TOP > アイドルマスター > P「真美、おはようのパイタッチだ」モミュ

P「真美、おはようのパイタッチだ」モミュ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 08:47:25.46 ID:Kamfvw4X0

P「……」ボロッ

真美「~♪」

P「………真美」

真美「なに?」ギロッ

P「なんでもないです」

P(完全に寝ぼけてた……やべえよ嫌われた
というか社会的に終わった)

P「真美、ちょっと」

真美「なに?」ギロッ

P「ナンデモナイデス、ハイ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 08:54:37.51 ID:Kamfvw4X0

P(不味い、どうにかして説得しないと俺が捕まる)

P「真美、ちょっと」

真美「さっきからなんなのさ!言いたいことがあるならはっきり言いなよ!」

P「えっと……さっきのはちょっと寝ぼけてたっていうか……悪気があってやった訳じゃないんだ」

真美「………」ジトー

P「だからその、誰にも言わないでくださいお願いします!」ドゲザー

真美「はあ……わかったよ、言わないであげるよ」

P「ありがとう!本当にごめんなさい!」

真美「はあ~……死ねばいいのに」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 08:59:52.83 ID:Kamfvw4X0

次の日

P(あー、今日も徹夜あけだよ)

P(こういうときは真美の妄想をしよう)

真美「おはようございますプロデューサー」

P(ああ、真美が目の前に……)

P「おはよう、今日もパイタッチだ」モミュ

真美「ひっ……!」

バキッ

P「がはっ……!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 09:07:51.31 ID:DoyolotC0

真美「はあ……はあ……」

P「………」フルボッコ

真美「次はないからね、にいちゃ……プロデューサー」

P「はい、肝に命じておきます」

真美「………本当に寝ぼけてたの?」

P「はい、まことに恥ずかしながら」

真美「はあ、もういいよ」

真美「もう……はあ……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 09:16:45.70 ID:8A5nfUtg0

次の日

P(今日も夜勤……この会社ブラックだろ)

P(まあ、真美がいるだけで超絶ホワイトだがな)

P「ああ、真美可愛い」

真美「おはようござ……えっ」

P「あ、真美おはようのパイタッチだ」モミュ

真美「」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 09:22:43.92 ID:8A5nfUtg0

真美「昨日何と言いましたっけ?」

P「はい、次はない……と」ボロボロ

真美「だよね?どうしよっか?」

P「できれば誰にも言わないでくださいお願いします」

真美「は?」

P「本当にすいませんでした!」ドゲザー

真美「にいちゃ……プロデューサー、真美のこと謝ればいくらでも揉ませてくれるとでも思ってるんじゃないの?」

P「いえ、そんなことは……」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 09:30:53.81 ID:8A5nfUtg0

真美「どうしようか……全然反省してないみたいだし」

P(不味い……このままでは俺のプロデューサー生活が終わる……
そしたら真美といちゃいちゃ出来なくなる
いや、もう出来ないも同然だが)

P「真美、どうすれば許してくれますか?」

真美「うーん、いっそ死ぬ?」

P「いや、マジ勘弁してください」

真美「じゃあ、どうしたらいいと思う?」

P「………真美と結婚?」

真美「なめてんの?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 09:39:30.63 ID:8A5nfUtg0

真美「はあ……」

P「そう言ってもいい方法が思い浮かばないんだろ~?」

真美「警察につきだしてもいいんだけど」

P「すいませんでした」

真美「といっても……確かにいい方法が思い浮かばないね」

P「そうかそうか」

真美「警察につきだしてもいいんだけどアイドルのこともあるからね
プロデューサーのことを許した訳じゃないよ」

P「………」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 09:46:01.40 ID:8A5nfUtg0

真美「あ、じゃあ765プロのみんなにご飯奢るとかどう?もちろん高級なやつ」

P「えっ……それはちょっと無理」

真美「無理じゃないよ、やれ」

P「はい……」

真美「決まりだね」

P「死ぬ……財布が死ぬ……」

真美「にいちゃ……プロデューサー餓死するかもね」

P「うう……」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 09:56:08.43 ID:8A5nfUtg0

