TOP > アイドルマスター > P「スプーンがないな。春香スプーン!」

P「スプーンがないな。春香スプーン!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:04:52.34 ID:FVnIN8T50

亜美「ゴージャスセレブ!」

真美「プリン...!!!」

亜美真美「いえいっ☆」

美希「もうデコちゃんのことデコちゃんなんて呼ばないの!」

伊織「呼んでるでしょ!まぁいいわ。全員分あるんだから、みんなで食べましょ」

春香「こんなプリン食べたことないよ...!」

千早「そうね。味わって食べないと」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:08:24.62 ID:FVnIN8T50

亜美「一つ余ってるよ?」

伊織「ここにいない人たちはみんな食べちゃったわよ」

真美「えっ!?じゃあじゃあ、ジャンケンで決めるってやつ!?」

伊織「ちがうわよ!あいつ、プロデューサーのぶんよ」

美希「おいしいの!おいしいの!ハニーにあーんしてあげたいの!」

千早「あら...?でもスプーンが足りないわね」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:12:07.75 ID:FVnIN8T50

P「ただいまー」ガチャ

春香「プロデューサーさん!ゴージャスセレブプリンですよ!プリン!」

P「おお、皆で食べてるのか?...そういえば、まだ食べてなかったなぁ。俺もいただいていいか?」

伊織「いただくも何も、あんたが最後よ。味わって食べてよね」

P「ありがとう、伊織」

P「ありゃ、スプーンがないな」

美希「!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:16:27.03 ID:FVnIN8T50

美希「ハニー!あーんするの!あーん!」

P「春香、ちょっと貸してくれ」

伊織「あ?」

春香「いいですよ?」

美希「い?」

P「よし春香、口開けて舌出せ」

千早「う?」

亜美真美「えお?」

春香「あい」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:20:22.55 ID:FVnIN8T50

P「ここにプリン乗っけて、よし、いただきます」

伊織「え、ちょっとあんた何冗談

P「春香の舌ごと」パクッ

春香「んっ...ふっ...」ジュルル

美希「」

千早「」

春香「ぷぁ、あぁ...」

P「うん、美味いな。さすがゴージャスセレブプリン」

亜美「」

真美「はるるんと兄ちゃんの口に輝く糸が見えるよぉ...」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:24:37.74 ID:FVnIN8T50

伊織「あふぅ」バタンキュー

千早「」

亜美「あぁ...あ...」ガタガタ

P「春香、あーんしてやる」

春香「あーん」

美希「...あふっ!気を失っていたの...ちょっとハニー!何してるの!」

P「何って、春香の舌をスプーンにしてるだけだ」

春香「はひ、プロデューサーさん、もうひほくひどうぞ」

P「悪いな春香」ズチュルルル


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:27:42.17 ID:FVnIN8T50

亜美「あわわわわ、舌吸ってるよ...」

真美「でぃーぷすろーと...」

美希「だめぇーーー!!!」

美希「なんなのなの!何してるの!」

P「春香スプーンだけど...」

亜美「知らないの?みたいな風に言われても...」

真美「千早お姉ちゃん白目向いてるよ」

千早「」

P「よし、残りは春香にあげるよ。俺は帰るな」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:30:59.38 ID:FVnIN8T50

次の日

美希「今日はゴージャスセレブアイス買ってきたの!きっとミキスプーンのほうが美味しいの!」

美希「おはようなの!」

春香「あ、美希おはよー」

千早「おはよう」

美希「んげぇ、春香今日はオフじゃないの?」

春香「アイスクリーム作ったからプロデューサーさんにあげようと思って」

美希「くっ...」

千早(ミルクプリン作ってきたとか言い出せない...)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:35:03.92 ID:FVnIN8T50

P「うーす、あれ春香に美希、今日は二人ともオフだろ?」

P「千早も相変わらず早いなぁ」

美希「ハニィ!ハニィ!ゴージャスセレブアイスなの!食べて食べて!でもスプーンは一つしかないの!ミキスプーンなの!」

P「ミキプルーン?」

美希「ミキはプルーンじゃないの!」

春香「プロデューサーさん、アイス作ってきましたよ!」

P「おお、いつもありがとうな春香」

春香「はいっ!」

美希「くそがっ!なんなのなの!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:39:15.62 ID:FVnIN8T50

