TOP > けものフレンズ > サーバル「かばんちゃん!私のことは女王様って呼んでね!」

サーバル「かばんちゃん!私のことは女王様って呼んでね!」

2017/11/01 21:30 | けものフレンズ | コメント(1)
1: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 21:55:47.32 ID:TFCOWqU2O

かばん「え?どういうこと?サーバルちゃん?」

サーバル「うみゃ!女王様だよ!」パチン

かばん「痛いよ!サーバルちゃん!」

サーバル「女王様!」バチン

かばん「いたいっ!」

サーバル「これは教育だよ!かばんちゃん!」バチン

かばん「あっ………」ドサッ

かばん「」


2: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 22:00:40.88 ID:TFCOWqU2O

サーバル「うみゃ?かばんちゃん?」ツンツン

かばん「」

サーバル「お、起きてよー!かばんちゃん!その冗談面白くないよ?」ユサユサ

かばん「」

サーバル「……………………」

ガサッ

サーバル「!」

アミメキリン「あわわわわ……」ガクガク

サーバル「………………………」

アミメキリン「た、大変!サーバルが…かばんを……」ガクガク

アミメキリン「……博士に知らせなきゃ!」クルッ

サーバル「うみゃ」ザッ

アミメキリン「!?」

サーバル「みんみ~」バキッ

アミメキリン「うっ………」ドサッ

アミメキリン「」

サーバル「…………………」


3: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 22:30:52.97 ID:TFCOWqU2O

サーバル「うわー…どうしよどうしよー!」オロオロ

かばん「」

アミメキリン「」

サーバル「ふ、二人とも動かないよー!」

サーバル「と、とにかく穴を……」ホリホリ

「サーバルー!」

サーバル「」ビクッ

アライグマ「穴なんか掘ってなにをやってるのだー?」

フェネック「はーいよー」フリフリ

サーバル「………アライさん…フェネック…」

アライグマ「ん?」

かばん「」

アミメキリン「」

アライグマ「かばんさんとアミメキリン?何でこんなところで寝てるのだ?」

サーバル「え、えっとね!えっとね!」アセアセ

アライグマ「おーい!かばんさーん!こんな所で大丈夫寝てると風をひくのだー!」ユサユサ

かばん「」

アライグマ「? 起きないのだ?」

フェネック「アライさーん……ひょっとしてそれってさー」

アライグマ「?」

フェネック「…………寝てるんじゃなくてしんでるんじゃ……」

アライグマ「!?」

サーバル「………………」


4: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 22:36:14.34 ID:TFCOWqU2O

アライグマ「そ、そんなわけ……」

かばん「」

アライグマ「……かばんさん…なんで…」ジワッ

アライグマ「うわーん!かばんさーん!」ビエーン

サーバル「………………」

フェネック「………サーバルー、いったい何があったのさ?」

アライグマ「そ、そうなのだサーバル!かばんさんになにがっ!」グスッ

サーバル「………………」

サーバル「アミメキリンが…」ボソッ

アライグマ、フェネック「!」

サーバル「アミメキリンが……かばんちゃんの事を気にくわないからって、急に襲ってきて……」

アライグマ「………アミメキリン…!」キッ

アミメキリン「」

サーバル「私は……かばんちゃんを襲ったアミメキリンが許せなくってつい……」

フェネック「………………」


5: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 22:42:54.99 ID:TFCOWqU2O

フェネック「あのさー、サーバル……」

アライグマ「サーバルゥ!!」

サーバル「うみゃ!?」ビクッ

アライグマ「サーバル…お前と言うやつは……」ワナワナ

フェネック「お、落ち着いてよアライさーん!」

サーバル「あ、あのね!あのね!」

アライグマ「なんていい奴なのだ!」

サーバル、フェネック「へ?」

アライグマ「へーきなのだサーバル!ジャパリパークの英雄、かばんさんの仇をとったサーバルの事は誰も責めないのだ」ポン

