナ「そういえばアニ、昨日の夜は部屋にいなかったけどどうしたの?」モグモグ

アニ「……秘密」モグモグ

ミーナ「なにそれー!教えてよー!」モグモグ

ジャン「……おい」

ミーナ「ん?どうしたのジャン?」

ジャン「くそっ、約束は約束だ。……覚えてやがれ」

アニ「どうも」

マルコ「いやぁ、まさかアニがあんな強いなんてね」
コニー「いいカモだと思ったんだけどなぁ」
ハンナ「次は負けないんだからね!」
サシャ「うぅぅ……アニさんの家の子になってもいい子でいるんだよぉ……」グスッ

ミーナ「ん?ん??」

アニ「……」モッシャモッシャ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 22:52:03.42 ID:k0y91Iyt0

座学

「であるからして~」

アニ「……」カリカリ

ミーナ「うう……わけがわからないよ……」カリカリ

アニ「……」カリカリ

ミーナ「ねぇねぇ、アニは講義の内容わかる?」

アニ「半分ってとこかな」カリカリ

ミーナ「残りの半分はどうするの?」

アニ「……ぐっ」

アニ「……」チラッ

アルミン「……」カリカリ

アニ「……」

ミーナ『……だから、勇気を出して一歩踏み出してみようよ?』

アニ「……ねぇアルミン、ちょっと教えて欲しいんだけどさ」

ミーナ「(あのアニが自分から人に質問を!?)」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:06:34.75 ID:k0y91Iyt0

立体起動訓練

ジャン「だあっクソッ!全然狩れてねぇ!!ほとんど取られちまった!!」

ベルトルト「うん、ほとんどアニに取られちゃったな」

ジャン「クソッ!立体起動装置の制御ならベルトルトにもアニにも劣ってねぇ、いや俺の方が上手いはずなのになんでだよ!?」

ベルトルト「僕も調子は悪くなかったんだけど、ことごとくアニに狩られちゃったよ」

ジャン「おい、どうしたらそんなに多く狩れるんだ!?教えてくれ!!」

ベルトルト「僕も知りたいね」

アニ「……さぁね」

ジャン「さぁねってこたぁねぇだろ!!」

アニ「ッチ、ったく……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:16:56.84 ID:k0y91Iyt0

アニ「いいかい、確かにあんた達は私なんかよりずっと立体起動装置を操るのは上手いよ」

アニ「上手いけど、ただそれだけなんだよ」

アニ「あんた達のコース取りは早く進むためのそれなんだよ。これは巨人を狩る訓練なんだから、巨人が現れることを想定して素早く攻撃、回避に移れるようなコース取りをしないとダメじゃないか」

アニ「あんた達は移動と対巨人の行動を別々に切り分けて行動してる。対巨人の行動を想定しながら移動してる私と比べれば反応がワンテンポ遅れるのは当たり前じゃないか」

ベルトルト「た、確かに」

アニ「加えてあんた達はなんて言うか、攻撃が雑過ぎるんだよ」

アニ「目の前に現れた目標をがむしゃらに攻撃してるけど、それが通用するのはマットのうなじをした木偶人形相手だけだよ」

アニ「自身の体重、スピード、刃の入る角度なんかを考えて一撃離脱を心掛けないとあっという間に巨人に捕まるよ」

ジャン「ぐっ……」

アニ「最後に、これは感覚的な話になるんだけど、常に自身を俯瞰したイメージを持って動くんだ。そうすることで想定外の事象にも対応しやすくなる」

ジャン「……」

ベルトルト「……」

アニ「……ま、こんなところだと思う」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:23:52.34 ID:k0y91Iyt0

