TOP > アイドルマスター > P「アイドルどもをレイプしてやる」

P「アイドルどもをレイプしてやる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:13:14.09 ID:hkBesXq80

P「まずは春香だな!無個性かわいい!コケる春香かわいい!」

P「そうと決まれば話は早い!おらぁ!春香ァ!!」

春香「...」

P「この淫乱ピンクがっ!毎度毎度あざといんだよ!コケる時パンツ見せやがって!」

P「なんとかいえよ春香!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:16:20.16 ID:hkBesXq80

シュルシュル

P「ああ!春香気持ちいい!春香をモノに巻きつけて腰を動かす!!」カクカク

P「ヒモみてぇに細い体しやがって...今日はたっぷり可愛がってやるぜ...」

シュルシュルカクカク

春香「...」

P「ははは!掴まれては逃げられまい!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:19:55.30 ID:hkBesXq80

P「おらぁいくぞおおおおお!!!ラストスパートやぁあああああ!!」カクカクカクカクカクカク

P「ウッ...ふぅ」

P「春香、返すよ」

春香「そんなモノの着いたリボンなんていりません...」

P「リボン掛けが喋った!!!」

春香「今日は帰ります...」

P「まぁリボンにぶっかけたの俺だけどな!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:23:51.03 ID:hkBesXq80

P「よし、間髪入れず次だ。ここは安定の千早だな」

P「千早ぁああああ!!」バターン

千早「!?」ビクッ

P「ふん...レイプされるってのに涼しげな顔しやがって...なんだぁ?もう濡れてるじゃねぇか」

千早「プロデューサー?あの...洗い物済ませておきましたけど...」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:27:12.86 ID:hkBesXq80

P「お前は胸がないなぁ!その胸に俺のを擦り付けてやる!」ボロン

P「おらぁどうだ!ははは匂いがつくなぁ!」ゴシゴシ

千早「まな板...」

P「あぁん?胸もなければ乳首もねぇじゃねぇか!陥没が!くらえ!」ぺちんぺちん

P「おらおら!胸にぶっかけてやる!」ゴシゴシゴシゴシゴシゴシ

千早「...」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:31:35.01 ID:hkBesXq80

P「ウッ...ふぅ」

P「すまんな千早、これもう一回洗っておいてくれ」

千早「そんな汚いモノもう使いませんよ」

P「ぅ、うわあああああああ!まな板がしゃべった!!!!!」

千早「これ、捨てておきますね」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:34:41.78 ID:hkBesXq80

P「よし次だ。雪歩行っとくか」

雪歩「プロデューサー、お茶です」

P「ありがとう、雪歩。レイプしてやる」

雪歩「レイプ?」

P「ぐふ...頭から湯気だしてかわいいやつめ...」スリスリ

雪歩「お茶にこだわると湯呑みにも愛着がわきますよね」ウフフ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:38:05.47 ID:hkBesXq80

P「雪歩...中熱いな...アツアツで濡れ濡れじゃねぇか...いやらしい...」ボロン

雪歩「」

P「なんだぁ?その上ガバガバじゃねぇか...入れてるのに全然感じねぇぞぉ?」チャポ

雪歩「」

P「お茶が入ってるせいか亀頭がめちゃくちゃ熱いな...まぁそんなこと気にせずヤってやるぜ」

P「雪歩の中あったかいナリ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:42:45.53 ID:hkBesXq80

P「雪歩!!雪歩いいよ雪歩!ゆきぽ!!!」カクカクチャポチャポ

P「ウッ...ふぅ」

P「お茶ありがとう雪歩。だが悪いがこのお茶は雪歩が飲み干してくれ」

雪歩「」



P「よし、次に行こう。こういうのは速さが肝心だ」

P「ん?もやしか...買って行くか」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:46:15.14 ID:hkBesXq80

P「32円のもやしに...」

P「ウッ...ふぅ」

やよい「おはようございますー!」

P「おおやよいか。ちょうどよかった。このもやし貰ってくれないか?」

やよい「え!?いいんですか!?やったー!もやしですー!」うー!