サーバル「う、うん……」

アライグマ「サーバル!アライさんもかばんさんのお墓をつくるのを手伝うのだ!」ホリホリ

サーバル「あ、ありがと………」

アライグマ「ほらっ!フェネックも手伝うのだ!かばんさんが安心して眠れないのだ!」ホリホリ

フェネック「………はーいよー」ホリホリ

サーバル「………………」


6: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 22:48:56.64 ID:TFCOWqU2O

アライグマ「ふーっ……」

フェネック「できたねー」

サーバル「………………」

アライグマ「かばんさん、安らかに眠るのだ……」スッ

フェネック「おやすみー」

アライグマ「………アミメキリンも元はと言えば同じフレンズ……お墓をつくってあけだのだ」

アライグマ「………向こうでは…かばんさんと仲良くやってほしいのだ…」

サーバル「………………」

アライグマ「………さて、帰るのだ」

フェネック「うん……」

サーバル「………………」

アライグマ「………サーバル、悲しい気持ちはわかるのだ」ポン

アライグマ「アライさんも悲しい…でも、いつまでもクヨクヨしてるサーバルをかばんさんは喜ばないのだ」

フェネック「そうだよーサーバルー」

サーバル「………足りない」ボソッ

アライグマ、フェネック「?」

サーバル「…………そーだ!」ポン


7: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 22:58:44.36 ID:TFCOWqU2O

としょかん

博士「そんな………」

助手「かばんとアミメキリンが……?」

アライグマ「悲しいが……それが事実なのだ……」

博士「そ、そんな……我々はこれからカレーをどうやって食べれば…」フラッ

助手「は、博士!しっかりするのです!ヒグマがいるのです!」

博士「そうでしたね。助手」

サーバル「うみゃー!博士!それでね!それでね!私、いい事考えたの!」

博士「いい事………?」

サーバル「ジャパリパークの英雄……かばんちゃんの事を忘れないためにも…かばんちゃんのお墓の前にかばんちゃんの銅像をつくろうと思ったんだ!」

博士「銅像……ですか?」

アライグマ「サーバルのアイディアなのだ!」

フェネック「それでー、私達はその許可を博士達に貰いに来たってわけさー」

博士「………なるほど」フム

助手「勝手にするのです。我々は手を貸さないのですよ」

博士「我々は忙しいので」

アライグマ「やったー!なのだー!」

サーバル「よーし!決まりだねー!」

フェネック「じゃ、善は急げだねー」

タッタッタ

博士「やれやれ」

助手「忙しい奴らなのですね」


8: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 23:08:57.78 ID:TFCOWqU2O

さばんなちほー

カバ「え?あの子が?」

サーバル「うん、そーなの……」

アライグマ「それで…アライさん達はかばんさんの銅像をつくろうと思っているのだ!」

フェネック「カバも手伝ってくれないかなー?」

カバ「………………」

サーバル「ね!ね!お願い……」

カバ「…………そのー……ごめんなさい?」

アライグマ「………なっ……!」

サーバル「…………………」スタスタ

サーバル「うみゃ!」バキッ

カバ「あっ」ドサッ

カバ「さ、サーバル!何を!」

サーバル「かばんちゃんはね…すっごいんだよ!」バキッ

カバ「うっ……」

サーバル「それをー……それを…」ハァハァ

カバ「ヒィィィ」ビクビク

アライグマ「サーバル、もうやめるのだ」ポン

サーバル「アライさん……」

アライグマ「………カバ、アライさん達に協力してほしいのだ」

カバ「わ、わかった…」ビクビク

アライグマ「カバの物わかりが良くてアライさんは嬉しいのだ」ニコッ

フェネック「あららー、やりすぎだよサーバルー」

サーバル「だってー」

アライグマ「サーバルはかばんさん思いだからしょうがないのだ!」

フェネック「こんなに傷ついちゃって…かわいそーに…」スッ

カバ「………ひっ」ビクッ

フェネック「…………私があっちで慰めてあげるよー」ペロッ

カバ「…………………」


10: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 23:16:29.25 ID:TFCOWqU2O

