TOP > アイドルマスター > P「最近真美のいたずらが酷い」

P「最近真美のいたずらが酷い」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 18:13:16.75 ID:S3KxNFXu0

真美「ねえゆきぴょん、さっき何してたの?」

雪歩「えっ……プロデューサーにお茶を……」

真美「ふざけるな!」バンッ

雪歩「ひうっ……!」ビクッ

真美「兄ちゃんに近づかないでっていってるっしょ!」

雪歩「ご、ごめんなさい!」

真美「謝ってすむと思ってんの!?」

P「いきなり怒鳴るなんて酷いいたずらだな……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 18:20:33.35 ID:S3KxNFXu0

P「なんかいたずらというよりいじめに近いような……最近アイドルにあんまり近づけてないし」

P「俺に何の恨みがあるんだ」

春香「プロデューサーさん、クッキー焼いてきました!食べてください!」

P「おお、ありがとう」モグモグ

春香「どうですか?」

P「美味いよ、ありがとう」

春香「えへへ……また作ってきますね」

真美「………はるるん」

春香「………」ビクッ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 18:27:02.56 ID:S3KxNFXu0

春香「ま、真美!いたんだ…」

真美「今日も仕事がないからね、ところでそれ、何?」

春香「クッキーだよ!真美も食べる?」

真美「いらない、ところでなんで兄ちゃんに渡してたの?」

春香「い、いるかなーって思って」

真美「別にいらないと思うよ
はるるんの作った甘ったるいクッキーなんて何個か食べたら飽きるっしょ」

春香「……」シュン

真美「とにかくこれからは兄ちゃんに近づかないでね」

春香「………」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 18:36:05.71 ID:S3KxNFXu0

美希「ハニー!」バッ

ガシッ

美希「い、痛い!髪の毛引っ張らないで!」

真美「引きちぎってもいいんだけど、さすがにそれはあれだからさ」

美希「離して!真美にとにかく言われる筋合いはないって思うな!」

真美「ミキミキもこりないね」

美希「むうー!」

P「おい真美、離すんだ」

真美「………!」バッ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 18:44:33.93 ID:S3KxNFXu0

美希「ハニー!」ギュッ

真美「あっ………」

P「美希も離れてくれ」

美希「イヤなの!」

真美「ミキミキ、離れて」ギロッ

美希「いーや!」

P「真美、暴力はダメだと思うぞ」

真美「暴力なんて!ちょっとミキミキの髪の毛引っ張っただけだよ」

P「大体、なんでアイドルのみんなをどっかにやろうとするんだ?
そんなに俺のことが嫌いなのか?」

真美「ち、違うよ!真美は…!」

P「そんなに俺のことが嫌いなら真美が近づかなければいいだろ
俺も近づかないから」

真美「ち、違うんだって!兄ちゃん!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 18:53:26.97 ID:S3KxNFXu0

真美「真美は……!」

P「ああ、じゃあな」

真美「待ってよ兄ちゃん!」ガシッ

美希「邪魔なの」パシッ

真美「うっ……なんで……」

真美「真美はただ汚い女から守ろうと……」

P「………」

真美「うう……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 18:58:07.62 ID:S3KxNFXu0

雪歩「はい、どうぞお茶です」

P「ありがとう、雪歩」

真美「………」

雪歩「真美ちゃん!これはその……!」

真美「美味しそうなお茶だね、真美にもいれてくれる?」

雪歩「えっと……うん……?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 19:04:11.74 ID:S3KxNFXu0

春香「ドーナツ作ってきました!食べてください!」

P「おお、ありがとう」モグモグ

春香「ふふ……たくさんありますから遠慮しないでくださいね」

真美「………はるるん」

春香「………!」ビクッ

真美「真美にもくれる?」

春香「えっ?あ、うん」

真美「………おいしいね」

春香「あ、ありがとう……?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 19:12:15.99 ID:S3KxNFXu0

雪歩「なんか真美ちゃん変わった……?」

春香「そうだよね?なんか……」

美希「変わってなんかないよ」

雪歩「えっ?」

美希「やり方が変わっただけだよ」

真美「兄ちゃん!」スリスリ

P「真美は甘えん坊だな」

美希「ああやって好感度をあげようとしてるの」

春香「それだけなら問題ないんじゃ…?」

美希「ちょっと見てて」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 19:21:46.12 ID:S3KxNFXu0

美希「ハニー!」ガバッ

真美「うえええええええん!」ポロポロ

P「お、おいおいまたか」

美希「ハニー!」ギュッ

真美「うえええええええん!」ポロポロ

P「悪い美希離れてくれ」

美希「むう……」


美希「こんな感じで美希を悪者にしようとしてるの」

春香「美希以外は困らないね」

美希「そんなことないの!みんなも抱きつけないんだよ!?」

雪歩「抱きつかないし……」

美希「なんなのなの!なんなのなの!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 19:28:09.34 ID:S3KxNFXu0

真美「兄ちゃん大好き~!」

P「おう、ありがとう」

真美「結婚しよ?ね?」

P「それもいいかもな~」

真美「じゃあはい、婚姻届」

P「えっ」

真美「よろしくね!」

終わり


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 19:31:09.40 ID:S3KxNFXu0

もっとヤンデレな真美書きたかったけど俺の力量じゃあもう限界だった
他に書いてくれる人が現れるのを待ってる



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