TOP > ガールズ&パンツァー > 【ガルパン】みほ「あんぎゃあああああああ!!!」

【ガルパン】みほ「あんぎゃあああああああ!!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:10:30.22 ID:ocFtHe+m0

キャラ崩壊注意
みぽりんとさおりんがひどい目に遭う。あとエリカも


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:11:08.42 ID:ocFtHe+m0

~大洗学園にて~

優花里「いやあ、無事廃校を免れましたねえ」

華「ええ」

麻子「学園艦も戻って来たし、あの役人は責任追及で泡を吹いていると新聞にも載っていたな」

華「自業自得ですわ」

優花里「ともかく」

麻子「うん」

華「ええ」

優花里「平和ですねえ」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:12:37.59 ID:ocFtHe+m0

みほ「あんぎゃあああああああ!!!」

華「みほさんの悲鳴が聞こえますね」

麻子「聞こえるな」

優花里「意外とワイルドな叫び声ですねえ」

沙織「きゃああああああああ!!!」

華「沙織さんの悲鳴も聞こえますね」

麻子「こっちは女子力高いな」

優花里「ですねえ」

チュンチュン ワンワン アイー

麻子「……いや待て、何かおかしくないか」

華「なにって、ただ悲鳴が聞こえただけで……あ」

麻子「悲鳴はあくびやクシャミとは違うぞ」

三人「…………」

優花里「に、西住殿ぉ~!」ダッ


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:14:41.58 ID:ocFtHe+m0

~戦車倉庫~

優花里「この辺りから聞こえてきたような……」

華「……あっ! 皆さんあそこを見てください!」

沙織「ふえぇぇん……」オオイカブサラレ

みほ「…………」オオイカブサリ

麻子「あー、家でやってくれ。もしくはそういうホテルで」

華「お盛んですね。こんな埃っぽい倉庫でなさるなんて」

優花里「に、西住殿ぉ~……」グスッ

沙織「違う違う!! そういうんじゃなくて!」

華「え?」

みほ「あが、あがががが……」

優花里「ど、どうしたんですか西住殿」ポンッ

ズキィイイイイイン!

みほ「」

優花里「?」

ギャアアアアアア!!!


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:16:16.31 ID:ocFtHe+m0

……………

優花里「へ? ぎっくり腰?」

沙織「そうらしくて」チラッ

投げ捨てられた履帯「よろしくな!」

華「ああ、履帯を運ぼうとしたんですね」

沙織「うん……」ホワンホワン

沙織『みぽり~ん、これ持つの手伝って……』プルプル

みほ『あっ、ごめんね沙織さん。私が持つから置いといていいよ』

沙織『えぇー、二人で持とうよぉ』

みほ『いいの。お母さんの家にいたときはそれ持ってフルマラソンくらいの距離を走らされたりしたから』

沙織『カンフー映画の修業みたいだよ……みぽりんそんなことして腰とか腕とか大丈夫なの?』

みほ『大丈夫! それになんか体がボロボロなのってボコっぽくてかわいいし』

沙織『みぽりんのボコ観がわからないよ……』


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:19:56.61 ID:ocFtHe+m0

みほ『まあ冗談はさておいて、私は本当に慣れてるし任せてよ』ヨイショッ

沙織『ありがとね。じゃあ私は埃の掃き掃除を……』

グキイイイイッ!!!

沙織『ん? 何の音? みぽりん』

みほ『』

沙織『みぽりん? 滝のように脂汗が流れてるけど大丈夫?』

みほ『うん大丈夫』

沙織『大丈夫』

みほ『うん』

沙織『うん』

みほ『』

あんぎゃあああああああ!!!

沙織『!?』ビクゥッ

みほ『ここ……ここここっこっこっこ』

沙織『みぽりんどうしたの!? ニワトリみたいになってるよ!』

みほ『……こし』グラッ

沙織『えっちょ、腰ってわわっ! こっちに倒れ……』

ドズゥゥゥン

きゃああああああああ!!!


