TOP > 進撃の巨人 > エレン「ミーナ、可愛いな」

エレン「ミーナ、可愛いな」

2017/11/13 15:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:01:00 ID:aePhWpjE

続編だよ、ゲロ甘いから苦手な人注意な


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:02:03 ID:aePhWpjE

ミーナ「……っ///」

ミーナ「本当に、可愛いって思ってる?」

エレン「おう」

ミーナ「……それってさ、どういう意味?」

エレン「? 可愛いの意味か?」

ミーナ「意味って言うか、種類って言うか」

エレン「んん?」

ミーナ「うー……え、エレンがそんなことばっかり言うから、私のこと、ひょっとしたら、ひょっとしたらね?」

ミーナ「好き、なのかな? って!」

エレン「え!? い、いや、そんなこと考えたことねえけど」

ミーナ「」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:03:45 ID:aePhWpjE

エレン「あ、でもミーナが可愛いと思うのは本当だぞ!?」

ミーナ「」

エレン「ミーナ見つけたら、こう、嬉しくなるし!」

ミーナ「」

エレン「お前と話してたらこう、ワクワクするっていうか」

ミーナ「」

エレン「あ、それから前の私服のとき、可愛過ぎて一緒に過ごせてすっげー嬉しかったぞ!?」

ミーナ「う」

エレン「う?」

ミーナ「うわああああああああん!」ダッ

エレン「おい、ミーナ!?」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:04:56 ID:aePhWpjE

ミーナ「」ズーン

アニ「……何があったのさ」

ミーナ「別に……何もないよー……」

アニ「ベッドの上で布団頭から被って三角座りしてる状態で何でもない?」

ミーナ「アニ」

アニ「うん」

ミーナ「私が開拓地に戻っても、友達でいてくれるよね?」

アニ「どうしてそうなった」

ミーナ「私ね、兵士はやめちゃうけど頑張って野菜育てて、みんなに美味しい野菜を届けるね?」

アニ「目が死んでるよ、ミーナ」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:05:52 ID:aePhWpjE

ミーナ「だってさー……まさか今までのフリを全て覆す何とも思ってない発言なんだよ?」

アニ「は? 何とも思ってないって、エレンが言ったの?」

ミーナ「私がね、好きなの? って聞いたら、そんなこと考えたこともないって」

ミーナ「痛いよ、痛過ぎるよ私。すっかりエレンが私を好きだと思い込んで突っ走った私ってどれだけ滑稽に見えた?」

アニ「そ、そんなことないって。あんた頑張ってたじゃないか」

ミーナ「頑張ってオシャレして気付けてもらえなかった時点で気付くべきだったって? そうだね、確かにそうだよ」

アニ「言ってないから! 私そこまで言ってない!」

ミーナ「いいんだよ、アニ。ミカサは思ってないと言っても、エレンがミカサを思ってないなんて誰も言ってないよね、そうだよね」

アニ「一旦落ち着きなよ、ミーナ。幻聴が聞こえてるじゃないか」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:06:51 ID:aePhWpjE

ミーナ「そうだよ。エレンには大きな夢があるんだ。ちっぽけな私なんか眼中になくて当たり前じゃない」

ミーナ「ああ痛い、痛いよ私。黒歴史なんてレベルじゃないよ……」

アニ「え、えっと、ミーナ……」

ミーナ「エレンって成績良くて、まあ目はちょっと怖いときもあるけどそこそこイケメンなんだから」

ミーナ「私みたいなおさげで地味で特に取り柄もないような奴に可愛いって言うなんて、ただの社交辞令だったんだよ」

ミーナ「それを勘違いしてクリスタとか巻き込んじゃって、あーもう恥ずかし過ぎてどんな顔して訓練すればいいかわからないよぉ!」

アニ「い、いやエレンは社交辞令とか出来るタイプじゃないよ。多分本心でミーナのこと可愛いって思ってるって」

ミーナ「……でも好きとか考えたことはないんだよ」

アニ「うっ……」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:07:52 ID:aePhWpjE

ミーナ「うん、ごめんね、アニ。暗い話ばっかでつまんないよね、ちょっと今日は早く寝るね?」

アニ「ちょ、ミーナ」

ミーナ「明日には……無理かもしれないけど、すぐに元気になるから、ごめんね」

アニ「ミーナ……」

ミーナ(ああでも訓練やだな……訓練サボったら開拓地送りにならないかな?)

