TOP > アイドルマスター > 春香「ちはやちゃんが返事してくれなくなった」

春香「ちはやちゃんが返事してくれなくなった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:30:21.58 ID:gt2bjWFO0

春香「困るね千早ちゃん」

千早「……」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:32:00.64 ID:gt2bjWFO0

春香「新曲のここのところ歌い方が分からないんだけど」

千早「……」

春香「ねえ……」

千早「……」

春香「何か悪いことしたかな?」

千早「……」

春香「困る」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:35:18.39 ID:gt2bjWFO0

春香「ちょっと歌ってみるから聞いててもらっていい?」

千早「……」

春香「え、えと、じゃあ歌うね!」

春香「~~♪」

春香「ね、ね、どうかな?」

千早「……」

春香「……ね、ねえ千早ちゃん」

千早「……」

春香「あの……怒ってる……のかな?」

千早「……」

春香「……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:37:28.84 ID:gt2bjWFO0

春香「……あ、あの、特にここのところが難しいかなって……」

千早「……」

春香「……」

千早「……」

春香「あ、あの……」

千早「……」

春香「私、何か……悪いこと……」

千早「……」

春香「その、言ってくれれば……直す……からさ、あの……その……」

千早「……」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:39:13.06 ID:gt2bjWFO0

春香「……ち、千早ちゃん……」

千早「……」

春香「……」

千早「……」

春香「……ぐすっ」

千早「……」

春香「……ちはやちゃ……」

千早「……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:41:05.41 ID:gt2bjWFO0

春香「……うっうっ……」

千早「……」

春香「ひどいよ……」

千早「……」

春香「なにか…悪いなら…言ってよ……こんなのって……」 

千早「……」

春香「千早ちゃんのばか!」

千早「……」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:43:20.16 ID:gt2bjWFO0

千早「……」

春香「……」

千早「……」

春香「もう!……千早ちゃんしらない!」

千早「……」

春香「……」

千早「……」

春香「ほんとにだからね!」

千早「……」

春香「もう!こういうこと続けるなら千早ちゃん知らないよ!」

千早「……」

春香「もう!……千早ちゃん……絶交なんだよ……」

千早「……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:46:00.72 ID:gt2bjWFO0

春香「ぜっこ……絶交なんだよ……」

千早「……」

春香「うぅ……」

千早「……」

春香「……」

千早「……」

春香「……じゃ、じゃあさ、何かしてあげる!何か一つ好きなことしてあげるから!」

千早「……」

春香「ね?何か、怒らせちゃったかわりに、何かしてあげる!ね!」

千早「……」

春香「だから、何したいか、ね!絶対してあげるから!」

千早「……」

春香「ほ、ほら、早く言って!なんでもいいんだよ!」

千早「……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:49:04.36 ID:gt2bjWFO0

春香「ほ、ほら!早くしないと……」

千早「……」

春香「ね、ねえ……」

千早「……」

春香「……」

千早「……」

春香「……言わないの?」

千早「……」

春香「また……そうやって……」

千早「……」

春香「……馬鹿にしてるんだ……」

千早「……」

春香「千早ちゃん馬鹿にしてるんだ!私を!そうやって楽しんでるんだ!」

千早「……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:51:52.28 ID:gt2bjWFO0

春香「私がそうやって悩んでることを、千早ちゃん馬鹿にしてるんだ!」

千早「……」

春香「それで面白がって、そうやって楽しんでるんだ!」

千早「……」

春香「それで自分のほうが偉いとか思ってさ、私のこと馬鹿にしてさ、それで嬉しいんでしょ!」

千早「……」

春香「私がすぐ転んだりするから!そういうことをいつも馬鹿にしてたんでしょ!それで私を苦しめるんでしょ!」

千早「……」

春香「千早ちゃんのばか!」

千早「……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:54:07.74 ID:gt2bjWFO0

春香「ばか!ばか!千早ちゃんのばか!」

千早「……」

春香「私の何がいけないの!」

千早「……」

春香「私の何が……何が悪いの!どうしてほしいの!」

千早「……」

春香「どうしてほしいの!苦しめばいいの!それで満足なの!?」

千早「……」

春香「……どうして……」

千早「……」

春香「……」

千早「……」

春香「……」

千早「……」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:56:29.64 ID:gt2bjWFO0