P「こら美希、アイドルらしくない言葉使わないの」

美希「ハニーが春香にそういうことするからいけないの!」

P「そういうこと?ってなんだ?」

P「春香、それ食うから舌に乗せろ」

春香「はい、プロデューサーさん」

P「おう」ブチュズチュルルル

美希「それなのーーー!!!」

千早「ミキがプルーン...ぷくく」クスクス


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:43:57.11 ID:FVnIN8T50

美希「ハニー!それディープキスなの!」

P「いやぁ、俺が一方的に吸ってるだけだからディープキスとは少し違うような...」

美希「カンケーないの!ミキともやるの!」

美希「んぁ、はい!」

P「こらっ!美希!アイドルなのにはしたないぞ!どこでそんなこと覚えたんだ!」

美希「えーー!ひどいの!ハニーで覚えたのに!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:48:07.18 ID:FVnIN8T50

P「まったく、でもそのゴージャスセレブアイスは食べてみたい。ちょっと貸して」

春香「...」あーん

美希(春香、既に口開けて舌出して待ってるの...)

P「よいしょ」

春香「ん」

ズチュルルル

春香「ふっ...ん、あふ...」

美希「スプーンから春香の舌経由しないといけないの?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:52:00.78 ID:FVnIN8T50

ガチャ

真「おはようござ...」

雪歩「ん?...はぅあっ!?」

P「ん?真に雪歩か」れろー

春香「はぁ...///」

真(真っ赤になってだらしなく口を上に開けた春香、そこから今まさに出てきたプロデューサーの舌から唾液が糸のように

雪歩「」

P「うん、おいしいよ春香」

春香「はい、とっても甘いです」

雪歩(ぁああ...やっぱりキスって甘いんだ...)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 20:57:46.77 ID:FVnIN8T50

真「じゃ、なくて、なんで春香がそんな...そんな!」

美希「いいの...ミキはもうミキプルーンなの...」

真「ってうわぁ!!美希いたの!?」

千早「私は壁よ」

雪歩「これはどういうことなの...」

P「どういうことって、春香スプーンだよ」

春香「ゔぁい」

真「どういうことなの」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:02:19.06 ID:FVnIN8T50

美希「もう我慢できないの!くらうのハニー!」

美希「むちゅー!」

まこゆき「!?」

P「んごぉ!」

美希「んっ...」ちゅる

P「んー...」

美希「むー...あっ...はぁ...ぷぁ、」ちゅぱちゅぱ

雪歩「うわぁあああこんなの初めて見たよ真ちゃん」

真「うああああああ」

美希(どうなの!これがミキスプーンなの!春香のお子様キスとは違うなのなの!)チラッ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:07:32.00 ID:FVnIN8T50

春香「...」

美希「!?」ぷあっ

P「み、美希おまえなぁ...」

春香「...」

美希(な、なんなのなのこの顔は!まるで空気を見るような顔をしているの!「悲しいけれど明日には二酸化炭素なのね」と言っているような!)

真「正妻の余裕...!」




雪歩「でねー、このお茶すごくおいしくて...」

千早「あら、いつもと違うお茶かしら?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:11:19.84 ID:FVnIN8T50

P「おっと、すまん営業行ってくる」

春香「いってらっしゃーい」

美希「ぐごごごご!ハニーの感想聞いてないのー!畜生!」

バタン

美希「春香!どういうことなの!」

千早「春香...?」

春香「」///プシュー

真「真っ赤になって機能停止してる...」



雪歩「お茶です」

真「ありがとう」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:15:13.62 ID:FVnIN8T50