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:21:16.59 ID:ocFtHe+m0

沙織「とまあ、そんな感じで」

華「あらまあ」

麻子「あー……ぎっくり腰はまずいな。おばあがやらかしたから知ってる」

優花里「そうなんですか?」ツンツン

みほ「うああああああ!!!」

麻子「言ってるそばから何してんだ」

優花里「ああ、申し訳ありません西住殿。でもほら、動かないと武部殿が」

麻子「無理だ」

華「……無理?」

みほ「あがが……」

麻子「あのな……ぎっくり腰は、本当に、ピクリとも、動けなくなるんだ」

優花里「えぇ~」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:22:48.51 ID:ocFtHe+m0

沙織「ねえ、みぽりん剥がすの手伝ってよぉ」

華「そうしたいのは山々なのですが、触るだけでもこの有様では……」

沙織「私も最初は『みぽりんに押し倒されちゃってるキャー!』みたいに考えてたけど、今はキツイの! 目の前でみぽりんの断末魔百面相が繰り広げられてるの! 困るの!」

麻子「憧れのアイドルとかでも嫌な光景だな。百年の恋も冷めそうだ」

優花里「わたしなら百年だって下敷きになれますよ!」

華「そういう問題でしょうか」

みほ「……あうっ」ドサッ

沙織「ぐえっ」

麻子「あっ、腕の支えが取れた」

華「事情を知らなかったら伽以外の何物でもありませんね」

優花里「伽っていう呼び方が奥ゆかしいですね。さすが五十鈴殿」

麻子「そど子は『禁止! 不純異性交遊禁止!』ってうるさいが、不純同性交遊はどうなんだろうな」

華「さぁ」

沙織「早く助けてえ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:25:30.67 ID:ocFtHe+m0

優花里「西住殿動けますか?」

みほ「んぅ……」フルフル

麻子「ダメっぽいな」

華「三人でみほさんを持ってゆっくりズラしていくしかなさそうですね」

麻子「わたしは頭を持つ」

優花里「じゃあ自分は足を」

華「ではわたくしはお腹のあたりを……失礼します」グイッ

ペキョ

みほ「ほげええええええ!!!」

沙織「ひいいいいゼロ距離いいいい!!」

華「ああっ! ごめんなさいごめんなさい!」

優花里「かけ声に合わせないとダメですよぉ!」

みほ「ひゅへ、ひゅへ」シリツキダシ

優花里「ポーズは色気たっぷりなのに顔が男梅みたいになってるであります」

麻子「地獄だ」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:26:41.92 ID:ocFtHe+m0

麻子「というか自動車部たちはどこだ。人手が欲しいのに……」

沙織「なんかご飯食べにみんなでどこか行っちゃって……帰ってこないの」

優花里「じゃあもっと人員を呼びましょう。カバさんチームあたりに応援を」スマホカチカチ

みほ「まって……ゆかりさん……やめて……」

優花里「え」

みほ「は、はずかしい……」

華「あー……」

麻子「いやそんなこと言ってる場合じゃないだろう」

沙織「みぽりん、厳しい黒森峰にいたんだしぎっくり腰やらかした人くらい見たことあるでしょ? そんなこと言ってる場合じゃないよお」

みほ「うぅ……」ホワンホワンホワン


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:30:26.97 ID:ocFtHe+m0

エリカ『痛いぃいいいいい!!!』ビエエ

みほ『大丈夫だから! 大丈夫だから! ね? 医務室までがんばろ?』グイッ

エリカ『うあああああ!!!』モゾモゾ

まほ『暴れるなぁ!』

みほ『活きのいい魚みたいになってるよぉ……』

しほ『なにしてるの貴方達』

まほ『あっお母様、エリカが砲撃の振動で腰を痛めてしまったらしく』

しほ『まったく……貸しなさいまほ。お姫様抱っこで運んであげるわ』

みほ『いやお母さん、なんか脂汗すごいし一ミリも自分で動かせないみたいだし、そんな乱暴に運んだら……』

しほ『大丈夫よ。痛いからって死にはしないでしょ』

まほ(そういう精神論的なのは今日日流行りませんよお母様……)

しほ『さて、ほらいくわよ』

エリカ『えっちょ』

しほ『よいしょ』ヒョイ

エリカ『ほああああああああん!!!』モゾモゾモゾモゾ

しほ『こら! 暴れないの! 暴れ……あば……ちょ、待』

ゴッキィ

まほ『あっ』

みほ『あっ』

しほ『』ポロッ

エリカ『』ドスングキッ

あんぎゃあああああああ!!!×2


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:35:20.66 ID:ocFtHe+m0

みほ「」ガタガタガタ

沙織「みぽりん?」

みほ「嫌です……あんな恥をたくさんの人に見られたくないよぉ……おおごとにしたくないよぉ……」

沙織「みぽりん!?」

麻子(まあ恥ずかしい気持ちはわからなくはないが……)

