TOP > 月刊少女野崎くん > 佐倉「おはよう野崎くん!!」野崎「やっと来たかい野崎ガール」

佐倉「おはよう野崎くん!!」野崎「やっと来たかい野崎ガール」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:04:49.28 ID:uKDhq5dq0

野崎「お前とこうして学校で会える日を待ちわびたぞ」

佐倉「うん! 私もだよ!!」

野崎「所で今日は……アシスタントしに来てくれるか?」

佐倉「ベタ? 勿論行くよ!!」

野崎「そうか……助かる」

野崎「そして俺の……人生のアシスタントもしてくれると助かるんだがな」

佐倉「はい!! 喜んで!!///」

キーンコーンカーンコーン

野崎「別れを告げるベル……」

佐倉「……あっ!! チャイム鳴ったからもう行くね!!」

野崎「ああ」


2: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:05:39.76 ID:uKDhq5dq0

昼休み

御子柴「……」スタスタ

女「キャーー御子柴くんよーーー!!」

女「御子柴くん、今日もかっこいいーーー!!」

女「私と遊んでーーー!!!」

御子柴「俺と遊んで……どうなっても知らねえぞ?」

御子柴「遊ぶってのは……そういうことだぜ? 子羊ちゃん☆」

女「キャーーーー!!!」

御子柴「……///」

野崎「フッ……赤面するとは……甘いなブラザー」

御子柴「いつから俺はお前の兄弟になったんだよ」


3: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:06:08.53 ID:uKDhq5dq0

野崎「見てな……お手本を見せてやる」

御子柴「お手本……?」

女「御子柴くん素敵ーーーー!!!」

野崎「……お前達!!」

女「……?」

野崎「俺は知ってるんだぜ……お前達は本当は俺が好きだってことを……」

野崎「本当は俺に好きって言うのが恥ずかしくて……御子柴のことを好きって言ってるんだろ?」

野崎「素直になれよ……野崎ガールズ」

ガン!! ゴン!! バキ!!

女「行こ行こ」

女「そうねー」

野崎「」ピクピクッ

御子柴「……大丈夫か野崎?」

野崎「……これが所謂ツンデレってやつか」

御子柴「ちげえよ」


4: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:06:43.94 ID:uKDhq5dq0

御子柴「……つーかお前、今日もそのクソイタいタンクトップ着てるのかよ」

野崎「ふっ……嫉妬か?」

御子柴「ちげえよ!!」

佐倉「野崎くん!! ケガしてるけど大丈夫!?」

野崎「佐倉……俺は大丈夫だ」

佐倉「……!! 野崎くん、今日もそのタンクトップ着てるんだね!! かっこいい!!」

御子柴「いや、かっこよくはねぇだろ……」

野崎「佐倉……お前だけだぜ、素直なのは」

佐倉「えへへ〜///」

御子柴「……佐倉」

佐倉「なにみこりん?」

御子柴「……野崎といるより俺といる方が退屈しないぜ☆」

佐倉「……」

御子柴「なんか言えよ!!」


5: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:07:13.67 ID:uKDhq5dq0

御子柴「自分でこんな事言いたくねぇけどよ!! 俺の台詞も野崎の台詞も似たようなもんだろ!!」

佐倉「ち、違うよ!! 野崎くんの台詞の方がかっこいいもん!!」

野崎「……野崎梅太郎は常に完璧を求める」スチャッ

御子柴「うるせえよ!!」

佐倉「野崎くんサングラスVer.!! かっこいい!!///」

野崎「フッ……サンキュー」

御子柴(こいつは野崎のどこに惚れたんだよ……)


6: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:07:46.06 ID:uKDhq5dq0

野崎のマンション

野崎「じゃあここにベタを」

佐倉「うん!!」

野崎「御子柴はここに花を」

御子柴「おう」

御子柴「さてと……俺の花で鈴木をかっこよくさせてやるか」

御子柴「……」チラッ

野崎「……なんだ御子柴?」

御子柴「……鏡見てねえで漫画描けよ」

野崎「……!! すまない、つい自分が魅力的でな」

佐倉「うんうん!! 野崎くんはかっこいいもん!! しょうがないよね!!」

野崎「……ギターでも弾くか」

佐倉「いいね!!」

御子柴「……勝手にやってろよ」


7: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:08:17.12 ID:uKDhq5dq0

別の日

野崎「zzz……」

野崎「……!!!」

鹿島「久しぶりだね野崎……なんで君が私に監禁されてるか分かる?」

野崎「……」

野崎→真由(ああこれ、兄さんと間違えてるパターンだ)

真由(なんでそんな似てないのに間違うんだろう……)

真由(否定したいけど……喋るのも面倒くさいからいいや)

ギュイイイイイイン!!!

鹿島「さあ……覚悟して!!」

ギュイイイイイイン!!!