春香「はっ!」

美希「再起動したの」

春香「はっ...私ったらプロデューサーさんとななななにを...///」

千早「えっ」

美希「なに言ってんだお前は!ハニーとあんな、はにーそーすいーとなキスを!場合によっちゃツメるぞ!」

千早「美希落ち着いて」


真「むっ、この味は...京の名匠山下壽一の玉露、屋敷の茶かな?」

雪歩「綾鷹です」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:20:34.02 ID:FVnIN8T50

千早「どういうこと?春香。私たちには毎日あんなことしてるように見えるんだけど」

春香「えっと...スプーンし始めたのは昨日が最初だよ」

美希「えっ」

春香「昨日春香スプーンって言われて咄嗟にやったんだよ」

千早「春香...だいぶ調教されているのね...」

美希「ミキも調教されたいの」



真「えっ?昨日のが綾鷹じゃないの?」

雪歩「昨日真ちゃんがゴクゴク飲んでたのが屋敷の茶だよ」

真「えっ」

雪歩「100g2万円するお茶をゴクゴク飲み干す真ちゃん見てて思わずゾクゾクしたよ」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:24:30.17 ID:FVnIN8T50

次の日

美希「ハヌィー!!!」ガッシボカ

P「おう美希、おはよう。今日も元気だな」

美希「今日は午前中事務所にいるのは美希一人なの!今日こそミキスプーンなの!」ブルンブルン

P「馬鹿言ってんじゃない。なんならレッスン入れるか?空いてるぞ?」

美希「いいの!今日はいいの!ねぇハニー!何か食べたいものある?」

P「そうだなぁたまにはイチゴババロア食べたいな。いつも美希が食べてるやつ」

美希「がってんなの!」

ガチャバタン

美希「ただいまなの!買ってきたの!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:28:56.11 ID:FVnIN8T50

P「速いな」

美希「さぁ!ここにイチゴババロアがあるの。でもスプーンはもちろん一つなの」

P「俺が食うんだから一つでいいだろ」

美希「シャオラ!はいなのぉ!」

美希「んぁ、はい!はにー!」

P「エロい...じゃなくて、美希なにして

美希「あむ!」

P「んご」

美希「むあああああ!んあああああ!」レロレロちゅぱちゅぱじゅるるるる

P「んぁー!んー!」

律子「」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:33:15.38 ID:FVnIN8T50

律子「なっ!なにしてるんですか!」

P「おう、おはよう律子」

美希「おはようなの!」

律子「二人とも口を唾液でベタベタにしてそんな爽やかな挨拶しないでください!」

美希「あ、ほんとだ。ハニーの口の周りミキのでベタベタなの。舐めてあげるの」ペロペロ

律子「プロデューサー!美希を押し倒してなにしてるんですか!なにしてるんですか!」

P「いや、どう見ても押し倒されてるんだが」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:37:28.41 ID:FVnIN8T50

美希「あはっ!ハニーといっぱい唾液交換したの!今日もがんばれるの!」

美希「レッスンいってくるの!」

ガチャバタン

律子「さて、座りましょうかプロデューサー殿」

P「はい」

律子「どういうことですか?アイドルとき、キス、するなんて」

P「スプーンです」

律子「は?」

P「今日は美希スプーンでした」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:42:07.46 ID:FVnIN8T50

律子「今日はって...美希以外にも?」

P「あとは春香スプーンです」

律子「頭大丈夫ですか?」

P「まぁ落ち着け。これにはキチンと訳がある」

律子「理由次第では警察ですよ?」

P「これだ」パサ

律子「アイドル指南書...?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:46:13.43 ID:FVnIN8T50

P「そうだ。トップアイドルになった事務所がやっていたこと、策が書かれた貴重な資料だ。俺が二年かけて情報を集めた」

律子「はぁ...でも、これをやっただけでトップアイドルになれるとか

バンッ!

律子「ひっ」

P「これをやっただけでトップアイドルになれるという訳ではない!ただの土台に過ぎない!」

律子「急に机を叩かないでください...だから

バンッ!

律子「ひぅっ」

P「律子、俺はトップアイドルを目指すためなら何でもするんだ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:50:20.81 ID:FVnIN8T50

律子(こ、こんな真剣なプロデューサー、見たことない...本気なんだ...)

