TOP > やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 > いろは「先輩はいいですよね」

いろは「先輩はいいですよね」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/27(金) 19:01:49.91 ID:vJ95v32S0

いろは「彼女できて」

八幡「そういうお前は彼氏いないのか?」

いろは「いませんよ、こんな可愛い子ほっとくなんて失礼じゃないですか?」

八幡「そうだな、見る目ないかもな」


いろは「……」

いろは(川崎先輩と付き合って余裕で来たのか、こういうことを平気で言うようになった)

いろは(その度にわたしがドキドキしてることはきっとわかってない。先輩、今は鈍感になったし)

いろは(ていうか、他の女の子への興味がなくなってるって感じかな?)


八幡「なんか言えよ」

いろは「もう…人の気も知らないで。もういいです、生徒会の仕事手伝ってください」

八幡「結局それかよ、俺を呼んだ理由は」

いろは「当たり前です、ていうかそれ以外ないじゃないですか」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/27(金) 19:07:02.73 ID:vJ95v32S0

八幡「手伝えばいいんだろ」

いろは「ええ、よろしくお願いしますね」


いろは(最近、先輩は優しくなった。前からなんだかんだ優しかったけど)

いろは(これも余裕ってやつなのかな?さらに優しくなった)

いろは(もう…ほんとに先輩は)


八幡「だからさっきからこっち見てなんだ?」

いろは「なんでもありません。さ、行きましょう!」



生徒会

いろは「それじゃあ、あの段ボール、こっちにお願いします」

八幡「はいはい」


いろは(なんか雰囲気も変わったかな、あんまりあたしのモーションにも反応しなくなったし)


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/27(金) 19:12:47.40 ID:vJ95v32S0

いろは「先輩」

八幡「…なんだ?」


いろは(聞いても大丈夫かな?一応学校だし…まあ、先生もいないしいいよね)

いろは「川崎先輩とどこまでいったんですか?」

八幡「ど、どういう意味だよ…?」


いろは(あ、焦ってる。久しぶりに見たかな~)

いろは「どこまでっていうのはそういうことです」

八幡「なんでお前に言わないとダメなんだ」


いろは「いいじゃないですか、けち~」

八幡「ま、まあ…色々だ」

いろは「どうせ奥手の先輩のことですから、キスもまだなんじゃないですか?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/27(金) 19:22:50.01 ID:vJ95v32S0

八幡「いや、キスはほら、あれだ」

いろは「…してるんですね?」

八幡「まあ…」


いろは(なんだろ…なんかすごく嫌だ…照れてる先輩見てるの)

いろは「せ、先輩って最近は落ち着いてる感じしますし、もしかしてやったんじゃないですか?あれも」


八幡「……」


いろは(なんでだろ…?別にそんなことしてても普通なはずなのに…恋人だし)

いろは(先輩無言だ…これって肯定ってことかな)


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/27(金) 19:36:04.36 ID:vJ95v32S0

奉仕部

いろは「ていうことがあったんですよ、ひどくないですか?」


雪乃「ごめんなさい。私が知識がないだけなのかしら、なにがひどいの?」

結衣「う~ん、いろはちゃんそれは…よくわかんないよ」


いろは「だって…結局先輩うなづきませんでしたけど…もうしてますよあれは」


雪乃「そこなのね。でも仕方がないことでしょう?二人は付き合ってるのだし」


いろは「でもでも、きっと先輩変態的な要求とかしてますよっ。川崎先輩も「比企谷のためなら」とか言っちゃいそうですし」


雪乃「そうね、変態的な彼ならやりかねないわね。風紀が乱れると言いたいのね」

いろは「え?…そ、そうです!生徒会長として許しておけません!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/27(金) 19:41:06.82 ID:vJ95v32S0

雪乃「そうね、部長としても少し見過ごせないかもしれないわね」

結衣「ええ~?ゆきのん、なんだか言いくるめられてるような…」


いろは「そうですそうです。雪ノ下先輩がいれば鬼に金棒です!」


ガラガラ


八幡「なんかにぎやかだなってお前もいんのかよ」


いろは「さっきまで一緒だったじゃないですか~」


いろは「どうせ恋人のこと考えてたんでしょうけど~あ~やだやだ」

八幡「いや、あいつはとっくに帰ってるだろ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 01:45:18.92 ID:8hiVRoaE0