春香「千早ちゃあん……」

千早「……」

春香「……わたしね、千早ちゃんにね、ぎゅっとされるの好きなんだよ?」

千早「……」

春香「千早ちゃんね、あったかくてね、それでね、私のことを思ってくれててね、」

千早「……」

春香「なんで……」

千早「……」

春香「……もしかして、私が千早ちゃんのこと愛してないと思ってるの」

千早「……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:00:29.32 ID:gt2bjWFO0

春香「そうなんでしょ!私が千早ちゃんのこと愛してないと思ってるから、そうやって怒ってるんでしょ!」

千早「……」

春香「なーんだ!そういうことならね、大丈夫だよ!私ね、千早ちゃんのこと大好きだもん!」

千早「……」

春香「千早ちゃんの歌大好きなんだよ!千早ちゃんかわいいし、千早ちゃんの料理美味しいし、千早ちゃん私をね、ぎゅってしてくれるもん!」

千早「……」

春香「千早ちゃんごめんね、悩ませちゃったのは私の方だった。だからね、大丈夫だよ、私は本当に好きだもん……」

千早「……」

春香「……ねえ、千早ちゃんもそうでしょ?」

千早「……」

春香「……なんで何も言ってくれないの……?」

千早「……」

春香「なんで何も言ってくれないの!!」

千早「……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:02:29.02 ID:gt2bjWFO0

春香「なんで何も言ってくれないの……」

千早「……」

春香「なんで何も言ってくれないのよう……」

千早「……」

春香「なんで……」

千早「……(大変なことになってしまってる)」

春香「……」

千早「……(困った)」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:07:23.52 ID:gt2bjWFO0

千早「……(ちょっと愛を確かめようと……)」

春香「……千早ちゃん……私のこと、嫌いなの?」

千早「……(そ、そんなわけ……)」

春香「……そうだよね、どうせ私なんて……」

千早「……」

春香「なら最初から、そう言ってくれればいいのに……」

千早「……」

春香「ち、千早ちゃん、ほ、ほんとうにさ……」

千早「……」

春香「い、いじわる……だよね……」

千早「……」

春香「わ……わたし……ずっと……両思いだと……でも……」

千早「……」

春香「わたし……なんて……やっぱり……」

千早「……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:08:20.71 ID:gt2bjWFO0

春香「……」

千早「……」

春香「……」 

千早「は、はるか……」

春香「……え?」

千早「あの……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:15:30.21 ID:gt2bjWFO0

春香「今、喋った?」

千早「あ、あの……」

春香「喋った!千早ちゃん喋った!なんだ、千早ちゃん怒ってなかったの!?なんだ、そうならそうと早く言ってくれないと!
千早ちゃんにね、今日はね、美味しいね、料理を作ろうと思ってたのよ!それでね、千早ちゃんの口にね、
合わなかったら嫌だなあって思ってたんだけど、多分千早ちゃんなら気に入ってくれる思うし、
でも、千早ちゃんやっぱり、怒ってなかったんだね!そう思ってたの!
千早ちゃんはね、いつも優しいしね、もし私をね、愛してくれなくてもね、
それでもね、優しいから、コウイウことしないと思ってたの!
私を苦しめるようなね、ことはね、千早ちゃんらしくないなあって、ね、私ね、千早ちゃんのこと信じてたのよ!それでね、やっはぱりそうだったあって思うと、
やっぱり千早ちゃんだあって思ってね、それでね、でもね、千早ちゃんは、ほんとにね、私のこと嫌いなの?嫌い?それでもね、、私はね、千早ちゃんがこの世界で一番好きなんだよ!
千早ちゃんは一番かわいいし、千早ちゃんは本当に優しいもん!千早ちゃんは本当にいいこだし、
私はね、もしね、千早ちゃんがね、私のことそんなに好きじゃなくてもね、
千早ちゃんはね、本当は私のことを好きなんだなって思うよ!
千早ちゃんは、だって、歌とか歌っても私のことばっかり思ってるしね、
私のことを思った歌ばっかりでしょ?リトルマッチガールを聞いた時はね、千早ちゃんこんなに私のこと思ってくれてたんだって、
感動しちゃったな!やっぱりああいう歌を歌えるだけね、わたしを思ってくれてるのならね、やっぱり私のこと好きなんだなあって思うんだ!
千早ちゃんのね、本心っていうのはそう思うの!それで、昨日の夜ね、千早ちゃんにね、何かできないかなって思ってね、
それでね、何ができるだろうって思ったらね、料理を作ればいいんじゃないかなっていうふうに思ってね、」