ベルトルト「……なんていうか、その」

ジャン「……お前、すげぇな」

ベルトルト「僕たちなんかとは見据えている時限が違う」

ジャン「そりゃああんだけ差がつくわけだ」

アニ「……やめてよ。大袈裟だって」

ジャン「いや、でもすげぇぞホント」

ベルトルト「うん、目から鱗だよ」

アニ「……まぁ、褒められて悪い気はしないよ。ありがと」

ベルトルト「ッ!?」

ライナー「……おいおい、さっきから影で聞いてれば」

ライナー「あのアニが饒舌になった上に『ありがと』だとよ!明日は雨じゃなく槍でも降るんじゃねぇのか?」

アニ「ッ!?ライナー!?」

アルミン「やっ、やめなよライナー!!」

ライナー「あぁ、悪い悪い。まぁ俺も嬉しくなっただけさ。あのアニがなぁ……わははは!!」

アニ「くっ……くぅ……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:33:44.62 ID:k0y91Iyt0

格闘訓練

アニ「シッ!」

エレン「くっ!」ドゴッ

アニ「へぇ、やるじゃないか。……シッ!」

エレン「ぐっ!……もう真正面から貰わねぇよ!」ガッ

アニ「……だったら、これはどうだい!?」ガシッ

エレン「なっ!?」グラッ

ズデーン

アニ「極まったね」キリキリ

エレン「いてててて!!負けだ!!俺の負けだ!!」

アニ「そんなつれないこと言わずにもうちょっと付き合いなよ」キリキリ

エレン「いだだだだだ!!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:40:26.49 ID:k0y91Iyt0

エレン「ちくしょう……今回はいい線いったと思ったんだけどなぁ」

アニ「私の懐に入って蹴りの威力を殺そうってのはいい考えだったと思うよ」

エレン「あの投げ技と関節技が無ければな」

アニ「私にあの技を使わせたんだからあんたも大したもんだよ」

エレン「あんなん隠し持ってるなんて汚えよホント」

アニ「……まぁでも、私自身あの技はあんまり使いたくないんだよね」

エレン「は?なんでだよ」

アニ「そりゃ……」

アニ「私だって……一応乙女だから」

エレン「は?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:43:26.68 ID:k0y91Iyt0

エレン「乙女?誰が?」

アニ「……私に決まってるでしょ」

エレン「……アニが?乙女?……ははっ」

アニ「……」

エレン「冗談はよしてくれよ。自分よりデカイ男、俺ならまだしもライナー級を軽々と投げ飛ばすような乙女が一体どこにいるんだよ」

アニ「……」

アニ「……シッ!」ゲシッ

エレン「いってぇ!!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:47:02.21 ID:k0y91Iyt0

アニ「……」ゲシッゲシッ

エレン「いたっ、いたっ」

アニ「……」ゲシッゲシッ

エレン「ちょっ、やめっ」

アニ「……」ゲシッゲシッ

エレン「わ、わかった!認める認めるから!!」

アニ「何をだい?」ゲシッゲシッ

エレン「お、乙女!アニは乙女だから!」

アニ「そう。私は花も恥じらう純情可憐な乙女さ」ゲシッゲシッ

エレン「はいっ!アニは花も恥じらう純情可憐な乙女ですっ!!」

アニ「わかればいい」

エレン「ぐぐぐ……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:54:11.41 ID:k0y91Iyt0

エレン「ひぃー、ひどい目にあった……」

アニ「自業自得だよ」

エレン「いつつ……で?」

アニ「?」

エレン「お前が乙女だったとして、なんでそれが投げ技や関節技をあまり使いたくない理由になるんだ?」

アニ「……それ本気で言ってる?」

エレン「あぁ」

アニ「……言わないとダメ?」

エレン「あぁ」

アニ「……はぁ」

アニ「……あんたは男で、私は女だろ?」

エレン「ん?あぁ」

アニ「……恥ずかしいんだよ、ああやって身体が密着するのは」

エレン「……なっ!?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:00:20.57 ID:GwjSfzPC0

エレン「な、な、な……」

アニ「……そういうことだよ。ったく……」

コニー「……お前らさっきから何イチャコラしてんだよ」

エレン「ココココニー!?いつからそこに!?」

サシャ「エレンとアニが仲良くじゃれあってるところからですよ」

エレン「どこだよそれ!?」

アニ「ち、ちがっ!じゃれあってなんか……!!」

サシャ「おうおう、この期に及んで否定してきましたよコニーじいさんや」

コニー「ほんに見苦しいですなぁサシャばあさんや」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:05:11.94 ID:GwjSfzPC0