雪乃「比企谷くん、あなた川崎さんとエッチなことをしてるらしいけれど」

八幡「一色から聞いたのか?」


雪乃「ええ、そうよ」

八幡「本気にすんなよ?いつものからかい半分だから」

雪乃「校内ではハメを外し過ぎないようにね」


八幡「俺がそんなことするか。葉山じゃないんだぞ」

雪乃「葉山くんはそんなことをするの?できる相手は多そうだけれど」

八幡「いや、今のは冗談だ」


結衣「ヒッキーも沙希に変なことし過ぎてフラれないようにね」

八幡「なんでそんな話になってんだ…」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 01:51:22.07 ID:8hiVRoaE0

いろは「…」

いろは(なんだか…変な感じ)

いろは(わたしだけモヤモヤしてる…ううん、きっと二人もしてるはず)

いろは(でも、それを表に出してるのはわたしだけか…)

いろは(子供だな~わたし)


帰宅時


雪乃「それでは、また明日」

八幡「おう」

結衣「じゃあね、ヒッキー!」


いろは「…はあ」


雪乃「大きなため息ね」

いろは「え?そうですか?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 01:58:25.90 ID:8hiVRoaE0

結衣「ヒッキーのことかな?」

いろは「う…見抜かれてましたか」

雪乃「あなたがそこまでの表情をするなんて限られてるでしょう」


いろは「…結衣先輩たちは平気なんですか?」


結衣「ううん、そんなことないよ」

雪乃「そうね、比企谷くんが女性と付き合って…初めて自分の気持ちに気づかされたわ」

結衣「あたしも。3日くらいはごはん食べれなかったよ」


いろは(やっぱり二人ともそうなってたんだ…まあわたしもだけどさ)


結衣「でもさ、ヒッキーにそんなこと言ったら失礼じゃん」

雪乃「ええ、と、友達にすることではないわね…」

結衣「ゆきのん、照れてる~~」

雪乃「ゆ、由比ヶ浜さん…もう…」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 02:19:27.12 ID:8hiVRoaE0

いろは(たしか友達認定したとか言ってたっけ…そっか、携帯も交換してたし)

結衣「だからいろはちゃんもね、ヒッキーのことで悩むのもわかるんだけど」

いろは「大丈夫です。先輩に迷惑かけることはしません」


結衣「うん、ありがと。相談が必要だったらいつでも言ってね?あたし達だけじゃなくて優美子たちもいるし」

いろは「さすが結衣先輩です、それじゃあいつかお言葉に甘えるかもしれないですけど、よろしくです」


雪乃「それじゃ、私たちも行きましょうか」

結衣「うん」

いろは「は~~い」


----------------------------


2年の教室


F子「いろは~」

いろは「何?」

F子「はい、これ」

いろは「チラシ?えっと、クリスマスパーティー?」

F子「駅の近くの雑居ビルのところが会場だってさ」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 02:28:28.59 ID:8hiVRoaE0

いろは「雑居ビルが会場って…誰がすんの?」

F子「なんか人づてに色々回って来てるよ。A達が主催らしいけど」

いろは「え?あんまり良くないイメージがあるんだけど」

F子「でもさ、結構参加する人多いみたいだよ。葉山先輩とかも来るって」

いろは「葉山先輩が参加するなら大丈夫かな」


F子「いろは、どうする?」

いろは「う~ん、そうだな…最近やきもきしてたし…気分転換にはちょうどいいかも」


F子「おお~乗り気?じゃあ衣装だけどさ」

いろは「衣装?まあ、クリスマスだしね」

いろは(うわ…ミニスカートのサンタ服とかあるし。先輩に見せたら喜ぶかな?)