ミーナ(もしエレンと一緒に組んだりすることがあったら、普通に出来る自信ないし……)

ミーナ(はぁ……ほんと私馬鹿だ。エレンが私なんか好きになるわけないじゃない)グスッ

アニ(どうしよう、どうすればいいんだろう)オロオロ


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:09:18 ID:aePhWpjE

アニ「ミーナ、結局朝食には来なかった」

アニ「一回寮に戻って声かけよう」

エレン「よう、アニ」

アニ「!?」

エレン「あのさ、今日ミーナ居なかったけど体調でも悪いのか?」

アニ「……あんたが一番よくわかってるんじゃないか?」

エレン「ああ、昨日いきなり走って寮に戻ったからな」

アニ「そもそもあんたには関係ないじゃないか」

エレン「え?」

アニ「ミーナがどうだろうと、あんたが気にする資格はないよ。じゃあね」スタスタ

エレン「あ、おい……」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:10:24 ID:aePhWpjE

アニ(あの死に急ぎ野郎、ミーナに勘違いさせるようなことをまだ続けるのか)イライラ

アニ(よし、ミーナにはあいつを近付かせない。ろくにアドバイスも出来ない私が出来るのはそのくらいだし)

ミーナ「……あれ、アニ?」

アニ「今、起きたの? 遅すぎるよ」

ミーナ「あはは、ごめんね。迎えに来てくれたんだ」

アニ「別に。ルームメイトなのに放っておいたら教官にどやされるからね」

ミーナ「そうだね。じゃあ一緒に行こっか」

アニ(……目が赤い。やっぱりエレンは許せない)ギリッ


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:11:25 ID:aePhWpjE

-格闘術-

エレン「んー……?」

ライナー「どうした、エレン。サボりか?」

エレン「ちげえよ。ちょっと相手探してるんだけど、見当たらないんだ」

マルコ「アニ? そういえば、アニは見てないな」

エレン「あ、いや、アニじゃなくて……」

キース「どうした、イェーガー訓練兵。貴様にしてはサボるとは珍しいな」

エレン「え!? あ、違います!」

ライナー「申し上げます、教官。イェーガー訓練兵は我々とローテーションで組んで訓練を行なっています」

キース「基本は二人一組だ。だが、もう一人探し、四人で回すのならば許可しよう」スタスタ

エレン「あ、あぶねぇ……助かったぜ、ライナー」

ライナー「いいってことよ。ただもうあんまりウロチョロは出来ないだろうな」

エレン「そうだな。今回は諦めて訓練に集中するよ」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:13:10 ID:aePhWpjE

ミーナ「今日はやたらと端っこでやるんだね」

アニ「気のせいだよ」

ミーナ「ふふ、ありがと、アニ。でもそんなに気にしてもらわなくても大丈夫だよ」

アニ「だから気のせいだって」

ミーナ「だって、緊急用の班も法整備班も一緒なんだから、この先どうやっても同じ時間はあるしね」

アニ(……そうだった。エレンが近付いてしまうのを阻止しきれないじゃないか)

アニ(こうなったらエレンを開拓地送りにするしか)ゴゴゴゴ

ミーナ「き、気合入りすぎじゃない!? なんか殺されそうなんだけど!?」

アニ「まあちょっとイメトレも兼ねてね」スッ

ミーナ「それ普段私相手の時には絶対やらない構えだよね!?」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:14:49 ID:aePhWpjE

-立体機動訓練-

キース「今回は各々ペアを組み、訓練に当たってもらう」

エレン「……えっと、あ、居た!」

アニ「!? 行くよ、ミーナ!」バシュ

ミーナ「え? ええ!? ちょっと待ってよ!」バシュ

エレン「あ! くそ、追いかけるぞアルミン!」バシュ

アルミン「えぇ!? 僕!?」バシュ

キース「……今更説明する必要もないと思っていたが、ペアを報告もせず出発したものは点数なしだ」

104期生(何やってんだあいつら……)