すうじつご

ガヤガヤ

プレーリー「この土は何処に運べばよいでありますかー?」

ビーバー「それはそっちにー……」

アルパカ「休憩用の紅茶つくって待ってるからね~」


フェネック「だいぶフレンズが集まったねー」

アライグマ「これもかばんさんの人望のお陰なのだ!」

サーバル「………………」

アライグマ「サーバル?どうしたのだ?」


スナネコ「あっ」ヨロッ

ツチノコ「お、おい!大丈夫か!」

スナネコ「だ、大丈夫です……ありが…」

サーバル「…………………」スタスタ

ツチノコ「!」

スナネコ「じょ、女王さ……」ビクッ

サーバル「………うみゃ!」バキッ

スナネコ「うっ」ドサッ


11: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 23:25:40.97 ID:TFCOWqU2O

ツチノコ「お、おい!何すんだよ!」

サーバル「うみゃ?これはね?愛の鞭だよ!」

ツチノコ「はぁ~?」

スナネコ「だ、大丈夫ですツチノコ…」

ツチノコ「お、おい…」

スナネコ「………ごめんなさい、女王様」ペコッ

サーバル「スナネコ~、かばんちゃんへの愛が足りないからこうなるんだよ?ちゃんと反省してね?」

ツチノコ「………こいつ…!」ガタッ

スナネコ「もうやめてください、ツチノコ」ギュッ

ツチノコ「でも……」

スナネコ「………………」ブルブル

ツチノコ「…………わかったよ」スッ

スナネコ「女王様、ごめんなさい。以後気をつけますので」

サーバル「うん!わかればいいんだよ!」ニコッ

サーバル「本当は私だってこんな事したくないんだよ?」

ツチノコ「……………」

スナネコ「はい、ごめんなさい。僕のかばんさんへの愛が足りませんでした」

サーバル「次はないからね~」クルッ

ツチノコ「………………」

スナネコ「………………」


フェネック「いやー、サーバルの愛の鞭はいつ見ても強烈だねー?」

フェネック「介抱する身にもなってほしいよー」ニヤニヤ

アライグマ「サーバルのかばんさんへの愛には頭が上がらないのだ」


12: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 23:32:54.47 ID:TFCOWqU2O

博士「ほう、まさかこんなにもフレンズが集まるとは」

助手「やりますね」

サーバル「博士!助手!」

博士「して、銅像とやらの進み具合はどうなのですか?」

サーバル「うん!順調だよー!」

サーバル「みんなとっても喜んで協力してくれてるよー!みんなかばんちゃんが大好きなんだね!」

博士「ふむ…この数……かばんの人脈はすごいのですね助手」

助手「ですね、博士。」

サーバル「ほらほらー!銅像の事は私達に任せたんでしょー?」

サーバル「博士達はとしょかんでかれーでも食べててよ!」

博士「確かに、この分では心配はいらなそうですね助手?」

助手「ですね、我々は帰ってかれーでも食べますか」

サーバル「そーしてそーして!」


13: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 23:40:02.58 ID:TFCOWqU2O

アリツカゲラのろっじ

ガタガタ

アライグマ「!」

ガチャッ

アリツカゲラ「うぅ……ひっぐ…」タッタッタ

アライグマ「……またなのかー?フェネック?」

フェネック「んー?何がさー?アライさーん」ガチャッ

アライグマ「今アリツカゲラがフェネックの部屋から泣いて逃げてきたのだ」

アライグマ「まったく、銅像づくりの労力が減ったらどうするつもりなのだ!」

フェネック「はーいよー、気を付けますよー」

フェネック「んー?サーバルは?」キョロキョロ

アライグマ「現場なのだ」

アライグマ「サーバルのかばんさん愛はすごいのだ!」

フェネック「あははー、だねー?」スタスタ

アライグマ「何処いくのだ?フェネック」

フェネック「んー、暇だからさー?私も現場ー」


14: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 23:48:08.31 ID:TFCOWqU2O

