TOP > 艦隊これくしょん > 睦月「提督と吹雪ちゃんの性事情がおかしい」

睦月「提督と吹雪ちゃんの性事情がおかしい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 00:59:20.33 ID:nJEs2Qm30

夕立「ううん…それは二人の好きにさせてあげた方がいいっぽい?」

睦月「夕立ちゃんは早く寝てるから分からないかもだけど…本当、解決しなきゃまずいんだよ」

夕立「そんなにうるさいっぽい?」

睦月「うるさいだけなら…いいんだけどね…」

夕立「…??じゃあ今日は、お仕事とかもないし、夕方に寝て睦月ちゃんに付き合うっぽい!」

睦月「え…でも悪いよぉ…」

夕立「友達として、当たり前っぽい!!」

睦月「…ありがとお…夕立ちゃん…」(グスッ)

夕立「な、泣くほどつらかったっぽい?」

睦月「うん…ここ一か月ロクに寝れてなくて…」

夕立(あの二人は一体何をしてるっぽい…?)


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 00:59:54.91 ID:nJEs2Qm30

夕立「夜になったっぽい」(ボソボソ)

睦月「ほら、おいでなすったよ!」(ボソボソ)

提督「やあマイハニー!!今日も君の白馬のジェントルマンがやってきたよ…!!」

吹雪「わあ、素敵!」

提督「おっと、いつもの前に、今日は僕の友人を紹介しようか!!」(ポロンッ)

吹雪「まあ、可愛い!お名前は何て言うんですか?」

提督「やあ吹雪ちゃん!僕は提督のネッシー、テッシーだよ!」(裏声)

吹雪「よろしくお願いしまね、テッシーちゃん!」(にぎにぎ)

提督「あふんっ!グッドゥ…フェザータッチ…」

夕立「…ちょっと頭が痛くなってきたっぽい…」

睦月「まだまだ。これからが本番だよ…」

夕立「え゛」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 01:00:46.27 ID:nJEs2Qm30

提督「ふうぅ…吹雪に握られたせいかテッシーちゃんがエレクトリカルパレード…いや、エロクトリカルパレードしちゃったかな…」

吹雪「もう、テッシーちゃんったら!」

睦月「…………!!!!!」

夕立(む、無言でストレスをかみ殺してるっぽい…)

提督「それじゃあ、ブッキーには俺の鎮守府を舐めてもらおうかな!!」

吹雪「はい、司令官!!!こうでふかぁ…?」

提督「良いっ!すごく良いっ!まるで天女のようだよ吹雪…ああ、今でも思い出す…!夢で見た君の花嫁姿を…!

君のために俺はどんなことだってしてきたんだよ…」

吹雪「ひれいかん…///」

睦月「照れるポイントじゃないだろぉ!!」(ドガァッ!!!)

夕立「おちっ…落ち着いて、睦月ちゃん!」

睦月「はっ…ご、ごめん…死んだ如月ちゃんを思うとやりきれなくて…」

夕立「…心中、お察しするっぽい…ごめんね睦月ちゃん…」

睦月「ううん、いいの…」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 01:01:26.55 ID:nJEs2Qm30

提督「よし…そろそろだな吹雪。俺の提督棒の羅針盤は君に向かって抜錨開始の発射オーライ☆」

吹雪「まあ、素敵!」

睦月「ねえ、何なの!?あの二人は一体何なの!?」(ブンブン)

夕立「あ、あまり頭を揺らさないでほしいっぽい…」

提督「まったく…吹雪ホールはしっかり大洪水にして…お仕置きが必要だなぁ…」

吹雪「は、恥ずかしいです、司令官///」

睦月「…くそったれがぁ…」

夕立(諦めてる…睦月ちゃんのあの目は全てを諦めてる…!)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 01:02:01.49 ID:nJEs2Qm30

提督「凄い…っ!凄いぞ吹雪の締め付けは!!!」

吹雪「どれくらいっ…!どれくらいですか司令官っ!!」

提督「イ…イッツァスモールワールドゥ!!!」

吹雪「もー司令官ったら///イッツアスモールワールドってアトラクション自体は結構広いんですよ?」

提督「あーまちがえちゃった!司令官うっかりさん☆」

睦月「夢の国(ラブホ)でやれやぁ!!!!」(ガシャーン!!!)