いろは「…なんてね」

F子「どしたの?」

いろは「ううん、なんでもないよ」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 02:34:25.19 ID:8hiVRoaE0

廊下


川崎「ねえ、比企谷」

八幡「ん?」


川崎「今度さ、これ行ってみない?」


八幡「クリスマスパーティー?こんな所行くのか?」

川崎「なんかもらったんだけど。総武高の人が主催してるらしいよ」


八幡「ふ~ん、なんか…」

川崎「比企谷が言いたいこともわかるけど、あたし達あんまり付き合ってる気がしないっていうか」

八幡「はあ?付き合ってるだろ」

川崎「学校では…全然でしょ」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 02:42:03.53 ID:8hiVRoaE0

八幡「お前…学校でしたいのか?」

川崎「そうじゃなくて。あたしより、由比ヶ浜たちといる方が長いでしょ」

八幡「まあ、それは…かもな」


川崎「学校だと付き合ってるのつい忘れちゃう時あるし。こういう所もたまにはいいんじゃない?」

八幡「本気かよ、なんかエロイ雰囲気あるぞこれ。いいのか?」

川崎「比企谷が望むなら、サンタの格好とかするけど?」


八幡「行くか」

川崎「付き合ってみて思ったけど、あんたって案外エロい時あるよね」


八幡「付き合うの初めてだしな」

川崎「ま、あたしもだけどさ」

八幡「川崎スタイルいいしな…つい。それに、お前けっこう従ってくれるし」

川崎「……変態」

八幡「学校ではやめとくか、こういう話は」

川崎「うん。でも、スタイルいいって言ってくれてありがと。あんたの為に、今のスタイルは崩さないようにしないとね」


八幡「そういう言葉はヤバい…八幡的に」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 08:38:10.84 ID:8hiVRoaE0

いろは「クリスマスパーティーか」

B「いろはす~いろはすも参加するってマジ?」


いろは「あ、B君。まだ確定じゃないけど」

B「よっしゃ~これは俄然やる気出さないとな!俺らが費用持ちだから安心してよ」

いろは「うん、ありがと。そういえばチラシにも書いてたっけ」

いろは(こうして見ると、わたしってモテるよね。葉山先輩にも負けないかも)


B「どうした、いろはす?」

いろは「ううん、なんでも。パーティー楽しみにしてるね」

B「おう!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 08:52:16.78 ID:8hiVRoaE0

放課後

いろは「今日は…奉仕部はいいや。帰ろ」


スタスタ


いろは「もうクリスマスなんだよね、そういえば」

いろは「まさか彼氏いない状態で過ごすなんて…まあ、去年もそうだったけどさ」

いろは「葉山先輩を最初追いかけてて…次に先輩か。ちょっと選り好みし過ぎたかな?」


いろは「あ~あ、こんな独り言いいながら帰る寂しい子だったのかなわたし」


葉山「いろは、奇遇だね」

いろは「葉山先輩…こんにちは」


葉山「なんだか元気がないな」

いろは「そう見えます?」


葉山「そうだね、ちょうど帰りなんだが、一緒に帰らないかい?」


いろは「わかりました」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 08:57:46.11 ID:8hiVRoaE0

スタスタ


葉山「そういえば、いろは」

いろは「はい?」

葉山「元気がない理由は比企谷かな?」

いろは「そうですけど…うう、みなさんわかるんですね」

葉山「比企谷に彼女ができて、それが関係してるのかな」


いろは「はい…でも、わたしがそんなこと言える立場じゃないです。告白すらしなかったのに…わかってるんです」


葉山「なるほど。まあ、一度好きになったらなかなか離れられないのはしょうがないんじゃないか」

いろは「葉山先輩が言います?それ」

葉山「悪い。俺が言ったら駄目だったね」


いろは「葉山先輩もなんだか変わりましたよね。先輩も彼女できてから、生意気に余裕のオーラ出すようになりましたけど」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 22:10:59.28 ID:8hiVRoaE0

葉山「君も変わったように思うよ。ドライになってないかい?いや、素を出すようになったというべきか」

いろは「あるかもしれませんね。そろそろいいかな~って思うようにはなりましたし」


葉山「そうか。まあ、人間は変わっていくものだしね。それは比企谷も同じさ」


いろは「あ~あ、先輩もどんどん恋愛慣れしていくんですかね」

葉山「どうだろうね。まあ、彼女がいるんだしそうなるんじゃないか?」


いろは「そういえば、葉山先輩もクリスマスパーティー出るとか」

葉山「ああ、まあね。主催者たちが酒を出す手筈だったみたいでね。ちょっと阻止しておいた」

いろは「あ~それはまずいですよね」

葉山「ああ。それにあのビルはキャバクラ的なところとして使われてたらしくてね。内装がそのままというか…まあ、なんだ」


いろは「え~そんなところでするんですか?」

葉山「悪乗りしてしまったみたいだ」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 22:18:07.97 ID:8hiVRoaE0

