TOP > アイドルマスター > P「ん?誰の紙袋だ、これ・・・?」

P「ん?誰の紙袋だ、これ・・・?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 22:52:37.08 ID:YEd2U+1jO

P「メモも何もついてない・・・」

P「見たところ普通の紙袋だな・・・」

P「・・・」

P「よ、よし!中を見てみよう!なにかヒントがあるかもしれないし」

P「どれどれ」ゴソゴソ



【Pのぬいぐるみ】

P「」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 22:58:31.06 ID:YEd2U+1jO

P「なんだこれ・・・」

P「俺そっくりのぬいぐるみ・・・」

P「どこで買ったんだ・・・いや、これは手作りか」

P「!」

P「こ、これ」

P「なんで本物の髪の毛が使ってあるんだよ・・・!?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:03:09.68 ID:YEd2U+1jO

P「まさか俺の髪・・・」

P「い、いやでもこんな量・・・」

P「・・・」ブルブルッ

P「よく似た繊維だ。きっとそうだ。そうしよう」

P「・・・でも肝心の持ち主が」

ピリリリ ピリリリ

P「!」ビクッ

P「だ、誰だ」

P「・・・もしもし?」

???『もしもし?』


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:12:04.47 ID:YEd2U+1jO

P「どうした?春香」

春香『ちょっと忘れ物しちゃって・・・』

P「!」

春香『紙袋なんですけど・・・』

P(まさか・・・持ち主は春香なのか?いやしかし春香は器用だしな・・・)

春香『アレがないと困るんです・・・』

P「ご、ごめん!今もう家なんだ」

春香『・・・そうですか。ありがとうございます』

ガチャ ツーツー

P「・・・すまん春香」

P「逃げよう」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:15:19.44 ID:YEd2U+1jO

次の日


P(結局昨日はそのまま帰り)

P(翌朝には紙袋はなくなっていた)

P(やはり春香が・・・)

春香「おはようございます、プロデューサーさん」

P「うおっ」ビクッ

春香「のヮの?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:18:20.97 ID:YEd2U+1jO

P「お、おはよう春香」

春香「どうしたんですか?」

P「い、いや、なんでも。それより昨日の・・・」

春香「あ、紙袋ですか!見つかりましたよ!」

P「そ、そうかははははは」

ガチャ

やよい「うっうー!おはようございますー!」

P「おはようやよい」

春香「おはよう」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:21:53.40 ID:YEd2U+1jO

やよい「ふっふっふ~」

P「?」

春香「どうしたの、やよい?」

やよい「じゃーん!プロデューサーにプレゼントですぅー!」

春香「!」

P「おお、手袋か。ちょうど破れて困ってたんだ」

やよい「つけてみてくださーい!」

P「うん、あったかい。ありがとな、やよい」

やよい「うっうー!」

春香「・・・」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:26:05.51 ID:YEd2U+1jO

同日夜


P「ふう、今日も疲れた・・・ん?」

P「昨日の紙袋・・・」

P「・・・」

P「まあ、違う可能性もあるし一応」ゴソゴソ

P「・・・やっぱり俺のぬいぐる」

P「!?」

P「な・・・」



P「手の部分に大量の針が刺さってる・・・!?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:30:13.54 ID:YEd2U+1jO

P「ぬいぐるみの両手が針山に・・・」

P「なんでこんなこと・・・」

P「! まさか」

P「やよいに手袋をもらったからか・・・!?」

P「・・・あの場には春香もいたな」

P「ということは、やっぱり・・・」

あずさ「何が『やっぱり』なんですか?」

P「!?」ビクッ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:33:36.83 ID:YEd2U+1jO

P「い、いつの間に」

あずさ「今ですよ~?」

P(気付かなかった)

あずさ「あら?それはなんですか~?」

P「! い、いえ!なんでも!」

あずさ「へえ・・・」

P(目がこわい)



あずさ「それ、私のなんです~」

P「!?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:37:16.95 ID:YEd2U+1jO

あずさ「なーんて言ったらどうします?」

P「えっ」

あずさ「ふふふ。プロデューサーさんかわいい」

P「も、もうおどかさないでくださいよ」

あずさ「ごめんなさい~」

P「は、ははははは」

あずさ「じゃあ私は帰りますね~」

ガチャ バタン

P「・・・」

P「こえーよあの人」

P「・・・帰ろ」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:43:02.37 ID:YEd2U+1jO

次の日


P(しかし・・・)

P(ぬいぐるみの持ち主が春香だとしたら・・・俺はどうするのが正解なのだろうか)

P(うーむ)