P「ああ。俺からのプレゼントだ」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:49:50.40 ID:hkBesXq80

P「よし、次に行こう...ん、これは」

P「真の自転車か...大切にしてたな、これ」

...

真「おはようございまーす」

P「んほあああああああああああ!!!いい!いいよ真おおおお!」ガチャガチャ

P「チェーンの油がいい感じだ!いいぞ真!カラミツク!!」

真「...」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:53:27.99 ID:hkBesXq80

P「引き締まったアルミのボディ...力強くも細いチェーン...ちょうどいい高さにあるサドル...どれをとっても最高だ...最高だよ真...」

P「どれ、次はペダルで...」ギュ

真「...」

P「おぉアん!締め付けられるゥ!」

P「しかしこのまま終わる気はないぞ!ほら真!「まっこまっこりーん」言えよ!言いながらヤるぞ!」

ブレーキ「ギュムギュム」

P「んほおおおおお!カワイイ!カワイイぞ真!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/30(土) 23:59:09.98 ID:hkBesXq80

P「潤滑油出すぞ!」

P「ウッ...ふぅ」

P「もうメンテナンスはいらないな!絶好調!」フキフキ

真「ボクのスパッツで拭かないでください...」

P「ああ真、これ履いてくれ」

真「帰ります...」

P「よし、次に行こう」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 00:06:10.68 ID:uu8MdlLP0

P「次は...順番的に響かな。」

P「ここが響の家か。おじゃましまーす」

P「響はいないか。では風呂場に...」

P「む、これがシャンプーか。ネットでは臭いと評判だからな...根源を絶たないとな」

P「ウッ...ふぅ」

P「人生ってなんだろうな」

その夜

響「なんか髪がキシキシするぞ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 00:13:26.40 ID:uu8MdlLP0

P「よし次だ。次は...」

あずさ「おはようございます」

貴音「おはようございます」

P「ククク...あずささん、貴音、そんなに俺のモノがほしいのか...?」

あずさ「あらあら?」

貴音「まこと、いけずの図です」

P「おいおい、俺のモノを両側から挟んで...一本しかないんだぜ?落ち着けよ」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 00:17:27.15 ID:uu8MdlLP0

あずさ(何をしているんでしょう?モッツァレラチーズでおちんちんなんて挟んで...)

貴音(いけずです...いけ図...ブフッ)

P「ああ!てめーらケツもサイコーだな!先に欲しいのはどっちだ!?」ペチペチ

あずさ「あら貴音ちゃん、そこのラーメン屋ならこの間行ったわよ」

貴音「まことですか!して、お味は...」

P「ああ!?重なりやがって!仕方ねぇ!二人のモッツァレラんこで気持ちよくなってやるとするか!!!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 00:20:32.68 ID:uu8MdlLP0

あずさ「それは、食べてからのお楽しみよ♪」

P「ふおおおおおおお!イッ、いぐううううううう!!」カクカク

貴音「出会うまでの高揚感...それを味わうのも出会いというもの...」

P「ウッ...ふぅ」

P「あ、二人ともモッツァレラチーズ食べるかい?モッツァレラチーズってのは18世紀のイタリアで産まれて...」

あずさ「あら、私今日の占い最下位だわ。道理で...」

貴音「わたくしは一位とありますが、気分的には最下位ですね」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 00:25:57.71 ID:uu8MdlLP0

P「このチーズはあとで961に差し入れしよう。さて次は...」

亜美「亜美隊員ただいまさんじょ→!」

真美「真美隊員もさんじょ→!」

亜美「ねー!にーちゃん遊ぼうよ→!」ガバー

P「こら!真美!抱きつくな!」

真美「えっ?」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 00:30:51.18 ID:uu8MdlLP0

真美「にーちゃん...今亜美のこと真美って呼んだ?」

P「ん?何言ってんだ亜美?俺が間違えるはずがないだろ?」

亜美「へぃへぃにーちゃん!!ジョーダンでもきついよ!」

P「冗談を言ってるつもりはないぞ、真美」

真美「...」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 00:40:10.58 ID:uu8MdlLP0