夕立「落ち着いてぇ睦月ちゃん!!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 01:02:32.24 ID:nJEs2Qm30

提督「はぁ…はぁ…いやあ、相変わらず最高だったよ、吹雪…

(パチンッ)っンファンタスティック!!!フブキンズオマンコゥ…」

吹雪「司令官ったら…///」

睦月「もしこのストレスを抱いて生きていけと言われたら今に自殺する心中だよ」

夕立「こんなところで特攻精神出されても困るっぽいぃ!!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 01:03:06.88 ID:nJEs2Qm30

睦月「以上が毎日私が聞いている二人の情事だよ。ちなみに寝る時間をずらそうにも、あのやろ…提督は仕事をたくさん入れてくれるからなかなかずらせないよ。」

夕立「うーん…夕立、ちょっと説教するっぽい!睦月ちゃんはしなかったっぽい?」

睦月「二人の邪魔はしたくなかったんだよ…こっちの事情も考えず…!…いや、二人が幸せで、睦月が耐えればそれで済む話。

ありがとうね、話聞いてくれて。一緒に頑張ってくれて。それだけで睦月は大丈夫だから…」

夕立「そんなの駄目!!」

睦月「え…」

夕立「友達が苦しんでるのに放っておくなんて出来ないっぽい!!後は夕立に任せて!!」

睦月「夕立ちゃん…ありがとう…」(ぐすっ)


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 01:03:53.97 ID:nJEs2Qm30

夕立「提督!吹雪ちゃん!夜中に騒ぐのはやめてほしいっぽい!」

提督「ム!聞かれていたのか!」

夕立「あんなに大声だったら誰でも気づくっぽい!」

提督「しかしな夕立よ。吹雪は友人に声を聴かれると思うとグショグショになる淫乱雌豚野郎なんだ…

ここはどうか許してほしい!寛大な心をもってして!俺に免じて、な☆(ぱちんっ)」

吹雪「司令官…///」

夕立「それで睦月ちゃんは困ってる!もしこれ以上あんな真似続けるなら…

目をえぐり、爪を剥ぎ、皮を削ぎ、火で炙り、内臓を並べ、頭蓋をえぐり、殺してくれと泣き叫ぶまでいたぶってから殺す」

提督「ひぃぃぃぃ…」

吹雪「あわわわわわわ」(じょばー)

夕立「それが嫌ならラブホテルか何処かでしてほしいっぽい」

提督「するする!!そうするともさ!!!なあ吹雪!!!」

吹雪「あいぃ…」(だばだば)


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 01:04:39.37 ID:nJEs2Qm30

しばらくして…

睦月「ありがとう夕立ちゃん!夜な夜な続いていたあの奇妙な事がぴたりと止んだよ!夕立ちゃんのおかげだよぉ…」

夕立「友達なら当たり前っぽーい」

睦月「お礼に今度間宮で何かおごるよ!」

夕立「え、悪いっぽい。そんな大層な事、夕立してないっぽい?」

睦月「いいのいいの♪友達なんだから、お礼はちゃんとしないとね♪」

夕立「うーん…それなら、一番高いの頼むっぽーい」

睦月「え゛っ…ちょっと待って、いくらあったかな…」

夕立「冗談っぽーい♪」

睦月「…もう!夕立ちゃんったら!…ありがとう」

夕立「気にしないでいいっぽーい」


完これ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 01:06:27.12 ID:nJEs2Qm30

以上です。

吹雪ちゃんのおしっこなら飲んでみたいと思うのは、男として致し方ない部分もあると思います

という事で私は変態でない事が容易く証明されましたね



『艦隊これくしょん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