数日後

P「あいつら手加減を知らないのな」

真美「自業自得っしょ」

P「特にやよいだ、何故家族を呼んだんだ」

真美「ああ、真美が呼んだ」

P「ぐっ……」

真美「まあ、今月どうやって生活するのか楽しみだよ」

P「鬼め……」

真美「何度も言うけど自業自得だかんね」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 10:02:51.83 ID:8A5nfUtg0

数日後

P(腹へった……もやしだけとか死ねる……)

P(こういうときは真美の妄想で誤魔化そう)

真美『兄ちゃん…大好き!おっぱい揉んでよ』

P「ああ、もちろんさ」モミュ

真美「………」プルプル

P「あ、あれ?」

バキッ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 10:10:26.32 ID:8A5nfUtg0

真美「プロデューサー?なにか言うことはある?」

P「あまりにお腹がすいて、幻覚を見ていたんです!信じてください!」ボコボコ

真美「はあ……もう呆れてなにを言ったらいいかわからないよ」

P「………ゴメンナサイ」

真美「どうしようか?いよいよ警察にいく?」

P「いやあ、勘弁してください」

真美「はあ…………最近しないから認めてあげようと思ったのに…………」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 10:19:43.43 ID:8A5nfUtg0

真美「どうする?また奢る?」

P「そんなお金ないです……食い逃げになっちゃいます……」

真美「だよね……じゃあ、もういいや」

P「えっ?」

真美「もういいって言ってるの」

P「それは警察につきだすということ?」

真美「違うよ、もう許すって言ってるの」

P「えっ!なんで!?」

真美「もうめんどくさくなったから」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 10:27:45.01 ID:8A5nfUtg0

P(許すなんて……なにか裏があるに決まってる)

P「ま、真美?どうして許してくれるんですか?」

真美「はあ……もう疲れたからだよ」

P「ため息つくと幸せが逃げるぞ」

真美「誰のせいだと……もういいよ、色々諦めた」

P「なんか企んでない?」

真美「うるさい!しつこい!はい、これもってどっかいけ!」

P「まった!事務仕事があるから!」

真美「ふん!」タタタッ

P「……これ、弁当?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 10:40:08.36 ID:8A5nfUtg0

P「………」モグモグ

P(美味しいな……わざわざつくってくれたのか)

真美「………」コソッ チラッ

P「………何やってんだか」

P「美味い……」モグモグ

真美「………」スッ

P「……そろそろ決めないとな」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 10:46:48.12 ID:8A5nfUtg0

P「真美、ちょっといいか?」

真美「なに?」

P「いやさ、これまで俺は真美にセクハラしまくっただろ?」

真美「そうだね」

P「俺は寝ぼけてたり、幻覚を見てたりだったが、真美以外にやったことはない」

真美「………」

P「お前が好きだからだ」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 10:52:32.59 ID:8A5nfUtg0

真美「ふーん」

P「だからその、なんだ、付き合ってほしい」

真美「………」

P「もちろん馬鹿なことはわかってる」

真美「兄ちゃん……知ってる?中学生に手を出したら犯罪なんだよ?」

P「知ってる」

真美「それ以前に真美は兄ちゃんのことなんてこれっぽっちも好きじゃない」

P「それでもいい、俺が好きなんだから」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 10:58:24.38 ID:FZjHd4qb0

真美「負けたよ、兄ちゃん」

P「真美!」

真美「……ただし条件付きで」

P「なんだ?何でもするよ」

真美「これからセクハラ禁止、それが条件ね」

P「えっ!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 10:59:57.64 ID:FZjHd4qb0

真美「えっ!ってなにさ!セクハラする気満々だったっしょ!」

P「そ、それはちょっと……」

真美「じゃあこの話は保留ね!」

P「あ、待って真美!」

二人が付き合うのはまだ先の話

終わり


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 11:02:47.31 ID:FZjHd4qb0

IDコロコロ変わって申し訳ない
なんか調子悪いんだよね


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26(火) 11:51:38.97 ID:kSIYdUxP0

真美は可愛いなあ



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