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:16:15 ID:aePhWpjE

アニ「くっ、追いかけてきたか。スピード上げるよ、ミーナ」

ミーナ「は、早過ぎるって! 私、こんなに早く移動したことないのに!」

エレン「逃がすか!」

アルミン「エレン! 冷静になろうよ! 慌てなくてもチャンスは一杯あるだろ!」

エレン「いや、あいつには申し訳ないことした! すぐにでも謝りたい!」

アルミン「だからってちょっと早過ぎるよ! アニとエレンなら問題ないかもしれないけど……!」

ミーナ「アニってば!」バシュ スカッ

ミーナ「あ、やばっ!? アンカー外した……!」

アニ「!? ミーナ!」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:17:42 ID:aePhWpjE

アニ「ミーナ! ミーナ!?」

エレン「おい、大丈夫かよ!」

アニ「近付くな!」

エレン「!?」

アニ「あんたが悪いんだろ! あんたがミーナに酷いこと言うから……!」

アルミン「いや、違うよ」

エレン「あ、アルミン」

アニ「何が違うって言うんだ!」

アルミン「エレンが酷いことを言ったのは事実さ。でも今、ミーナが怪我をしたのは君のせいだよ」

アニ「!?」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:18:48 ID:aePhWpjE

アニ「ち、違う。私は……」

アルミン「出発する直前、アニがミーナを引っ張るようにしてたよね」

アニ「あ、う……」

アルミン「ミーナはここまで速度を上げれるほど、立体機動が上手かったかな?」

アルミン「少なくとも僕は、君たちについていく速度を出したらかなり怖かったよ」

エレン「おい、アルミン! 今はそんなことどうでもいいだろ、ミーナを運ぶぞ!」

アニ「あ、触るんじゃ……」

アルミン「アニ、冷静になりなよ。君の体格じゃミーナを運ぶのは厳しいはずだ」

アニ「……っ」

エレン「よし、戻るぞ」バシュ


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:20:09 ID:aePhWpjE

アルミン「気絶しちゃっただけで、大した怪我はないって」

エレン「そっか。よかった」

アニ「…………」

アルミン「ねえ、アニ。僕の大事な友達はエレンとミカサだよ」

アニ「え……?」

アルミン「もし二人が、誰かに傷つけられたら守ってあげたいって思う。だからアニの気持ちはとてもよくわかるよ」

アルミン「でもね、だからって強要したり、無理させたりなんかしたらいけない」

アニ「……そうだね。ごめん、なさい」

アルミン「それは僕じゃなくて、ミーナが起きたときに言わないとね」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:21:51 ID:aePhWpjE