サシャ「あ、そうそうエレン」チョイチョイ

エレン「あ?どうした?」

サシャ「アニってば実は隠れ巨乳なんですよ。知ってました?」

アニ「ちょっ!?」

エレン「は、はぁっ!?」

コニー「おいマジか!?」

サシャ「あのちっちゃい身体つきに不釣り合いなグラマラスなボディ。たまらないですね」

サシャ「ついさっきまでエレンはその身体と密着してたんですよ?むふふっ」

エレン「~~ッ!!」

アニ「サシャぁ!!」

サシャ「おっといけない!撤退しますよコニー!」ダッ

コニー「おう!」ダッ

アニ「ちょっ、あんた達!?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:15:19.32 ID:GwjSfzPC0

アニ「……」

エレン「……」

アニ「……サシャの馬鹿が言ってたこと」

エレン「!?」

アニ「忘れて」

エレン「あ!?ああ、でも……」

アニ「忘れて!!」

エレン「ああ、わ、わかった!!」

アニ「……」

エレン「……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:19:02.93 ID:GwjSfzPC0

アニ「……」

エレン「……」

アニ「……あの、さ」

エレン「?」

アニ「いつだったか、あんたが私の技を褒めてくれたことがあったじゃない?」

エレン「ああ、そんなこともあったな」

アニ「あの時はあんなこと言っちゃったけどさ」

アニ「正直、嬉しかったよ」

アニ「……ありがと」

エレン「お、おう」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:27:13.30 ID:GwjSfzPC0

エレン「……うん、よし!」パンッ

アニ「?」

エレン「いつまで休んでると教官に怒鳴られるからな!訓練の続きをしようぜ!!」

アニ「……ああ、そうだね」スクッ

エレン「お前の自慢のその格闘技、俺が盗んでみせるからな!!」

アニ「……フッ、盗めるもんなら盗んでみな」

エレン「おう!」

エレン「……あ、でも関節技は勘弁してくれよ。俺も男だからさ」

アニ「……ふふっ、ばーか」ニコッ

エレン「ッ!?」ドキッ

アニ「さぁ、いくよっ!!」

エレン「ちょっ、待っ……」

ドカッ!!


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:31:56.88 ID:GwjSfzPC0

女子寮


ミーナ「アーニっ!」ダキッ

アニ「ちょっ、やめてよミーナ」

ミーナ「ふふふ~、アニは可愛いなぁ」スリスリ

アニ「なにしてんの」

ミーナ「あ~、アニってばすごくいい匂いがする~」モフモフ

アニ「やめてよ恥ずかしい」

ミーナ「アニみたいな可愛い女の子に身体を押し付けられた上にこんないい匂いがしてきたらそりゃエレンもドギマギしちゃうよねぇ」モフモフ

アニ「なっ!?」ドカッ

ミーナ「いたい」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:35:33.95 ID:GwjSfzPC0

アニ「どどど、どうしてそれを」

ミーナ「ふふっ、サシャとコニーが食堂で言い触らしてたよ」

アニ「あいつら……」

ミーナ「ふふふ、良かった」

アニ「全然良くないよ」

ミーナ「そうじゃなくてさ」

ミーナ「アニがみんなの輪に溶け込めて良かったなって」

アニ「……」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:38:23.45 ID:GwjSfzPC0

ミーナ「もしかしてさ」

ミーナ「この前私が言ったこと、覚えてて気にかけてくれた?」

アニ「ち、ちがっ……」

アニ「……」

アニ「……うん、そうだよ」

ミーナ「うわーん可愛いやつめー!!」ギュッ

アニ「ちょっ、苦しい!苦しいってば!!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:43:10.82 ID:GwjSfzPC0