いろは「ポールダンスとかありそう」

葉山「まさにそんな舞台があったよ」

いろは「え~?踊り出す人とかいるんじゃ」


葉山「戸部が踊る予定だな」

いろは「それは見たくないですね」

葉山「同感かな…まあ、俺としてはやっぱり女性かな」

いろは「葉山先輩、エッチですよ」


葉山「戸部のダンスが見たいというよりもよっぽど健全だろ?」

いろは「それはそうですけど、比較対象がおかしいです」


いろは「それに、葉山先輩が頼めば踊る子はたくさんいそう」

葉山「しかし気分転換にはいいと思うよ。スカートでも下になにか履けば恥ずかしくないだろう?」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 22:22:48.27 ID:8hiVRoaE0

いろは「そうかもしれないですけど…なんか好奇の目にさらされそう」

葉山「まあ、いろはが踊るなら、みんな注目するだろうね」

いろは「…」


葉山「ああ、それから比企谷も来るらしいよ」

いろは「え?そうなんですか」


葉山「ああ、もちろん一人ではないけどね」


いろは「そうですよね…」

葉山「まあ、パーティーまでに彼氏を見つけて一緒に来るのもいいんじゃないか?」

いろは「嫌味ですか?女友達と行きます」

葉山「ああ、わかった。それじゃあ、俺はこっちだから」

いろは「はい。葉山先輩、さようならです」


いろは「はあ…どうしよっかな…」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 22:39:05.66 ID:8hiVRoaE0

クリスマスパーティー当日


戸部「うっしゃ、来たべ来たべ」

葉山「やっぱり、いかがわしい雰囲気はありありだな。まあ、盛り上がりそうではあるが」


三浦「あーしらが、あんまりハメ外さないように監視ってこと?」

葉山「まあ、そういうことかな。どうしてもこういう雰囲気だとね」


結衣「とべっちが踊るとか聞いたんだけど」

戸部「結衣も見たいっしょ?」

結衣「いや…見たくないかな」


戸部「ひでぇ…まあいっか。とりあえず、俺の踊りは笑いの一環だしね~」

葉山「戸部…男だな、お前は。尊敬するぞ」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 22:47:16.92 ID:8hiVRoaE0

八幡「早めに来たのはいいが…緊張するな」

川崎「あたしもこういう雰囲気初めてかな…緊張する」


八幡「俺はお前の格好も凄いと思うけどな。ヘソ出しミニスカサンタって」

川崎「変かな?」

八幡「いや、可愛い」

川崎「あ、ありがと。そんな恥ずかしいこと平気で言えるようになったんだ」


八幡「彼氏がはっきり言わなくても困るだろ?これでも色々学んでるんだよ」

川崎「そっか。でも今の比企谷頼もしいよね、惚れ直した」


八幡「お、おう…。あと、スカート気をつけろよ?段差とか」

川崎「うん、気を付ける。比企谷としても嫌でしょ、あたしが見られるの」

八幡「ああ」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 22:52:11.86 ID:8hiVRoaE0

いろは「なにあれ…バカップルに拍車がかかってるような雰囲気」

いろは「わたしもミニスカサンタでがんばって来たのに…川崎先輩スタイル良すぎ…」


A「おお~いろはす可愛いじゃん!」

B「うわ、マジだ。最高~~!」


いろは「あ、ありがとう~~」


いろは「……」



結衣「あ、いろはちゃんも沙希もヒッキーも来てるみたい」

葉山「おやおや、勢ぞろいだね」


三浦「ヒキオは彼女連れか」

戸部「俺達の中で一番リア充だべ、やるべヒキタニ君」

三浦「とりあえず壁を用意してよね、なんかやたらイチャついてるように見えるんだけど」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 22:57:36.97 ID:8hiVRoaE0

