TOP > ミリオンライブ! > ミリP「紬! 何をしているんだ紬!」

ミリP「紬! 何をしているんだ紬!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:30:14.85 ID:ZrA+yw+Oo

とあるコンビニ

店員「いらっしゃいませー。ポイントカードはお持ちではないですか?」

紬「……?」

店員「? あの、お客様? ポイントカードは……」

紬「わざわざ聞かなければ分からないとは驚きました」

店員「え?」

紬「カードを持っていればすぐに出すと思うのですが。
 出さないということは持っていないということだと、分からないのですか?
 それとも、もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:30:58.99 ID:ZrA+yw+Oo

別の日、とあるコンビニ

店員「いらっしゃいませー。こちら、お箸は二膳でよろしかったですか?」

紬「……?」

店員「? あの、お客様? お箸は二膳で……」

紬「わざわざ聞かなければわからないとは驚きました」

店員「え?」

紬「商品が二つあるのなら、二人で食べると考えるのは普通ではありませんか?
 まさかあなたは、私が一度に二食平らげる大食らいとでもお思いなのですか?
 それとも、もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:31:30.23 ID:ZrA+yw+Oo

別の日、とあるコンビニ

店員「いらっしゃいませー。こちら、温めますか?」

紬「……?」

店員「? あの、お客様? 温めは……」

紬「わざわざ聞かなければ分からないとは驚きました」

店員「え?」

紬「お弁当は温かいものを食べたいと思うのが当たり前ではないですか?
 私が冷たいお弁当を好む変人とでも仰るつもりですか?
 それとも、もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:32:26.85 ID:ZrA+yw+Oo

別の日、とあるコンビニ

店員「いらっしゃいませー。こちら、フォークでよろしいですか?」

紬「……?」

店員「? あの、お客様? こちらフォークで……」

紬「わざわざ聞かなければ分からないとは驚きました」

店員「え?」

紬「スパゲティは普通、フォークで食べるものではないのですか?
 私がスパゲティを食べるのにフォークすら使えないほどの不器用だと仰りたいのですか?
 それとも、もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:33:30.06 ID:ZrA+yw+Oo

別の日、とあるコンビニ

店員「いらっしゃいませー。こちら、袋はお分けいたしましょうか?」

紬「……?」

店員「? あの、お客様? 袋は……」

紬「わざわざ聞かなければ分からないとは驚きました」

店員「え?」

紬「同じ袋に入れればホットスナックが冷めてしまうのは当たり前ではありませんか?
 まさか私に冷めたホットスナックを食べさせようと……?
 それとも、もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:34:36.20 ID:ZrA+yw+Oo

別の日、とあるコンビニ

店員「いらっしゃいませー。こちらシールだけでもよろしいですか?」

紬「……?」

店員「? あの、お客様? こちらシールだけでも……」

紬「わざわざ聞かなければ分からないとは驚きました」

店員「え?」

紬「たかが電池一つ、ポケットに入ると考えるのが普通だと思うのですが。
 私がわざわざ電池一つのために袋を下げて歩きたがる変わり者とでも?
 それとも、もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:36:00.57 ID:ZrA+yw+Oo

別の日、とあるカフェ

店員「いらっしゃいませー。お一人様ですか?」

紬「……?」

店員「? お客様?」

紬「わざわざ聞かなければ分からないとは驚きました」

店員「え?」

紬「周りに誰も居なければ一人であることはすぐにわかるのでは?
 そんなに私は一人では喫茶店に入ることもできない小心者に見えますか?
 それとも、もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:37:36.56 ID:ZrA+yw+Oo

別の日、とあるファーストフード店

店員「ご一緒にポテトはいかがですか?」

紬「……?」

店員「? あの、お客様?」

紬「わざわざ聞かなければ分からないとは驚きました」

店員「え?」

紬「注文しなかったということは不要なのだと思うのが当然では?
 私がすぐに気が変わる一貫性のない人間だと仰りたいのですか?
 それとも、もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:38:04.84 ID:ZrA+yw+Oo

別の日、とあるファミレス

店員「ご注文繰り返させていただきます。○○がお一つ、××がお一つ。以上でよろしかったですか?」

紬「……?」

店員「? あの、お客様?」

紬「わざわざ聞かなければ分からないとは驚きました」

店員「え?」

紬「注文したものは手元の機械に記録されているのではないのですか?
 まさか、私が注文を変えることを期待して……?
 それとも、もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:39:26.35 ID:ZrA+yw+Oo