春香「ぷ、プロデューサーさん!」

P「お、おう春香。どうした?」

春香「お菓子を作ったんで食べてください!それじゃ!」

タッタッタッ

P「春香のお菓子か・・・」

伊織「食べないの?」

P「ひっ、いたのか」ビクッ

伊織「失礼ね」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:48:23.67 ID:YEd2U+1jO

P「た、食べるよ」

伊織「・・・食べるんだ」

P「」ビクッ

伊織「どうしたの?」ニコニコ

P「今一瞬・・・いやなんでもない」

P(この子もこえええ)

伊織「」ニコニコ

P「・・・クッキーか。いただきます」

伊織「・・・おいしい?」

P「うん、うまい」

伊織「・・・」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:50:57.47 ID:YEd2U+1jO

同日夜


P「・・・またか」

P「わざとなのか春香」ゴソゴソ

P「俺のぬいぐるみ・・・」

P「!?」



P「今度は、口と腹に針山が・・・」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:52:58.19 ID:YEd2U+1jO

P「どういうことだ・・・」

P「持ち主は春香じゃなかったのか・・・!?」

P「・・・」

P「わけがわからん・・・」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/04(水) 23:57:51.41 ID:YEd2U+1jO

次の日


貴音「・・・貴方様」

P「ん?どうした貴音」

貴音「これを・・・」

P「!」

貴音「私からのぷれぜんとです」

P「へぇー。開けてもいいか?」

貴音「はい」

P「お、ベルトか」

貴音「この前『新しいのがほしい』とおっしゃっていましたので・・・」

P「よく覚えてたな。ありがとう」

あずさ「・・・」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:01:32.42 ID:tj11ydlRO

同日夜


P「はぁ・・・またか」

P「・・・」

P「どうせ今度は腰まわりが針山なんだろ?」

P「・・・」ゴソゴソ

P「ほら、やっぱ・・・り?」



P「釘かよ・・・」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:08:53.56 ID:tj11ydlRO

次の日


P(犯人がわからん・・・)

P(いくらぬいぐるみとは言えいい気はしないぞ・・・)

美希「ハニー?どうしたの?」

P「いや、ちょっとな。ははは」

P(アイドルには相談できないよなぁ)

美希「ふーん・・・・・・ちょっとハニー」

P「ん?」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:12:07.53 ID:tj11ydlRO

美希「髪がボサボサだよ?」

P「あ・・・そういや最近切ってないな」

美希「だらしないの。美希がここで切ってあげるの」

P「は、はあ?」

美希「いいからいいから」

P「お、おい」



雪歩「・・・」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:17:37.80 ID:tj11ydlRO

美希「できたの」

P「普通に切るのうまいな・・・」

美希「でしょ?」

P「見直した」

美希「ふふっ」

雪歩「髪の毛片付けておきますね」

P「ああ、ありがとう」

雪歩「ふふっ」

響「ぷ、プロデューサー!」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:23:27.52 ID:tj11ydlRO

P「おはよう響。どうした?」

響「あ、あの!これ!」

P「ん?何かくれるのか?」

響「て、手作りだから!大事にしてくれ!」

P「へえ・・・手編みのマフラーか。赤は好きだから大事にするよ」

響「ほ、本当か!」

美希「・・・」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:26:33.48 ID:tj11ydlRO

同日夜


ガチャ

P「ふう・・・げ」

P「またか・・・」

P「今日は・・・」ゴソゴソ

P「!?」ゾクッ




P「首がもがれてる・・・」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:32:16.58 ID:tj11ydlRO

P「なんなんだよ・・・」

P「犯人は俺をどうしたいんだよ!?」

P「くそっ・・・」

P「・・・ん?」

P「待てよ・・・」

P「そういやあのとき・・・」

P「・・・よし。直接対決だ」



送信先???
本文

明日19:00に事務所に来てくれ


???「・・・」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:39:39.48 ID:tj11ydlRO

次の日 19:00


???「はぁ、はぁ」タッタッタッ

???「一体なんの話なんだろ」

???「まさか・・・告白・・・」

???「・・・ふふ」

ガチャ

P「おお、よく来たな」

???「・・・」



P「雪歩」

雪歩「こんばんは」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:45:05.23 ID:tj11ydlRO

雪歩「どうしたんですか?こんな時間に」

P「いや・・・ちょっと雪歩に話たいことが」

雪歩「!!」

P「2人じゃないと言えないからな」

雪歩「ちょ、ちょっと待ってください!心の準備が」

P「その反応・・・やっぱりそうか」

雪歩「!?」

P「雪歩」

雪歩「ま、待っ」



P「昨日、俺の髪の毛を持って帰っただろ?」

雪歩「は、はい!こちらこ・・・・・・・・・はい?」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:49:36.56 ID:tj11ydlRO

P「図星だろ?」

雪歩「たしかに持って帰りましたけど・・・なんでそんな話を?」

P「え?その髪を使って俺のぬいぐるみを」

雪歩「さすがにしませんよ、そんなこと・・・」

P(あれれー?)