エレン「いや、俺も悪いんだ。俺が追いかけたりしなかったら、アニも無茶しなかった」

アルミン「うん。エレンも反省しないとね」

アニ「いいよ。私が馬鹿だったんだ。あんたらは悪くない」

アルミン「けどそもそもエレンが悪いんでしょ?」

エレン「うっ、で、でもよ、そういうのわからなかったんだから仕方ねえだろ!?」

アニ「……え? アルミン、知ってるの?」

アルミン「うん。昨日の夜、エレンが慌てて僕の元に戻ってきてね」

アルミン「『ミーナを泣かしてしまった。俺が悪いと思うんだけど、何が悪いかわからない』って言ったんだ」

アニ「……ああ、そうだね。あんたは、そうだ、そんな奴だったよ」

エレン「わ、悪かったって思ってるよ」


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:22:58 ID:aePhWpjE

アニ「そうだよ、元を正せばあんたが悪いんだ」

エレン「手のひらを返した!?」

アニ「だから、罰として……ミーナが起きるまで看てるんだね」

エレン「え?」

アニ「ミーナが起きるまでここから動くな。動いたら承知しないよ」

アルミン「そうだね。それじゃ、僕とアニは戻ろうか」

エレン「ありがとな、アニ、アルミン」

アニ「いいよ。その代わり、私の分も謝っておいて」

エレン「それは断る。お前が謝るべきだ」

アニ「……そうだね。じゃあ、後はよろしく」


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:24:31 ID:aePhWpjE

アニ「アルミン」

アルミン「なに?」

アニ「ミーナは泣かないで済むんだよね?」

アルミン「泣くかもしれないけど、それはミーナ次第じゃないかな?」

アニ「はぁ!? さっきの言い方からしたら、エレンはミーナのこと、その、好きなんじゃ……」

アルミン「うん。だから、嬉し泣きはするかもね?」

アニ「……あんた、そんなに意地の悪い奴だったんだ」

アルミン「あはは。ちょっとお返しだよ。さっきの立体機動、本当にヒヤヒヤしたんだから」

アニ「改めて謝るよ、ごめん」

アルミン「いいよ。でもアニが冷静さを失うなんて珍しいね」

アニ「そうかな、そうかもね。心の底から友達だって言える奴、ミーナが初めてだから、かな」


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:25:51 ID:aePhWpjE

ミーナ「……ん?」

エレン「お、ミーナ。目が覚めたか?」

ミーナ「ふぁ? エレ……んん!?」

エレン「幸いどこにも目立った怪我はないってよ。意識はどうだ? しっかりしてるか?」

ミーナ「だ、大丈夫! 全然大丈夫だよ!」

エレン「ならよかった。悪かったな、俺が急に追い掛け回したせいで」

ミーナ「そんな、エレンのせいじゃないよ。アニ……じゃないね、私が悪いんだ。アニに心配かけてばっかりだもん」

ミーナ「私が明るく振舞えばよかった。アニってああ見えて優しいから、ついつい甘えちゃうんだよね」

ミーナ「アニが心配してくれて、それが嬉しくて強く言えなかったんだよ。だから、これは全部私のせい」

エレン「ミーナとアニ、親友なんだな」

ミーナ「当たり前じゃない。私はアニの一番の友達だよ!」


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:27:12 ID:aePhWpjE

エレン「そっか。なら心配なさそうだな」

ミーナ「え?」

エレン「いや、何でもねえよ。あー……それで、だな。昨日のこと、何だけどさ」

ミーナ「あ……うん……」

エレン「俺、いきなり好きか聞かれて、すげーびっくりしてさ」

エレン「女子を好きになったこととかなくてわかんなくて」

エレン「あの後ミーナに言ったことあるだろ? あれ、全部アルミンに言ったら『それが好きってことだよ』って言われちゃってさ」

ミーナ「……あの後?」

エレン「おう。好きとか考えたことないって言った後」

ミーナ「……えっと、何か言ってたの?」

エレン「えっ」

ミーナ「えっ」


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:30:12 ID:aePhWpjE

エレン「……ってことを、言ったんだけど」

ミーナ「」

ミーナ(私がちゃんと聞いてたら、こんなことになってなかったんじゃ……)