千早「……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:20:39.04 ID:gt2bjWFO0

春香「――ね、千早ちゃんもそう思うでしょ!?」

千早「あ、あの、春香……」

春香「あ、言わなくていいよ、全部わかってる!全部わかってるよ!」

千早「いや、あの、そうではなくて……」

春香「大丈夫!千早ちゃんは何も心配しなくてもいいの!」

千早「……」

春香「じゃあ、わたし、料理作ってくるからね!」

千早「あ、あの……」

千早「……」

千早「春香……」

千早「あんなに思い悩んでたのね……」

千早「……」

千早「これも全部……私が悪いのだわ……」

千早「……私が……春香を愛する気持ちが足りないから……」

千早「それで春香があんなに不安になって……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:23:12.26 ID:gt2bjWFO0

千早「……決めたわ……」

千早「……私が春香への思いを書き残して……死んで……」

千早「……そうしたら……私が春香を愛してるってわかってもらえる……」

千早「そうして春香は幸せになって、私もそれなら幸せだわ……」

千早「カッターナイフなら……デザイン用の……確か部屋の机の中に……」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:25:47.58 ID:gt2bjWFO0

千早「あった……」

千早「ああ、春香……」

千早「私が手首を切るたびに……」

千早「いつも側にいて、慰めてくれる春香……」

千早「今思えば、そんな時に、春香は辛い思いをしてくれていたの……」

千早「私のために……」

千早「春香……私は幸せだったわ……」

千早「今度こそきちんと死んで、春香を幸せにするの……」

千早「じゃあ……さよなら……」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:28:29.30 ID:gt2bjWFO0

千早「あら、そういえば、書くのを忘れてたわ」

千早「何か書き残して…そうしないと、不安になっちゃうわよね」

千早「そうしないと……」

千早「いや、そういうことが良くないのだわ……」

千早「そういうところで私は春香のことを苦しめてしまうの……」

千早「春香は分かってくれるはずだわ……」

千早「私が……どういう気持ちで死んだのかを……」

千早「そして悲しんでくれるわ……」

千早「私はそれだけで幸せなのよ……」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:31:45.21 ID:gt2bjWFO0

千早「……」

千早「……春香……さよなら……」

千早「……」

千早「……ああっ!」

千早「ああっ!痛い、痛いわ春香!」

千早「痛い、痛い、痛い!!」

千早「春香!助けて、助けて、助けて!春香ぁ!助けて!助けて春香ぁ!」

千早「春香、死んでしまうわ!血、血、血が出てるの!春香!春香!春香ぁ!」

春香「ど、どうしたの千早ちゃん!あっ!千早ちゃんまた…!」 

千早「春香、春香、ごめんなさい、ごめんなさい、私、私が悪いの!私が死んで、それが、一番いいのだわ!」

春香「そんなこと言っちゃダメ!千早ちゃんがいないと、私、私!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:33:48.93 ID:gt2bjWFO0