P「実を言うとな...俺は真美が好きなんだ...」スッ

真美「!?」

亜美「!?にーちゃん!こっちは亜美だよ...!?」

P「真美...亜美なんて忘れて、765プロも忘れて俺と逃げないか?二人なら...二人ならできるさ...」

真美「にーちゃん...私が真美だよ...?そっち、亜美...」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 00:51:39.04 ID:uu8MdlLP0

チュッ

真美「!?!?」

亜美「あ...にーちゃんとチューしちゃった...」

P「大好きだ...真美...」

真美「...」ブルブル

亜美「亜美...ううん、亜美、今日から真美だよ!にーちゃん!」

真美「亜美!?!!!!うわあああああああああん!!!!」ダッ


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 00:57:04.17 ID:uu8MdlLP0

伊織「さて...帰ったらあいつにオレンジジュース買いに行かせないとね!...事務所にシャルルを置いてくるなんて、伊織ちゃん失敗ね」

「...!...!」

伊織「ん...?何?この声?」

伊織「おは...」

P「アァッ!伊織!いおりん!い!お!り!ん!!んーー!!!」パンパン

伊織「いゃああああああ!シャルルぅううう!!!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:00:11.99 ID:uu8MdlLP0

伊織「シャルルに何してるの!!こっ、この変態!ド変態!!」

P「何って、立ちバックだが?」クネクネ

伊織「シャルルそこに突き刺したままクネクネしないで!!!なんでネクタイと靴下はしっかりしてるのよ!!!」

P「うるさい!俺は伊織が好きなんだ!愛しているんだ!だからレイプしてるんだ!」パンパン

伊織「最っ低...何なの...こんな告白の仕方なんてないわ...」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:05:13.41 ID:uu8MdlLP0

P「イオリ!イオリーー!!ンァー!!!!」バチコンバチコン

伊織「...」

P「気持ちいいか!?気持ちいいか伊織!!!」クネクネ

シャルル(P裏声)「アナルキモヒィー」

P「ッシャオラ!!」ズバコンズバコン

ブチッ

P「あぁ腕とれた!!くそッ!耐えてくれ伊織の機体!!!」ドゴンドゴン


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:10:27.21 ID:uu8MdlLP0

伊織「...」

P「よし!ラストスパート!伊織いくぞおおおおおお!!!」バォーンバォン!!!

ブチッ

P「くそっ!頭まで取れやがった!!」

P「しかし!ほうら出すぞ!オレンジジュース出るぞ!オレンジジュースぅ!!!!」

伊織「...」

P「ウッ...ふぅ」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:13:52.92 ID:uu8MdlLP0

P「ポールワイスのパラドックス...命とは...」

P「あ、これ返すわ」

伊織「いらないわ」

P「なんだ、ケンカしたか?いつもいっしょなんだろ?大切にしてやれよ...」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:18:01.23 ID:uu8MdlLP0

P「うし、次だな」

P「あー、誰かレイプしてぇ」

美希「ハニーにならいいよ」

P「いや、ダメだろ?俺とお前はアイドルとプロデューサーなんだ...そういう関係にはなれない」

美希「アイドルとプロデューサーでも、レイプなら関係ないの!」

P「なるほど!それじゃいっちょやりますか!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:22:50.91 ID:uu8MdlLP0

美希「あぁっ!ハニー!ハニーすごいの!」パンパン

P「うおおおおお!!!」パンパン

美希「やっとハニーと一つになれたの!!ねぇハニー!ハニー気持ちいい!?」パンパン

P「気持ちいいよ春香ァ!!!」パンパン

美希「えっ...?」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:28:00.57 ID:uu8MdlLP0

P「あっ、しまった...いつもやってるからつい名前を...」

美希「春香...?」

P「いや、美希もまぁまぁ気持ちいいよ?いけるんじゃない?」

美希「ミキは...まぁまぁなの?ミキは一番じゃなかったの?ミキは...ミキは初めてだったのに...?」

P「あ?俺がいつ初めてをお前にやるって言ったんだよ?」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:33:06.17 ID:uu8MdlLP0

