TOP > シンデレラガールズ > モバP「わがままやすは」

モバP「わがままやすは」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/16(月) 00:12:20.38 ID:VSw4T+FT0

P「あー、泰葉。今日は良い天気だな」

泰葉「え、ええそうですね」

P「こんな日だしさ、今……仕事の話、済ませておいた方がいいかなー、なんてな」

泰葉(……こんな事を、思う方がおかしいんでしょうか……?)

P「こういう内に、済ませておいた方がいいかな……と思ったもんでな」

泰葉(プロデューサーさんは、きっと……)



泰葉(きっと私にかなり気を遣ってる……)


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 00:20:23.45 ID:VSw4T+FT0

泰葉(でも……こんなこと言ってしまったら、もっと気を遣わせてしまうかもしれないし……)

泰葉(…………?)


未央「そりゃー! 未央ちゃんアターック!!」ガバーッ!

P「あだっ!!? みーおー……! 今仕事中だろうがっ!」アタマガシー

未央「あだだだ! うあー! ひどいぞプロデューサー! オンナノコのガシッて掴むなんてー!」

P「デスク途中だろうが! ……ったく、後にしてくれよな、そういうヤツ」

未央「あうー……ごめんねー。でもそれはそれっ! そりゃ、やられたらやり返す! 倍返しだーっ!」ミオチャンホールドッ!

P「ただ抱きついただけじゃあねえか! お前ただそれやりたいだけだろ!!」

未央「えっへへー♪」ギュー♪


泰葉(…………)

泰葉(私も……あのくらいすれば、構って貰えるかな……)


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 00:24:25.20 ID:VSw4T+FT0

――数分後


P「ふいー、やっと片付いたー」

泰葉「あ、あの……」

モバP「ん……。泰葉か、どうした?」


ギュッ・・・


泰葉「や、やーちゃんあたーっく……」

P「!!?」

泰葉「な、なんて……どうでしょう……?」


泰葉「…………///」カアア


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 00:31:45.26 ID:VSw4T+FT0

P(……)

P(…………!?)

P(どうしたんだ、泰葉……? こういうことする子じゃないしな……)

P(新しい役作り……? そうか、きっとそういうことなんだろうか? いや……)

P(きっと何かしら深い理由があるに違いない……)


ナデ・・・


P「泰葉、俺……何か苦労かけてしまったか? 正直に言ってくれ。相談には乗るからさ」

P「俺は……担当プロデューサーだから」

泰葉「い、いえそうじゃなくてですね……?」アセアセ

泰葉「えっと、その……。……あう///」カアア


P(顔が赤い……。もしかして、涙を堪えてるのかもしれない……)


P「泰葉、正直に言ってくれ。俺は、出来る限り力になってやりたい」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 00:34:52.44 ID:VSw4T+FT0

泰葉「いえ、だからそうじゃなくて……」

泰葉(まずい……上手く取り繕えない……)

泰葉(これまでずっと……。あんなに……演技ばかりに徹して来たのに……)

泰葉(なんて、言えばいいのか……)



泰葉「えっと、上手く言えるか分からないですけど……。その、ですね――」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 00:37:14.59 ID:VSw4T+FT0

――――

P「――なに、他の子と同じように扱ってほしい?」

泰葉「ええ、その……。私、とっくに吹っ切れてますから。気にすることなんて何もですね……」



P「…………」



P「なんだ、そんだけの話か」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 00:43:10.24 ID:VSw4T+FT0

P「おーい愛海ー、泰葉好きにしてくれていいってよー」

泰葉「え、ええっ!? あの、それはちょっと……!」ワタワタ




P「………………プッ」

泰葉「……?」

P「愛海なら今仕事でいないよ。冗談だ、冗談」

P「もちろん、清良さんもセットでな」

P「他の子と同じ扱いってよく分からないけどさ、こんな感じでいいか?」


泰葉「……」


泰葉「…………クスッ」

泰葉「はい、そんな感じ。冗談とか言われてみたいなー、なんて」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 00:49:36.72 ID:VSw4T+FT0

P「いやあ、言ってくれれば良かったのに。俺そういうのよく分からねえしな」ハハ

泰葉「えっと、お仕事だから……。どうしても私も気を遣って、言うことを聞くばっかり考えたもので……」

P「いやいや助かった。肩の荷が一つ下りたってもんだ」

泰葉「周子さんとかも少し羨ましいなあ、なんて。ふふっ」

P「アレは見習うな。メシたかるヤツが増えるのは勘弁だ」

泰葉「そうですか。でも、これからは……」



泰葉「わがまま、言っても良いですよね? いいって言ってくれなきゃイヤです」

P「……金掛かるのは勘弁な。ちひろさん居るからよ」


泰葉「……プッ」

P「…………ククッ」


アハハハ・・・!




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/16(月) 00:52:54.00 ID:VSw4T+FT0

おしまい

風評被害が収まってきた反動で腫れ物に触るような扱い受けてるモンなんで

もっと先輩を軽々使ってみようね。単なる敬語キャラくらいのつもりで



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