雪歩「・・・話はそれだけですか?」

P「あ、うんそうなんだけどさ」

雪歩「・・・帰ります。お疲れ様でした」

ガチャ バタン

P「・・・違ったのか?」

P「じゃあ誰だ・・・?」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:54:17.80 ID:tj11ydlRO

P宅


P「結局雪歩じゃないっぽいし」

P「一体誰なんだ・・・」

ピンポーン

P「!」

P「誰だ・・・?」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 00:57:53.52 ID:tj11ydlRO

P「はーい」

宅配業者「宅配便でーす」

P「はい」

ガチャ

P「・・・でかい箱ですね」

宅配業者「サインかハンコお願いしまーす」

P「はい」

宅配業者「まいどー。中まで運びましょうか?」

P「いや、いいです」

宅配業者「わかりましたー」

ガチャ バタン

P「・・・」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:02:32.67 ID:tj11ydlRO

P「送り主765プロ・・・」

P「嫌な予感しかしない・・・」

ゴソゴソ

P「・・・なんだこれ」

P「ミニチュアの家・・・?」

P「・・・でかいなこれ」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:06:37.04 ID:tj11ydlRO

P「・・・」

P「まさかとは思うが・・・」

P「これも犯人の仕業か・・・?」

P「・・・ん?」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:08:53.42 ID:tj11ydlRO

P「この家、屋根が取り外せるのか・・・」

P「・・・」

P「さすがに人が入れる大きさじゃないよな・・・」

P「・・・」パカッ

P「!」


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:13:53.06 ID:tj11ydlRO

P「お、俺のぬいぐるみか・・・びっくりさせやがって」

P「・・・」

P「そういえば、首が直ってるな・・・」

P「・・・ん?」

P「ぬいぐるみの首に何か・・・」

P「これは・・・」

P「赤い・・・マフ」


ガツンッ


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:20:22.66 ID:tj11ydlRO

「・・・プロデューサー」

「あのとき・・・」

「ぬいぐるみにマフラーをつけてる途中で帰ってきたから・・・」

「あんな状態になっちゃったんだぞ」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:25:18.30 ID:tj11ydlRO

響「でも、うまくできてよかったさー」

P「」

響「ぬいぐるみも男前だなー。本人には負けるけど」

響「あ」

響「忘れてた忘れてた」ゴソゴソ

響「・・・」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:28:47.21 ID:tj11ydlRO

響「プロデューサーのぬいぐるみと・・・」チクチク

響「自分のぬいぐるみの手を縫い付けて・・・」チクチク

チクチク

響「はい完成!どう?プロデューサー?」

響「完璧だなんて、そんな///照れるぞ!」

響「で、2人をお家に入れれば・・・はい、完成!」

響「ふふふ」



響「これからは、こんなふうに暮らすんだよ。ずっと」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:33:18.48 ID:tj11ydlRO

数日後


春香「響ちゃん!新しい家族が増えたんだって?」

響「そうだぞ!」

雪歩「か、かわいい?」

響「かわいいし、かっこいいぞ!」

雪歩「こ、こわそう・・・」

春香「ねえ!今度見に行ってもいい?」

響「あー。春香たちだと襲われちゃうかもなー」

ガチャ

P「・・・おはよう」

雪歩「おはようございますぅ」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:37:13.14 ID:tj11ydlRO

P「・・・なんの話?」

春香「響ちゃんの新しいペットの話です」

P「」ビクッ

響「ペットじゃなくて家族さー」

春香「ごめんごめん」

P「・・・」

響「プロデューサーも、見に来る?」

雪歩「プロデューサーが一緒なら私も・・・」

P「ごめんな雪歩。俺はちょっと見れないんだ」

春香「残念」

響「ふふっ」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:40:38.66 ID:tj11ydlRO

響の家


響「ペットだなんて、ひどいよなー」

P「響」

響「ん?」

P「俺はいつになったら帰してもらえるんだ」

響「帰す?プロデューサーの家はここだよ?」

P「だから」

響「・・・」

P「」ビクッ

響「へえーそんなこと言うんだー」

P「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」ガタガタ


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:43:26.64 ID:tj11ydlRO

響「プロデューサーは、ここで幸せに過ごすんだよ?」

響「このまま、ずっと」




響「あのぬいぐるみみたいにね」



HAPPY END


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/05(木) 01:44:49.59 ID:tj11ydlRO

以下、雪歩スレ



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