どうぞうづくりげんば

キタキツネ「ハァハァ……」ヨロッ

キタキツネ「……うっ」ドサッ

ギンギツネ「キタキツネ!大丈夫!」

キタキツネ「………うん、ごめんね?ギンギツ………」

スタスタ

ギンギツネ、キタキツネ「!」ビクッ

サーバル「うみゃ~」スタスタ

キタキツネ「ひっ…女王さ……」ビクッ

サーバル「かばんちゃんへの愛が……足りないよー!」ブン

キタキツネ「ひっ」ビクッ

バッ

サーバル「!」

バキッ

ギンギツネ「うっ…」ドサッ

キタキツネ「ギンギツネー!」

サーバル「………うみゃ~?ギンギツネー?なにそれなにそれー?」

ギンギツネ「……サー…女王様…この子昨日からずっと休んでないの……」

キタキツネ「ギンギツネ………」グスッ

サーバル「………………」

ギンギツネ「……だからお願いします。許してあげて……」

サーバル「………だからなに?」

ギンギツネ「…………え?」

サーバル「そんなの……かばんちゃんへの愛を裏切った理由にはならないよ!」ブン

ギンギツネ「きゃっ」ドサッ

キタキツネ「ギンギツネー!」


15: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 23:54:17.34 ID:TFCOWqU2O