美希「ミキは...ミキは大事な大事な初めて...を...ハニーに...あげたの...」ポロ

P「しらねーよレイプだからこれ」

美希「ひどすぎるの...あはっ、ひどすぎるの...」ボロボロボロボロ


P「ハイライトが消えたな。よし、こんなもんか」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:39:54.87 ID:uu8MdlLP0

P「ついにラスボスか」

律子「はやく仕事してくださいよ」

P「ああすまん、律子のかわいさに見とれてた」

律子「どぅべ!!!へ、変なこと言わないでくださいプロデューサー殿!!!」

P「変なこと?俺は全然変じゃないと思うが...」

律子「え...からかってませんか?からかってない?え、えへへ///...ってだめです!はやく仕事してください!!!」マッカッカ

P「へんな律子だ...ま、そんな顔も可愛いな」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:46:03.90 ID:uu8MdlLP0

律子「は、はやく仕事を...」ニヘラァ

P「仕事終わらせたらもっと言っていいか?」

律子「は、はい、もっと言ってほし...いや!言って、いいですから!仕事...してください...」プシュー

...

P「ほい終わった!かわいいー!りっちゃん!りっちゃんかわいいー!」

律子「ほ...ほんとに...やめてください...」

P「あれー!全然進んでないじゃーん!仕事できないりっちゃんカワイイー!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:49:20.72 ID:uu8MdlLP0

半年後

律子「さぁ行きますよ、プロデューサー殿」

P「ああ」

ガチャ

春香「あっ、プロデューサーさん!律子さんと付き合うって...って、もう一緒に来てる時点で...」

真「腕なんか組んで見せつけて...」

律子「はい!あんたらさっさと仕事しろ!」ニコニコ

美希「律子、さんニコニコしてるの...見たことない顔なの...」

亜美真美「ぎゃーきゃー」

高木「うむ、これで我が765プロも安泰だな」

小鳥「...」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:52:02.93 ID:uu8MdlLP0

3年後

律子「あの...Pさん...私たちそろそろ...結婚...」

P「ああ、律子、その話なんだけどな...」

ぺら

律子「!?な、なんですかこれ!!!」

私たち、結婚します!P&小鳥

P「あ?わからねーのか?お前とは遊びだったんだよ」

律子「あ...あ...」パクパク

P「何を勘違いしたんだが、付き合ってるだなんて...」

律子「ぇ......」ぺたん

律子「あぁ...」ボロボロ

P「じゃあ、小鳥待ってるから。もう二度と765プロに来んなよ」

バタン


P「精神レイプしてやったぜ...俺の勝ちだな...長かった...」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 01:58:31.23 ID:uu8MdlLP0

P「さて...最後か...」


...


P「ただいまー」

小鳥「おかえりなさい!」

P「ふぅ、今日は疲れたよ」

小鳥「Pさん!私たちの式の日程決まりましたね!」

P「ああ、そうみたいだな」

小鳥「私たち、夫婦になるんですね!これから!」





P「は?」





おわり


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 02:04:40.49 ID:uu8MdlLP0

おまけ


高木「君ぃ!いよいよだね!いよいよ我が765プロがハリウッドデビューだ!」

P「はい!」

高木「思えば長かった...(うだうだ)しかし、いよいよ彼女たちも世界に羽ばたいて行くのか...」

P「社長、今から羽ばたくんです!今から、彼女たちの活躍が始まるんです!」

高木「おお、そうだな!はっはっはっ!よし、そろそろ出たまえ、ハリウッドで大物がお待ちだぞ!飛行機に遅れたりしたら大変だ!」

P「わかりました...ところで社長、遅れたら...?」

高木「ははは!考えたくもないが、ハリウッドを敵に回すことになるな!」

P「なるほど!!!!!!それもやりがいありますね!!!!!!!」

高木「冗談もそこそこにしたまえ!ははははははは!!!」

P「ははははははははははははは!!!」





おわり


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 02:05:33.65 ID:uu8MdlLP0

読んでくれてありがとう。
本当はみんなに幸せになってほしいです。

春香ちゃん舐めたい。

おつかれ。



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

245. YOMICOMER2017年10月21日(土) 20:18 ▼このコメントに返信
普通につまらん
コメントの投稿