ミーナ「……良かったね」

アニ「……うん」

ミーナ「……みんなと仲良くなれて、良かったね」

アニ「……うん」

ミーナ「……好きな人と仲良くなれて、良かったね」

アニ「……好きな人?」

ミーナ「……アニは、エレンのことが好きなんでしょ?」

アニ「……」

アニ「……わからない」

アニ「……ただ」

アニ「あいつと話をしていると、楽しい」

アニ「あいつの笑顔を見ると、胸が暖かくなる」

アニ「あいつが頑張っている姿を見ると、胸が熱くなる」

アニ「私って、あいつのことが好きなのかな?」

ミーナ「ふふっ、アニは鈍感さんだなぁ」ギュッ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:49:28.60 ID:GwjSfzPC0

ミーナ「……ねぇ、アニ」

アニ「ん?」

ミーナ「今度の休日、エレンを誘ってお出かけしてきなよ」

アニ「んんん……」

ミーナ「クリスタに頼んで可愛い服をコーディネートしてあげる。綺麗なお化粧も教えてあげるからさ」

ミーナ「エレンとデートしてきなよ」

ミーナ「……きっと、すごくすごく楽しいよ?」

アニ「……そうかな?」

ミーナ「アニは、エレンと二人でお出かけしたと思わない?」

アニ「……」

アニ「少し、してみたいかも」

ミーナ「うん、素直でよろしい」ギュッ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:55:28.69 ID:GwjSfzPC0

ミーナ「よし、そうと決まれば……」

アニ「……伝えなきゃ」

ミーナ「えっ?」

アニ「……私の気持ち、伝えなきゃ」

ミーナ「ええっ!?まさかエレンに!?それはちょっと早すぎるんじゃ……」

アニ「違う、ライナーとベルトルト」

ミーナ「えええ!?なんでライナーとベルトルト!?」

アニ「……ライナーとベルトルトとは同郷なんだ」

ミーナ「へえ、知らなかったぁ」

アニ「……訓練兵団に入る時、三人である約束をしたんだ」

アニ「でも、もし私がエレンのことを好きになったら、その約束は破らなくちゃいけない」

ミーナ「……約束っていうのがよくわからないけど、そういうものなんだね?」

アニ「うん」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:59:02.68 ID:GwjSfzPC0

アニ「だから、私は二人に謝らなくちゃいけない」

アニ「約束を破ってゴメンって」

アニ「あの約束は無かったことにしよう。やっぱりやめようって」

ミーナ「……その話をしたとして、二人は怒らない?」

アニ「……怒るかもしれない」

アニ「二人はその約束だけを目標に生きてきたから」

ミーナ「……そっか」

アニ「でも私は、もう約束を守れそうにない」

ミーナ「……そっか」

アニ「だから私は、二人に謝らないといけない」

ミーナ「……そっか」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 01:03:01.49 ID:GwjSfzPC0

ミーナ「……私も一緒に二人に謝ってあげる」

アニ「……え?」

ミーナ「三人の約束を破るような真似をしちゃってゴメンなさいって、私も謝るよ」

アニ「そんな……ミーナが気にすることじゃないよ」

ミーナ「気にするよ!!」

アニ「ッ!!」

ミーナ「だって……だって……」

ミーナ「だってアニは……私が訓練兵団でできた初めての友達なんだもん」

アニ「ミーナ……」

ミーナ「その友達が困ってるんだもん、見過ごすわけにはいかないよ!」

ミーナ「だから……二人で一緒に謝ろ?ね?」

アニ「ミーナ……」

アニ「……ありがと」ニコッ


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 01:09:15.21 ID:GwjSfzPC0

ガキィンッ!!