みほ「後生です。なんとか頑張るので皆さんだけで私を運んでください……」

麻子「えー……」

優花里「おばあ様がぎっくり腰になったらしいですが、そのときはどのように対処したのですか?」

麻子「普通に救急車呼んだぞ」

みほ「やだぁああああ……やだぁああああ……」ビエエ

沙織「だからゼロ距離ぃ!」

優花里「羨ましいです」

華「そうでしょうか」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:37:21.05 ID:ocFtHe+m0

麻子「じゃあ寝返りだ。今うつ伏せの体勢になってるな?」

みほ「うん」

麻子「わたしたちも補助する。ゆっくり、ゆっくりでいいから寝返りをうって仰向けになろう。うつ伏せから起き上がるよりは仰向けから起き上がる方がずっと楽なはずだ」

みほ「頑張る……」

麻子「起き上がったら、私たちが肩を貸すからそのまま医務室に行けばいい」

みほ「うん……」

麻子「ひと思いに三人で一気にひっくり返すという手もあるが」

みほ「やだぁ!」

麻子「じゃあゆっくりだな」

華「幼児退行してますね」

沙織「なんだか母性が湧いてきたよ」

優花里「羨ましいです」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:38:45.62 ID:ocFtHe+m0

麻子(頭)「……じゃあ、行くぞ?」

みほ「はい……」

華(腰あたり)「いっせーの……」

優花里(足)「せっ」グイ

みほ「あっだだだだだ!」

麻子「すまん、耐えてくれ」グイグイ

華「みほさんごめんなさい!」グイー

みほ「あぎぎぎぎぎ」

華「ひっひっふー、ひっひっふー、吸ってー、吐いてー、はい笑ってくださーい」グイグイ

麻子「それはラマーズ法だ。なにを産む気だ」グイグイ

みほ「ひっひっ、ひゅううう。ひっひっ、ひひゅうううう……」

優花里「一応やるんですね西住殿」グイグイ

…………

麻子「よし、ようやく半分まで寝返りうてた。あとは仰向けになるだけだ」

みほ「や、やった……!」

華「頑張りましたねみほさん!」

沙織「やったねみぽりん!」

優花里「やりましたね西住ど……ん?」ムズムズ

華「やっぱり埃っぽいですねここ」

優花里「ハックション!」グリィッ!

麻子「あっ」

説明しよう! うっかり力がこもり、腰が一気に捻られてしまったのだ!


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:39:58.47 ID:ocFtHe+m0

みほ「たわばああああああああああ!!!」ジッタンバッタン

麻子「うわあ、北斗の拳みたいに」

沙織「やだもー! 暴れないで、っておっぱい揉んでる超揉んでる痛い痛い!」

華「なんてことを……」

優花里「ごめんなさいぃ……」

みほ「ひげえええええええ!」ガクッ

沙織「ああ、またうつ伏せに……」

みほ「うぷっ」

沙織「えっ」

麻子「あっ」

みほ「おろろろろろろろろろろ」

沙織「あんぎゃあああああああ!!!」

麻子「ゲロが産まれた」

華「南無阿弥陀仏……」

優花里「さすがに羨ましくないです」

麻子「ちょっと黙ってろ」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:41:04.21 ID:ocFtHe+m0

麻子「西住さん、もう観念してしまえ。一瞬の恥より体の方が大切だ。人を呼ぶぞ」

みほ「やだぁ、やだよぉ」

沙織「やだぁ、やだもー」

優花里「地獄とはこのことでありますな」

みほ「うぅ……あっ」ズルッブチュ

沙織「……!? んんんんんんん!!!!」ジタバタジタバタ

みほ「@#$?%:"¥!*&~(痛い痛い痛いぃいいい!!)」

華「あっ、ファーストキスが」

麻子「ゲロの味か」

優花里「地獄とはこのことでありますな」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:46:51.72 ID:ocFtHe+m0