真由「」バタッ

END












鹿島「いやいやいや!! ENDじゃなくて!! 君、私の探し求めてる野崎じゃないよね!? なんで違うって言わないの!?」

真由「いや……喋るの面倒くさいし」


8: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:08:50.06 ID:uKDhq5dq0

野崎「……」

野崎「……はっ!!!」

野崎「な、何故俺は監禁されてるんだ!?」

鹿島「久しぶりだね野崎……」

野崎「鹿島……? 何故俺にこんな事を!?」

鹿島「私の台本に鳥の糞が挟んであった所為で堀先輩に怒られて……私は主役を降ろされた!!」

鹿島「その恨み……今こそ晴らす!!!」

野崎「……あれやれって言ったの瀬尾なんだが」

鹿島「!?」


9: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:09:39.74 ID:uKDhq5dq0

瀬尾「……」

瀬尾「……!!」

鹿島「先生……私の台本に糞をつけた罪……償ってもらうよ!!」

瀬尾「……鹿島くん」

鹿島「……何?」

瀬尾→遼介「……俺、遼介だぞ?」

鹿島「……」

遼介「……」

ギュイイイイイイン!!!

遼介「いや!! 『ギュイイイイイイン』じゃなくて!! 双子や六つ子で間違えるのは分かるけど!! 俺と結月全然似てねえだろ!!」

ギュイイイイイイン!!!

遼介「おい!! ちょっと待て!! 止めろ!! 待てって……あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ!!」


11: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:10:08.27 ID:uKDhq5dq0

野崎「都さん……またタヌキ描かされたんですか?」

都「そうなの……しかも野球をしてる……」

野崎「前野さんと話すと……どっと疲れませんか?」

都「うーん……私はそこまで気にしないけど……」

都「確かこの間は……」














前野『ドゥゥゥゥゥゥぅぅぅぅン!!! 都さんこんにちはーーーーーーー!!!!』

都『こ、こんにちは前野さん』

前野『ここにタヌキ!! ここにもタヌキ!! あ!! ここには野球してるタヌキ!!!』

都『は、はい……所でこの展開なんですけど……これで大丈夫ですか?』

前野『マッスルマッスル!! ハッスルハッスル!!!』

都『は、はい……』













都「……て感じだったわ」

野崎(担当が剣さんになってくれて本当に良かった……)


12: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:10:45.09 ID:uKDhq5dq0

別の日

野崎「……テレビでも見るか」ピッ

『あっという間にイケメンに!! しかもモテモテ!』

野崎「!!」

『松野崎汁、好評発売中!!!』

野崎「……」


13: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:11:16.33 ID:uKDhq5dq0

次の日

女「御子柴くんおはよーーーー!!!」

御子柴「……おいおい、気安く話しかけるんじゃねえよ」

女「キャーーーー!!!///」

野崎「ギャーギャーギャーギャーうるせえんだよ!!!」

一同「!!?」

野崎「どけよブス共、邪魔だ」

御子柴「お、お前……野崎か?」

野崎「あぁ? お前の目、腐ってんじゃねえのか? どう見ても野崎だろ」

御子柴「いや、俺の知ってる野崎じゃねえよ!!!」

女「キャーーーー!! 野崎くんかっこいいーーーー!!!」

御子柴「!!!!」

野崎「俺に纏わりつくんじゃねえよ女共!!」

女「ありがとうございまーーーす!!!///」

御子柴「……」

女「ちょっと!! あんた邪魔よ!!」ガン!!

御子柴「うおっ!?」


14: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:11:49.26 ID:uKDhq5dq0

鹿島「御子柴……野崎どうしたの? 私の近くにいた女の子みんな野崎の方に行っちゃったんだけど……」

御子柴「俺にも分かんねえよ……」

御子柴「けどあんなにイケメンになったら……佐倉も喜ぶだろうな」

佐倉「うわあああああああん!!!」

御子柴「な、なんで泣いてるんだよ!!?」

佐倉「野崎くんがかっこよくなった所為でライバルが増えたああああああ!!!」

御子柴・鹿島「」


15: ◆LYNKFR8PTk 2016/04/05(火) 21:12:23.73 ID:uKDhq5dq0

野崎「行きますよ」

前野「はいっ!!」

ジャーン……

野崎「漫画家になったよ〜」

前野「アイアイ!!」

野崎「少年漫画家じゃなくて〜」

前野「少女漫画家〜」

野崎「漫画家になったよ〜」

前野「ウィー!!!」

野崎「打ち切りのことは〜」

前野「考えたくない〜」

野崎「漫画家になったよ〜」

前野「ぽーん……」

野崎「アシスタントは〜」

野崎・前野「野郎三人で〜」

野崎「ま〜ん〜が〜か〜にな〜った〜」

前野「ま〜ん〜が〜か〜にな〜った〜」

野崎・前野「漫画家になったよ〜」

佐倉「なんで……」

野崎「!!」

佐倉「なんでアシスタントの部分で私を入れてないの!!」ガン!!

野崎「あっちょ……あああああああ!!!」

前野「夢野さあああああああん!!!」

終わり



『月刊少女野崎くん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