千早「春香、ごめんなさい、春香、春香!」

春香「大丈夫、大丈夫!大丈夫だから!落ち着いて!落ち着いて、私がそばにいる、私がそばにいるから!」

千早「春香、春香、そばにいてくれる?春香、ずっと、ずっとそばにいてくれる?」

春香「ずっとそばにいるよ!そばで支えてあげるから!大丈夫!心配しないで!今包帯持ってきてあげるから!」

千早「春香、ありがとう!春香、春香、ごめんね、春香……」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:38:11.04 ID:gt2bjWFO0

千早「……」

千早「……春香、ずっとそばにいてくれるって……」

千早「……うれしい、春香……」

千早「やっぱり私には春香が必要なんだわ」

千早「春香はいつでも私のそばにいてくれる……」

千早「春香……」

春香「千早ちゃん、大丈夫?」

千早「大丈夫よ、私なら、春香、ごめんなさい」

春香「大丈夫だよ、私が悪かったの」

千早「いえ、春香が悪いだなんて……私、ずっと春香と生きるのだわ……」

春香「うん、そうだよ、千早ちゃん、ずっと一緒なんだよ」

千早「そうよね……春香、ありがとう……」

春香「うん、大丈夫、大丈夫だからね?千早ちゃん、じゃあ、今日は寝ようか!もう大丈夫だから!」

千早「でも、料理……春香の……」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:40:01.18 ID:gt2bjWFO0

春香「あれは明日食べればいいでしょ?一緒に食べようよ!」

千早「そうね、明日…………春香、寝るとき、そばにいてくれる?」

春香「もちろんだよ!約束したでしょ?私、ずっとそばにいるよ」

千早「そうよね、ありがとう、私達、ずっと一緒よね」

春香「そうだよ、一緒に寝よう、千早ちゃん!」

千早「春香、ありがとう、ありがとう……」

千早「……」

春香「……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:43:18.14 ID:gt2bjWFO0

春香「……ふふ、千早ちゃん、かわいいな」

春香「千早ちゃん……でも、また、手首切っちゃったんだね……」

春香「千早ちゃん、痛かったよね、痛かった……可哀想……千早ちゃん……千早ちゃん……私のせいで……痛いのに……」

春香「千早ちゃん……もう切っちゃダメだよって、約束したのに……また切っちゃって……」

春香「私のこと……信頼してないのかな……私の……私のことなんて……」

春香「……」

春香「……私なんて、生きてる価値ないんだわ……」 

春香「私のせいで……千早ちゃんも辛い思いをする……私なんて……」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:48:06.58 ID:gt2bjWFO0

春香「千早ちゃん、私、ダメな娘だよね……」

春香「私、なんにもしてあげられない」

春香「そばにいてあげる、だなんていって、私は千早ちゃんのことを苦しめるだけの悪い人間だよ……」

春香「私がいなければ……今頃……千早ちゃん……」

春香「幸せな暮らしを送ってたのかな……」

春香「いつでも笑っていられて……明るくて……手首を切ったリしないで……みんなと楽しくおしゃべりして……」 

春香「どうして私じゃだめなの……?私も千早ちゃんと楽しくおしゃべりして、幸せに暮らしたいの!なのに、千早ちゃんは手首を切って!私を苦しめようとするの!?私も幸せに暮らしたいの!ニコニコ平和に暮らしたいの!なのに!なんで……」

千早「春香……?」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:51:04.89 ID:gt2bjWFO0

春香「ああ、千早ちゃん、千早ちゃん、起きちゃったの?ごめんね、ごめん、ごめんね……私が悪いの……」

千早「春香……自分を苦しめないで……春香……私は……私は春香がいないと……」

春香「わかってる、わかってるよ千早ちゃん、ごめん、ごめんね、千早ちゃん、千早ちゃんは幸せに……千早ちゃんは眠っていていいからね」

千早「春香……」 

春香「……」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:51:36.49 ID:gt2bjWFO0

おしまい


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:56:23.45 ID:gt2bjWFO0

はるちはかわいい!



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