麻子「グロッキー状態の患者が二人に増えた。もうどうしようもない」

華「他のメンバーに応援を頼みますか?」

麻子「いや、さっきも言ったがもうここまで来たら救急車呼ぶ方が絶対に良い」

優花里「腰捻ってトドメ刺したのはわたしですし、西住殿が治ったらお仕置きですかね」キラキラ

華「なぜ目を輝かせて……」

麻子「気にしない方がいいだろう。じゃあわたしは救急車を呼んでくる……」


??「その必要は無いわ」

優花里「えっ誰ですか?」

??「撃てば百中 守りは堅く 進む姿は乱れ無し」コツンコツン

華「あれは……まさか!」

??「鉄の掟 鋼の心」コツンコツン

麻子「なんでこんなところに」

しほ「そう……私こそがみほの母にして西住流家元、西住しほだ」バァーン!

みほ「あう……あう……」ゲロマミレ

優花里「親子の再開としては最下位から10番以内くらいには最悪ですね」

沙織「やだもぉ……やだもぉ……」ゲロマミレ

しほ「あ、これお土産の馬刺しね。いつもみほと仲良くしてくれてありがとうね」

麻子「この状況で渡すか普通……」

優花里「意外と友達のお母さんって感じの対応なんですね家元殿」

華「まあその通りですし」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:49:42.40 ID:ocFtHe+m0

しほ「みほ、聞こえますか」

みほ「…………」

しほ「そのままでいいわ。聞きなさいみほ」

しほ「今日はあなたに話があって来たの。……説教を、するつもりは無いから安心しなさい」カツンカツン

華「あっ、家元……」

しほ「こんな状態のあなたに告白する卑劣な母を許して頂戴。その腰が落ち着いたら……場所を設けて、もう一度家族で食事をしましょう」

みほ「…………」

しほ「私は家元という立場に固執しすぎていた。私の戦車道を、あなたたち娘に押し付けすぎていた。私は戦車乙女としても、母としても、未熟だったの……こんな体にしてしまうまで追い詰めてごめんなさい、みほ」

しほ「あなたの戦車道を見て、あなたの笑顔を見て、本当に大切にするべきものに気づくことができたわ。あなたともう一度話がしたい。西住流としてではなく、戦車乗りとして。家族として……」

みほ「お母さん……」

優花里「いい話でありますぅ……」グスッ

麻子「シチュエーション以外はな」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:50:56.91 ID:ocFtHe+m0

みほ「……ねえお母さん」

しほ「なに? みほ」

みほ「わたしこそ、ごめんなさい。逃げたのは……事実だから」

しほ「みほ……」

しほ「……今は病院に行きましょう。それから、一緒に話をしましょうね」

みほ「うん」

しほ「でも、せめて母らしいことをさせてね。あなたを病院まで運んであげるから」

みほ「結構です勘弁してくださいマジで」

しほ「遠慮しなくてもいいのよみほ」

麻子「なんだどうした雲行きが変だぞ」

みほ「だってお母さんエリカさんがやらかしたときにやらかしておまけに自分もやらかしたじゃない」

しほ「なにを言ってるのかわからないわよ。可哀想に、頭が回らなくなるほど腰を痛めてしまったのね」グイッ

みほ「あばっ」ズキィイイイイイン!

優花里「いい話だったのにでありますぅ」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:52:49.09 ID:ocFtHe+m0

みほ「あああああああ!!!あああああああ!!!」

しほ「ちょっ、こらみほ! 暴れないの!」

優花里「お姫様だっこですね」

華「活きのいい魚みたいです。おいしそうではありませんが」

麻子「おかしいな、さっきまでいい話だったのに」

しほ「もう! 結構重くなったわね。ちゃんとご飯食べてるみたいでいいけ……ど……」

しほ「」

みほ「お……母……さ……」

優花里「やっぱり親子なんですねえ。あの家元殿が西住殿の食生活を案じてますよ。なんだか様子がおかしいですが」

華「様子がおかしいですね。あの顔中を覆う凄まじい量の脂汗はなんでしょうか」

麻子「考えたくない」

しほ「いいけ……ど……ど……ど……」

説明しよう! 一度ぎっくり腰になると癖がついて再発しやすいのだ!

グッキィイイイイイ!!!