エレン「えっと、ミーナ」

ミーナ「はい!?」

エレン「俺、お前のこと、好きみたいだ」

ミーナ「あ、は、はい!///」

エレン「えっと、うん、それ、だけ///」

ミーナ「……それだけ!?」

エレン「今は、それだけだ」

ミーナ「今は?」


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:31:30 ID:aePhWpjE

エレン「俺、死に急ぎ野郎って言われてるだろ?」

エレン「まあ何が悪いって、調査兵団に入って壁外調査をしたい、巨人を駆逐する、なんて言ってるからだ」

エレン「それは曲げられないし、曲げるつもりもないから、死に急ぎ野郎って言われるのはかまわねえ」

エレン「だけどな、そんなことを言う俺がお前に、恋人になってください、なんて言えねえよ」

エレン「いつ死ぬかわからないのに、恋人とかそんなの作る勇気なんかない。万が一があったとき、悲しませちゃうだろ?」

エレン「だから、今は言えない。けど好きなのは知っておいて欲しい……俺の我侭だな、ごめん」

ミーナ「エレン……」

エレン「俺、必ず巨人を駆逐するから。そうしたら、そのときは必ず言うよ」

ミーナ「……待ちくたびれちゃって、他の人好きになっちゃうかも?」

エレン「それは……悔しいけど諦めるよ」

ミーナ「んー、駄目だね、エレンは」


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:32:56 ID:aePhWpjE

ミーナ「女の子ってね、まあ人に寄るんだろうけど、俺について来い! って感じの人が好きな子もいるんだよ?」

エレン「だからって俺と一緒に調査兵団に来てくれ、なんて言えるわけないだろ」

ミーナ「そうだね。でも、私は貴方の夢を応援する、したいと思う。それに何よりも、人類は巨人に勝たないといけないと思う」

ミーナ「だから私は調査兵団に入るつもりだよ? これはエレンに夢の話されるより前に考えてたことね」

ミーナ「つまり、エレンの心配は杞憂に終わるわけです!」

エレン「なんか、言ってること無茶苦茶じゃねえか?」

ミーナ「ああ、もう! ほんと鈍いなエレン!」

エレン「に、鈍くねえよ!」

ミーナ「私は、貴方が好きで、恋人になりたいんです! この先、命の危険が一杯あるだろうけど、死ぬ最後の一瞬まで、貴方の側に居たいんです!」

ミーナ「馬鹿みたいなこと言ってるって思われるかもしれないけど、今、この瞬間のこの気持ちを大切にしたいんです!」

ミーナ「駄目ですか!?」


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:34:41 ID:aePhWpjE

エレン「……ははは」

ミーナ「な、何で笑うの!? 笑うとこじゃないでしょ!?」

エレン「いや、何で敬語なんだよ」

ミーナ「わからないよ! 正直自分が何口走ってるのかもわからないくらい混乱してます!」

エレン「そっか。本当にミーナは可愛いな」

ミーナ「あぅ……///」

エレン「じゃあミーナ、改めて言わせてくれ」

エレン「俺はお前のことが好きだ。俺の恋人になってくれないか?」

ミーナ「……はい、喜んで!」


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:36:10 ID:aePhWpjE

ミーナ「あ、おーい、アニ!」

アニ「ミーナ、起きたんだ」

ミーナ「うん。何ともないよ、平気平気!」

アニ「……ごめんなさい、私のせいだ。あんたに怪我させるつもりなんかなかったんだ」

アニ「けどそんなの言い訳だ、全面的に私が悪い。だから……ひふらへもっへ、はんはへぇ……」

ミーナ「わー、アニのほっぺ柔らかいなー」ムニムニ

アニ「へるよ?」

ミーナ「あ、いたたたた。アニに落とされたところが痛むなー」

アニ「へっ!?」

ミーナ「冗談ジョーダン。泣きそうな顔になってるよ?」


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:37:13 ID:aePhWpjE

アニ「あ、あんたね!」

ミーナ「ほら、アニ。おいで」

アニ「…………」ギュ

ミーナ「お、素直に抱きついてきた」ギュ

アニ「……本当にごめんなさい」

ミーナ「いいよ。アニが私のこと心配してくれたのは知ってるし、それを知ってて甘えてたのは私」

ミーナ「だから私も悪い。まあアニが悪くないってわけじゃないから、反省はしてね?」

アニ「うん、する……」

ミーナ「あ、全然怒ってないよ? むしろ大切にされてるなーって嬉しくなったんだ」

ミーナ「だって私たち、友達でしょ?」ナデナデ

アニ「……うん」グスッ


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:38:24 ID:aePhWpjE

ミーナ「おはよ、アニ」

アニ「おはよう、ミーナ。エレンのとこに行かなくていいのかい?」

ミーナ「もちろん行くよ、アニも一緒に行こうよ」

アニ「なんで私が」

ミーナ「私がアニと居たいし、エレンとも居たいから!」

アニ「馬鹿じゃないの?」

ミーナ「馬鹿でいーよ、それで二人と一緒に居れるんだったらね」

アニ「……はあ、仕方ないね」

ミーナ「やった、アニ大好き♪」

アニ「私はそんなにじゃないよ」

ミーナ「そんなにってことは、好きなのは好きなんだ?」ニヤニヤ

アニ「……うるさい///」


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:39:21 ID:aePhWpjE

エレン「よう、ミーナ、アニも」

アニ「おはよう。ついでに呼んでくれて嬉しいよ」

ミーナ「おはよ。アルミンとミカサは?」

エレン「みんなの分の食事取ってきてくれるってよ」

ミーナ「そうなんだ。お礼言わなきゃね」

アニ「……けど、なんでこんなことになったんだろうね」

ミーナ「え? 私とエレンの馴れ初めを教えて欲しいって? もー、仕方ないなぁ///」

アニ「いいやまったくそんなことはないよ早くご飯こないかな」

ミーナ「ひどい」

エレン「馴れ初め……ってあれだよな」




エレン「ミーナ・カワイイナ!」


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:40:33 ID:aePhWpjE

おわり

ミーナ・カワイイナとアニ・デレオンハートは良いコンビだと思います



『進撃の巨人』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