律子「わ、わかりまし

バンッ!

律子「あうっ」

P「わかってくれたか!」

律子「わかりました!わかりましたから机を叩かないで!」

律子「あなたのそんな真剣な顔、初めて見ました。本気、なんですね」

P(ちょろいなぁ)


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:54:57.41 ID:FVnIN8T50

P「そうだ。情報によればアイドルにスキンシップは必要不可欠」

P「この間雪歩のパンツ被って踊ってただろ?あれもその一部さ」

律子「そんな理由があったんですね...すみません」

P「ああ。俺は男だ。アイドル達との壁を取り除くことが目的だ」

律子「だからと言って泣いてる雪歩を見て興奮するのはどうかと」

P「スプーン作戦はそういうことだ」

律子「なるほど...全員、やるんですか?」

P「?無論、そのつもりだ」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 21:58:35.94 ID:FVnIN8T50

律子「え、えと...じゃあ、その、私とか、は?」

P「えっ?」

律子「私ともスプーンするんですか?」

P「いや、律子はプロデューサーだし...」

バンッ!

P「ひいっ」

律子「だだ、だからこそです!アイドル達にそんなことするなら、まず私からでしょう!」

P「そうなの?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:03:23.17 ID:FVnIN8T50

律子「あたりまえです...企画を通すなら教えてください...」

P「律子もスプーンしたいの?」

律子「なっ!?何言ってるんですか!違いますよ!アイドルたちが不安にならないようにいっしょにプロデュースするのがわたちたちのしごとでしょうが!」

P「...」

律子「だめ...ですか?」

P「よし、わかった。律子、ここにババロアがある」

律子「は、はい...」

P「スプーンは一つしかない」

律子「うああ...」ドキドキ


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:08:23.29 ID:FVnIN8T50

P「律子スプーン!座れ!」

律子「は、はいい!///」

P「おい律子、椅子じゃない。床だ。床に座れ」

律子「えっえっ」

P「床に女の子座りだ!スプーンしてやらねぇぞ!?」

律子「まっ、待ってください!すぐ座りますから!」ペタン

...

千早「くっ...しゅん」

春香「おや?くしゃみ?」

千早「ええ...どこかで呼ばれたような気が...」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:13:12.60 ID:FVnIN8T50

P「よし、舌出せ」

律子「ん...」

P「何やってんだ、もっと口開けろ。それじゃババロアのらねーぞ」

律子「あい!」あーん

P「よしいい子だ」

P「...」

律子「...?」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:17:04.22 ID:FVnIN8T50

律子(なんなの...プロデューサー、腕を組んで見下ろして...)

P(ふむ、女の子座りスーツ舌出し眼鏡上目遣いりっちゃんか...)ふむふむ

律子「んぁ...」

P「わかったわかった」

P「よし、いくぞ」

律子「...////」ドキドキドキドキ

律子(も、もう少し...)


バアーーーン!!!


春香「おっはようございまーーーーーーーーーす!天海春香でーーーーーーーーーーーーす!!!!いえいっ☆」

律子「どりゃあああああああーーーーーー!!!クソリボンゴラァーーー!!!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:21:08.86 ID:FVnIN8T50

その後

P「お、春香俺より早いか」

春香「はいっ!始発は空いてて電車でうとうとできるんですよ」

P「そうか。じゃあちょっと待っててな」

春香「はい!」

...

P「...」カタカタ

春香「...」

P「えーとここの配置は...」

春香「...」ソワソワ


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:23:51.07 ID:FVnIN8T50

...

P「んー、まだみんなが来るまで時間あるなぁ...」

春香「...」ソワソワソワソワ

P「最近ムラムラしてるし...」

春香「!」

P「あれ、オナホがない」

春香「...」ソワソワ

P「よし...春香オナホ!」

春香「はいっ!」



おわり


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:25:02.23 ID:FVnIN8T50

お疲れ様でした。
春香ちゃん舐めたい。

響とかあーんしたら可愛いだろうなぁ



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