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:53:50.10 ID:ocFtHe+m0

しほ「」ポロッ

優花里華麻子「「「あっ」」」

みほ「」ドスン

沙織「ぐえっ」

しほ「」

みほ「」

しほ「あは」

みほ「あはは」

優花里「親子が笑い合ってるであります」

麻子「異様に引き攣った笑顔だけどな」

華「南無阿弥陀仏」


あんぎゃあああああああ!!!×2


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:54:37.62 ID:ocFtHe+m0

一方その頃、大洗学園艦のとある教室にて


常夫「とまあ、これが僕の考案した新型エンジンの概要になります。と。」

ナカジマ「すごい……! なんて画期的な発想なんだろう」

ホシノ「まさかエンジニア界の生きる伝説とまで謳われる……」

ツチヤ「西住常夫さんに講義してもらえるなんて」

スズキ「夢みたいだ……」

常夫「照れるなあ」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:55:59.07 ID:ocFtHe+m0

ナカジマ「それにしても、どうして大洗の学食に?」

スズキ「用務員さんかと思ってスルーするところでしたよ」

ホシノ「いかなる場所でも仕事着であるツナギ! そして食べてたのは海鮮丼!」

ツチヤ「カッコイイッス! 憧れるッス!」

ナカジマ「キャラが変になってるよ」

常夫「ははは。いや、ここにはちょっとみほに会いに来てね」

ホシノ「やっぱそうだったんですね」

ナカジマ「いいんですか? 私たちに時間使っちゃって」

常夫「いいんだ。僕は後に会うつもりだったし。最初は家内を会わせたかったしね」

ツチヤ「家内……? ……まさか家元も!?」

常夫「うん。今頃会いに行ってると思うよ」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:56:59.62 ID:ocFtHe+m0

ナカジマ「でも、その、西ず……みほ隊長は家元との関係が……」

常夫「うん、そうなんだけどね。実は家内はほぼ勘当みたいな別れ方したことをすごく後悔してるんだ」

レオポンさんチーム「…………」

常夫「嫌ってるわけじゃないんだよ、大学選抜チームに勝った時、僕に飛びついて泣いて喜んでたくらいなんだ」

スズキ「想像つかない……」

常夫「ははは、家内も家元としての重圧で張り詰めざるを得なかったんだ。家内を止められなかった僕が言える義理ではないんだけど、どうか許してあげてほしい」

ナカジマ「そ、そんな! 頭を上げてください!」

常夫「いいんだ。不甲斐ないけど、所謂婿入りの僕は見守ることしかできないから……」

ナカジマ「常夫さん……」

常夫「君たち友達に、どうかみほを支えてほしい。よろしくお願いします」

ツチヤ「言われなくても、私は西ず……みほ隊長についていきますよ!」

常夫「ははは、普段通り西住隊長でいいんだよ」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:57:45.62 ID:ocFtHe+m0

常夫「さて、そろそろしほさん達を迎えに行かないと」

ナカジマ「……あの、今日は本当にありがとうございました。授業だけじゃなくて、西住隊長のことも」

常夫「うん、こちらこそありがとう。君たちがみほを大切に想ってくれてること、伝わってきたよ」

ホシノ「いい話だな……」グスッ

スズキ「ハッピーエンドだね……」グスッ

ツチヤ「うえええええん」グスグス



あんぎゃあああああああ!!!



常夫「なんかすごい叫び声が聞こえたけど、学校でサルでも飼ってるの?」

ナカジマ「さあ」



終わり


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 11:58:39.13 ID:ocFtHe+m0

一方その頃、黒森峰女学園学生寮

エリカ「もっようがえ~♪ もっようがえ~♪」

隊員A「副隊長すごいご機嫌ですね」

隊員B「師範がいないからね。あなたはまだ入学してなかったから知らないだろうけど、実はすごいトラウマ抱えてたのよ」

隊員A「厳しいですからね。師範は」

隊員B「んー、トラウマの原因はそこじゃないんだけどね……」

エリカ「ふんふーん♪」ヨイショ

隊員B「あっ副隊長、その段ボールは中に鉄アレイとか入って」

段ボール「重いぜ」ズシィ

パキョ

隊員B「あっ」

エリカ「」

あんぎゃあああああああ!!!


今度こそ終わり


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 12:00:27.61 ID:ocFtHe+m0

拙い作品ではありますが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
HTML化以来してきます。



『ガールズ&パンツァー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