別の日、とある本屋

店員「お会計765円になります。ポイントのご利用はいかがなさいますか?」

紬「……?」

店員「? あの、お客様? ポイントのご利用は……」

紬「わざわざ聞かなければ分からないとは驚きました」

店員「え?」

紬「何も言わなかったということは、そのまま貯めておきたいということだと思うのですが。
 そんなに私は、765円すら払えない貧乏人に見えますか?
 それとも、もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:40:25.04 ID:ZrA+yw+Oo

別の日、とある美容院

美容師「はい、できましたよー。こんな感じでよろしいですか?」

紬「……?」

美容師「? あの、こんな感じで……」

紬「わざわざ聞かなければ分からないとは驚きました」

美容師「え?」

紬「写真をお見せして注文してその通りに切ってもらったはずなのですが。
 私がこれ以上注文をつける面倒くさい客だと仰りたいのですか?
 それとも、もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:44:59.24 ID:ZrA+yw+Oo

別の日、とある服屋

店員「いらっしゃいませー。何かお探しですか?」

紬「……?」

店員「? あの、お客様?」

紬「わざわざ聞かなければ分からないとは驚きました」

店員「え?」

紬「こうして色々と手に取って見ているですから、何か探しているのが当然だと思うのですが。
 私が冷やかしに来たとでも仰りたいのですか?
 それとも、もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:46:02.04 ID:ZrA+yw+Oo

別の日、とある服屋

店員「ありがとうございます。こちら、包装いたしますか?」

紬「……?」

店員「? あの、お客様? 包装は……」

紬「わざわざ聞かなければ分からないとは驚きました」

店員「え?」

紬「贈り物なのだから包装するのは当たり前ではないですか?
 まさか男性用のネクタイを私が自分で付けるとお思いなのですか?
 それとも、私が包装無しで贈り物を渡す不躾な女だと仰りたいのですか?
 もしかしてあなたは……」

P「紬! 何をしているんだ紬!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:46:46.58 ID:ZrA+yw+Oo

紬「え……!? プ、プロデューサー!」

P「また店員さんに悪質なクレーマー紛いのことをしているのか!
 最近のお前は一体どうしてしまったんだ! 前はそこまでアレな感じじゃなかっただろ!」

紬「な、なんなん! なんでここにおるん!」

P「うわっ! な、なんだ急に大声出して……って、あれ?
 何を買ってるのかと思えば、ネクタイを……? 誰かへのプレゼントか?」

紬「……! そ、それは、その……」

P「あ、もしかしてお父さんへのプレゼントか?
 でも父の日が近いわけでもないし……誕生日が近いとか?」

紬「……あなたという人は、本当に……」

P「あれっ、違うのか? じゃあ……まさか俺?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:47:42.16 ID:ZrA+yw+Oo

P「なんて、流石にそれは自意識過剰すぎるか。あはは」

紬「明日……渡そうと思っとったのに」

P「え……? それじゃあ本当に?」

紬「……」

P「そ、そうだったのか。なんか照れるな……。
 でも明日って、別に何の日でもないと思うんだけど」

紬「日頃、プロデューサーにはお世話になっていますから……。
 そのお礼に何か贈ろうと……」

P「……もしかして、近頃様子が変だったのはそのことを考えていたからなのか?」

紬「……」

P「そうだったのか……」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:48:28.65 ID:ZrA+yw+Oo

P「ありがとうな、紬。紬がそんな風に思ってくれてたなんて、全然知らなかったよ」

紬「プロデューサー……」

P「でも、店の人に迷惑はかけちゃダメだぞ?
 まあ、そんなになるまで真剣にプレゼントのことを考えてくれてたのは嬉しいけどな」

紬「……では、プロデューサー。受け取っていただけるのですか……?」

P「ああ、もちろんだ!」

紬「あ……ありがとうございます、プロデュー……」

店員「あのー、すみません。それでこちらの包装は……」

紬「っ、え……!? な、なん見とるん!? なん見とるん!?」

店員「わあっ!? お、落ち着いてくださいお客様!」

P「紬! 何をしているんだ紬!」



  おしまい


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:48:56.08 ID:ZrA+yw+Oo

付き合ってくれた人ありがとう、お疲れ様でした。



『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