ケイジ「くそっ!くそっくそっくそっ!!」ガキンガキンガキン

ケイジ「ふざけんな!ふざけんじゃねぇぞてめぇ!!」ガキンガキンガキン

ハンジ「やめなさいケイジ!!」ガシッ

ケイジ「ハンジさん!!あんたも見ただろこいつの顔を!?」

ケイジ「このクソ女……俺達のことを笑いやがった!!」

ケイジ「必死に戦って死んでいった仲間たちを!!命を懸けて戦っている俺達を無能だって馬鹿にしやがった!!」

ケイジ「ちくしょう!ちくしょう!ちくしょぉぉぉぉ!!!」

ハンジ「……リーネ、ヘニング。悪いけどケイジを下がらせてくれ」

リーネ「……ハッ」

ヘニング「……行くよ、ケイジ」

ケイジ「離せ!離せよお前らぁぁぁぁ!!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 01:20:37.65 ID:GwjSfzPC0

ナナバ「ケイジのやつ……かなり荒れてるね」

ゲルガー「そりゃそうだろ。あいつに比べりゃ幾分か冷静だが、俺だって同じ気持ちさ」

ゲルガー「できることなら今すぐにでもこのクソ女をブチ殺してやりてぇよ」

ハンジ「そうは言うけどさ、ゲルガー……」

ミケ「……真に憎むべき敵は、この少女なんかじゃない」

ミケ「もし、アルミンの推測通りこの少女が五年前の一件にも噛んでいるのだとしたら」

ミケ「この少女は当日十一歳。まだ年端もいかぬ子供だ」

ハンジ「……そんな子供が、人類に対して明確な殺意を抱くと思うかい?」

ハンジ「仮に人類が過去に巨人たちから激しい恨みを買うような行うをしたとしてもだ」

ハンジ「人類を滅亡させるために送り込んだ刺客がこんな子供だなんて絶対に間違っている」

ナナバ「いたいけな子供たちを言いくるめて、戦場に駆り出している黒幕がいる。そういうことかい」

ミケ「ああ」

ハンジ「間違いなくいるだろうね」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 01:27:39.89 ID:GwjSfzPC0

ゲルガー「……チッ」

ハンジ「私は……、いや、私たちはそんな存在を絶対に許さない」

ミケ「子供を戦場に送り込むなど鬼畜の所業だ」

ミケ「絶対に、絶対に我々はこの戦いに勝利しなければならない」

ゲルガー「……ああ」

ナナバ「そうだね、でも……」

ナナバ「未来ある若き才能たちを死地に追いやる、という意味では我々も大差ないね」

ハンジ「……その通りさ」

ミケ「……我々は、この現状を深く恥なければならない」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 01:33:26.42 ID:GwjSfzPC0

ゲルガー「……そんなん簡単な話だろ」

ゲルガー「ガキどもを戦わせなければいい」

ゲルガー「俺達の一人一人が千の兵士と等しいだけの働きをすればいいだけだ」

ゲルガー「……そうすればガキどもが戦うこともないままにこの戦争も終わるさ」

ナナバ「……あんたもたまにはいいこと言うねゲルガー」

ミケ「リヴァイ一人に頼っていては我々大人の立つ瀬がないな」

ゲルガー「そういうことだ。行くぞナナバ、訓練に付き合え」ザッ

ナナバ「はいはい」ザッ

ミケ「……」ザッ

ハンジ「……」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 01:38:17.62 ID:GwjSfzPC0

ハンジ「……さて」

アニ「……」

ハンジ「君も災難だねぇ」

アニ「……」

ハンジ「いくら君も被害者だと言っても、君や超大型巨人、鎧の巨人が多くの人々を殺めたという事実は変わらない」

ハンジ「もし君の結晶化がとけたとしても、君に残された道は極刑以外ありえないだろう」

ハンジ「そういった意味では、君はそのままの状態がベストなのかもしれないね」

ハンジ「……おや、また笑ってるね」

ハンジ「人類を滅ぼす夢でも見ているのかい?それとも……」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 01:40:41.68 ID:GwjSfzPC0





うわぁ!アニすっごく可愛い!

そ、そんなことないよ

これならエレンもイチコロだね!!

なっ、私は別にあいつのためにオシャレしたわけじゃ……

はいはい、わかったわかった

だから違……

あっ、エレンが来たよ!笑って笑って!!





54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 01:41:40.86 ID:GwjSfzPC0

ハンジ「……ねぇ、美しき眠り姫」

ハンジ「……君は今、どんな夢を見ているんだい?」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 01:43:01.57 ID:GwjSfzPC0

(おわり)



『進撃の巨人』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