八幡「おい…川崎…引っ付き過ぎじゃね?」

川崎「学校ではほとんどできないし、それの反動」


八幡「こんなところで反動起こすなよ…」


川崎「今日はハメ外せる日だし、いいでしょ」

八幡「まあ、いいか」


川崎「ま、ちょっとくらいならエッチなことしてもいいから」


八幡「じゃあ、見えない後ろ側から、スカートの中弄るか」

川崎「そういう発想って比企谷らしいというか、女に慣れてない人の発想っぽい」

八幡「ほっとけ」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/28(土) 23:05:11.44 ID:8hiVRoaE0

三浦「な~んか、見てて微笑ましい」

葉山「意外だね、優美子がそんなこと言うなんて」

三浦「あーしとしても、ほら…ヒキオの奴が幸せっていうのはさ。まあ、喜ばしいんじゃない?って感じで。あいつ恋人できなさそうだったし」


葉山「なるほど、確かに喜ばしいことだね」


戸部「うんうん、いいべ。いいことだべ」


結衣「それはいいんだけどさ…あれって…沙希の表情…」


三浦「ん?あ~あれは…絶対ヒキオがなんかしてる。必死で我慢してる顔になってるし」


戸部「よ、よし!俺、踊ってくるべ!」

葉山「行くんだ、戸部!みんなの視線を比企谷たちから誘導するんだ」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 11:38:05.68 ID:HydTQACy0

いろは「…」

A「いろはす、どした?」

B「ん~?大丈夫?」


いろは「え?あ、うん。大丈夫大丈夫」

いろは(はあ…さすがに失礼かな、A君達に)

いろは(適当に愛想振りまいたりしてたし…)


いろは「本物か~本物ほしいって、まさか言う時がくるなんて」


A「へ?本物?」


いろは「なんでもないよ」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 11:43:21.48 ID:HydTQACy0

いろは「なんか戸部先輩がポールダンスしてる…」

A「うわ…マジだ」

B「お、おう…いいんじゃね?まあ…あれはあれで…」

A「おいB…おまえまさか…」

B「ばか、違う…!そういう意味じゃねぇ!」

A「やめろよ、俺は女の子が好きだ!」

B「勘違いだ~~!」



川崎「…ひ、比企谷…ね、ねえ」

八幡「なんだ?」

川崎「あれ」

八幡「戸部…なにやってんだあいつは」

川崎「注目浴びてるけど…なんかみんな目が死んでるような」

八幡「気味悪いだろ…男がポールダンスしても…」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 22:28:03.05 ID:HydTQACy0

川崎「まあ確かにそうだけどさ」

八幡「川崎がしてくれるならぜひ見たい」


川崎「ほ、本当に?」

八幡「ただしここだと他の男も見るしな。やめてくれ」

川崎「確かにそうだね」




いろは「……あの二人…。先輩は本物見つけられたのかな」


A「いろはす?」


いろは「よ~し、わたし踊ってくるねっ!」

A「え?マジで!?」

B「うお~見たい!」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 22:38:35.13 ID:HydTQACy0

葉山「戸部、お疲れ」

戸部「隼人くん…あれ思った以上にきついわ…視線もきついわ…」


三浦「当たり前だし…あんなもん見て誰が喜ぶかっての」


結衣「あはは、ていうかいろはちゃんが踊ってるよ」


三浦「ほとんだ、戸部と違って大人気だし」

戸部「いろはす~~……」



八幡「あいつ…ノリノリだな」

川崎「どう思ってる?」


八幡「別に」

川崎「あたしが傍にいなかったら、もっと近くで見てたでしょ?」


八幡「そ、そんなことねぇよ…」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 22:45:10.63 ID:HydTQACy0

いろは「あ~~疲れた、でもスッキリしたかな?」

A「いろはす、可愛かったぜ!」

B「いや~めっちゃ良かったわ~!」


いろは「うん、ありがと~」


いろは(なんか細かい事考えても仕方ないかな…)


いろは(わたしは先輩と違って、恋を育てるところからかな~一人に絞らないとね)

いろは(とりあえず、AくんとBくんは却下と)



三浦「隼人、どしたん?」

葉山「いや…いろはもいい感じに進んでくれればいいと思ってね」

三浦「はあ…?」



いろは「よ~し、先輩からかいに行っちゃおう!」


八幡「なんか猛ダッシュしてきてるんだが…」

川崎「嬉しそうにしないでよ」

八幡「してねぇし…」


いろは「せんぱ~~~い!」


おわり



『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