サーバル「かばんちゃんはね……!すっごいんだよ!ハァハァ」ドカッ バキッ

ギンギツネ「うあっ」ドサッ

サーバル「それを……それをー!」ドカッ バキッ

ギンギツネ「うぅ…」ボロッ

キタキツネ「も、もうやめてよー!」グスッ

サーバル「…………」

キタキツネ「ぼ、僕が悪いんだよ!」グスッ

ギンギツネ「キタキ…ツネ……」ボロッ

キタキツネ「だから……やるなら僕に…」

ギンギツネ「キタ……キツ…ネ…いいから逃げ……」ヨロッ

サーバル「………うみゃー!!」ブンッ

ガシッ

サーバル「!」

ギンギツネ、キタキツネ「!」

フェネック「もうやめなよーサーバルー」

サーバル「フェネック……」


16: ◆y7Z1YlEd6g 2017/10/31(火) 23:57:32.08 ID:TFCOWqU2O

サーバル「フェネックー!なんで止めるのー!!」

サーバル「キタキツネとギンギツネはねー!かばんちゃんへの愛を……」

フェネック「サーバルー、サーバルのかばんさんへの愛はわかるさー?だから落ち着きなよー?」

フェネック「愛の鞭ばっかじゃ銅像は完成しないよー?」

サーバル「……………」スッ

ギンギツネ「……助かっ…たの?」

キタキツネ「ギンギツネ………」ギュッ


17: ◆y7Z1YlEd6g 2017/11/01(水) 00:06:17.88 ID:CaNqu/CjO

フェネック「可愛い顔をこんなに傷だらけにしちゃってー」スッ

ギンギツネ「……………」

サーバル「だってだってー!」ブー

フェネック「………私が介抱してあげるからさー?あっちいこ?」ニヤッ

ギンギツネ「………………!」ゾクッ

キタキツネ「いや!ギンギツネ!やめて!」

ギンギツネ「だ、大丈夫よキタキツネ……」ヨロッ

ギンギツネ「すぐ終わるから……ただの介抱だし……」

キタキツネ「いや…だ…」グスッ

フェネック「ふふっ♪」

フェネック「………てわけでさーサーバルー?」

サーバル「うみゃ?」

フェネック「私はギンギツネの介抱をするからさー?」

フェネック「……キタキツネは好きにしていいよ?」

ギンギツネ「な……!?」

キタキツネ「……え……?」

サーバル「よーし!キタキツネへにかばんちゃんへの愛をたっくさん教育するからねー!」

キタキツネ「……………」

ギンギツネ「ちょ、ちょっ………」

キタキツネ「僕………」ボソッ

サーバル「?」

キタキツネ「ギンギツネと……一緒がいい……」

ギンギツネ「キタキツネ……」

キタキツネ「大丈夫……ギンギツネと一緒なら怖くないよ?」ニコッ

ギンギツネ「キタキツネ……」ギュッ

フェネック「はーいよー、もう一名様ごあんなーい」ニヤッ

サーバル「ちぇーっ!つまんないのー!」


18: ◆y7Z1YlEd6g 2017/11/01(水) 00:12:09.56 ID:CaNqu/CjO

そしてなんだかんだあって

フェネック「完成したねー、銅像?」

サーバル「うみゃー」

アライグマ「これもかばんさんの人脈とサーバルのかばんさんへの愛のお陰なのだ!」

サーバル「もう!照れるよー!アライさーん!」テレッ

ツチノコ「や、やっとこの地獄から解放される……」

スナネコ「うぅ……僕、嬉しくって…」グスッ

カバ「うぅ…うっ……」グスグス

ギンギツネ「キタキツネ……」ギュッ

キタキツネ「大好きだよ、ギンギツネ」ギュッ

ワイワイ

アライグマ「………………」

アライグマ「ん?」

サーバル「うみゃ?」

フェネック「どうしたのさー?アライさーん?」


19: ◆y7Z1YlEd6g 2017/11/01(水) 00:20:21.18 ID:CaNqu/CjO

アライグマ「よく見るのだ!サーバル!フェネック!」

アライグマ「このかばんさんの銅像…本物のかばんさんとは少し違わないか?」

サーバル「うみゃ?」

フェネック「あー、よく見れば確かに…」

カバ「なっ!」

ツチノコ「ふざけんなー!お前らの言う通りにつくったんだぞ!」

アライグマ「ツチノコ!自分たちの無能さを人のせいにするのは良くないのだ!」

ツチノコ「なっ!?」

サーバル「………こんなかばんちゃんへの愛が足りない物は~……」スッ

サーバル「みんみ~!!」バキッ

かばん銅像「」ボロッ

全員「!?」

ザワザワ

アライグマ「サーバル!よくやったのだ!」

フェネック「てわけでー?もう一度つくりなおしよろしくー」ニコッ

サーバル「今度こんな愛の足りない物つくったら許さないからー!」フンス

スナネコ「そんな……」ガクッ

キタキツネ「もう……いやだ……」グスッ

ギンギツネ「キタキツネ!」


20: ◆y7Z1YlEd6g 2017/11/01(水) 00:27:29.40 ID:CaNqu/CjO

サーバル「ねーねー!次はかばんちゃんの銅像の横に私の銅像もつくってよー!」

アライグマ「おっ!いい案なのだ!アライさんの銅像も頼むのだ!」

フェネック「んじゃ、私のもー」


アハハハハ

ツチノコ「………こいつら…もう許さねぇ……!」ワナワナ

ギンギツネ「ふざけないで!何が女王様よ!」

カバ「……このまま、また銅像をつくらされるくらいならいっそ戦って…」スッ

サーバル、アライグマ、フェネック「!」

ツチノコ「みんなー!戦うぞー!野生を解放しろー!」

全員「うぉぉー!!」


ドドドド


フェネック「あーららー」

アライグマ「………これは…教育の必要がありなのだ!」

サーバル「愛の鞭……いっくよー!」スッ



オオオオオ


ドッタン バッタン


21: ◆y7Z1YlEd6g 2017/11/01(水) 00:33:16.09 ID:CaNqu/CjO

としょかん

博士「そろそろ銅像が完成してる頃ですかね?助手」モグモグ

助手「ですね、博士。あの調子ならばサーバル達に任せておいても大丈夫でしょう」モグモグ

博士「ならば我らはかれーを食べながら完成の報告を待つとしますか」モグモグ

助手「ですね、あいつらの事です。きっとケンカしてすっちゃかめっちゃかしても仲良しですね」モグモグ

博士「ヒグマ!かれーおかわりなのです!」スッ

助手「我々はおかわりを待っているのですよ!」スッ

ヒグマ「はいはい」








『けものフレンズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

259. YOMICOMER2017年11月08日(水) 12:44 ▼このコメントに返信
これ書いた奴の精神状態が心配だ
コメントの投稿